FC2ブログ

環境問題、エネルギー問題の病根






Club of Rome


(Committee of 300 subversive body)


This group was organized in 1968 by the Morgenthau Group for the purpose of accelerating the plans to have the New World Order in place by the year 2000. The Club of Rome developed a plan to divide the world into ten regions or kingdoms



ローマ・クラブ

(300人の破壊するボディの委員会)

このグループは、1968年に、2000年までに適所に新世界秩序を持つ計画を加速するためにモーゲンソーグループによって組織された。

ローマクラブは、世界を10の地域または王国に分割する計画を展開した。


The Limits to Growth

The Club of Rome's depopulation agenda exposed by their own documents

Abstract established by Eduard Pestel. A Report to The Club of Rome (1972),

by Donella H. Meadows, Dennis l. Meadows, Jorgen Randers, William W. Behrens III

Short Version of the Limits to Growth


Our world model was built specifically to investigate five major trends of global concern ・accelerating industrialization, rapid population growth, widespread malnutrition, depletion of nonrenewable resources, and a deteriorating environment.


The model we have constructed is, like every model, imperfect, oversimplified, and unfinished.


In spite of the preliminary state of our work, we believe it is important to publish the model and our findings now. (...) We feel that the model described here is already sufficiently developed to be of some use to decision-makers. Furthermore, the basic behavior modes we have already observed in this model appear to be so fundamental and general that we do not expect our broad conclusions to be substantially altered by further revisions.


Our conclusions are :


1. If the present growth trends in world population, industrialization, pollution, food production, and resource depletion continue unchanged, the limits to growth on this planet will be reached sometime within the next one hundred years. The most probable result will be a rather sudden and uncontrollable decline in both population and industrial capacity.


2. It is possible to alter these growth trends and to establish a condition of ecological and economic stability

that is sustainable far into the future. The state of global equilibrium could be designed so that the basic

material needs of each person on earth are satisfied and each person has an equal opportunity to realize his

individual human potential.


If the world's people decide to strive for this second outcome rather than the first, the sooner they begin

working to attain it, the greater will be their chances of success.


All five elements basic to the study reported here--population, food production, and consumption of

nonrenewable natural resources--are increasing. The amount of their increase each year follows a pattern

that mathematicians call exponential growth.


A quantity exhibits exponential growth when it increases by a constant percentage of the whole in a

constant time period.


Such exponential growth is a common process in biological, financial, and many other systems of the

world.


Exponential growth is a dynamic phenomenon, which means that it involves elements that change over time.

(...) When many different quantities are growing simultaneously in a system, however, and when all the

quantities are interrelated in a complicated way, analysis of the causes of growth and of the future behavior

of the system becomes very difficult indeed.


Over the course of the last 30 years there has evolved at the Massachusetts Institute of Technology a new

method for understanding the dynamic behavior of complex systems. The method is called System

Dynamics. The basis of the method is the recongnition that the structure of any system--the many circular,

interlocking, sometimes time-delayed relationships among its components--is often just as important in

determining its behavior as the individual components themselves. The world model described in this book is

a System Dynamics model


Extrapolation of present trends is a time-honored way of looking into the future, especially the very near

future, and especially if the quantity being considered is not much influenced by other trends that are

occuring elsewhere in the system. Of course, none of the five factors we are examining here is independent.

Each interacts constantly with all the others. We have already mentioned some of these interactions.

Population cannot grow without food, food production is increased by growth of capital, more capital

requires more resources, discarded resources become pollution, pollution interferes with the growth of both

population and food.


Furthermore, over long time periods each of these factors also feeds back to influence itself.


In this first simple world model, we are interested only in the broad behavior modes of the population-capital

system. By behavior modes we mean the tendencies of the variables in the system (population or pollution,

for example) to change as time progresses.


A major purpose in constructing the world model has been to determine which, if any, of these behavior

modes will be most characteristic of the world system as it reaches the limits to growth. This process of

determining behavior modes is "prediction" only in the most limited sense of the word.


Because we are interested at this point only in broad behavior modes, this first world model needs not be

extremely detailed. We thus consider only one general population, a population that statistically reflects the

average characteristics of the global population. We include only one class of pollutants--the long-lived,

globally distributed family of pollutants, such as lead, mercury, asbestos, and stable pesticides and

radioisotopes--whose dynamic behavior in the ecosystem we are beginning to understand. We plot one

generalized resource that represents the combined reserves of all nonrenewable resourCes, although we

know that each separate resource will follow the general dynamic pattern at its own specific level and rate.


This high level of aggregation is necessary at this point to keep the model understandable. At the same time

it limits the information we can expect to gain from the model.


Can anything be learned from such a highly aggregated model? Can its output be considered meaningful? In

terms of exact predictions, the output is not meaningful.




~省略~

成長への限界

エドゥアルト・ペステルによって設立された抽象的な彼ら自身の文書によってローマクラブの人口減少路線は露出した。

Donella H.Meadows、デニスl.によるローマクラブ(1972年)へのリポート

Jorgenランデルス、ウィリアムW.ベーレンスIIIは、成長に限界のバージョンを短絡させる。

私達の世界モデルは、特にグローバルな懸念の5つの大勢を調査するために築かれた・、産業化、急速な人口増加、広範囲に及んだ栄養不良、更新できない資源の枯渇、および悪化する環境を促進していた。

私達が構築したモデルはすべてのモデルのように不完全で、簡略化しすぎられて、未完成である。

私達の仕事の予備的な状態にもかかわらず、私達は、現在モデルと私達の発見を出版することが重要であると信じる。

(...) 私達は、ここで説明されたモデルが、意志決定者にいくらかで役立っているためにすでに十分に開発されていると思う。

さらに、私達がこのモデルの中ですでに観察した基本的な行動モードは、とても根本的で、一般的であるようであるので、私達は、私達の広い結論がさらなる改訂によって大幅に変更されることを期待していない。

私達の結論は以下の通りである:

1. 世界の総人口、産業化、汚染、食糧生産、および資源枯渇における現在の成長傾向が不変であり続けるならば、この惑星の上の成長への限界に次の100年以内にそのうち到着するであろう。

最もありそうな結果は人口と生産能力の両方のむしろ突然で、制御不可能な減少になるであろう。

2. これらの成長傾向を変更し、未来の中に遠く持続可能なエコロジカルで、経済の安定の条件を設立することは可能である。

地球の上の各人の基本的な物質的な要求が充足していて、彼の個々の人の可能性を実現するために、各人が機会均等を持っているように、グローバルな平衡の状態はデザインされることができた。

もし1番目というよりも、世界の人々が、この2番目の結果のために努力すると決めるならば、それらが、より早くそれを達成するために働きはじめるにつれて成功のそれらのチャンスである より大きい。

ここ--更新できない天然資源の人口、食糧生産、および消費--に報告された研究に基本的な5つの要素はみな増大している。

それらの増加の量は毎年、数学者が急激な増加と呼ぶパターンに続いている。

それが一定の時間に全体の一定のパーセンテージによって増大する時に、量は急激な増加を表している。

そのような急激な増加は中の共通のプロセスである 生物学の, 金融、および世界の多くの他のシステム 。

急激な増加は動的現象である(それは、それが、時間とともに変わる要素に関係していることを意味している)。

(...) しかしさまざまな量がシステムの中で同時に増加している時とすべての量が複雑な方法で相互に関係づけられる時に、成長の、そしてシステムの未来の挙動の原因の分析は実に非常に難しくなる。

上で、そこの最近の30年のコースは、複雑系の動的な挙動を理解するための新方式をマサチューセッツ工科大学で発展させた。

方法はシステム力学と呼ばれる。

方法の基礎は、ちょうど、自身で個々のコンポーネントとしてその行動を決定することにおいて重要であるように、どのようなシステム--そのコンポーネントの間の多くの丸く、連動し、時々時間に遅らされた関係--の構造でもしばしばあるrecongnitionである。

この本の中で説明された世界モデルはシステムダイナミックスモデルである。

考慮されている量が、システムの中で他の場所でoccuringしている他の傾向によってあまり影響されないならば、現在の傾向の補外は、未来(特に非常に近い将来)と特にを見通す由緒ある方法である。

もちろん、私達がここで調査している5つのファクターの誰も独立していない。

それぞれは常に他のすべてと相互作用している。

私達はすでにこれらのインタラクションのいくつかに言及した。

人口は食物なしで増加することができなく、食糧生産は首都の成長によって増大させられて、より多くの資本はより多くの資源を必要としていて、処分された資源は汚染になり、汚染は人口と食物の両方の成長を妨げる。

さらに、長い時間の間に、これらのファクターのそれぞれはまた影響自身に返る。

この最初の簡単な世界モデルの中で、私達は人口首都システムの広い行動モードにだけ興味をもっている。

行動モードによって、私達は、時間が進むにつれて変わるシステム(例えば人口または汚染)中の変数の傾向を意味している。

それが成長に限界に到着する時に、世界モデルを構築することにおける主要な目的は、もしあればこれらの行動モードのどれが世界システムにとても特有になるであろうかを決定することであった。

行動モードを決定するこのプロセスは最も狭い言葉の意味においてだけ「予測」である。

私達が、広い行動モードの中だけのこのポイントで、この最初の世界モデルニーズが極めて詳細でないことに興味があるので。

従って、私達は、ほんの1つの一般住民、統計的に、グローバルな人口の平均的な特徴を反映する人口を考慮する。

私達は、私達が、生態系の中の動的挙動を理解しはじめている汚染物質--鉛、水銀、石綿、および安定した殺虫剤と放射性同位元素などの汚染物質の長命の、グローバルに配布されたファミリー--のほんの1クラスを含む。

私達は、私達は、各別個の資源がそれ自身の具体的なレベルとレートで一般的な動的なパターンに続くであろうと知っているけれども、すべての更新できないresourCesの結合された準備を表している1つの一般化した資源の座標を示す。

集合体のこの高いレベルは、モデルを理解できるようにしておくことにこの時点で必要である。

同時に、それは、私達が、モデルから得ることを予定することができる情報を制限する。

何かがそのような高く集められたモデルから知られることができるか?

そのアウトプットは有意義であると考えられることができるか?

正確な予測で、アウトプットは有意義でない。

一方では、限界に到着する時に人間社会の成長の原因、成長への限界、および私達の社会経済体制の挙動についてのいくらかの理解を得ることはきわめて重要である。

モデル(人口、首都、汚染など)中のすべてのレベルは1900の価値から始まる。

1900年から1970年まで、私達がそれらを知っているところまで、変数は一般にそれらの歴史的な価値と合致している。

人口は1970年に1900年の16億から35億上がる。

出生率は徐々に下落するけれども、死亡率は特に1940年の後により迅速に低下し、人口増加のレートは増大する。

工業生産、食物、およびサービスは一人当たり指数的に増大する。

1970年の資源ベースはまだその1900年の値の約95パーセントであるけれども、人口と工業生産が、増加し続ける時に、それはその後ドラマチックに傾いている。

システムの行動モードはオーバシュートと崩壊のそれである。

このランにおいて、崩壊は更新できない資源枯渇のため起こる。

資源の巨大なインプットを必要としているレベルに、産業の資本金は成長する。

その成長のまさしくそのプロセスにおいて、それは、大きな小数部から、入手可能な資源埋蔵量を枯渇させる。

資源価格が上がり、鉱山が枯渇するにつれて、より多くの資本は、未来の成長のために投資されることをより少しに任せて、資源を得るために使われなければならない。

最終的に、投資は減価償却に付いて行くことができなく、それによってサービスと農業のシステムを取って、産業の基盤は崩壊する(それは産業のインプット(肥料、殺虫剤、病院の研究所、コンピュータ、および特に機械化のためのエネルギーなどの)に依存した)。

短い時間の間、人口が、年齢構成と社会的な適応のプロセスの中で固有の遅延によって、上がり続けるので、状況は特にゆゆしい。

死亡率が上方に食物と公共医療サービスの不足によって動かされる時に、人口は最終的に減少する。

モデルの中で大きな集合体と多くの不確定要素を与えられて、これらのイベントの正確なタイミングは有意義でない。

しかし、成長が2100年の前によく停止することは重要である。

私達は、すべての疑わしい場合に未知数の最楽観的予想を作ろうとし、私達はまた戦争または伝染病などの断続的なイベントを無視した(それは、私達のモデルが示すであろうよりずっと早く成長を終わらせるために作動するかもしれない)。

すなわち、モデルは、成長が、それがたぶん現実の世界で続くことができるより長くあり続けることを可能にするために偏っている。

私達は、従って、現在のシステムの無大きな変化の仮定の下で、集団と産業の成長が確かに遅くとも次の世紀にthの中で停止するであろうといくらかの自信を持って言うことができる。

使用可能な資源についてモデル仮定をテストするために、すべての他の仮定を標準のランにおけるそれらと同一にしておいて、私達は1900年に資源埋蔵量を二倍にした。

さて、資源がそんなに迅速に枯渇しないので、産業化はより高いレベルに達することができる。

しかしより大きな産業のプラントはそのようなレートで汚染をリリースするので、環境汚染吸収メカニズムは飽和する。

汚染が非常に急速に上がってその結果死亡率の即時の増加と食糧生産における低下を起こす。

ランの終わりに、資源は最初入手可能な二倍になった量にもかかわらず厳しく枯渇する。

世界システムの未来は、成長になり、それから陰鬱で、枯渇した生活の中に崩壊するはずであるか?

私達が、物事を行う私達の現在のやり方が変わらないであろうという当初の推定をするならば。

私達は人類の精巧さと社会的な柔軟性の十分な証拠を持っている。

システムの中にもちろん、多くのありそうな変化がある(それのいくつかがすでに起こっている)。

緑の革命はnon工業国の中で農業生産力を上げている。

産児制限の現代の方法についての知識は急速に広がっている。

人の努力の歴史は、物質的な範囲内で生きることにおける人類の失敗のたくさんの出来事を含んでいるけれども、今日の世界で多くの支配的な人々の文化的な伝統を成形するのは、限界に打ち勝つことについての成功である。

この300年の間に、人類は、人口に明白な限界を押しやる印象的なレコードと一連の華々しい技術進歩による経済成長を編集した。

人間社会の大部分の最近の歴史がそんなに継続的に成功していたので、多くの人々が、無制限に物質的なシーリングを上げることにおいて技術上の躍進がなることを期待しているのはまったく自然である。

新しいテクノロジーは、成長し、崩壊する世界システムの傾向を変更するであろうか?

私達に、しかし、技術的な楽天家が正しく、核エネルギーが世界の資源問題を解決するであろうと仮定させなさい。

私達に汚染世代において縮小も仮定させなさい 4のファクターによるすべてのソース 1975年に始まる 。

私達に、また、すべての世界の土地のヘクタールあたり正常な生産高が、私達が、1975年に始まって自発的に行われて、産児制限を完成すると仮定するtwo.Besidesのファクターによってさらに増大させられることができると仮定させなさい。

すべてのこれは、私達が、ある点で成長に様々な限界を出し抜くために世界モデルのすべてのセクタで技術的な方針を利用していることを意味している。

モデルシステムは原子力を生み出していて、資源をリサイクルしていて、最もリモートの準備を採掘している;

可能な限り多くの汚染物質を抑える;

押すことは土地から夢にも思わない高さのために降伏する;

そして、彼らの両親によって活動的に探されている子供だけを生む。

結果はまだ2100年の前に成長の終わりである。

3つのsiumultaneousな危機のため。

土地の乱用は浸食を引き起こしていて、食糧生産は低下する。

資源は繁栄した世界の総人口(しかし現在の米国人口と同じくらい繁栄していない)によってseverly無くされる。

汚染は上がり、低下し、それから、劇的に再び上がってその結果さらに食糧生産の減少と死亡率における急騰を起こす。

技術的な解決策だけのアプリケーションは人口と産業の成長の期間を延長したけれども、それはその成長に究極の限界を取り除かなかった。

世界モデルの多くの近似と制限を与えられて、それが、発生させる傾向がある一連の大災害を渋く思案することに意味が全然ない。

私達は、これらの出力装置のどれも予測ではないことをほんのあと1回強調する。

私達は、私達が示したグラフのどれの中、特に崩壊モードの中の世界モデルのようにも現実の世界が動くことを期待しないであろう。

モデルは人の活動の物質的な面だけについて動的なステートメントを含んでいる。

それは、社会変数--所得配分、ファミリーサイズについての態度、商品の間の選択、サービス、および食物--が、それらが最近の歴史における世界中で続いていたのと同じパターンに続き続けるであろうと仮定する。

これらのパターンと彼らが表している人の価値は私達の文明の成長期の中ですべて確立された。

人口と収入が、減少しはじめた時に、それらは確かに大いに改訂されるであろう。

私達が、人の社会の行動のどんな新しいフォームが明らかになるかもしれないか、そしてどれほど迅速にそれらが崩壊条件の下で出現するであろうかを想像することが難しいとわかって以来、私達は、そのような社会的変化を作成することを試みなかった。

成長が、そして崩壊終わる各アウトプットグラフの中のポイントにだけ、私達のモデルが持っている妥当性が持ち上げるものは始める。

私達がこの章の中で贈ったモデルランのすべての後ろの無言の仮定はその人口であり、それらがいくらかの「自然な」限界に到着するまで、資本の成長は、続くことを許されるべきである。

この仮定はまた、現実の世界の中で現在稼動可能な人の価値観の基本的な一部であるようである。

その最初の仮定、その人口、および資本の成長が意図的に制限されるべきでないけれども「彼ら自身のレベルを捜す」ために残るべきであるので、私達は、行動の崩壊モードを避ける方針のセットを見つけることができなかった。

人口と首都の成長に限界を取り除くか、拡張するテクノロジーの能力に、技術的な楽天家の希望は集中している。

私達は、世界で、資源枯渇の明白な問題へのテクノロジーのアプリケーションまたは汚染がモデルをすることを示したか、食糧不足は主要問題への影響を全然持っていない(それは有限で、複雑なシステムの中で急激な増加である)。

モデルの中のテクノロジーの利点の最楽観的予想さえ使う私達の試みは人口と産業の最終的な低下を防止しなく、実のところ、2100年を越えてともかく崩壊を延期しなかった。

あいにく、モデルはこの段階で新しいテクノロジーの社会的な副作用を示さない。

これらの効果は人々のライフへのテクノロジーの影響でしばしば最も重要である。

社会的な副作用は新しいテクノロジーの大規模な導入の前に予期されていて、買い占められなければならない。

テクノロジーが、政治的で、社会的に急速に変わることができる間、insitutionsは一般に非常にゆっくり変わる。

さらに、彼らはほとんど決して社会的要求を予想して変わらないけれども、ものに呼応してだけである。

私達はまた社会的な遅延の存在に留意しなければならない--社会が吸収するか、変化の準備をすることを可能にすることに必要な遅延。

ほとんどの遅延、健康診断、または懇親会は世界システムの安定性を減らし、オーバシュートモードの可能性を増大させる。

急激な増加のプロセスがますますより速いレートで追加のプレッシャーを作成しているので、社会的な遅延は、物質的なもののように、ますますより重大になりつつある。

技術変革のレートは、この促進されたペースにこれまでどうにかして付いて行ったけれども、人類は、社会的で、政治的で、倫理の、そして文化的な変化のレートを増大させるために新しい発見を事実上全然しなかった。

社会の技術進歩がすべての期待を叶えても、最終的に、人口と首都の成長を終わらせるのは非常によく技術的解決策のない問題またはいくつかのそのような問題のインタラクションであるかもしれない。

テクノロジーを、環境がどのような成長プロセスに対してでも及ぼす自然なプレッシャーに適用することは過去にとても成功していたので、文化全体は、彼らと暮らすことを学ぶというよりも限界と戦う原則のまわりで発展した。

成長の上の自主規制を受け入れることによってその限界の中に生きようとすることはよりよいか?

または、その時に、別の技術的な飛躍が、成長がより長くあり続けることを可能にするであろうという希望において、他の自然な限界が生じるまで、成長し続けることは望ましいか?

最近の数百年の間、人間社会はとても一貫し、首尾よく2番目のコースをたどったので、最初の選択はほぼ忘れられている。

人口と首都の成長がすぐ止めなければならないステートメントとの多くの不一致があるかもしれない。

しかし、事実上誰も、この惑星の上の物質的発達が永久に続くことができると主張しないであろう。

人の歴史におけるこのポイントで、上に提出された選択は人間活動のほとんどすべての範囲でまだ入手可能である。

首都と人口増加を起こす強いプレッシャーのいくつかを弱めることによってまたはcounterpressuresまたは両方を設立することによって、彼が好きな時に、人はまだ彼の限界と停止を選ぶことができる。

そのようなcounterpresuresはたぶん完全に楽しくならないであろう。

彼らは、確かにprofund変化を、成長の世紀までに人類の文化の中に深く印象を与えられている社会的で、経済の構造に巻き込むであろう。

選択肢は、テクノロジーの価格が、社会が支払うことができないほどなるまでまたはテクノロジーの副作用が自身で成長を抑制するまでまたは問題が生じるまで待つことである(それが技術的解決策を全然持っていない)。

それらのポイントのどれででも、限界の選択はなくなるであろう。

すべての問題の究極の解決策としてのテクノロジーにおける信頼は、従って私達の注意を最も根本的な問題--有限系の成長の問題--からそらし、それを解決するために私達が効果的な行動をとることを妨げることができる。

一方では、私達の意思は確かに、悪いか、無益であるか、不要であることとしてテクノロジーに烙印を押すことではない。

私達は、それらが成長の上の故意のチェックと結合されるならば、ここ--リサイクル、汚染制御装置、避妊器具--言及された技術開発の多くが人間社会の未来に完全に重要になるであろうと強く信じる。

私達は、私達がここでそれらの不合理な受容を論駁するのと同じくらい強くテクノロジーの利点の不合理な拒絶を嘆くであろう。

たぶん、私達のポジションの最もよい要約はシエラ・クラブの標語である:

「進歩への盲目の反対ではなく盲目の進歩への反対」。

私達は、社会が、テクノロジーが広く採用される前に3つの質問に対する答えを設立することによって各技術進歩を受け取るであろうということを望むであろう。

問題は以下の通りである:

- この開発が大規模の上で導入されるならば、何が、物質的で、社会的に副作用になるであろうか?

- この開発が適切に実施されることができる前に、どんな社会的変化が必要になるであろうか、そして、それらを達成するのに、時間はどれくらいかかるであろうか?

- 開発が完全に成功していて、成長にいくつかの自然な限界を取り除くならば、成長するシステムは次にどんな限界に遭遇するであろうか?

社会は、この開発が、追放するようにデザインされる人よりそのプレッシャーを好むであろうか?

私達は、である世界システムを表しているモデルを検索している:

1. 突然で、制御不可能な崩壊なしで持続可能である;

そして

2. その人々のすべての基本的な物質的な要件を満たすことが可能である

ポジティブな出生率ループによって起こされた世界の総人口の圧倒的な増加は最近の現象(人類の世界的な死亡の非常に成功した縮小の結果)である。

コントロール・ネガティブ・フィードバック・ループは、ポジティブなループが強制なしで事実上動作することを可能にして、弱まっている。

結果として生じている不均衡を復元する方法は2つしかない。

出生率は、新しく、より低い死亡率と等しいために着陸しなければならないか、死亡率は再び上がらなければならない。

人口増加への自然拘束のすべては2番目の方法で動作する--それらは死を上げる。

その結果を避けることを望んでいるどのような社会でも、正のフィードバックのループをコントロールするために故意の行動をとらなければならない--出生率を減らすには。

しかし、安定人口でそれだけでは、オーバシュートと崩壊を防止することについてが十分でない;

不変資本と上がる人口との同様なランは、安定首都だけでまた十分でないことを示す。

私達が、同時に両方の正のフィードバックのループをコントロール下に至らせるならば、何が起こるか?

私達は、投資率が人口安定ものと正確に相似の追加のモデルリンクによって減価償却率と等しいことを必要とすることによってモデルの中で資本金を安定させることができる。

1975年のやむ人口増加と他の変化のない1985年の産業の資本の成長の結果は一人あたり食物、工業生産、およびサービスの比較的高いレベルでその人口と届く範囲定数資本金である。

しかし、結局、資源不足は工業生産とtemporily安定した国の堕落者を減らす。

しかし、私達は、システムの成長傾向を減らす値変化によって技術変革をconbiningすることによって大いにモデル行動を改善することができる。

そして、安定した世界の総人口は今日人口より少し多いだけである。

1970年に一人あたり平均値の倍の食物より多くがあり、世界平均寿命は約70年である。

平均的な工業生産は一人当たり今日のレベルのかなり上にあり、サービスは一人当たり三倍になった。

全体の平均所得は一人当たり(結合された工業生産、食物、およびサービス)現在の平均的なヨーロッパ収入と現在の平均的な世界収入の3倍と等しい約半分の現在の平均的な米国収入である。

それらがどのような現実的な想定の下にでもあるにちがいないようにするにつれて、資源はまだ徐々に枯渇しているけれども、枯渇のレートはとても遅いので、資源入手可能性の変化に適合させるテクノロジーと産業のための時間がある。

私達が、私達の最も非現実的な仮定をリラックスさせるならば--私達が、それらを以下と取り替えて、突然、完全に人口と首都を安定させることができる:

1. 人口は効果的な産児制限に100パーセントアクセスできる。

2. 平均的な要求されたファミリーサイズは2人の子供である。

3. 経済システムは、1975年のレベルぐらいに一人当たり平均的な工業生産を維持することに努力する。

余分な産業の機能は、減価償却率の上の産業の資本投下レートを増大させるというよりも消費財を生産するために使用される。

私達は、モデル缶の中でシステム安定性を達成することに必要な方針のその1 1つを思わないか、1975年までに世界で突然紹介されるべきである。

確かにゴールとして安定性を選んでいる社会は徐々にそのゴールに接近しなければならない。

しかし、より長く、急激な増加が、続けることを許されるほど、可能性が最終的な安定したレートのためにより少なくあり続けることに気がつくことは重要である。

多くの人々は、私達が、成長と崩壊の行動モードを避けるためにモデルに導入した変化が不可能なだけでなく不愉快で、危険で、自身の中で悲惨でさえあると思うであろう。

出生率を減らすこと、およびそれらが実施できるどのような方法によっても物質的な商品の生産から資本を転換することについてのそのような方針 思われ それらがしないので、ほとんどの人々の経験 試されるか、またはひどく提案されさえする において不自然で、想像できない 。

実に、私達が、無制限の成長の現在のパターンが未来の中に持続可能であったと思ったならば現代社会の機能のそのような根本的な変化を議論することにさえほとんど意味がないであろう。

しかし、私達に利用可能なすべての証拠は、3つの選択肢--無制限の成長、成長への自主制限、または成長への自然で課された制限--のうちの、ほんの最後の2が実際可能であることを示唆する。

成長に自主制限を達成することは多くの努力を必要とするであろう。

それは、新しい方法で多くの事をすることを学ぶのを伴うであろう。

それは人類の精巧さ、柔軟性、および自己訓練に課税するであろう。

故意で、コントロールされた端を成長に持って来ることは迎えられたeasiliyではなくすさまじい挑戦である。

最終結果はその努力に値しているであろうか?

人間性は何がsiuuchによって変遷を得るであろうか?そして、それは何を失うであろうか?

私達に、非成長の世界が何に似ているかもしれないかをより多くの詳細な記述の中で考慮させなさい。

用語「平衡」によって、一定の人口と首都の州に電話するために決められた多くの議論の後に、私達は持っている。

平衡は反対力の間のバランスまたは平等の状態を意味している。

世界モデルの動的な用語で、反対力は、人口と資本金を、増加さ(高い要求されたファミリーサイズ、低い産児制限effectivness、資本投下の高いレート)せているそれらと人口と資本金を、減少さ(食物、汚染、高い減価償却費比率、または退化の不足)せているそれらである。

言葉「首都」は、結合されたサービスの、産業で、農業の首都を意味すると理解されているべきである。

従って、グローバルな平衡の状態の最も基本的な定義は、人口と資本が、慎重にコントロールされたバランスにおいてそれらを増大させるか、減少させる傾向がある力によって本質的に安定していることである。

その定義の中にバリエーションの多くの余地がある。

私達は、資本と人口の株が一定であり続けると指定するだけであったけれども、それらは理論上ハイレベルまたは低レベルで一定であるかもしれない--または、一方は高く、他の最低水準であるかもしれない。

より長い間、社会が、平衡状態を維持することを好むほど、レートとレベルはより低くなければならない。

その存在のためのかなり長い計画対象期間と望ましいゴールとしての長い平均寿命を選ぶことによって、私達は今やグローバルな平衡の状態のための要件の最小セットに到達した。

それらは以下の通りである:

1. 首都は植えて、人口は、size.The出生率における定数が死亡率と等しく、資本投下レートが減価償却率と等しいことである。

2. すべての入出力のレート--誕生、死、投資、および減価償却--は最小限にとどめられる。

3. 首都と人口と2の比率のレベルは、テクノロジーの進歩が新しいオプションを作成する時に、society.Theyの価値に応じたセットが意図的に改訂されて、ゆっくり調整されるかもしれないことである。

このように定義された平衡はよどみを意味していない。

上の最初の2つのガイドライン以内に、企業は拡大するか、倒産することができて、地元の住民は増加することができたか、減少収入はだいたい等しく配布されるかもしれない。

技術進歩は、ゆっくり増大するために一定の資本ストックによって提供されたサービスを許すであろう。

3番目のガイドラインの中で、どのような国でも、その人口とその資本の間のバランスを変更することによってその平均的な生活水準を変更することができた。

さらに、社会は、前もって決定されたゴールを思って人口または資本金またはゆっくり、中の、管理された方法を上げるか、下げることによって変わる内部のまたは外部のファクターに順応することができた。

上の3ポイントは動的平衡を定義する(それは人口の中に世界を「凍結する」必要がなく、たぶん、そうしないであろう)

現在の時間に偶然存在する首都コンフィギュレーション。

3つ以上のステートメントを受け入れることにおけるオブジェクトは、拘束服を課すのではなく社会のために自由を作成することである。

人生はそのような平衡状態においてどんな感じであろうか?

革新は妨げられるであろうか?

社会は、私達が今日世界で見る不均衡と不正のパターンの中にロックされているであろうか?

平衡状態において社会的な条件の形式モデルが全然ないので、これらの問題の議論はメンタル・モデルに基づいて進まなければならない。

誰も、人類がこれらの新しい条件の下でどんな種類の設立を発展させるかもしれないかを予測することができない。

新しい社会が、ずっとよいか、今日存在しているそれととてもさえ違うであろうという保証がもちろん全然ない。

成長によって起こされた多くの問題と格闘することから解放された社会が、他の問題を解決することに利用可能なより多くのエネルギーと精巧さを持つかもしれないことはしかし可能であるようである。

私達は、実のところ、革新と技術開発に賛成している社会、平等に基づいた社会、および公正の発展が、それよりずっとグローバルな平衡の状態において発展しそうであることは、私達が今日経験している成長の状態にあると信じる。

人口と首都は、平衡状態において一定である必要がある唯一の量である。

かけがえのない資源の大きな流れを必要としていたり厳しい環境の悪化を引き起こしたりしないどのような人間活動でも、無制限に成長し続けるかもしれない。

特に、多くの人々が人--教育、アート、音楽、宗教、基本的な科学的研究、運動競技、および社会的な交流--の最も望ましく、満足な活動としてリストするであろうそれらの追跡は茂ることができた。

上でリストされた活動のすべては非常に強く2つのファクターに依存する。

第一に、fodとシェルターのbasixc人のニーズが満たされていた後に、彼らはある余剰生産の入手可能性に依存する。

第二に、彼らは余暇を必要としている。

どのような平衡状態においてでも、首都と人口の相対的なレベルは、人の物質的な要求がどのような要求されたレベルででも果たされることを保証するために調整されることができた。

物的生産の量が本質的に固定されるであろうので、製造方法の中のすべての改良は人口のための増大した暇を結果として生じることができた--上でリストされたそれらなど相対的にnonconSumingしていて、無公害のどのような活動にでも当てられることができた暇。

技術進歩は平衡状態において必要で、喜ばしいであろう。

私達がここで引いた平衡状態の写真は確かに理想化されている。

ここでdesribedされたフォームにおいて達成することは不可能であるかもしれず、地球の上のほとんどの人々が選ぶであろうということはそのフォームではないかもしれない。

全くそれを説明することにおける唯一の目的は、グローバルな平衡が進歩または人間発達の終わりを意味する必要がないことを強調することである。

平衡状態の中の可能性はほとんど無限である。

どの社会もプレッシャーがないはずがないので、平衡状態はプレッシャーがなくないであろう。

平衡は汚染と混雑からリリーフなどの子供の産出する無限の数または他の自由のための消費する制御されていない量の資源などの取引する確実な人の自由を必要とするであろうし、新しい自由がまた生じるかもしれないという世界システム.の崩壊の脅威は可能である--万人と無制限な教育、創造性と創造性のための暇、およびすべて、飢えからの自由、および世界の人々のそのような小さな部分によって楽しまれた貧乏の中で最も重要である。

今日。

私達は、取られるかもしれない実用的で、日の日までの処置について、グローバルな平衡の望ましく、持続可能な州に到着するように全くと言っていいほどこの時点で言うことができない。

世界モデルと私達自身の考えのどちらも、成長から平衡までの変遷のすべての意味を理解するために十分詳しく開発されていない。

世界の社会の部分が意図的にそのような変遷に乗り出す前に、さまざまな人々によって寄与されているずっとより多くの議論、より多くの広い分析、および多くの新しいアイデアがなければならない。

平衡社会は、現在の人の値の考慮によって有限の地球によって生まれているトレードオフを検討する必要があるであろうだけでなく、また、未来の世代の考慮によって、.長期目標は指定されなければならず、短期の目標が、彼らと一致させられなければならない。

私達は緊急性の注の上で終わる。

私達は繰り返し世界の人口首都システムの自然な遅れの重要性を強調した。

例えば、これらの遅延は、メキシコの出生率が徐々に2000年までにその現価から正確な置換価値まで傾いていたならば、国の人口が、2060年まで増加し続けるであろうということを意味している。

その時間の間に、人口は5000万から1億3000万まで増加するであろう。

私達は、どれくらいより長い人類が、それがコントロールのためのチャンスを失っているであろう前にその成長の故意のコントロールを開始するのを延期することができるかを確信を持って言うことができない。

成長期が後100年の間続けることができない惑星の物理的制約に関する現在の知識に基づいて、私達は疑っている。

再び、システムの遅れのため、それらの制約がまぎれもなく明白であるまで、グローバルな社会が待つならば、それはあまりにも長い間待っているであろう。

深い心配の種があるならば、また、希望のための原因がある。

意図的に制限する成長は難しいであろうけれども、不可能でないであろう。

進む方法はクリアで、必要なステップは、それらは人間社会のための新しいものであるけれども、人の機能の中でよい。

人は、世界がこれまでに知っていたことがある知識、ツール、および資源の最も強力な組み合わせを彼の歴史における小さな瞬間の間所有している。

彼は、人間社会のすっかり新しいフォームを作成することに物理的に必要なすべてを持っている--代々続くために築かれるであろうもの。

2つの行方不明の成分は、リアル、人類を、そのゴールを達成することの平衡社会および人の意志に誘導できる長期目標である。

するそのようなゴールと関与なしで

それ、短期の懸念は、地球および究極の崩壊の限界に世界システムを操作する急激な増加を発生させる。

そのゴールとその関与によって、人類は、現在成長からグローバルな平衡までのコントロールされて、整然とした変遷を開始する用意ができているであろう。

スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

kane552004

Author:kane552004
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR