FC2ブログ

新世界秩序のための水







WATER FOR THE NEW WORLD ORDER

?


?


Derry Brownfield

May 13, 2003

NewsWithViews.com


Did you know the North American Free Trade Agreement (NAFTA) and the World Trade Organization (WTO) allows foreign countries to come into United States and buy our utility companies? Under these agreements, foreign companies now have rights and privileges to come into other countries and buy private utilities such as electric companies, water districts and other commodities that are necessary to a village or a community. Under these new trade agreements we now can have global commercial negotiations and foreign companies can get United States Small Business Administration loans with which to make the purchases. This comes under the heading of "GATTS-2000," which allows a foreign firm to purchase retail services normally owned by municipalities, such as electricity services or water works. GATTS even allows federal, state and local regulations to be challenged as barriers to trade.


This all seems impossible as no logical thinking city, county or municipality would sell its utilities to a foreign country. Guess Again! In an article written by Joyce Morrison titled, Germany Owns My Water, she states, "Can the people in the municipalities and rural areas depend on their water supply if it is foreign owned and controlled? More and more municipalities are selling their systems to privately owned companies which are now selling to foreign investors"


American Water Works Company (AWW -- now German owned) is the largest and most geographically diverse, investor owned utility enterprise in the United States. The company provides water, wastewater and other resource management services to more than 10 million people in 23 states. Peoria, Illinois and Charleston. West Virginia are customers of AWW and pay some of the highest water bills in the country. This past September RWE AG, a company from Essen, Germany paid $4.6 billion in cash and assumed a $3 billion debt to purchase American Water Works. RWE AG is a global conglomerate of 848 wholly owned companies , 300 of which are in Germany and 548 in other nations. Their goal is to expand in the United States by expanding in the utility related services of electricity, gas, water and wastewater and waste recycling. AWW, which is now German owned has been awarded a 50-year contract by the US Department of Defense for the privatization of utilities of Fort Bragg, North Carolina. The contract will result in the acquisition, operation and maintenance of the water, wastewater and gas utilities at the Army base in Fayetteville, N.C.


Joyce Morrison lives in Jersey County, Illinois and tells me that new water lines are having laid in her community that will be serviced by AWW -- a subsidiary of Thomes of London which is a subsidiary of RWE of Germany. Her final comment, "the wonders of a global market -- but which country will have to be called when there is a problem?"


新世界秩序のための水

デリーブラウンフィールド

2003年5月13日

NewsWithViews.com

あなたは、北米自由貿易協定(NAFTA)と世界貿易機関(WTO)が、外国が米国に入り、私達の公益事業会社を買うことを可能にすると知っていたか?

これらの協定の下に、他の国に入り、電力会社、水地区、および村またはコミュニティに必要な他の商品などの民間の公益事業を買うために、外国企業は現在権利と特権を持っている。

これらの新しい貿易協約の下で、私達は現在グローバルな商業用の交渉を持つことができて、外国企業は米国中小企業庁に金(それによって買い物をする)を貸すことができる。

これは、「GATTS-2000」(それは、外国商社が電気サービスまたは水道などの地方自治体によって通常所有されている小売業務を購入することを可能にする)の表題に分類される。

GATTSは、連邦、州の、そしてローカルな規則が貿易に対する障壁として問題にされることを可能にしさえする。

どの論理的な考察都市、郡、または地方自治体もそのユーティリティを外国に売らないであろう時に、これはすべて不可能であるようである。

再び推察しなさい!

タイトルを付けられたジョイス・モリソンによって、ドイツが私の水を持っているのを手紙で知らせられた記事の中で、彼女は、「地方自治体と農村地域の中の人々は、所有されていて、コントロールされて、それが外国であるかどうかに彼らの給水の上で依存することができるか?」と論述する。

「より多くの地方自治体は、それらのシステムを、現在、外国人投資家に売っている私的に所有されている会社に売っている」

アメリカの水道会社(AWW--所有されている現在ドイツ語)は米国で最も大きく、最も地理的に多様で、投資者の所有されているユーティリティ企業である。

会社は23の状態における1000万人を超える人々まで水、廃水、および他の資源管理サービスを提供する。

ピオリア、イリノイ、およびチャールストン。

ウェストバージニアはAWWの顧客であり、国で最も高い水道料金のいくつかを支払う。

この過去の9月RWE AG、エッセン、ドイツからの会社は、現金によって46億ドルを支払い、アメリカ水道を購入するために、30億ドル借金を仮定した。

RWE AGは848の100%出資の会社のグローバルな複合企業である(それの300は他の国家の中のドイツと548にある)。

それらのゴールは、電気、ガス、水、および廃水のユーティリティ関連のサービスにおいて拡大することによって米国で拡大し、リサイクルを荒廃させることである。

現在、所有されているドイツ語がフォートブラッグ、ノースカロライナのユーティリティの民営化のために米国国防総省によって50年の契約を授与されていることであるAWW。

契約はFayetteville、 N.Cにおける陸軍基地で水、廃水、およびガスのユーティリティの獲得、操作、およびメンテナンスを結果として生じるであろう。

ジョイス・モリソンはジャージー郡、イリノイに住んでいて、私に、新しい水ラインが、AWWによってサービスされるであろう彼女のコミュニティで横になったと言う--ドイツのRWEの子会社であるロンドンのThomesの子会社。

彼女の最終的なコメント(「世界市場の不思議--けれども、どの国が、問題がある時に電話される必要があるであろうか?」)

スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

kane552004

Author:kane552004
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR