FC2ブログ

我々は、古代史を書き直さなければなりませんか?





Must We Rewrite Ancient History?

By Gene D. Matlock

[Author of What Strange Mystery Unites the Turkish Nations, India, Catholicism, and Mexico?]


Have you ever wanted to know what mankind痴 civilizations looked like before the Great Flood? At last you can. They池e being uncovered right now in Turkey and other parts of Central Asia.


We humans have been wrongly conditioned to regard such countries as Sumeria, Greece, Egypt, and China as the parents of all human civilizations. But Archeologists in Turkey and Central Asia are now finding extensive ruins of ancient civilizations predating the Great Flood by ten thousand years and even more! We are even finding out, through digs in Iran and other places, that there was not one 哲oah痴 Ark,・but perhaps many more. Other 哲oah痴 Arks・are waiting to be discovered.

我々は、古代史を書き直さなければなりませんか?

ジーンD.マトロックによって

[どんな変なミステリーがトルコの国、インド、カトリック教とメキシコを結びつけるかという作成者?]


あなたは、これまでに、文明がGreat Floodの前にどんな人類のように見えたかわかっていたかったですか?ついに、あなたはそうすることができます。彼らは、トルコと中央アジアの他の部分でたった今見つけられます。


我々、人間はSumeria、ギリシャ、エジプトと中国のような国を全ての人間の文明の親と考えると誤って条件づけられました。しかし、トルコと中央アジアのArcheologistsは、現在古代文明の広範囲な残骸が1万年だけGreat Floodに先行しているのを発見して、より多くです!我々は1つのArkがなかったと、イランと他の場所の発掘を通して、わかっていさえします。そして、・butがおそらくより多くです。他のArksは、発見されるために待っています。







Fig. 1. Durupinar Noah痴 Ark Visitor Center. The Ark is at the far left.

図1。Durupinarノア箱舟資料館。Arkは、極左であります。







Fig. 2. Some ruins at Gobleckli Tepe, Turkey-12,500+ years old!

図2。一部はGobleckli Tepeで破滅します。そして、トルコ-12,500+年が古いです!

At one time, the Greeks and the Turks were the same people. But somewhere along the way, they came to a parting of the ways. Although they were siblings, each called the other a bastard. For millenniums, the Greeks have been able to keep the Turks swept under the rug, convincing the world that they are the parents of Western Civilization. But they can keep up the fraud no longer.


I recently wrote a historically knowledgeable Turkish woman, asking her whether she knew how such a monstrous, millenniums old fraud could have been perpetrated. She answered: "Regarding your questions about Greeks/Turks. I don't know the answer to that question. Zeus is a Turkish name. Greeks・fraud is not a secret anymore, and many researchers are now understanding that many things considered as Greek were coming from pre-Hellenistic non-Greek civilizations, such as Egypt, the Hittites, and Turks -- this is s very controversial piece of study. In fact, Professor Manfred Korfmann, the person who was heading the Troy excavations in Turkey, was once bullied in a conference somewhere in Europe for saying that Troy and other important Anatolian civilizations were not Greek at all. He said that Anatolia became Greek land at a very recent time. Until then it was home to other very important civilizations. Unfortunately Mr. Korfmann died a few years ago. Thank God he had the time to begin this important discussion in the academic world. our founder Ataturk said, "Anatolia has been Turkish land for 7,000 years." After winning in Galipoli against the British, he said that he had "avenged the Trojans." You may think that this is just politics, but the petroglyphs are there for all of us to verify.


Flavius Josephus, in his book about the history of the Jews, did not want the Septaguint translated into Greek. He said that as a result, the Greeks would then insist that Judaism was a Greek invention.


It is a historical fact that the Turkish nations were the first to accept Christianity. The reason why they converted so easily has been kept from us. Roman emperor Constantine I, who was really a Greek, did not want us to know why the Turks accepted Christianity almost unquestioningly. Therefore, through his influence, we have been denied one of the most amazing truths in all the history of mankind! I myself did not find this out until recently, a few months after I published my most recent book, What Strange Mystery, etal.

一時は、ギリシア人とトルコ人は、同じ人々でした。しかし、だいたい途中で、彼らは分かれ道に来ました。彼らが兄弟であったけれども、各々は他を野郎と呼びました。千年紀の間、ギリシア人はトルコ人を敷物の下にさっと払っておくことができました。そして、彼らが西洋のCivilizationの両親であると世界に信じさせました。しかし、彼らは詐欺をもはや維持することができません。


私は最近歴史的に知識のあるトルコの女性に手紙を書きました、彼女が方法を知っていたかどうか、彼女に尋ねますそのような恐ろしい、千年紀古い詐欺は行われることができました。彼女は答えました:「ギリシア人/トルコ人についてのあなたの質問に関して。私は、その質問に対する答えを知りません。ゼウスは、トルコの名前です。Greeks・fraudはもう秘密ではありません、そして、多くの研究者は現在、ギリシア語が予めヘレニズムの非ギリシアの文明(例えばエジプト、ヒッタイト人とトルコ人)から来ていたと、思われるその多くのものを理解しています?これは勉強のs非常に論争の的となる部分です。実際、マンフレッドKorfmann教授(トルコでトロイ発掘物の先頭にたっていた人)は、かつて、トロイと他の重要なアナトリアの文明がまったくギリシア語でなかったと言うために、ヨーロッパでどこかの大会でいじめられました。彼は、アナトリアが非常に最近の時間のギリシアの土地になると言いました。その時までは、それは他の非常に重要な文明への家でした。残念なことに、Korfmann氏は、数年前死にました。彼がアカデミックな世界でこの重要な議論を開始するために最良の時を過ごしたことを神に感謝します。我々の創設者Ataturkは言いました、「アナトリアは、7,000年間のトルコの土地でした。」英国人に対してGalipoliで勝っているAfter、彼はそれを言いました。そして、彼は持ちました「トロイの木馬に復讐しました。」、Youはこれがちょうど政治観であると思うかもしれません、しかし、岩面彫刻は確かめる私たち一同のためにそこにあります。


フラウィウスヨセフスは、ユダヤ人の履歴に関する彼の本で、Septaguintがギリシア語に翻訳されることを望みませんでした。彼は、その結果、ギリシア人がそれから、ユダヤ教がギリシアの発明であったと主張すると言いました。


トルコの国がキリスト教を認める最初の人物であったことは、史実です。彼らがとても簡単に変わった理由は、我々から隠されました。ローマの皇帝コンスタンティンI(その人は本当にギリシア人でした)は、我々にトルコ人がなぜほとんど無条件にキリスト教を認めたかについてわかっていて欲しくはありませんでした。したがって、彼の影響を通して、我々が人類の全ての履歴で最も驚くべき当り前のことのうちの1つを与えられるというわけではありませんでした!私は最近、私が私のごく最近の本を出版した2、3ヵ月後に、What Strange Mysteryまで私自身でこれがわかりませんでした。そして、etalでした。

As I have stated, the real parents of all human civilizations and the forerunners of all sciences, were the ancient Turkish peoples who extended all the way from Siberia to what is now modern Turkey. We know them as Aryans (Ari), Kurus, Turanians, Tulanians, Dannu or Tannu (Tribes of Dan), and other similar names. They were also called Pancha Krishtayas (The Five Races of mankind).


According to the ancient legends of the world, the North Pole was not the barren wasteland of ice and snow that it is now. The weather there was always mild and inviting. Food was always in plentiful supply. The Hyperboreans possessed scientific technologies so simple to learn and apply that even children could master them. . Because the oxygen levels there were much higher than now, they could live for up to a thousand years and stay free from all sicknesses. The only way they could die was by committing suicide.


They harnessed the power of the sun, which they worshipped as Almighty God, symbolized as a two-headed eagle called Krishta (Christ) and a cross (Krsti). Besides calling their religion after themselves, Krishtaya, they also called it Kristihan, meaning 鼎onqueror.・(See the online Sanskrit Lexicon) It may surprise Christians to know that their religion preceded all other existing religions. But this truth is not the only one now forcing us to rewrite ancient human history.


Doctor of Philosophy Valery Dyemin, a Russian researcher of the Arctic region, maintains that Hyperborea ("beyond the Boreas (north wind)"), a mythical land that the Greeks thought was located beyond Scythia, existed in reality.


Dr. Dyemin said, "I believe we should be looking for the traces of that civilization in Eurasia and American arctic regions, in the islands and archipelagos of the Arctic Oceans, at the bottom of some seas, lakes and rivers. Russia has the largest number of locations and artifacts that could bear relevance to Hyperborea. Some have already drawn attention of specialists; others are yet to be discovered. Active exploration is currently under way in the Kola Peninsula, in the Island of Vaigach, in Karelia, Ural Mountains, West Siberia, Khakasia, Yakutia, and a few other regions. There are good prospects for conducting research in Franz Josef Land, Taimyr, and Yamal.

私が述べたように、全ての人間の文明の本当の両親と全ての科学の前身は現在現代のトルコであることにシベリアからはるばる広がった古代のトルコの民族でした。我々は、彼らをアーリア人(アリ)、Kurus、トゥラン語族、Tulanians、DannuまたはTannu(ダンの種族)と他の類似した名前として知っています。彼らは、Pancha Krishtayas(人類のFive Races)もと呼ばれていました。


世界の古代の伝説によると、北極は氷の不毛な荒地とそれが現在そうである雪ではありませんでした。そこの天気は、常に穏やかで、招いていました。食物は、常に豊富な供給においてありました。Hyperboreansは、子供たちさえ彼らに熟達することができたように学んで、適用しやすい科学的テクノロジーを備えていました。そこの酸素濃度が現在より非常に高かったので、彼らは最高1000年のために生きることができて、全ての病気から自由なままでいることができました。彼らが死ぬことができた唯一の方法は、自殺することによってありました。


彼らは太陽の力を利用しました、そしてそれは、彼らは神として神に礼拝しました。そして、Krishta(キリスト)と十字(Krsti)と呼ばれている双頭のワシとして象徴されました。彼らの宗教と彼ら自身にちなんで命名する他に、Krishtaya、彼らもそれをKristihanと呼んだこと、onqueror.・を意味します(Seeはオンラインサンスクリット語のLexiconです)、Itはキリスト教徒を彼らの宗教が他の全ての既存の宗教に先行したということを知っていて驚くかもしれません。しかし、この真実は、現在我々に古代の人間の歴史を書き直すことを強制しているただ一人の人ではありません。


博士ヴァレリーDyemin(北極地域のロシアの研究者)は、Hyperborea(「ボレアス(北風)を越えて)(ギリシア人はスキタイの向こうに位置すると思った神話の土地)が実際は存在したと主張します。


Dyemin博士は言いました ? 「若干の海、湖と川の底で、北極Oceansの島と群島で、私は我々がユーラシアとアメリカの北極地方のその文明の跡を探していなければならないと思っています。ロシアは、Hyperboreaへの関連を持つことができた場所と人工品で最もかなりの数を持ちます。いくつかは、専門家の注意をすでにひきました;他が、まだ発見されることになっています。カレリア、ウラル山脈、西シベリア、Khakasia、Yakutiaと2、3の他の地方で、Vaigach島で、活発な探査は、コラ半島で現在進行中です。フランツヨゼフランド、TaimyrとYamalの研究を実行する十分な見込みが、あります。

典he geographic term "Hyperborean platform" is technical use. Scientists keep discussing the platform痴 dynamics in order to find out the reasons why it sank to the bottom of the ocean.


"In other words, Hyperborea may have stretched over the lands that eventually sank into the water?"


徹ne of the charts by Gerhardus Mercator, the 16th century Flemish cartographer and geographer, shows a huge continent lying in the vicinity of the North Pole. The land is an archipelago composed of several islands divided by deep rivers. A mountain sits in the center of the land (according to legends, the ancestors of Indo-Europeans lived near Mount Meru). The question is: How did that land appear on the chart? There was no information whatsoever regarding the Arctic regions during the Middle Ages. We have some reasons to believe that Mercator had used an ancient chart, the one that is mentioned in his letter dated 1580. That chart showed a continent located in the center of the Arctic Ocean, which was pictured ice-free on the chart. Mercator's chart seems to be based on the ancient chart." [http://english.pravda.ru/science/mysteries/29-11-2006/85697-Paradise-0.]






地理的学期「極北のプラットホーム」は、技術的な使用です。科学者は、それが海の底へ倒れた理由を発見するためにプラットホーム力を議論し続けます。


「言い換えると、Hyperboreaは結局水の中に沈んだ地面の上に伸びたかもしれませんでした?」


G・メルカトル(16世紀のフランダースの地図製作者と地理学者)によるチャートのTneは、北極の近くに存在している巨大な大陸を示します。土地は、深い川によって分けられるいくつかの島から成る群島です。山は、土地(伝説によれば、インド‐ヨーロッパ語族の原種は、メル山の近くで生きました)の中央に座ります。問題はそうです:どのように、その土地は、チャートに関して現れましたか?情報が、全く中世の間に北極地方に関してありませんでした。我々には、メルカトルが古代のチャート(1580付けの彼の手紙で名前があがる人)を使ったと思っているなにかの理由があります。そのチャートは北極海の中央に位置する大陸を示しました。そして、それはチャートに関して凍らなくて描かれました。メルカトル図は、古代のチャートに基づくようです。」

Our Bible calls this Hyperborean paradise Eden. But Eden is just the original word for the Russian and Siberian Steppes. Unfortunately, their earthly paradise was doomed to extinction. A huge cataclysm, perhaps a devastating meteorite crashing into the earth, caused this globe to change its orbital patterns. Hyperborea turned into an icy hell. The Hyperboreans then fled to what are now Turkey and the other central Asian republics. Legends have it that they were all united in a large Turkish confederation called Tannu Tuva (also Tewa and Tiwa). This word Tannu, also called in Sanskrit Danu, meant Victorious; Conqueror. They also called themselves Su-Tannu or S-Tannu, meaning The Superior Conquerors. In Turkish, SU also means soldier; warrior.


See the map of Tannu-Tuva below, before it was divided into many other nations. As you can see, it covered a wide area, including Afghanistan, Pakistan, Persia, Iraq, and other Central Asian nations.

我々の聖書は、このHyperborean天国をエデンと言います。しかし、エデンはロシアでシベリアのSteppesに対するまさに原語の語です。残念なことに、彼らの現実のパラダイスは、絶滅を迎える運命でした。大きな大変動(おそらく地球に衝突している破壊的な隕石)は、この球体がその軌道のパターンを変える原因になりました。Hyperboreaは、凍結した地獄に変わりました。Hyperboreansは、それから、現在トルコと他の中部アジアの共和国であることへ逃げました。伝説は、彼ら全員がTannuトゥヴァ(また、TewaとTiwa)と呼ばれている大きなトルコの連合で団結したことを持ちます。この語Tannu(また、サンスクリット語のDanuで呼ばれる)は、Victoriousを意味しました;征服者。彼らも彼ら自身をSu-TannuまたはS-Tannuと呼びました。そして、Superior Conquerorsを意味しました。トルコ語では、SUも兵士を意味します;戦士。


それが多くの他の国に分けられる前に、下記のTannu-トゥヴァの地図を見てください。ご覧の通り、それはアフガニスタン、パキスタン、ペルシャ、イラクと他の中部アジアの国を含む広い地域をおおいました。






Left: Fig. 4. Tannu-Tuva
左:図4。Tannu-Tuva

Their confederation finally fell apart. Perhaps this was the time when Greece decided to go its on way and turn its back on its Turkish brothers forever. We know them now as Tajikstan, Afghanistan, Pakistan, Kazakhstan, Kurustan (today痴 Turkey), Kyrgizstan, Uzbekistan, and other nations whose names end in 都tan.・Don稚 forget: the 都tans・derive from 都u-tannu・


Later, a devastating flood in what is now called Altai made the area even more inhospitable. From there they spread deep into India, adding their genius to a highly developed civilization that was already there. Almost immediately after their movement into India, demographic interchanges between the two regions occurred rapidly. They merged their religious beliefs. As a result, many of the people we regard as Indian-subcontinent gods, such as Shiva, Indra, Kubera (our Heber) and others, were really of Siberian or Turkish origin.


They also founded the civilizations of Egypt, Sumeria, China and every other ancient civilization. They gave us a multitude of different alphabets and even our religions. Directly and indirectly they were the fathers of the Incas, Aztecs, Mayans, and the builders of such high South American cities as Tihuanaco and Karal.

彼らの連合は、ついにばらばらになりました。おそらく、ギリシャが試みにその行われて道を決定して、永遠にそのトルコの兄弟に背を向けるとき、これは時間でした。Tajikstan、アフガニスタン、パキスタン、カザフスタン、Kurustan(今日トルコ)、Kyrgizstan、ウズベキスタンと名前がtan.・Donで終わる他の国が忘れて、我々は現在彼らを知っています:u-tannu・からtans・derive


後で、現在アルタイと呼ばれていることの猛烈な洪水は、地域をさらにより無愛想にしました。そこから、彼らがインドの中に深く散らばりました。そして、彼らの才能をすでにそこにあった非常に工業化した文明に加えました。ほとんどインドへの彼らの行動の直後に、2つの地方の間の人口統計学のインターチェンジは、速く起こりました。彼らは、彼らの宗教的な信条を合併しました。その結果、我々が、シバ、インドラ、Kubera(我々のヒーバー)その他のような、インドの亜大陸神と考える人々の多くは、本当にシベリアであるかトルコの起源でした。


彼らも、エジプト、Sumeria、中国とその他の古代文明の文明を創立しました。彼らは、我々に異なるアルファベットと我々の宗教さえの多数を与えました。直接、そして、間接的に、彼らはTihuanacoとカラルのような高い南米都市のインカ族、アステカ人、マヤ人と建築業者の父でした。







Left: Fig. 5. Tihuanacu, thought to be about 20,000 years old.

Right: Fig. 6. Karal, on the Peruvian coast. It predates the pyramids of Egypt.

左:図5。Tihuanacu(およそ20,000年経過であると思われる)。

右:図6。カラル(ペルーの海岸の上の)。それは、エジプトのピラミッドに先行します。

Even in India, the creative force of mankind and all civilizations is worshiped as the Mother Goddess. Her sacred abode is in the extreme polar regions or magnetic north.


The Koran tells us that Adam (the Turkic word for Mankind), after being cast out of Eden (the Siberian Steppes) flew to Ceylon or Serindip,・landing on what is now Adam痴 Peak. Serindip derives from the Sanskrit Ceren-dvipa. Evidently, the Adam cast out of Eden was not altogether primitive. It appears that he went to Ceylon on some kind of flying ship. From there, he traveled around the world. Finally, he returned to Central Asian, reuniting himself with Eve who had stayed behind in Jiddah, Arabia.


I mention the Hindu concept of the Mother Goddess coming from Hyperborea and Adam痴 journey to Ceren-Dwipa so that readers will not fall into the trap that such a glorious paradise also existed at the South Pole. Not one ancient myth mentions such a thing.


The creativity of the Mother Goddess went south as far as Ceylon. Human civilization then followed the sun, between the Tropics of Cancer and Capricon, around the entire world.

インドでさえ、人類と全ての文明の創造的な力は、聖Goddessとして崇拝されます。彼女の神聖な住居は、極端に極地の地方または磁北です。


エデン(シベリアのSteppes)からのキャストであることがセイロンまたはSerindip(現在Adam痴Peakであることに関する・landing)へ飛んで行ったあと、コーランは我々にそのアダム(Mankindに対するチュルク語の語)を話します。Serindipは、サンスクリット語のCeren-dvipaに由来します。明らかに、エデンから追放されるアダムは、必ずしも原始的ではありませんでした。彼が何らかの飛んでいる船にセイロンに行ったように見えます。そこから、彼は世界中を旅行しました。ついに、彼は中心アジア人に戻りました。そして、Jiddah(アラビア)で後に残ったイブと彼自身を再会させました。


読者がそのような素晴らしいパラダイスも南極に存在した罠に陥らないように、私はHyperboreaとCeren-Dwipaへのアダム旅行から生まれている聖Goddessのヒンズー概念に言及します。1つの古代の神話は、そのようなものに言及しません。


聖Goddessの創造力は、セイロンまで南に行きました。人間の文明は、それから全世界のまわりで、蟹座とCapriconの熱帯地方の間で、太陽に続きました。







Fig. 7. Map showing the east-west movement of all human civilizations around the world.

図7。世界中の全ての人間の文明の東西動きを示すことを図にしてください

After the Great Flood in Altai, the survivors took refuge near a famous mountain called Mt. Meru and Si-Yoni (Zion). But troubles among the different tribes caused them to spread out to other nations on earth. Today, Hindus revere Mt. Kailasa in Western Tibet as Mt. Meru or Si-Yoni (the origin or source of mankind).

アルタイのGreat Floodの後、生存者はメル山とSi-Yoni(シオン)と呼ばれている有名な山の近くで避難しました。しかし、異なる種族の間のトラブルは、彼らに地球上で他の国に散開させました。今日、ヒンズー教徒はメル山またはSi-Yoni(人類の起源またはもと)として西チベットでKailasa山を尊びます。







Fig. 8. Mt. Kailasa in Western Tibet.

図8。西チベットのKailasa山。

Other authorities think the original Mt. Meru may be a mountain near Herat, Afghanistan, or even some mountain in Altai, Khaskassia, or Tannu-Tuva. Some of these tribes, such as the ones who came to settle in Palestine (Pala-stan) or today痴 Israel, named two mountains near Jerusalem Zion and Moriah (Meru) in remembrance of their ancient homeland back in Central Asia. Over the millenniums they forgot all about their true origins, coming to regard Zion and Moriah as the 都ource・of their spirituality and being. They are presently trying to kill each other, ignorant that their true source and traditions, even the exact names and records of their prophets, are in India and the Steppe lands of Central Asia.


Just as the forefathers of the Arabs and Israelis became convinced that Palestine and environs were the original Meru (Mt. Moriah) and Si-Yoni (Zion), so also did the Amerindians of both North and South America take their memories of the Altai Flood with them. They also came here with the idea that the Mother Goddess lay far to the north. Centuries later, the Aztecs came to think of Southwestern United States as the northern home of the Mother Goddess. As a result, many Mexican activists, having inherited that Mother Goddess myth from their Amerindian forefathers, are laying claim to the United States as their 電ivinely inherited・homeland. Little do they know that the home of their 溺other Goddess・is at the North Pole. This is my advice to them: 韮e selfish with your ignorance. Don稚 give it away.・

他の権威者は、最初のメル山がアルタイ、KhaskassiaまたはTannu-Tuvaのヘラート、アフガニスタンまたは若干の山の近くさえの山であるかもしれないと思います。これらの種族(例えばパレスチナ(パーラ-stan)または今日にイスラエルを安定させるようになったもの)の何人かは、中央アジアに戻って彼らの古代祖国の記念に、エルサレムシオンとMoriah(メル)の近くで2つの山に名をつけました。千年紀にわたって、彼らは都ource・ofとして、彼らの本当の起源、ユダヤ民族を見る接近とMoriahについて全て彼らの精神性と存在を忘れました。彼らは、現在互いを殺そうとしています、無知な彼らの本当の源と伝統(彼らの予言者の正確な名前さえと記録さえ)が、インドと中央アジアのSteppe領域にある。


まさにアラブ族とイスラエル人の祖先がパレスチナと近郊が最初のメル(Moriah山)とSi-Yoni(シオン)であることを確信していた通りだ、そして、また、両方の北アメリカと南アメリカのアメリカ原住民もアルタイフラッドの彼らの記憶を彼らと一緒に持っていきました。彼らも、聖Goddessが北に遠いままだったという考えとともに、ここに来ました。数世紀後で、アステカ人はSouthwesternアメリカ合衆国を聖Goddessの北本場とみなしに来ました。その結果、多くのメキシコの活動家は、彼らのアメリカ原住民の祖先からその聖Goddess神話を受け継いで、彼らのivinelyなinherited・homelandとしてアメリカ合衆国に対する所有権を主張しています。ほとんど彼らがそれを知っていることをします北極の彼らのその他のGoddess・isの本場。これは、彼らへの私のアドバイスです:あなたの無知で利己的な。ドンが、それにaway.・を与えます

If what I say is true, how can we prove that all humans left Central Asia for other parts of the world? Why have we never found this out? I cannot answer those questions adequately, but the proofs of our origins are only too visible. I知 surprised that any of us would even have to ask-or doubt. For example, the ancestors of most Europeans originated in Colchis-Iberia, today痴 Georgia, and Aeria which is now present-day Albania. Georgia has been a civilized nation for many millenniums. Its civilization was flourishing long before the Great Flood.. It even had an easy-to-learn script, supposedly used as far back as 300 B.C. The tablet in the illustration dates to 5 BC and is said to be Georgia痴 first written book. Notice the Cross symbol on the center page.

私が言うものが真実ならば、どのように、我々は全ての人間が世界の他の部分のために中央アジアを出発したということを証明することができますか?なぜ、我々はこれがこれまでわかりませんでしたか?私は十分にそれらの質問に答えることができません、しかし、我々の起源の証明は本当に見えます。私は、我々のどれにでもask-orに疑いがありさえすることを驚かせました。たとえば、コルキス-イベリアで始められる大部分のヨーロッパ人の原種、今日、ジョージアと現在現代のアルバニアであるAeria。ジョージアは、多くの千年紀の間の文化的な国でした。その文明は、Great Floodのずっと前に栄えていました..それにはeasy-to-learnスクリプトがありさえしました。そして、おそらく、紀元前300年と同じくらいはるかに後ろに使われました。具体例のタブレットは、紀元前5年までデートして、最初に本を書かれるジョージアであると言われています。中心のページの上でクロスシンボルに気がついてください。







Fig. 9. Georgia痴 first book.

図9。ジョージア最初の本。







Fig. 10. Colchis-Iberia.

図10。コルキス-イベリア。

When the Georgian Iberians (Celts, Goths, Visigoths, Ostragoths, Alans, Albanians, etc.) moved into Western Europe, they named their new home Iberia (today痴 Spain), even giving the same name to Italy. From Iberia, they then migrated to England (Anguli), Scotland (Scotae or Scythia), a region of Ireland (Hibernia), etc.


Ancient England had several names, one of which is Albion, derived from 鄭lban・(ia). That other name of Albania, Aeria, became Ire-land. We also see the names of the Tannu-Tuva people in Europe, such as Denmark and Danube.


Even our American Indians are from what are now the greatly reduced nation of Tannu-Tuva, Altai, and Khakassia. Russian scientists have found that their DNA matches that of our American Indians. But do we really need DNA to prove THAT?

ジョージ王朝風のIberians(ケルト族、Goths、西ゴート人、Ostragoths、Alans、アルバニア人、その他)が西ヨーロッパへ移動したとき、彼らは彼らの新しい国内イベリア(今日スペイン)に名をつけました。そして、イタリアに同じ名前を伝えさえしました。イベリアから、彼らはそれからイングランド(Anguli)、スコットランド(Scotaeまたはスキタイ)、アイルランド(アイルランド)の地域、その他に移住しました。


古代イングランドは、いくつかの名前(その一つはアルビオンです)をlban・(ia)から引き出しておきました。アルバニア(Aeria)のその他の名前は、アイルランドになりました。我々も、ヨーロッパ(例えばデンマークとドナウ)で、Tannu-トゥヴァ類の名前を見ます。


我々のアメリカインディアンさえ、現在Tannu-トゥヴァ、アルタイとKhakassiaの大いに減らされた国であることの出身です。ロシアの科学者は、彼らのDNAが我々のアメリカインディアンのそれにマッチするとわかりました。しかし、我々はTHATを証明するために、本当にDNAを必要としますか?

DECIDE FOR YOURSELF.


Compare the following Turkish habitations with their American counterparts. You ,may have observed that the Navajo hogans (yurts) aren稚 made of felt. That痴 because the original Navajo settlers had no domesticated animals.

あなた自身に有利な決定を下してください。


以下のトルコの居住地を彼らのアメリカの対応する物と比較してください。あなた,mayは、arenが作ったナバホ族ホーガン(ユルト)が感じたと述べました。最初のナバホ族移民には飼いならされた動物がいなかったために。












Figures 11, 12, 13.


Look at the following pictures of Tuva and Altai Shamans. Whom do they resemble?

図11、12、13。


トゥヴァとアルタイShamansの以下の絵を見てください。彼らは、誰に似ていますか?







Figures 14, 15, 16.


It is a curious anomaly that the Tannu-Tuvas, Tevas, and Tivas and the Southwestern Tanoan tribe and their villages of Tewa, Tiwa and Towa are so similar. Can that be just a coincidence?

図14、15、16。


それは奇妙な例外ですそのTannu-Tuvas(Tevas)、そして、Tivas、そして、Southwesternタノ語族種族、そして、Tewaの彼らの村、Tiwaとトーワはとても類似しています。それは、ちょうど偶然の一致であることができますか?



Figure 17.


Mexican idols holding up temple roofs were called Atlantes. Notice the Atlantes standing on the ruins of the main pyramid of Tula, Hidalgo. Some people say they represent aliens from Outer Space. If this is so, why are they dressed like Shamans from the Siberian Russian province of Tula?


Why have we humans waited so long to recognize the truth of the evidence before our eyes? Is it some phenomenon of Nature, wanting to remove the cobwebs from our minds and force us to remember exactly who we are and where we come from? Is it making us evaluate what we have been doing to harm or help the world and our fellow humans? Should we improve ourselves or are we helpless to change the world for the better?


A famous New Mexico Membreno-Apache chieftain told me that we humans have now arrived at a divinely ordained and appointed moment of reflection, in which we must look back on our past. It is a pause before we get second wind and continue circumambulating throughout the universe . He said, 典he past is now.・


Do we want that past-now to have -future appended to it? We must think seriously from now on. The last time, water enveloped the world. According to the prophecies, this time it could be turned into a whirling ball of fire!

図17。


寺院屋根を上げているメキシコのアイドルは、Atlantesと呼ばれていました。Atlantesがトゥーラ(イダルゴ)の主なピラミッドの遺跡に立っているのに気がついてください。一部の人々は、彼らがOuter Spaceから外国人を代表すると言います。これがそうならば、なぜ、彼らはトゥーラのシベリアのロシアの行政区から、Shamansのように服を着ていますか?


理由は持ちます我々、人間は我々の目の前に証拠の真実を認めるためにとても長く待ちました?我々の心からクモの巣を取り除いて、我々に我々が誰であるか、そして、我々がどこから来るか正確に覚えていることを強制したくて、それはネイチャーの若干の現象ですか?それは、我々を我々が世界と我々の仲間の人間を傷つけるか、助けるために何をしていたかについて評価させていますか?我々は上達しなければなりませんか、あるいは、我々はさらによい方に世界を変えることはできませんか?


有名なニューメキシコMembreno-Apache族長は私にそれを話しました我々、人間は今は、我々が我々の過去を振り返らなければならない反射のこの上なく命じられて指定された瞬間に達しました。我々が第2の風を得て、宇宙中至る所でcircumambulatingし続ける前に、休止です。彼は言いました、過去典heはnow.・です


我々が持つそのpast-nowが欲しいことをしてください-それに追加される将来?我々は、今後深刻に考えなければなりません。この前、水は世界を包みました。予言によると、今度は、それは火の回っている球に変えられることができました!

スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

1 ■はじめまして。 トゥーバって。

トゥーバって、こんなに大きな国だった時もあったんですね~。知りませんでした。
今はボルガの下流域で、細々と住んでいるだけでしょうから・・。

この記事はNatureか、何かの雑誌のネット版ですか?

凄く色んなことが紹介されていて、目が廻りそうです。

では失礼します。
プロフィール

kane552004

Author:kane552004
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR