FC2ブログ

SV-40, A Deadly Cure? その2

?




NEW EVIDENCE THAT AIDS WAS SPREAD DELIBERATELY

There have long been allegations that the rapid spread of AIDS, both in Africa and in the United States, was originally precipitated by various vaccine programs. A new investigation shows conclusively that HIV infection among San Francisco gay men was a result of contaminated vaccines.


If this contamination was intentional, it would represent the worst assault in American history, and probably in human history. The truth must be determined, and justice must be done.


There is strong reason to believe that the HIV contamination of the vaccines was intentional. Studies were performed to determine whether HIV could have accidentally survived the vaccine production methods. These studies showed that all traces of HIV would have been easily destroyed, without human intervention.


It does not matter whether HIV is a product of nature, or has long existed. Anthrax is also natural, and has long existed. It can, and has, also been turned into a weapon and used intentionally. The same may be true of HIV.


The "Ames" strain of anthrax, used in recent terror assaults, is a product of U.S. military labs. It may have been stolen by terrorists, or perhaps the development program was infiltrated by a mole working for some hostile foreign power.


Whether it was the work of terrorists, or hate groups, or renegades within our own government, needs to be investigated.


Demonstrating the link of HIV to the experimental vaccines is a very commonplace type of statistical analysis. It is the same principle as determining whether a vaccine is working, or produces sides effects. Two professors specializing in statistics have confirmed the validity of the methodology in this study. The full analysis can be viewed at:


http://www.bhc.edu/eastcampus/leeb/aids/aidtesk.htm
?


All concerned persons should try to learn about this issue, and help to raise a voice.


エイズが故意に蔓延したという新しい証拠

エイズの急速な蔓延が、アフリカで、そして、アメリカ合衆国で、当初いろいろなワクチンプログラムによって促進されたという申し立てが、長くありました。新しい調査は、同性愛者の男性が結果でだったサンフランシスコの間のHIV感染がワクチンを汚染したことを決定的に示します。


この汚染が意図的ならば、それはアメリカの歴史で、そして、おそらく人間の歴史で最悪の攻撃を意味するでしょう。真実は決定されなければなりません、そして、正義はされなければなりません。


ワクチンのHIV汚染が意図的だったと思っている強い理由が、あります。研究は、HIVがワクチンの製造方法を偶然に生き残ることができたかどうか決定するために実行されました。人間の干渉なしで、これらの調査は、HIVの全ての跡が簡単に破壊されたことを示しました。


HIVが自然の製品であるか、長く存在したかどうかは、重要ではありません。炭疽菌が自然でもあって、長く存在もしました。それはそうすることができます、そして、また∥武器への回して、そして、故意に使う。同じことは、HIVにとって真実かもしれません。


炭疽菌(最近の恐怖攻撃において使われる)の「エームズ」種は、アメリカの軍の研究室の製品です。それはテロリストによって盗まれたかもしれませんでした、あるいは、おそらく、開発計画は若干の敵対的な外国の大国で働いているスパイによって浸透しました。


それがテロリストの仕事であったかどうかに関係なく、あるいは、グループまたは我々自身の政府(調査される必要)内の変節者が嫌いにしてください。


HIVの関連を実験的なワクチンに示すことは、1種類の非常に当り前の統計分析です。それは、ワクチンが作用しているか、側効果を生じるかどうか決定するのと同じ原則です。統計学を専門としている2人の教授は、この研究において方法論の有効性を確かめました。完全な分析は、見られることができます:


http://www.bhc.edu/eastcampus/leeb/aids/aidtesk.htm


関係者全て人はこの問題について学ぼうとしなければならなくて、声を大きくするのを手伝います。


?


ABSTRACT

This statistical study concerns what is probably one of the most significant and overlooked issues of our time. It demonstrates proof of a strong link between the U.S. outbreak of AIDS, and hepatitis studies that were performed on gay males, starting in the late 1970s. The analysis refutes explanations that attribute the connection simply to sexual risk behavior on the part of the study participants.


The analysis also presents evidence suggesting that HIV infections occurring in the studies were more likely to have been intentional rather than accidental. This raises the question of whether the men in these studies might have been used as guinea pigs for covert experimentation, or whether a sexually-transmitted epidemic might have been deliberately induced, as a means to rid society of "undesirables". Regardless of whether the virus itself came into existence naturally, its initial spread was clearly unnatural.


The methodology used in this document is highly similar to that which is typically used to evaluate the effectiveness and safety of vaccines. The analysis evaluates differences in infection rates between a suitable control group, versus a vaccine test group.


In the first two years of the epidemic in San Francisco, between 50 and 60 percent of the earliest known AIDS cases were from persons involved in the hepatitis studies. A goal of this analysis is to calculate specific probabilities for these and other similar figures. It demonstrates that such figures cannot credibly be attributed merely to chance, or to differences in risk behaviors.


Odds of the disproportionate levels of HIV infection among men in the vaccine trial, relative to other men of similar risk behaviors, are shown to be as little as 1 in a trillion.


A statistical link exists not only to experimental vaccines, but also simply to the fact of participation in the hepatitis studies, such as simply to have blood drawn for purposes of monitoring hepatitis prevalence. Few logical or benign possibilities exist to explain why there should be such a connection, yet it exists. Odds against the higher initial rate of AIDS among study participants was as little as 1 in 300,000, when compared to men of equal or higher risk.


Various epidemiological anomalies also suggest that an artificial, simultaneous, mass-infection would have been necessary in order to produce the type of explosion in HIV that was observed in the early 1980s. Full-blown AIDS should have been evident many years earlier, before HIV was nearly so widespread Thousands of infections would have been necessary to fuel the levels of HIV growth that were observed, during years in which no retroactive evidence of HIV exists.


要約

この統計研究は、多分我々の時間で最も重要で見渡された問題のうちの1つであるだろうことに関します。それはエイズのアメリカの発生と同性愛者の男性の上で実行された肝炎研究の強い関連の証明を示します。そして、1970年代後期に始まります。分析は、単に接続を試験参加者の側の性的な危険ふるまいのものであると考える説明を論破します。


分析も、研究で生じているHIV感染がより偶然だったというよりはむしろ意図的だってそうだったことを示唆している証拠を提示します。社会から「好ましくない人間」を一掃する手段として、これはこれらの研究の男が隠れた実験のためのモルモットとして使われたかもしれないかどうか、あるいは、性的に送られた流行が故意に誘発されたかもしれないかどうか問題を上げます。ウイルス自体が自然に生まれたかどうかに関係なく、その最初のスプレッドは明らかに不自然でした。


この文書で使われる方法論は、ワクチンの効果と安全性を評価するのに典型的に用いられるそれと、非常に類似しています。分析は、適当な対照群対ワクチンのテストグループの間で感染率の違いを評価します。


サンフランシスコの流行の最初の2年で、最も初期の名の知られたエイズ患者の50~60パーセントは、肝炎研究に関係する人からありました。この分析のゴールは、これらと他の同程度の数字のために特定の可能性を計算することです。それは、そのような数字が単に可能性だけに、または、危険性質の違いだけに確かにものであると考えられることができないことを証明します。


ワクチンの裁判の男性の間のHIV感染の不相応なレベルの確率は、類似した危険性質の他の男性と比較して、1兆のわずか1であることが示されます。


統計関連が実験的なワクチンだけでなく、単に肝炎研究への参加の事実にも存在します。そして、例えば単に血を肝炎流行をモニターする目的のために採血されます。ほとんど論理的であるか良好な可能性がそこの理由がそのような接続でなければならないと説明するために存在しません、それでも、それが存在します。等しいかより大きな危険の男性と比較してとき、試験参加者の間のエイズのより高い最初の率に対する確率は300,000のわずか1でした。


いろいろな疫学的例外もそれを提案します人工の、同時の、大量感染は1980年代初期に観察されたHIVで爆発のタイプを生産するために必要でした。HIVが感染症のThousandsが、HIVの過去にさかのぼる証拠が存在しない年の間に、観察されたHIV成長のレベルを活気づけるのに必要だったようにほとんど広範囲にわたる前に、末期のエイズは何年も前に明白でなければなりませんでした。




蛇足


The?Black Americans that were knowingly infected with Syphilis・・この文書は野口英世の事である。


野口英世は黒人の子供達に生梅毒菌を注射して、多くを死なせた罪は消えている。ロックフェラー研究所は偉大なところなのだろう。何人子供を殺しても、日銀千円札になるのだから・・。

スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

1 ■無題

なるほどですね
プロフィール

kane552004

Author:kane552004
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR