FC2ブログ

コスタリカの石球

The Stone Spheres of Costa Rica


by Gary Vey









?


In the 1930's, the United Fruit Company was excavating the fertile, yet remote, farmlands of Costa Rica, near the Diquis Valley on the Pacific Ocean coast. United Fruit is the major importer of bananas and they became interested in this region of Costa Rica because of a blight that had killed many banana trees on the Caribbean coast. As workers dug and prepared the land for cultivation, they discovered many large stone spheres buried and impaled in the tropical soil.


The spheres were previously unknown to the local inhabitants and they could offer no explanation of who made them or how old they were. Plantation workers bulldozed them and largely ignored them until rumors started spreading that they may contain gold or precious jewels. Many balls were drilled or cracked open with dynamite, only to reveal that they were composed of solid rock.


When news of these rock balls reached the authorities, several whole specimens and parts of the fractured balls were taken to the National Museum in San Jose. Here, they attracted the attention of Doris Stone, daughter of a United Fruit executive, who photographed them and wrote an article about the phenomenon in the 1943 edition of American Antiquity.


Later, Dr. Samuel Lothrop of Harvard University was exploring an unrelated archaeological site in northern Costa Rica and had to cut his "dig" short because of civil unrest in the country. By chance, he met Doris Stone in San Jose, learned about the stones and focused his archaeological studies on the Diquis Delta region, where many more stones were discovered.


コスタリカの石球

ゲーリーVeyによって

1930年代に、結合果実会社は太平洋沿岸でのDiquis谷の近くでコスタリカの肥沃であるけれども遠い農地を掘っていました。

結合果実はバナナの主要な輸入業者であり、それらは、カリブ沿岸での多くのバナナの木を殺した疫病のためコスタリカのこの地域に興味をもっていました。労働者が栽培のために土地を掘り、準備した時に、彼らは熱帯土壌に埋められて、突き刺された多くの大きな石球を発見しました。球はローカルな住民にこれまで知られていなく、彼らは、誰が彼らを作ったかまたは彼らが何才であったかの説明を全然述べることができませんでした。大規模農場労働者は彼らをおどし、主として、彼らが金または貴重な宝石を含むかもしれないという噂が広がり始めるまで、彼らを無視しました。多くのボールに、それらが硬い岩から構成されていたと明らかにするためだけにダイナマイトによって穴を開けるか、開けられました。これらの岩ボールのニュースが当局に届いた時に、いくつかの見本と割れたボールの一部全体はサンノゼの全国的な美術館に持って行かれました。ここで、彼らは、ドリスStone(彼らの写真をとり、アメリカの古さの1943年の版において現象についての記事を書いた結合果実エグゼクティブの娘)の注意を引き付けました。後で、ハーバード大学のサミュエル・ロスロップ博士は北コスタリカで無関係な考古学の遺跡を探検していて、国の市民の不安のため彼の「発掘」を切り上げる必要がありました。偶然に、彼はサンノゼでドリス石と会い、石について学び、Diquisデルタ地帯に彼の考古学の研究の焦点を合わせました(そこで、さらに多くの石は発見されました)。







The first formal report of the stone spheres appeared in his published paper, "Archaeology of the Dilquis Delta, Costa Rica 1963."


Since then, archaeologists have been perplexed by the stones. Thousands have now been found. Some are as small as four inches -- about the size of a baseball -- while others are a massive eight feet in diameter. Estimates of their age goes back some 1,600 years, yet no one can be sure how they were made, by whom, or why.


Myths


The spherical stones certainly took a long time to make. The age of these stones places them at a time when no iron tools were known to exist in that region, meaning the spheres were somehow formed by stone implements. Yet no stone tools of this era and geographic area have been found.


All of this has lead some researchers to speculate that the stone spheres were made by aliens, a lost civilization and even the people of Atlantis.


Some local legends tell of a magic potion that was able to make the rock soften and hence be easily manipulated. This same legend persists to explain other phenomenon such as the precisely carved and fitted stones of Machu Pichu. One legend says that the spheres were formed around a coffee bean or nuggets of gold.


Other legends claim that the spheres were part of a game, once played by giants that inhabited the earth, or that the spheres represent stars of constellations in the sky.


石球の最初のフォーマルなリポートは彼の発表された論文(「Dilquisデルタ、コスタリカ1963の考古学」)に載りました。

それ以来、考古学者は石によって当惑しています。

数千は今や見つかっています。

いくつかが4インチ--ベースボールとだいたい同じサイズ--と同じくらい小さい一方、他は直径大規模な8フィートです。

それらの年進行の見積りは約1,600年バックするけれども誰も、どうそれらが誰かまたはなぜかによって作られたかを確信することができません。

神話

球形の石は確かに、作るのに長い時間がかかりました。

これらの石の時代は彼らを、どの鉄製の道具も、球が何とかして石器によって成形されたことを意味して、その地域で存在すると知られていなかった時と思います。

それでも、この時代と地理上の区域のどの石器も見つかっていません。

これのうちのすべては、リード 石球が、エイリアン、失われた文明、および均一であることにより作られたことを思索する何人かの研究者 アトランティスの人々 を持っています。

何人かのローカルな伝説的人物は、岩を軟化し、それゆえ容易に処理されさせることができた魔法の一服を話します。

Machu Pichuの正確に彫られて、適合した石などの他の現象を説明するために、この同じ伝説は持続します。

1つの伝説は、球が金のコーヒー豆またはナゲットのまわりで成形されたと伝えています。

他の伝説は、球が、一度、地球に住んだ巨人によってされたゲームの一部であったか、球が空に星座のスターを表していると主張します。







[Above: One investigator noted that the images carved on one ancient sphere corresponded to a star chart of constellations.]次の上[:

1人の調査者は、1つの古代の球に彫られたイメージが星座.]の星座表と一致していたことに注意しました。











[Left: Star chart showing exact constellation believed to be depicted on the stone.]


左[:石.]上で描き出されると信じられた正確な星座を示している星座表


1- M31 Andromeda's galaxy; 2- Mirach (Beta Andromeda); 3- Alpheratz (Alpha Andromeda); 4- Omicron Andromeda; 5- HR8632 in the Lacerta constellation (Yale catalogue of stars); 6- Scheat (Beta Pegasus); 7- Psi Pegasus; 8- Pi Pegasus; 9- Algenib (Gamma Pegasus); 10- Theta, Iota, Lambda, Kappa, Gamma and Omega Pisces; 11- Beta Pisces; 12- Eta Aquarius; 13- Markab (Alpha Pegasus); 14- Homam (Zeta Pegasus); 15- Theta Pegasus; 16- Ancha (Theta Aquarius); 17- Sadalsud (Beta Aquarius); 18- Alpha Equuleus; 19- Enif (Epsilon Pegasus); 20- HR8313 in the Pegasus constellation (Yale catalogue of stars); 21- HR8173 in the Pegasus constellation (Yale catalogue of stars); 22- Delphinus constellation; ?- Figure not yet defined in astronomical context.


It is true that the spheres are often found in groups of a dozen to twenty stones and that these groupings have shown to be aligned to North and South. A stone has also been found carved with petroglyphs that have been attributed to stellar constellations, adding to the "un-earthliness" of their origin.


1-M31 アンドロメダの銀河系;

2- Mirach(ベータアンドロメダ);

3- アルファラツ(アルファアンドロメダ);

4- オミクロンアンドロメダ;

5- とかげ座星座(星のエールカタログ)のHR8632;

6- シェアト星(ベータペガサス);

7- 超常現象ペガサス;

8- 円周率ペガサス;

9- アルゲニブ(ガンマのペガサス);

10- シータ、ごくわずか、ラムダ、カッパ、ガンマ、およびオメガ魚座;

11- ベータ魚座;

12- イータ水瓶座;

13- マルカブ(アルファペガサス);

14- ホマム(ジータペガサス);

15- シータペガサス;

16- アンカ(シータ水瓶座);

17- サドアルスウド(ベータ水瓶座);

18- アルファこうま座;

19- エニフ(エプシロンペガサス);

20- ペガサス星座(星のエールカタログ)のHR8313;

21- ペガサス星座(星のエールカタログ)のHR8173;

22- 真海豚星座;

?-数値はまだでなく天文学の文脈の中で定義しました。

球が20個の石に1ダースのグループにおいてしばしば発見されて、これらのグループが、南北に位置合わせされるために見えていたことは真実です。

石はまた、それらの起源の「非地球性」に追加して、星の星座に起因している岩石彫刻によって彫られているのを発見されています。






Many of the spheres are made of granite like rock. The closest granite quarries of similar rock are in the Talamanca Mountains, some 50 miles away. Although the stones could have been transported down the nearby Terraba River, no unfinished stones or evidence of excavation in the mountains has ever been found.


The stone spheres are almost perfect. With some weighing in at almost 32,000 pounds. Obviously some type of mechanical process was needed to form the spherical shape but it is difficult to imagine how they were handled and carved with stone tools to such precision. Also, the region is a dense tropical area with steep terrain, making their movement a task equal to their actual construction.


The leading expert on the stones is Dr. John Hoopes of the University of Kansas. Dr. Hoopes believes the majority of stones were made by local inhabitants who lived in the area from about 800 to 1200 AD. Because these ancient people had no written language, there is no record of the stones in their history. Dr. Hoopes says the stones were likely formed from granite blocks by successively heating and cooling the outside of the rock, causing it to flake away in layers. Hand tools such as a matate would have been used to refine the spherical shape with sand and leather to finish and polish the surface.


球の多くは岩のような花崗岩で作られます。

同様な岩の最も近い花崗岩採石場は約50マイルの向こうでタラマンカ族山にあります。

石は近くのTerraba川の下に輸送されたかもしれないけれども、どの未完成の石または山での発掘の証拠もこれまで見つかっていません。

石球はほとんど完全です。

ほぼ32,000ポンドの重さがあるいくつかによって。

明らかにあるタイプのメカニカルなプロセスは、球形の形を成形するために必要であったけれども、どう彼らがそのような精度に石器によって扱われて、彫られたかを想像することは難しい。

また、それらの動きをそれらの実際の建築と等しい仕事にして、地域は急勾配な地形を持つ濃い熱帯です。

石に関しての第一人者はカンザス大学のジョンHoopes博士です。

Hoopes博士は、石の大多数が、約800から1200ADまでエリアに住んでいたローカルな住民によって進んだと信じます。

これらの古代の人々が書き言葉を全然理解しなかったので、彼らの歴史において石のレコードが全然ありません。

Hoopes博士は、石が、たぶん、それを、レイヤーの中で向こうにはげ落ちさせて、岩の外を連続して熱し、冷えさせることによって花崗岩ブロックから形成されたと言います。

matateなどの手工具は、表面を仕上げて、磨くために砂と革によって球形の形を改良するために使われたでしょう。







The construction of the spheres would have required a high degree of measurement and mathematics. One perplexing question is why this same level of skill and precision has not been found in any other artifacts of this era and region.


Dr. Hoopes believes the stones were likely used as a sign of wealth or status, or perhaps in some religious or ceremonial events. But no one knows for sure. Today the stones are in danger. Many are now hoarded by wealthy people for ornaments in their gardens or for curios. The total stones are in the thousands but only 186 can be accounted for in the official records. Often the stones are dug up and moved before any attempt is made to plot their locations or configurations. Any future study of the stone spheres of Costa Rica will have to undertaken quickly, before they vanish.


球の建築は測定と数学の高い程度を必要としていたでしょう。

1つの当惑問題は、なぜスキルと精度のこの同じレベルがこの時代と地域のどのような他の人工物の中でも発見されていないかです。

Hoopes博士は、石がたぶん富またはステータスの合図としてまたはひょっとしたらいくつかの宗教のまたは儀礼的なイベントの中で使われたと信じます。

しかし、誰も確かに知りません。

今日、石は危機にあります。

多くは現在彼らの庭の装飾品のためにまたはこっとう品のために裕福な人々によって貯蔵されます。

全体の石は数千にあるけれども、ほんの186は公認記録の中で占められることができます。

しばしば、石は、堀りおこされて、試みが、それらの位置またはコンフィギュレーションを図るためにされる前に動きます。

コスタリカの石球のどのような未来の研究でも持ちます に それらが消滅する前に迅速に引き受けられる 。

スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

kane552004

Author:kane552004
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR