FC2ブログ

陰謀論は???か・・・。

Enough of the 9/11 Conspiracies, Already

By Matthew Rothschild

すでに十分な9/11の共謀

マシュー・ロスチャイルドによって


At almost every progressive gathering where there’s a question and answer period, someone or other vehemently raises 9/11 and espouses a grand conspiracy theory.


If you haven’t had the pleasure of enduring these rants, please let me share.


Here’s what the conspiracists believe:


9/11 was an inside job.


Members of the Bush Administration ordered it, not Osama bin Laden.


Arab hijackers may not have done the deed.


On top of that, the Twin Towers fell not because of the impact of the airplanes and the ensuing fires but because the Bush Administration got agents to plant explosives at the base of those buildings.


Building 7, another high-rise at the World Trade Center that fell on 9/11, also came down by planted explosives.


The Pentagon was not hit by American Airlines Flight 77 but by a smaller plane or a missile.


And the Pennsylvania plane did not crash as a result of the revolt by the passengers but was brought down by the military.


問答期間があるほとんどすべての進歩的な集まりで、誰かは熱烈に9/11を上げて、雄大な陰謀説を支持します。

あなたがこれらの大言壮語に耐えていなかったならば、どうぞ、私に分担させてください。

ここに、隠謀家が信じるものがあります:9/11は内部犯行でした。

ブッシュ政権のメンバーはオサマ・ビンラディンではなくそれを注文しました。

アラブハイジャック犯人は行為をしなかったかもしれません。

それに加えて、飛行機と続き火事のインパクトのためではなくブッシュ政権がエージェントに、それらの建物のベースで爆発物を設置させたので、ツインタワーは倒れました。

7を築いて、9/11と重なっていたワールドトレードセンターの別の高層建築はまた設置された爆発物によって降りて来ました。

国防総省はアメリカン航空77便によってではなくより小さな飛行機またはミサイルによって打たれました。

そして、ペンシルベニア飛行機は乗客による反乱の結果として墜落しなかったけれども、軍隊によって着陸させられました。

“Extraordinary claims require extraordinary evidence.”





?Carl Sagan


「並みはずれた主張は並みはずれた証拠を必要としています」。

?カール・セーガン

I’m amazed at how many people give credence to these theories. Everyone’s an engineer. People who never even took one college science course can now hold forth at great length on how the buildings at the World Trade Center could not possibly have collapsed in the way they did and why the Pentagon could not have been struck by that American Airlines jet.


Problem is, some of the best engineers in the country have studied these questions and come up with perfectly logical, scientific explanations for what happened.


The American Society of Civil Engineers and FEMA conducted an in-depth investigation of the World Trade Center. The team members included the director of the Structural Engineering Institute of the American Society of Civil Engineers, the senior fire investigator for the National Fire Protection Association, professors of fire safety, and leaders of some of the top building design and engineering firms, including Skidmore Owings & Merrill in Chicago, Skilling Ward Magnusson Barkshire in Seattle, and Greenhorne & O’Mara in Maryland.


It concluded that massive structural damage caused by the crashing of the aircrafts into the buildings, combined with the subsequent fires, “were sufficient to induce the collapse of both structures.”


The National Institute of Standards and Technology did its own forty-three volume study of the Twin Towers. “Some 200 technical experts . . . reviewed tens of thousands of documents, interviewed more than 1,000 people, reviewed 7,000 segments of video footage and 7,000 photographs, analyzed 236 pieces of steel from the wreckage, [and] performed laboratory tests and sophisticated computer simulations,” the institute says.


It also concluded that a combination of the crash and the subsequent fires brought the towers down: “In each tower, a different combination of impact damage and heat-weakened structural components contributed to the abrupt structural collapse.”


私は、何人の人々がこれらの理論を信用するかにびっくりします。

誰もがエンジニアです。

決して、1つの大学の科学科目を取りさえしなかった人々は現在、いったいどうしてワールドトレードセンターの建物が、彼らがした方法で崩壊したことができないか、そしてなぜ国防総省にそのアメリカン航空ジェットが行き当たったはずがないかについて長々と前で継続することができます。

問題は、国で最もよいエンジニアの何人かが、これらの問題を勉強し、起こったことの論理的で、科学の説明を完全に考え出したことです。

アメリカ土木技師協会とFEMAはワールドトレードセンターの詳細な調査を実施しました。

チームメンバーはアメリカ土木技師協会(全国防火協会(火災安全の教授、およびシカゴのスキッドモア・オーイングス&メリル、シアトルのスキリング・ウォード・マグナスンBarkshire、およびGreenhorne&オマラを含むデザインと土建会社をメリーランドで築いているトップのいくらかのリーダー)のためのシニアの火調査者)の土木建築工学研究所のディレクターを含みました。

それは、建物の中に航空機の崩壊によって起こされた大規模な構造の損害が、「両方の構造の崩壊を引き起こすことについて十分でした」をその後の火事と結合したと断定しました。

国立標準技術研究所はツインタワーのそれ自身の43のボリューム研究をしました。

「約200人の技術のエキスパート」。は

.「数万の文書をレビューし、1,000人を超える人々にインタビューし、ビデオ映像の7,000のセグメントと7,000個の写真をレビューし、残骸から236個のスチールを分析しました[、および]、科学テストと洗練されたコンピュータシミュレーションを実行しました」と研究所は言います。

それはまた、衝突とその後の火事の組み合わせがタワーを倒したと断定しました:

「各タワーで、衝撃損傷と熱で弱まった構造のコンポーネントの違う組み合わせは突然の構造の崩壊に寄与していました」。


Popular Mechanics, first in its March 2005 cover story and now in its expanded book, Debunking 9/11 Myths, after interviewing scores of other experts in the engineering field, takes apart the most popular contentions of the conspiracists. “In every case we examined, the key claims made by conspiracy theorists turned out to be mistaken, misinterpreted, or deliberately falsified,” the book says.


I made a few calls myself, including to Gene Corley, who conducted the American Society of Civil Engineers/FEMA study, and to Mete Sozen, structural engineering professor at Purdue, who was one of the principal authors of “The Pentagon Building Performance Report” of January 2003, which was done under the auspices of the American Society of Civil Engineers and the Structural Engineering Institute. I also contacted engineering professors at MIT and other leading universities in the country, and none of them puts any stock in the 9/11 conspiracy theories. In fact, they view them as a huge waste of time. They are busy trying to figure out how to prevent buildings from falling in the future.


Of course, any conspiracy theorist worth his or her salt will claim that all these people are in on the plot.


And that I am in on it, too.


Get over it.


The guru of the 9/11 conspiracy movement is David Ray Griffin, an emeritus professor not of engineering but of philosophy and theology at the Claremont School of Theology. First in The New Pearl Harbor and then in The 9/11 Commission Report: Omissions and Distortions and now in Christian Faith and the Truth Behind 9/11, Griffin has peddled his conspiracy theory.


ポピュラー・メカニクス(その2005年3月のカバーストーリーの中とその拡張された本の今中の一番目)は、工学分野で多数の他のエキスパートにインタビューした後に9/11の神話を暴露して、異なって隠謀家の最もポピュラーな論争を取ります。

「私達が調査したすべてのケースにおいて、共謀理論家によってされた重要な主張は、誤っていて、誤解されるか、意図的に偽造されると判明しました」とその本は言います。

アメリカ土木技師協会/FEMAの研究を行った遺伝子コーリーに、そして2003年1月の「国防総省建築性能リポート」の主要な作者のひとりであった境界標ソウゼン、Purdueの土木建築工学教授に、どれがアメリカ土木技師協会と土木建築工学研究所の保護の下でされたかを含めて、私は少しの電話自身をかけました。

私はまたMITと国の他の一流大学で工学教授に連絡し、彼らの誰もどのような株も9/11の陰謀説に入れません。

実のところ、彼らは彼らを時間の巨大な無駄とみなします。

彼らは、どのように、建物が未来に倒れることを防止するかを理解しようとすることに忙しい。

もちろん、各自の塩に値しているどのような共謀理論家でも、これらのすべての人々がプロットに参加していると主張するでしょう。

そして、私がまたそれに参加しています。

それを乗り越えてください。

9/11の共謀動きのグルはデイヴィッド・レイ・グリフィン(エンジニアリングのではなく神学のクレアモント学校の哲学と神学の名誉教授)です。

新しい真珠湾の、それから9/11の委員会リポートの中の一番目:

省略されたものと歪みと現在キリスト教信仰と9/11後ろの真実におけるグリフィンは彼の陰謀説を行商しました。

“Never ascribe to malice that which is adequately explained by incompetence.”





?Napoleon


「決して、無能さによって適正に説明されるそれを悪意に帰さないでください」。

?ナポレオン


He’s not alone, of course. A myriad of websites devote themselves to this subject, and several films are circulating on it, including Loose Change. There’s even a group called Scholars for 9/11 Truth, which insists “the World Trade Center was almost certainly brought down by controlled demolitions.” Most prominent among these is Steven E. Jones, professor of physics and astronomy at Brigham Young University, whose primary field is not engineering but cold fusion, according to Debunking 9/11 Myths.


The conspiracy theories are particularly popular on the left for a couple of understandable reasons. It’s undeniable that Bush has ceaselessly seized on 9/11 to justify his warmaking abroad and his repressive policies at home. And then there’s the notorious phrase in a document of the Project for the New American Century, the fount of neoconservativism, whose members included Dick Cheney, Donald Rumsfeld, Paul Wolfowitz, Douglas Feith, and a host of other hawks who flew into the Bush Administration. That line, from the September 2000 study “Rebuilding America’s Defenses,” argues for transforming the U.S. military posture into a much more aggressive one, and for expanding the Pentagon’s budget to reach $500 billion a year. The authors recognized that this transformation would be difficult to achieve quickly “absent some catastrophic and catalyzing event?like a new Pearl Harbor.”


Griffin and other leftwing conspiracy theorists put the two together, and voila. The attacks “were orchestrated in order to pave the way for launching unprovoked wars on two countries that provided no threat, whether imminent or long-term, to the people of the United States,” he writes in Christian Faith and the Truth Behind 9/11. “The Administration and its Pentagon even planned to use 9/11 as a pretext . . . to attack still more countries. The U.S. government was planning, therefore, to use the deaths of some 3,000 people (whom itself had killed) to justify wars that would most likely kill and maim many hundreds of thousands of people, perhaps millions.”


Before taking some of the major conspiracy claims one by one, let’s examine how outlandish the conspiracy theory is on its face.


First, Osama bin Laden has already claimed responsibility for the attack several times and boasted of the prowess of the suicide bombers who hijacked those planes. Why not take him at his word? And if bin Laden were working in cahoots with the Bush Administration, why was the President warned on August 6, 2001, in a Presidential daily briefing that Osama bin Laden was about to attack the United States? Wouldn’t that risk exposing the conspiracy?


彼はもちろん一人でありません。

無数のウェブサイトはこの主題に専念し、いくつかのフィルムは、小銭を含めて、それの上で循環しています。

9/11の神話を暴露することによると、9/11の真実(それは、これらの中でとても突出している、「ワールドトレードセンターはほぼ確実にコントロールされた爆薬によって倒されました」.が、スティーブンE.ジョーンズ、物理学の教授、およびブリガム・ヤング大学(その主要なフィールドはエンジニアリングではなく低温核融合です)の天文学であるのを強く主張します)のために、グループ、呼ばれた学者さえあります。

陰謀説は特に2、3の理解できる理由のために左にポピュラーです。

ブッシュが、絶え間なく外国で交戦して彼のものを正当化する9/11と家の彼の抑圧的な方針を捕えたことは紛れもない。

それから、新しいアメリカの世紀のためのプロジェクト、neoconservativismのフォントの文書の中に有名なフレーズがあります(そのメンバーは、ディック・チェイニー、ドナルド・ラムズフェルト、ポール・ウルフォウィッツ、ダグラス・フェイト、およびブッシュ政権の中に飛んで行った多数の他のタカを含みました)。

そのラインは、2000年9月の研究「アメリカの防衛を再構築します」から、米国軍事態勢をもっとずっと攻撃的なものに変換することに、そして1年に5000億ドルに達するために国防総省の予算を拡張することに賛成を主張します。

作者は、この変化が、迅速に「新しい真珠湾のようにいくつか壊滅的で、触媒作用するイベント?がない時」を達成しづらいであろうと認めていました。

グリフィンと他の左翼共謀理論家は2をまとめて、見ます。

攻撃は、「差し迫った用語または長期かどうかにかかわらず、米国の人々に、脅威を全然提供しなかった2か国の上の挑発されない戦争をスタートするために道を舗装するように統合された」と彼はキリスト教信仰と9/11後ろの真実において書きます。

「管理とその国防総省は、口実として9/11を使うことを計画しさえしました」。

.

よりより多くの国を攻撃します.。

「米国政府は、従って、おそらく多くの数十万人の人々、ひょっとしたら100万を殺し、不具にするであろう戦争を正当化するために、約3,000人の人々(自身は殺しました)の死を使うことを計画していました」。

1つずつ主要な共謀主張のいくつかを取る前に、陰謀説がその顔の上でどれほど異国風であるかを調査しましょう。

第一に、オサマ・ビンラディンは、すでに攻撃についての犯行声明を数回出していて、それらの飛行機をハイジャックした自爆攻撃者の勇気を自慢しました。

彼の言葉の通りに彼を取ってはどうか?

そして、ビンラディンがブッシュ政権とともに共同の中で働いていたならば、なぜ大統領は、オサマ・ビンラディンが、まさに米国を攻撃しようとしていることを2001年8月6日に大統領の毎日のブリーフィングにおいて警告されましたか?

それは、共謀を露出するのを思い切ってやってみないでしょうか?


Second, if the Bush Administration plotters carried out 9/11 to justify attacking Iraq, why didn’t they have Iraqi hijackers do the deed? In actuality, there was not a single Iraqi hijacker, and Bush propagandists had to do all sorts of gymnastics to link Iraq to the actual attackers.


Third, for this conspiracy to have succeeded, it would have had to have been amazingly vast: not only the high level members of the Bush Administration (including the head of the Secret Service, Griffin says in Christian Faith) and the explosives teams, but also many others.


Griffin, in Pearl Harbor, for instance, alleges that Mayor Rudolph Giuliani may have been involved. Griffin quotes Giuliani telling ABC News, “We were operating out of there [Building 7] when we were told that the World Trade Center was gonna collapse.” Griffin says Giuliani had no obvious way of knowing that, and concludes: “Giuliani’s statement provides, therefore, evidence someone, perhaps he himself, knew something that the firemen in the buildings did not know?which was perhaps that explosives had been placed in the buildings and were about to be set off.” Is that really evidence? Isn’t it much more likely that the firefighters told the mayor to leave because the fire itself was jeopardizing the building?


Griffin also alleges that Larry Silverstein, who leased the World Trade Center complex, was in on the deal so he could collect the insurance. (This claim?which he might as well have called “The Jew Cashed In”?dovetails with the anti-Semitic conspiracy theory popular in the Middle East that the Mossad blew up the towers and warned the thousands of Jews who would have been working there to stay home.)


In Pearl Harbor, Griffin quotes Silverstein in a 2002 PBS documentary recalling a conversation from the fire department commander on September 11 “telling me that they were not sure they were gonna be able to contain the fire, and I said, ‘We’ve had such terrible loss of life, maybe the smartest thing to do is pull it.’ And they made that decision to pull and we watched the building collapse.” Griffin, who writes that Silverstein “made almost $500 million in profit from the collapse of Building 7,” says by “pull it” Silverstein was recommending that the building be demolished by explosives. Silverstein has flat-out denied that. By “pulling it,” he has said that he meant giving up on the firefighters’ efforts to save the building.


Two books later, Griffin removes any ambiguity Silverstein’s “assertion that Building 7 was brought down by explosives, whatever the motive behind it, explains why and how it collapsed,” Griffin writes in Christian Faith and the Truth Behind 9/11. But Silverstein never made such an assertion, and for Griffin to claim he did is, to say the least, a distortion.


第二に、イラクを攻撃するのを正当化するために、ブッシュ政権プロッターが9/11を実行したならば、なぜ彼らはイラクのハイジャック犯人に行為をさせませんでしたか?

実際は、1人のイラクのハイジャック犯人もいなく、ブッシュ宣伝者は、イラクを実際の攻撃者と結び付けるためにすべての種類の体操をする必要がありました。

第三に、成功したこの共謀のために、それは、驚異的に広大であった必要があったでしょう:

ブッシュ政権(シークレットサービスのトップを含めて、グリフィンはキリスト教信仰において言います)のハイレベルなメンバーと爆発物チームだけでなく多くの他も。

例えば、グリフィンは真珠湾で、市長ルドルフ・ジュリアーニが関係していたかもしれないと主張します。

グリフィンは、ABCニュース(.、「私達が、ワールドトレードセンターが崩壊しようとしていたと言われた時に、私達はそこの外で[ビルディング7]を操作していました」)に、グリフィンが、ジュリアーニが、それを知っている明らかな方法を全然持っていなかったと言うと言っているジュリアーニを引用し、締結します:

「従って、建物の消防士が知らなかったジュリアーニのステートメントは、証拠誰かが、たぶん彼自身と何かを知っていたと規定し、?whichは、たぶん、爆発物が建物に置かれて、爆発することに対してまわりにあったことでした。」が、本当に 証拠 それですか?

火自身が建物を危険にさらしていたので、消防士が市長に、去るように命じたことはもっとずっとありそうでありませんか?

グリフィンはまた、ワールドトレードセンターコンプレックスをリースしたラリー・シルバースタインが、取引に関係していたので彼が保険金をもらうことができたと主張します。

「それを引いてください」によって、シルバースタインが、建物が爆発物によって取り壊されるように勧めていたと言います。

シルバースタインは急にそれを否定しました。

「それを引きます」によって、彼は、彼が、建物を救う消防士の努力に見切りをつけるのを意味していたと言いました。

より遅い2冊の本、グリフィンは、どのような曖昧さシルバースタインのでも、「ビルディング7がそれの後ろの動機に関わらず爆発物によって倒されたという主張は、なぜ、どのようにそれが崩壊したかを説明します」を除去するとグリフィンはキリスト教信仰と9/11後ろの真実において書きます。

しかし、シルバースタインは決してそのような主張をしなく、控えめに言っても、歪みは、彼がしたと主張するグリフィンのためです。

スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

kane552004

Author:kane552004
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR