FC2ブログ

陰謀論は???か・・・。その2

Enough of the 9/11 Conspiracies, Already

By Matthew Rothschild

すでに十分な9/11の共謀

マシュー・ロスチャイルドによって

The problems with a vast conspiracy theory are obvious. There’s the likelihood that someone along the chain would squeal. Members of the government have been engaged in far less treasonous plots (such as Bush’s designs on Iran), and whistleblowers have managed to get the information out to the likes of Seymour Hersh over at The New Yorker. And, on top of that, we’re supposed to believe that this incompetent Administration, which brought you Katrina, was somehow able to execute this grand conspiracy?


“The government is not sufficiently competent to pull off such conspiracies and too leaky to keep them secret,” said Richard Clarke, the one-time counterterrorism czar for Clinton and Bush, in a blurb for Debunking 9/11 Myths. Clarke has been a harsh critic of Bush, and he was a strong supporter of John Kerry. Don’t you think Clarke would have blown the whistle had he known? And who was in a better position than he to know?


Finally, in Pearl Harbor, Griffin acknowledges one enormous, unfillable hole in the conspiracists’ theory: If Flight 77 did not hit the Pentagon, where did it go? And where did all sixty-four people on board go? Griffin pathetically answers: “One cannot expect that the revisionists, being independent researchers with limited budgets and no power to subpoena testimony, could answer all the questions raised by their alternative scenario.” But that doesn’t stop him from speculating, in a ghoulish way, about one piece of evidence that contradicts his Flight 77 notion: the phone calls from conservative Barbara Olson, who was on Flight 77, to her husband, Ted Olson, Bush’s solicitor general. Griffin casts doubt on whether the phone calls actually happened, noting that Olson “is very close to the Bush Administration.” At least in Pearl Harbor, Griffin recognizes the weakness of this argument. The conspiracy theorists “still need to explain, of course, what became of Barbara Olson, and also whether it is plausible that Ted Olson would have participated in a plan with that outcome,” he writes. In his latest book, though, Griffin does not appear bothered in the least, as he continues to cast doubt on Ted Olson’s account. He has swept Barbara Olson and sixty-three other people under the rug.


On to some of Griffin’s most oft-cited questions.


Why did dust clouds shoot out of the Twin Towers as they fell?


Or, as Griffin poses it in Pearl Harbor: “What other than explosives could turn concrete into powder and then eject it horizontally 150 feet or more?”


Corley, who headed up the investigation for the American Society of Civil Engineers and FEMA, gives a quick response to that. “That is simply the air pressure being pushed down,” he says. “Once the collapse started, then you had roughly a twenty-story building and roughly a thirty-story building acting as a very large mass to push everything down. The air pressure gets quite something, and the windows on the lower floors break, and you see puffs of smoke coming out of them.” Debunking 9/11 Myths offers the same explanation and cites structural engineer Jon Magnusson, who says this expulsion of air and debris is fairly common when buildings collapse.


Why did the tower that was hit second fall first?


広大な陰謀説についての問題は明らかです。

チェーンに沿った誰かが悲鳴をあげるであろうという可能性があります。

政府のメンバーはずっと反逆の計略(イランの上のブッシュのデザインなどの)に加わっていなく、内部告発者は、ニューヨーカーで終わっているシーモア・ヘルシュのような者に情報をどうにかして取り出しました。

そして、それに加えて、私達は、カトリーナをあなたに連れて来たこの無能力な管理が、何とかしてこの雄大な共謀を実行することができたと信じると思われています?

9/11の神話を暴露するための宣伝文の中で、「政府は、そのような共謀をやりとげることについて十分に有能でなく、それらを秘密にするにはあまりにも漏れています」とリチャード・クラーク(クリントンとブッシュのためのかつての報復テロ行為皇帝)は言いました。

クラークはブッシュの厳しい批評家であり、彼はジョン・ケリーの強力なサポーターでした。

あなたは、彼が知っていたならば、クラークが警告を発したであろうと思いませんか?

そして、誰が、知る彼よりよい立場にありましたか?

最終的に、真珠湾で、グリフィンは隠謀家の理論の中で1つの巨大で、充填可能でない穴を認めます:

77便が国防総省を打たなかったならば、それはどこに行きましたか?

そして、乗っている64人の人々はみなどこに行きましたか?

グリフィンは痛ましく答えます:

「人は、制限された予算があり、証拠を召喚するパワーのない独立な研究者である修正論者が彼らの代わりのシナリオによって提起されたすべての問題に答えることができたことを予想することができません」.ではなくそれが、彼の77便の観念を否定する1つの証拠について彼が食屍鬼のような方法で思索することを妨げます:

77便に乗っていたバーバラ・オルソン保守主義者からの彼女の夫、テッド・オルソン、ブッシュの法務局長への電話。

グリフィンは、オルソンが真珠湾で少なくともBush Administration".「に非常に近いこと」に注意して、グリフィンがこの議論の弱さを認めている、電話が実際起こったかどうかについての疑いを抱きます。

共謀理論家は「まだ、何がバーバラ・オルソンに起こったか、そしてテッド・オルソンがその結果によって計画に参加したであろうということがもっともらしいかどうかももちろん説明する必要がある」と彼は書きます。

しかし、彼の最新の本の中で、彼が、テッド・オルソンのアカウントに疑いを投げ掛け続ける時に、グリフィンは少しも煩わされるようでありません。

彼はバーバラ・オルソンと63人の他の人々を隠しました。

オン グリフィンの最もしばしば引用された問題のうちのいくつか 。

彼らが倒れた時に、なぜ塵雲はツインタワーから撃ちましたか?

または、グリフィンが真珠湾でそれを提出する時:

「爆発物以外の何がコンクリートを粉に変えることができるか、それから、150フィート以上で水平にそれを噴出しますか?」

アメリカ土木技師協会とFEMAのために調査を率いたコーリーはそれに即答をします。

「それは押し下げられている単に気圧です」と彼は言います。

「一度、崩壊は始まり、それから、あなたは、乱暴な20階建て建物とすべてを押し下げるために非常に大きなマスとして作動している乱暴な30階建て建物を持っていました」。

9/11の神話を暴露している、「気圧はまったく何かを得て、下のフロアの上のウィンドウは壊れて、あなたはぱっと出た煙がそれらから出るのを見ます」.は同じ説明を述べて、建物が崩壊する時に、空気とがれきのこの追放がかなり一般的であると言う構造エンジニア ジョン・マグナスンを引用します。

なぜ、当たったセカンドであったタワーは最初に倒れましたか?


“All other things being equal, then, the tower that was struck first should have collapsed first. And yet, although the South Tower was struck seventeen minutes later than the North Tower, it collapsed twenty-nine minutes earlier,” writes Griffin in Pearl Harbor. The fact that the South Tower fell first, he concludes, “suggests that the collapse of these buildings was caused by something other than the fires.”


But all things weren’t equal. “The damage done to the second building was more serious than the damage done to the first,” says Corley.


The National Institute of Standards and Technology concurs. Its “Final Report on the Collapse of the World Trade Center Towers” notes that ten core columns were severed in the South Tower, whereas only six were severed in the North. And 20,000 more square feet of insulation was stripped from the trusses in the South Tower than the North. The report “found no corroborating evidence for alternative hypotheses suggesting that the WTC were brought down by controlled demolition using explosives planted prior to September 11, 2001.”


What about Building 7?


This is a favorite of the conspiracy theorists, since the planes did not strike this structure. But the building did sustain damage from the debris of the Twin Towers. “On about a third of the face to the center and to the bottom?approximately ten stories?about 25 percent of the depth of the building was scooped out,” Shyam Sunder, the lead investigator for the National Institute of Standards and Technology, told Popular Mechanics.


What’s more, the fire in the building lasted for about eight hours, in part because there were fuel tanks in the basement and on some of the floors. “The building was designed for a fire duration of no more than about three hours,” says Corley. “Eight hours was way more than what that building was designed for.” (Corley, by the way, also headed up the investigation of the Murrah Building’s collapse in Oklahoma City.)


The National Institute of Standards and Technology is still studying the collapse of Building 7, but its initial report says: “NIST has seen no evidence that the collapse of WTC 7 was caused by bombs, missiles, or controlled demolition.”


What about the Pentagon?


Conspiracy theorists will bend your ear explaining that the American Airlines Boeing 757 couldn’t possibly have made such a small hole in the Pentagon. Griffin in Pearl Harbor: “The orifice created by the impact . . . was at most eighteen feet in diameter. Is it not absurd to suggest that a Boeing 757 created and then disappeared into such a small hole? . . . Can anyone seriously believe that a 125-foot-wide airplane created and then went inside a hole less than twenty-feet wide?”


First of all, the hole was actually ninety feet wide, according to the “Pentagon Building Performance Report” of January 2003, which the American Society of Civil Engineers and the Structural Engineering Institute put out. And Professor Sozen of Purdue, one of the authors of that report, has an explanation.


“The reinforced columns of the Pentagon destroyed the wings,” says Sozen. “That’s why the hole is smaller. It had to be smaller.” Since working on that report, Sozen has designed simulations at Purdue, and his results correspond with what happened to Flight 77, he says. Sozen, who identifies himself as a progressive, says it is “ridiculous to deny” that the American Airlines plane hit the Pentagon. And, he adds, if Flight 77 didn’t hit the Pentagon, where did it go and “what happened to the people in that plane”?


But we know what happened to them. They died at the Pentagon. “All but five of the 189 people who died on the aircraft and in the Pentagon were later identified through DNA testing,” according to Debunking 9/11 Myths.


Finally, was Flight 93 shot down?


Griffin and many other conspiracists allege that Flight 93, which crashed in Pennsylvania, was brought down not by the passengers struggling with the hijackers but by a U.S. missile. But we know from cell phone conversations that passengers on board that plane planned on confronting the hijackers. And, as Debunking 9/11 Myths notes, “a Cleveland air traffic controller assigned to Flight 93 heard signs of a struggle in the cockpit, followed shortly by screaming.”


Tapes of the conversations at the northeast regional headquarters for the North American Aerospace Defense Command (NORAD) confirm this, as Michael Bronner has shown in his August article for Vanity Fair entitled “9/11 Live: The NORAD Tapes.” Major Kevin Nasypany was the facility’s mission-crew commander that day, and the tapes show him frantically trying to figure what was going on and whether he had orders to shoot Flight 93 down.


“Gimme the call sign,” he says at 10:07. “Gimme the whole nine yards. . . . Let’s get some info, real quick. They got a bomb?”


But, as Bronner reports, by then “everyone on board is already dead. Following the passengers’ counterattack, the plane crashed in a field in Pennsylvania at 10:03 a.m.”


The man who headed up the crash site investigation there was Matthew McCormick, a thirty-three-year veteran at the National Transportation Safety Board. “From my investigation there was no pre-impact stress to the airplane,” he told the Debunking authors.


To be sure, there are discrepancies and omissions in The 9/11 Commission Report, and the Pentagon and FAA appear to have not been fully truthful and forthcoming about what happened that day. Not every riddle that Griffin and other conspiracists pose has a ready answer. But almost all of their major assertions are baseless. And their own theories have such gigantic holes and require such monumental leaps of logic that they discredit themselves.


At bottom, the 9/11 conspiracy theories are profoundly irrational and unscientific. It is more than passing strange that progressives, who so revere science on such issues as tobacco, stem cells, evolution, and global warming, are so willing to abandon science and give in to fantasy on the subject of 9/11.


The 9/11 conspiracy theories are a cul-de-sac. They lead nowhere. And they aren’t necessary to prove the venality of the Bush Administration. There’s plenty of that proof lying around. We don’t need to make it up.


「そして他のすべての条件が同じであるならば、最初に行き当たったタワーは最初に崩壊するべきでした」。

「それなのに、南タワーに北タワーより17分後行き当たったけれども、それは29分早く崩壊しました」とグリフィンは真珠湾で書きます。

南タワーが最初に倒れたという事実、彼は、「これらの建物の崩壊が火事以外の何かによって起こされたことを示唆します」と断定します。

しかし、すべての物が等しかったわけではありません。

「2番目の建物に与えられた損害は一番目に与えられた損害より重大でした」とコーリーは言います。

国立標準技術研究所は一致しています。

その「ワールドトレードセンタータワーの崩壊についての最終的なリポート」は、10の中心的なカラムが南タワーで断ち切られたのに対してほんの6が北で断ち切られたことに注意します。

そして、北よりあと20,000平方フィートの絶縁体は南タワーのトラスからはがれました。

リポートは、「WTCが、2001年9月11日に先がけて設置された爆発物を使って、コントロールされた破壊によって倒されたことを示唆している対立仮説の補強証拠を全然見つけませんでした」。

7を築くことはどうですか?

飛行機がこの構造に行き当たらなくて以来、これは共謀理論家のお気に入りです。

しかし、建物はツインタワーのがれきからの損害を被りました。

「オンに、センターと底?approximatelyへの面の3番目について、外で建物の深さの10物語?about 25パーセントがすくわれました」と、シヤーム・スンダル、国立標準技術研究所のためのリード調査者は、ポピュラー・メカニクスに言いました。

その上、一つには、地階に、そしてフロアのいくつかの上で燃料タンクがあったので、建物の火は約8時間の間続きました。

「建物はたった約3時間の火期間の間設計されました」とコーリーは言います。

「その建物が設計されたものよりもっと、8時間は方法でした」.(コーリーは、ところで、またオクラホマシティーのMurrahビルディングの崩壊の調査を率いました。)

国立標準技術研究所はまだビルディング7の崩壊を勉強しているけれども、その第一次報告は言います:

「“NISTは、WTC 7の崩壊が爆弾、ミサイル、またはコントロールされた破壊によって起こされた証拠を全然見ませんでした」。

国防総省はどうですか?

共謀理論家は、アメリカン航空ボーイング757がどうしても国防総省でそのような小さな穴に着いたはずがないことを説明しているあなたの耳を曲げるでしょう。

真珠湾のグリフィン:

「インパクトによって作成された開口部」。

.

.は直径せいぜい18フィートでした。

ボーイング757が作成し、それからそのような小さな穴の中に消えたことを示唆することは不合理でありませんか?

.

.

.

「誰かが、125フィートの幅の飛行機が作成し、それから20フィートの幅のより少なく穴の中に行ったと本気で信じることができますか?」

まず第一に、2003年1月の「国防総省建築性能リポート」(アメリカ土木技師協会と土木建築工学研究所はそれを外に出しました)によると、穴は実際90フィートの幅でした。

そして、Purdue(そのリポートの作者の1人)のソウゼン教授は説明を持っています。

「国防総省の補強されたカラムは翼を破壊しました」とソウゼンは言います。

「そんなわけで、穴はより小さい」。

そのリポートに取り組んで以来、「それは、より小さくある必要がありました」.、ソウゼンはPurdueでシミュレーションをデザインし、彼の結果は、77便に起こったことと一致していると彼は言います。

自身を革新主義者だと言うソウゼンは、アメリカン航空飛行機が国防総省を打ったのが「こっけいであることへの否定」であると言います。

そして、もしフライト77が国防総省に行き当たらなかったならば、彼は、それをした追加しますか 行くことおよび「その飛行機の人々に起こったこと」 ?

しかし、私達は、何がそれらに起こったかを知っています。

彼らは国防総省で死にました。

9/11の神話を暴露することによると、「航空機の上で、そして国防総省で死んだ189人の人々のうちの5人を除いたすべてはDNA鑑定を通して後で識別されました」。

最終的に、93便は撃ち落とされましたか?

グリフィンと多くの他の隠謀家は、ペンシルベニアで墜落した93便がハイジャック犯人と格闘している乗客によってではなく米国ミサイルによって倒されたと主張します。

しかし、私達は、その飛行機に乗る乗客が、ハイジャック犯人に立ち向かう計画を立てたと携帯電話会話から知っています。

そして、暴露として、9/11の神話は、「93便に割り当てられたクリーブランド航空管制官は、絶叫することがまもなく続いていて、コックピットで格闘の形跡を聞きました」に言及します。

マイケルBronnerが「9/11の住み:」という表題を付けられたバニティ・フェアのために彼の8月の記事の中で見えていた時に、北アメリカ米空軍航空宇宙軍(NORAD)のための北東の地域の本部での会話のテープはこれを確認します。

「NORADテープ」.メジャーケビンNasypanyはその日に施設の任務クルー司令官であり、テープは、彼が、何が起こっていたか、そして彼が、93便を撃ち落とすように命令を受けていたかどうかを考えようとするのを半狂乱で見せます。

「コールサインを私に与えてください」と彼は10:07に言います。

「まるまる9ヤードを私に与えてください」。

. . .

本当にすばやくいくらかの情報を得ましょう。

「彼らは爆弾を得ました?」

しかし、Bronnerリポートとして、その時までに、「評議会の誰もがすでに死んでいます」。

「乗客の逆襲に続いて、飛行機は午前10:03にペンシルベニアのフィールドに墜落しました」

そこで事故現場の調査を率いた人はマシュー・マコーミック(運輸安全委員会の33年のベテラン)でした。

暴露作者に、「私の調査から、飛行機への前インパクトストレスが全然ありませんでした」と彼は言いました。

確かに、不一致があり、委員会リポートと国防総省とFAAが出現する9/11における省略されたものは、完全に真実で、その日に起こったことについて率直であったわけではありません。

グリフィンと他の隠謀家が提出するすべての謎が即答を持っているわけではありません。

しかし、それらの主要な主張のほとんどすべてはいいかげんです。

そして、彼ら自身の理論はそのような巨大な穴を持っていて、ロジックのそのような記念碑の飛躍を必要としているので、彼らは自身の評判を悪くします。

底で、9/11の陰謀説は深く不合理で、非科学的です。

そう、たばこ、幹細胞、発展、および地球温暖化のような問題についての科学を尊敬する革新主義者が、科学をそんなに快く捨てて、9/11の主題の上のファンタジーに従うことは通過するよりもっと奇妙です。

9/11の陰謀説は袋小路です。

彼らは何にもなりません。

そして、彼らは、ブッシュ政権の買収されやすさを証明することに必要でありません。

まわりに横たわっている多くのその証拠があります。

私達は、それを作る必要がありません。


スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

kane552004

Author:kane552004
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR