FC2ブログ

パールハーバーへの道?

#明治以降日本を育ててきたロスチャイルド


「近代史において英国はサタン・エリートのセンターであった。ロスチャイルドの力の下にあった大英帝国は世界の皇帝を引き下ろすことを決定した。ロスチャイルドはロシアのロマノフ王朝の皇帝(ツアー)に照準を定め、来るべき日露戦争でロシアに決定的な傷を負わせる機会を見いだしていた。英国情報部は日本にロシア軍や艦船の配置の優秀な情報を提供した。

一九○四年二月八日日本はロシア太平洋艦隊を攻撃して世界を驚かせた。日本はその二日後に宣戦布告を行った。日本艦隊は英国の情報を使って、さほどの困難もなくポート・アーサー小艦隊とウラジオストック小艦隊を全滅させてしまった。このニつの小艦隊が太平洋艦隊を形成していた。ロシアはバルチック艦隊を太平洋に派遣したが日本はこれも粉砕してしまった。

日本はアジアに陸軍を派遣し激しい戦闘の末、ロシア陸軍を十分かつ完全に打ち負かしてしまった。

日本はロシアとカイザルの政府を軍事的勝利で屈服させたけれど、彼らの戦争継続能力が限界に来ており、和平を獲得しなければならないことを知っていた。日本政府は秘密理に、セオドア・ルーズベルトに和平の場を整えてくれるように要請した。一九○五年にはルーズベルトは日本を好んでいたと言われている」我々は日露戦争の裏側についていくつかの報告は間いているが、当時(も今も)イギリスを支配していたロスチャイルド家が、日本を将棋の駒のようにあやつり、イギリス惰報部の高度のインテリジェンスの成果を与える事によってロシア艦隊を撃滅したとする、このようなあからさまな報告にはあまり接していない。

しかし、もちろんそれだけの能力が日本にあると言う事を彼らは知っていたのである。また日露戦争の、だれも見向きもしな かった戦争債を買ったクーン・ロエブ商会はもちろんロスチャイルドの手のものである。「他にも日本を助けた大統領がいる。第一八代大統領ユリシーズ・グラントである(彼の本名はヒラム・グラント、メーソンの神ヒラム・アビフから取られた)。グラントはロスチャイルドと堅く結ばれていた。どういうルートで、またどれくらいグラントがロスチャイルドと緊密であったかは私には分からない。

しか し、貧民窟の酔っ払いから大統領へ彗星のような浮上した陰には、イルミナティからの隠された引き綱

があった事は確かである。彼の任期は汚職でも悪名高い。中国と日本がいくつかの島の領有権を巡って争った時、ロスチャイルドがグラントに仲裁に入る事を許すように決定した。ロスチャイルドの忠実な僕である事を当然の事としていたグラントは、日本のためになるように取り仕切った。ロスチャイルド家は一貫して中国より日本を好んだ。一つには彼らが日本をもう一つのイギリスと見ていたからである。イルミナティは東京を重要なイルミナティの首都にしたかったのである。

彼らは、もし世界がもっ と長く存在し続けるなら、彼らの本部をロンドンから移転する積もりだった。その時には日本の東京かイスラェルのエルサレム(またはテルァビブ)が候補地だった。


 #日本にはどんな役目が課せられているか


ロスチャイルド家は日本と共に働き続けた。最近の事では、一九六○年代にユプリン・ロスチャイルドが日本と極東に多くのビジネス旅行をしている。エブリンは高い評価を受けている経済誌『エコノミスト』の議長である。ロスチャイルド家の一人は同じぐらいの身分の日本人の女性と結婚している。ロスチャイルド家はゴールドマン・サックスを通して日本に大きな影響力を持ってきた。ゴールドマン・サックスは他のイルミナティー三家族の一つフリーマン家と堅く結ばれている。加えてゴールドマン家とサックス家はイルミナティと共に働く典型的なサタン的ユダヤ家族である。

ゴールドマン・サックスは日本の証券取引所の主要なやり手である。ゴールドマン・サックス社は株の陰の取り引きも盛んにやって来た。日本の大蔵省は三つの証券会社を日本の為替取り引きに接近する事を許した。その一つはロスチャイルドのゴールドマン・サックスである◇ゴールドマン・サックスと共に、モルガン・スタンレー、ソロモン・ブラザースがいる(ウオールストリートジャーナルー九九一年三月一八日)。これらの 三つは全てユダヤ金融資本である。ゴールドマン・サックスは日本の長期国債を日本政府がかなりのものを還元するであろうと期待して沢山買った。ゴールドマン・サックスはニつの中期ファンドも準備して居る。

日本の住友銀行はゴールドマン・サックスに五億ドルの資本投資をした」このように、すでに明治時代からロスチャイルドとイルミナティは日本に注目し、利用し、育てて来たのである。日本の金融など彼らの前には子供銀行のようなものであろう。金融恐慌も戦争も革命も思いのままに起こす事ができるこれらの人々は、やがて、もっと大きな仕事のために日本を戦争にひきずり込む事になる。

#日本を太平洋戦争に誘引したユダヤ


「ロスチャイルドの極東・日本地域の代理人のひとりはヘクター・チャールス・パイウオーターであった。ヘクター・チャールス・パイウオーターは海軍公文書保管所の准会員であった。彼は一九二一年に日本対アメリカ海軍の深い比較研究をした。その研究は『太平洋の海軍力』という名で出版された。その本は実際にはイギリスで印刷されたのに表紙にはボストンと書いてある。これは奇妙な研究である。

それというのも第一次世界大戦は全ての戦争を終わらせる戦争だと公に信じさせようとしているからである。

ヘクターはここでもし日本とアメリカが戦争をすればどうなるかという事のデータを集める非常な努力を払っている。一九二五年、このロスチャイルドの代理人は『大太平洋戦争』と言う本を出版した。それは基本的に二○年後に起こった太平洋におけるアメリカと日本の衝突を描いている。この本は真珠湾攻撃を含む太平洋における日本の計画の根拠と基礎となった。ウイリアム・H‐ホナンの最近の本『醜間の幻ニヘクター・C‐バイウオーターはいかなるジャーナリストだったかの語られざる物語』はこの事を暴露した。この本はエスタブリッシュメントの注意を引いた、彼らはワシントンポストとニューョークタイムスでこの本の評論をした。


日本の真珠湾攻撃を指揮した山本五十六は、パイウオーターの本を学んだと信じられている」山本五十六はフリーメーソンであったと、故久保田政男氏の『フリーメーソンとはなにか』に書いてある。しかし、我々のだれが、パイウオーターの名を知っていただろう。そして、かの有名な山本五十六がもしかすると売国の徒であったかもしれないなどと言う事を、だれが信じるだろうか。信じられない話のついでにもっと信じられない話をしよう。前の本を読んだ読者からとんでもない電話があった。それは山本五十六が非常に高齢になり最近まで生きていた、そして日本フリーメーソンの中心的存在だったと言うのである。

山本五十六は あのブーゲンビルのジャンクルで死ななかったと言う話を間いたのは私はこれが二度目だった。私には分からない。そしてどちらでも構わない。一方、ヨーロッパではもっと複雑な計略が練られていた。それはヒトラーと言う謎の男の登場である。この研究者はヒトラーがユダヤの血を引く、それもロスチャイルド家の血縁だと言うのである。なぜ、ナチスが生れ、ヒトラーが同胞を殺したのだろうか。それは秘密中の秘密である。それはイスラエルと言う国を誕生させるための血の犠牲だったというのである。

しかし、それについてはまだ私には十分な確証がない。ここではただ日本との関わりについてだけ研究者の言葉を聞こう。

「ベルリンの高位のオカルトグルーブがもっとも強力な日本のオカルチストと接触した。両方のグルーブは悪魔的な力に頼った。高位のオカルトグルーブがロスチャイルドとヒトラーの背後で結合した。すでに私が著書の中で明らかにしているように、アドルフ・ヒトラーはロスチャイルドの血縁である。サタン主義のナチの指導者を助け、供応し、日本が真珠湾で米国を攻撃するように励ましたのはドイツの陸軍であった。真珠湾

攻撃を引き起こすために、他にも〃エリート〃の沢山の秘密の陰謀組織があった が、この記事の中では多すぎて取り上げる事は出来ない。

?要点はこうである、我々は日本を第二次世界大戦にひきずりこむためのイルミナティの舞台裏の動きを、巧みにぽかしている映像を見せられているのである。イルミナティの指今の下にあるアメリカ政府は日本をコーナーまで追い詰め、日本がしやにむに攻撃してくるだろうところまで意図的に怒らせた。日本は一九四一年一○月七日に和平とアメリカが望むどんな和平の条件も間くという意志を表明した。アメリカ政府は彼らが次に何をするかを国民には知らせなかった。ルーズベルトと他のイルミナティは日本の和解の提示を鼻歌を歌いながら無視した、そして、日本が必ず戦争で答えなければならないような最後通牒を送って拒絶した」これは今となっては良く知られた事である。

一つには彼らは日本をあなどっていた。日本人の知性と技術力を過少評価していたのである。ルーズベルトは真珠湾の被害を間いた時、泣き出したと言われている。さすがイルミナティでもいくらかは人間の心が残っていたのだろうか。彼の死はその自責の念と関係しているのかもしれない。これについてはまだいろいろと不思議な情報がある。「ルーズベルトが日本に作戦行動をさせるなどと言う事があり得るだろうか。軍事国務長官ヘンリー L スチムソンは彼の一九四一年二月二五日の日記に秘密事項として、「間題は、我々の方に余り多くの損害を受けずに、いかに奴等(日本)に最初に手を出させるかだった。それはなかなか難しい間題だった」と書いている。

読者は『ワシントンの戦争の君主たち』(真珠湾の秘密)という陸軍大佐力-チス・ダルとのインタビューを読まれると良い。(出版社Institute for Historical Review)スチムソンと他のイルミナティたちは公に知られずに、日本を怒らせた事が、どんなに巧妙なやりかただったか誇りを感じていたに違いない。ルーズベルトは彼の出来る限りのやり方で日本人を怒らせた。そしてルーズベルトから出たと思われる命今によって、日本の航空関係者は真珠湾への重要な旅行を許可された。そして真珠湾のどこが攻撃しやすいか教えられ、アメリカの係官たちはオアフ鳥は、どうすれば航空機による攻撃が最高の成果をあげるることができるかを詳細に説明するツアーを提供した」これは珍しい証言である。

当時の日本軍関係者はこのツアーをどう思っただろうか。「アメリカ人とは開けっ広げで警戒心のない連中だ」と思ったのだろうか。わざわざ敵に自分を攻撃する最良の道を教えるなど本当にあったのだろうか。しかし、真珠湾の事件は初めから彼らの作戦だったのである。ただ、少しばかり誤算だったのだ。その少しばかり の誤算がアメリカの若き三六○○人の命だったのである。彼らを殺したのは日本人ではない。彼らの大統領、そしてそれを動かしているサタンのヒェラルキーであった。

?


Pearl Harbor: Fifty Years of Controversy

Charles Lutton

At 7:49 a.m. on Sunday, December 7, 1941, 183 Japanese dive- and torpedo-bombers, accompanied by Zero escorts, launched the first of two attacks against the American base at Pearl Harbor. A second wave of 168 Japanese aircraft arrived at 9 a.m. Eighteen operational warships, including four battleships, were sunk or heavily damaged; 188 aircraft were destroyed. 2,403 Americans were killed, among them 68 civilians, and 1178 were wounded.


Although the Japanese achieved local surprise, their success was less than complete. The Pacific Fleet's three aircraft carriers were not in port. Nine heavy cruisers, all but three light cruisers, and virtually all of the destroyers remained afloat. None of the fleet's submarines was lost. And the commander of the Japanese task force, Admiral Chuichi Nagumo, refused to authorize a third strike that could have led to the destruction of Pearl Harbor's naval dockyards and oil storage tanks, the loss of which would have neutralized Hawaii as a forward base for counter-offensives against Japanese moves toward the Philippines, Malaya, and the Dutch East Indies.


The attack solved President Franklin D. Roosevelt's most pressing problem: how to overcome the American public's opposition to involvement in the war that had been going on in Europe for the previous sixteen months (on the eve of Pearl Harbor, polls indicated that 80 per cent of the people did not want the United States to enter the war as an active participant). Roosevelt received overwhelming support when he asked Congress for a declaration of war against Japan. The grass-roots America First movement quietly disbanded. On December 11th, Germany and Italy declared war against the United States. American resolve to "defeat the dictators" was near unanimous.


If the public united behind Roosevelt and Churchill in the war effort, almost from the first there were serious questions raised about the attack that had brought America into the world conflict. Who was accountable for the disaster? Was it avoidable? Why had the Japanese attacked? Had there been any American provocation? And why had Pearl Harbor's able Navy and Army commanders, Admiral Husband E. Kimmel and General Walter Short, been caught off guard? Why were they quickly retired under unusual circumstances?


To head off congressional and public criticism, Roosevelt hastily appointed a special commission to investigate the attack. Chaired by Associate Supreme Court Justice Owen J. Roberts, a leading supporter of the pro-interventionist Committee to Aid America by Aiding the Allies, the President had no fear that the commission would do anything to compromise the spirit of unity that now prevailed. Justice Roberts completed his report on Friday, January 23, 1942. The Administration released it to the public in time for the Sunday newspapers. Key members of the Washington political and military establishment were absolved of any blame. The fault, they said, lay with Admiral Kimmel and General Short.


First Revisionist Critiques

But not all were convinced. In September 1944, John T. Flynn launched Pearl Harbor revisionism when he published a forty-six page booklet entitled The Truth about Pearl Harbor. Flynn argued that Roosevelt and his cronies had been plotting war against Japan at least since January 1941. The Administration continued needlessly to provoke the Japanese government throughout the rest of the year, and on November 26, 1941, delivered a diplomatic ultimatum that no government could possibly accept. Flynn also suggested that Kimmel and Short were given the wrong instructions from Washington headquarters, thus aborting the taking of effective measures at the base.


In early 1945, a thirty-year-old historian, William L. Neumann, published a brochure, The Genesis of Pearl Harbor. He reviewed the diplomatic background to the outbreak of the war and pointed out how the Roosevelt Administration had launched an economic war against Japan in the summer and fall of 1941. Neumann concluded that both sides were responsible, but that Washington could not have been surprised by the attack at Pearl Harbor, given FDR's diplomatic activities in the months and days preceding December 7th.


Army and Navy Reports Released

After VJ-Day, President Harry Truman permitted the release of the Army and Navy special investigations of the Pearl Harbor attack. The Navy Court of Inquiry, headed by Admiral Orin G. Murfin, met from July 24-September 27, 1944. They concluded that Admiral Harold R. Stark, the Chief of Naval Operations, had failed to provide Admiral Kimmel all of the information possessed in Washington, thereby denying the Hawaii command a more complete picture of the situation. Kimmel was exonerated. His plans were judged "sound," but were dependent on "advance knowledge that an attack was to be expected." And given his limited military resources, Kimmel had conducted long-range aerial reconnaissance appropriate to the intelligence he had been given and the number of aircraft available.


Lt. General George Grunert chaired the Army Pearl Harbor Board, which met from July 20-October 20, 1944. Evidence from 151 witnesses was collected in Washington, D.C., San Francisco, and Hawaii. While the Board was critical of General Short, for the first time attention was directed toward General George Marshall and the War Department. Marshall was censured for failing to keep Short fully apprised of the deteriorating state of U.S.-Japanese relations; of failing to correct Short's "sabotage alert" preparations at Pearl Harbor (U.S. aircraft were bunched wing-tip to wing-tip on December 7th, because Washington had told Short to guard against sabotage. Had he been alerted to a possible air attack, the planes would have been scattered and sheltered in revetments to guard against bomb blast); of failing to send critical information to short on the evening of December 6th and the morning of December 7th; of failing to determine if the state of readiness at Pearl Harbor was commensurate with the potential threats to the base's security. General Leonard Gerow, the Chief of the Army's War Plans Division, was also reproved, He had failed, the Board concluded, to keep the Hawaiian command inform ed about Japanese moves that were known in Washington; of failing to make the November 27th warning clear and concise; and of failing to see that joint Army-Navy plans were properly effected.


~省略~

真珠湾:

50年の議論

チャールズLutton

1941年12月7日日曜日の午前7:49に、0人の付き添い人によって同伴されている183人の日本のダイビングと魚雷の爆破犯人が真珠湾のアメリカベースへの2回の攻撃の一番目をスタートしました。

168機の日本の航空機の第2波は4つの戦艦を含む午前9時18操作上の軍艦に到達し、沈んだか、重く、損傷しました;

188機の航空機が破壊されました。

2,403人のアメリカ人が彼ら、68人の民間人がこの間で殺されて、1178人は傷つけられました。

日本人はローカルな驚きを達成したけれども、彼らの成功は完全であるとは言えなかった。

太平洋艦隊の3つの航空母艦はポートの中にありませんでした。

9つの重巡洋艦、3つの軽巡洋艦を除いたすべて、および事実上破壊者のすべてが浮遊中であり続けました。

群団の潜水艦の誰も迷子になっていませんでした。

そして日本のタスク・フォース、チュウイチ・ナグモ提督の司令官は、真珠湾の海軍工所とオイル貯蔵タンクの破壊を引き起こしていたかもしれない3番目のストを認可することを断りました(それの損失はフィリピン、マレー半島、およびオランダ領東インド諸島への日本の動きに対する反撃のために前線基地としてハワイを中立化したでしょう)。

攻撃はフランクリン・ルーズヴェルト大統領の最も緊急問題を解決しました:

どのように、前の16ヶ月(真珠湾のイブに、投票は、人々の80パーセントが、米国に、アクティブな参加者として戦争に入ってほしくなかったことを示しました)の間ヨーロッパで続いていた戦争における関与へのアメリカの大衆の反対に打ち勝ちますか。

彼が議会に日本に対する戦争の宣言を要求した時に、ルーズベルトは圧倒的なサポートを受けました。

民衆のアメリカの最初のムーブメントは静かに解散しました。

ドイツとイタリアは米国に対して12月11日に宣戦布告しました。

「独裁者を破る」アメリカ決意はほぼ満場一致でした。

一般大衆が戦争の準備においてルーズベルトとチャーチルの後ろで結束したならば、ほとんど、初めから、アメリカを世界衝突に至らせた攻撃について提起された重大な問題がありました。

誰が災害について責任がありましたか?

それは回避可能でしたか?

なぜ日本人は攻撃しましたか?

アメリカ挑発がありましたか?

そして、なぜ真珠湾の有能な海軍と軍隊の司令官(Husband E.キンメル提督、およびウォルターShort将軍)は油断につけこまれましたか?

なぜそれらは異常な状況の下で迅速に辞めましたか?

議会の批判と世論の批判の進路を阻むために、ルーズベルトは急いで特別な委員会に、攻撃を調査するように命じました。

仲間最高裁判所裁判官オーウェンJ.ロバーツ(同盟国を援助することによってアメリカを援助するプロ内政干渉論者委員会の指導的立場にある支持者)によって統轄されて、大統領は、委員会が、今や、普及した単一性の心を損うために何もするであろうという心配を全然持っていませんでした。

ロバーツ裁判官は1942年1月23日金曜日に彼のリポートを完成しました。

管理は日曜紙に間に合って一般大衆にそれをリリースしました。

ワシントン政治機構と軍用基地の主要メンバーはどのような非難をでも赦免されました。

彼らは、障害はキンメル提督とShort将軍にあったと言いました。

最初の修正論者評論

しかし、すべてが確信したわけではありません。

1944年9月に、彼が真珠湾について真実という表題を付けられた46ページの小冊子を出版した時に、ジョンT.フリンは真珠湾修正論をスタートしました。

フリンは、ルーズベルトと彼の親友が少なくとも1941年1月以来ずっと日本に対する戦争の座標を示していたと主張しました。

管理は不必要にも、その年の残りにわたって日本政府を怒らし続けて、1941年11月26日に、どの政府もことによると受け入れることができなかった外交の最後通牒を送達しました。

フリンはまた、キンメルとShortが、ワシントン本部から間違った手順を与えられたし、従ってベースで効果的な手段の取りを中止することを示唆しました。

1945年の初頭において、30歳の歴史家、ウィリアムL.ノイマンはパンフレット、真珠湾のジェネシスを出版しました。

彼は戦争の勃発に外交の背景をレビューし、どのようにルーズベルト政権が1941年の夏と落下に日本に対する経済戦争をスタートしたかを指摘しました。

ノイマンは、両者が責任があったけれどもワシントンが、12月7日先行している数ヶ月と日にFDRの外交活動を与えられて、真珠湾で攻撃に驚いたはずがないと断定しました。

発表された陸軍と海軍のリポート

太平洋戦線勝利の日の後に、ハリー・トルーマン大統領は真珠湾攻撃の陸軍と海軍の特別な調査のリリースを許しました。

Orin G. Murfin提督によって率いられた海軍査問会議は7月24日-1944年9月27日から開催されました。

彼らは、ハロルドR.Stark提督、海軍作戦部長が、キンメル提督にワシントンで所有されている情報のすべてを提供し、従って、Hawaiiが状況のより完全な映画を命じるのを否定することに失敗したと断定しました。

キンメルは解放されました。

彼の計画は「健全です」と判断されていたけれども、「攻撃が、予期されていることになっていた事前の知識」に依存していました。

そして、彼の制限された軍事資源を与えられて、キンメルは、彼が与えられた知能に適切な長期の空中査察と入手可能な航空機の数を実施しました。

ジョージGrunert中将は軍隊真珠湾取締役会を統轄しました(それは7月20日-1944年10月20日から会いました)。

151人の証人からの証拠はワシントンD.C.、サンフランシスコ、およびハワイで収集されました。

ボードが一般的なShortに批判的な間、初めて、注意はジョージ・マーシャル将軍と戦争省に向けられました。

マーシャルは、米国日本人関係の悪化する状態について完全に知らせられたShortを保持することに失敗するために非難されました;

真珠湾でShortの「サボタージュ警告」準備を訂正することに失敗することの(ワシントンが、サボタージュを警戒するために手前で話したので、米国航空機は12月7日に翼端から翼端まで束にされました。

(彼が可能な空襲について注意をうながされたならば、飛行機は、爆風を警戒するために護岸舗装において散乱し、避難していたでしょう);

12月6日の夕方と12月7日の朝に重要情報を要点に送ることに失敗することの;

真珠湾での準備の状態がベースのセキュリティへの潜在的な脅威と同量であったかどうかを決定することに失敗することの。

レナードGerow将軍(軍隊の戦争計画部門のチーフ)はまたとがめられて、彼は失敗し、ボードは終えて、Hawaiianコマンドを保持することは、ワシントンで知られていた日本の動きをedに知らせます;

11月27日の警告をクリアで、簡潔にすることに失敗することの;

そして、共同の陸軍-海軍計画が適切にもたらされたとわかることに失敗することの。

言うまでもなく、陸軍長官ヘンリー・スティムソンと海軍長官ジェイムズ・フォレスタルは、日本の攻撃の成功に対する責任がローカルな司令官からワシントンの彼らの上司に転嫁されたことに驚きました。

軍隊真珠湾ボードのリポートを補うために、ヘンリー・クラウゼン少佐は、ワンマンの調査を率いるために選ばれました。

しかし、どの公的なリポートも出されませんでした。

フォレスタルは提督W.ケントヒューイットを持っていました 真珠湾を調査し続ける 。

どの別個のリポートも出されなかったけれども、1945年8月29日に、フォレスタルは、ヒューイットの問い合わせに基づいて、「特に11月27日から1941年12月7日の期間の間の提督夫E.キンメルとハロルドR.Stark提督は、それらの繁茂し、割り当てられた義務と同量の運動コマンドに必要な優れた判断を示すことに失敗しました」を発表しました。

1945年9月に、真珠湾の最終的な秘密という表題を付けられた15ページのリポートを出した侮り難いジョンT.フリンに、陸軍と海軍のリポートは新鮮な弾薬を提供しました。

フリンの発見は興味がある友人の小さな輪によってレビューに制限されなかったけれども、シカゴ・トリビューンのおかげで広い流通を与えられました(それは彼の仕事を強調しました)。

フリンは、フランクリン・ルーズベルトが外交の管理誤りについて責任があったと断定しました;

太平洋艦隊を不安定な真珠湾ベースに配置されるようにしておくため;

そして、真珠湾から必要な防御用の機器を取り除くため。

攻撃への外交の序曲をレビューして、フリンは、FDRが、一般的な日本人と「戦争宣伝員」が東京でパワーを取ったという日本の穏健派とそう統合されたイベントの見解を徐々に蝕んだことを説明しました。

挑発にもかかわらず、ドイツが、米国に対して宣戦布告しようとしていなかったことはクリアになりました。

ルーズベルトが日本人にねじを向けたのはこのポイント、言われたフリンでした。

フリンは、続けて、日本の外交のコードのひびが入ることが表していた「神から贈ってください」に言及しました。

フリンは、英国人が最初に日本語のコードを壊し、東京と外国の担当者の間でメッセージのコピーをワシントンに供給したという感じを抱いていました。

彼は、ワシントンが、日本が、米国と合意に達するためにその外交官に11月25日の締め切りを与えたことに気づいていたという事実の意義を強調しました。

セクション(「真珠湾の霧」)中で、フリンは、真珠湾の司令官が傍受された日本語のメッセージと急速に悪化する事態について「文字どおりの何」とも話されたことを強調しました。

Shortは、ハワイの多い日本の人口からサボタージュと内部の無秩序を警戒するように命じられて、日本の軍事行動がすぐけれどもクラ地峡半島、グアム、シンガポール、およびマレー人のような目標に対して予期されることができることを警告されました。

そして、フリンは、まだ、攻撃(すなわち、「真珠湾を保護するために、そのキンメルの群団はそこにありませんでした」)の議論においてあまりにもしばしば覆い隠されるポイントを再強調しました。

港はそれのために単に燃料と補給基地としてそこにありました。

群団は戦争の場合にそれに割り当てられた仕事を持っていました。

「ベースの保護は軍隊と基本の海軍のinstalla tionsの義務であるでしょう」。

彼の「真珠湾の前の夜」の議論において、フリンは、真珠湾への攻撃に驚いているルーズベルトについて一般大衆を与えられた話が「まったく不正であること」を告発しました。

傍受されたメッセージに基づいて、FDRは、交戦状態がすぐ、始まることになっていたと知っていました。

どんな「警告」がハワイに最終的に送られたかは顔をたてた手段としてできる限り遅い方法によって意図的に配達されました。

フリンは、続けて、どう災害に対する責任がワシントンからハワイ司令官、キンメル、および要点に賢く転嫁されたかを示しました。

彼はさらに、どのように群団が、そこに停泊したどのような船でも容易な目標であるであろうという、コンvincedであったキンメルの前任者、リチャードソン提督の反対を押し切って真珠湾で基づくようになったかを議論しました。

[*]

彼の悲劇の要約において、フリンは、そのルーズベルトが、彼らの息子を対外戦争において戦わせないアメリカ人への彼の公約にもかかわらず日本との戦争に行くと決めて、彼が、英国人に、12月7日よりずっと以前に戦うと約束したという彼の見解を繰り返しました。

攻撃が真珠湾に来た時に、「チーフアマチュア司令官」は、非難をキンメルと要点に置こうとしました。

「さて、アメリカ人中に残された体裁の切れ端があるならば、彼らは、議会が日の光に醜いビジネス全体のために開くdeマンドを望んでいます」と彼は断定しました。

[**]

議会公聴会

真珠湾攻撃の調査についての共同の議会委員会であることに持って来られた議会の同一決議。

管理は、パワーにおいて政党の立ちを守る間に、民主党の大多数を持っていた委員会が公的な好奇心を満たすであろうということを望みました。

Albenバークリー(ケンタッキー州・民主党)上院議員は会長を務めました。

5人の他の民主党員は、ウォルターF.ジョージ(ジョージア)上院議員、スコット・ルーカス(イリノイ)上院議員、J.バイヤール・クラーク(ノースカロライナ)議員、ジョンW.マーフィー(ペンシルベニア)議員、および副会長であったJereクーパー(テネシー)議員を含みました。

民主党は法律のスタッフを選びました。

4人の共和党員が委員になりました:

オーウェン・ブルースター(メーン)上院議員、ホーマー・ファーガソン(ミシガン)上院議員、バートランドGearhart(カリフォルニア)議員、およびフランクB.キーフ(ウィスコンシン)議員。

共和党の少数は彼ら自身のスタッフを提供されませんでした。

しかし、パーシー・グリーブス(共和党全国委員会の前の仲間研究ディレクター)が共同の議会委員会の共和党のメンバーを補助することを許すために、ジョンT.フリンは私的なソースから資金を集めました。

グリーブスの有能な仕事がなければ、真珠湾話の多くは一般大衆に隠されていたでしょう。

委員会は1945年11月15日から1946年5月31日に座りました。

それらが亡くなった大統領ルーズベルトからできた限り多くの批評をそらすように民主党の大多数はそのような方法で、どうにかしてヒアリングを操縦しました。

ファーガソン上院議員の粘り強さのおかげで、グリーブスによって援助されて、「不自由な」証拠は多くの証人から取り出されて、ロバーツ委員会リポートを否定した証拠はレコードに置かれました。

証拠、展示品、ヒアリング、および終えるリポートは約40巻に来ました。

「大多数リポート」は、日本のきらきらと計画された攻撃が完全に挑発されなく、ルーズベルト内閣が、議会を、宣戦布告することに押し込むために先制攻撃をスタートする中に日本を動かせたという証拠が全然なかったと断定しました。

実に、民主党は、ルーズベルト、ハル、およびスティムソンが、日本との戦争を避けるために、それらがことによるとすることができたすべてをしたと断言しました。

真珠湾の災害は、可能な攻撃を検出し、ありそうな脅迫に対応する適切な準備を維持する適正な手段を取ることにおけるローカルな司令官の失敗によりました。

リポートは、戦争省が、彼の「サボタージュ警告」手段が十分でなかったことをShort将軍に通知するべきであったことを示唆しました。

さらに、陸軍と海軍の知能は、真珠湾(軍事情報がデコードした「爆弾プロット」メッセージ)で停泊した米国戦争船の位置と並行している状態を保つ日本の努力の意義を実現するべきでした。

最終的に、攻撃の前の48時間の間に、戦争と海軍の部門は、日本人が、12月7日に午後1時ワシントン時間から効果を生じることを予定した差し迫った国交断絶についての用心深く、通知された真珠湾のより高い州の上でもつべきでした。

「少数意見書」はブルースターとファーガソンの上院議員のサインの下に出されました。

彼らは約20の「事実と責任の結論」をリストしました。

ルーズベルト大統領は、「情報を評価し、イベントが戦争の成長する切迫を示した時にクリアで、ポジティブな注文をハワイ司令官に派遣することにおいて陸軍長官、海軍長官、陸参謀総長(マーシャル将軍)、および海軍作戦部長(硬直している提督)の間の継続的で、効率的で、適切な協力を強制することにおける失敗に責任があります」に保たれました。

「機会によって必要とされていたその迅速で、即時の実行する行動をとること」に失敗するために、ルーズベルトは特に12月6日土曜日の夜と日曜日の朝、7番目の間で誤りました。

「大多数リポート」とサインされた共和党の議員Gearhart(難しい再選運動にありました)と、持った後に、フランク・キーフ議員は彼自身の「追加の眺め」を提出しました。

キーフを入れられる、その、「大西洋または太平洋で全面戦争努力の後ろの世論を統合するであろうファクターとして‘出来事’の概念は長い間ワシントンで役員の考察に影響しました」。

早くも1940年10月に、ルーズベルトは、日本を封鎖することを考慮しました。

キーフはまた、真珠湾への攻撃のほんの数日前に、ルーズベルトが個人的に海軍が、フィリピンから東南アジアに蒸気を出しているその時の日本の軍艦の進路の中に3つの小さな容器を急送するように命令したことが重要であるとわかりました。

下院議員は、この非凡な行動が、出来事が、米国を公式に戦争に至らせる必要があった時に、役立つことができたアメリカ船への「明白な」日本の攻撃を引き起こすことを意図していたと思いました。

ジョージ・モルゲンシュテルンはけんかに入ります。

議会公聴会、外交官と陸軍将校の回想録、および他の問い合わせは、攻撃の真面目な学生が、起こったことのかなりクリアな写真を得ることを可能にするのに十分な証拠を提供しました。

ジョージ・モルゲンシュテルン(戦争中に米国海兵隊のキャプテンとして勤務していたシカゴ大学のファイベータカッパ卒業生)は入手可能な素材を調べ尽くし、今日、たぶんエピソード、真珠湾の最もよいアカウントであり続けるものを書きました:

1947年にDevinアデア会社によって出版された秘密の戦争の話。

シカゴ・トリビューンのために社説面エディタとして働いて、その時までにであったモルゲンシュテルンは、ルーズベルトの無実のディフェンダーをがたつかせました。

いくつかによる厳しい攻撃を受けるか、無視を単に与えられて、民主主義の政治機構の同志ではなかった他から、モルゲンシュテルンの奨学金は称賛を勝ち取りました。

尊いチャールズA.Beardは、彼の本が長い間「真珠湾の悲劇についての理解の探求への永久的な寄与」であり続けるであろうということを述べました。

米国アジア人群団のチーフ前の司令官、H.E. Yarnell提督は、作者が、「どこに責任があるかをすべてのリーダに明らかにするようにそのような方法でこの悲劇の現有の事実を整理することについて祝われることになっている」と言いました。

ジョージタウン大学歴史家チャールズ・カランTansillは、モルゲンシュテルンが「高い能力によって秘密外交と全国的な裏切りのレッスンを明らかにする」と思いました。

モルゲンシュテルンは日本の攻撃の説明によって彼の本を開き、1932年のアメリカ海軍運動が、真珠湾がキャリアで基づいた飛行機による空襲に開いていたことを示したことに注意しました。

章全体が、なぜ群団が、1940年5月から真珠湾で家ベースであるようになったかの問題に捧げられました。

作者は、1940年10月に、アメリカ西海岸の保護水域からハワイの無防備なベースに群団を動かすルーズベルトの決定に抗議した太平洋艦隊の前の司令官、J.O.リチャードソン提督の証拠を引用しました。

リチャードソンは、彼がFDRと出会った4ヶ月後に彼の指揮者の地位を解かれて、キンメル少将によって取り替えられました。

「真珠湾ルーズベルトさんが平和について話す前の数年の間」。

何ヶ月も、彼は戦争をたくらみました。

「戦争する裏口」を扱っている彼の章の中で、「彼の行為は彼の言葉を偽っていました」と作者は断言しました。

ここに、彼は一連の出来事をリストし、ルーズベルトの10月から、1937は、彼の、彼が大西洋で遂行した米国軍隊と「宣戦布告なしの戦争」の費用の英国人の武装への「攻撃者」スピーチを「隔離します」。

モルゲンシュテルンは、米国が中国と大きな経済のまたは政治的な興味を全然持っていなかったことを証明しました(それは日本との戦争にありました)。

実に、中国は米国外国貿易の3パーセント未満を占めていたが、日本はアメリカの3番目に最もよい顧客でした。

日本がどのような興味へのでも「脅威」であったならば、それは英国、フランス、およびオランダ(広大なアジア植民地のホルダー)のそれらでした。

攻撃への外交の序曲はレビューされました。

「日本穏健派の最後」において、モルゲンシュテルンは、「外交が、戦争を回避するためではなく一定のその到来をするために使用されたので、外交は失敗しました」を強調しました。

日本ジョセフC.Grewへの引用米国の大使、作者は、どれほど主要なKonoyeが誠実な講和の申し出であるかが、アメリカが1941年の夏以来ずっと与えていた経済ののど輪攻めを壊すことに必要であった何でもすることを誓約した一般的な日本人によるKonoyeの交換を引き起こして、ルーズベルトによって拒絶されたと明らかにしました。

共同の議会公聴会は、アメリカ暗号作成者が、どうにかして秘密の日本の外交のメッセージを読んで聞かせた範囲を持ち出しました。

この「MAGIC」は、それが呼ばれたので、ワシントンが、日本人が心の中に何を思っていたか、そして彼らの時刻表が進行中の外交の努力のために最も重要なこととして何であったかを知ることを可能にしました(それの故障は必然的に軍事行動を引き起こすでしょう)。

1941年11月14日までに、ルーズベルトは、交渉が崩壊したならば、戦争が来るであろうと知っていました;

11月19日に、東京は、完全な故障が近かったことを警告し、そのワシントン大使館への特別なメッセージの中で、現在有名な「風」指示を出しました(それは規定しました):

緊急事態(私達の外交関係を切り離す危険)と国際的なコミュニケーションの切り離しの場合に、以下の警告は毎日の日本語の短い波ニュース放送の中央に追加されるでしょう:

危険にさらされた日米関係の場合:(東の風、雨)。

日本ソ連関係:(北の風、曇りです)。

日本英国人関係:(西の風、空所)。

11月22日に、東京は米国、野村吉三郎、および来栖三郎にその特使に知らせて、合意が11月29日までに米国、英国人、およびオランダ語と達せられなかったならば、それに知らせて、「締め切りは完全に変更されることができないことでした」。

「それの後で、物事は、起こるために自動的に進みます」。

別のものの中

スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

kane552004

Author:kane552004
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR