FC2ブログ

ニホン軍なる変な軍隊か?。

世界史のなかのニホン軍
江口 幹著(三一書房)という左巻きの本です。


その中に


日本の対外進出 4つの特徴について。


①朝鮮出兵で人心を取り戻す。


②謀略工作(王妃殺害事件)。


③反清感情をあおる世論操作。


④アジアに対する優越感。


①では


国民の眼を外にそらすことによって国内問題の火を消そうとする政府の姿勢。


②では


挑発的な軍事行動ないし、謀略によって侵略の切っ掛けを作っている事実。


③では


政府が国民に真相を語らず、政府の都合のいいような世論操作を常に作っている事実。


反感を煽る被害記事のみ掲載・・世論を反清感情に。


④では


日本はアジアの盟主であり、アジアを指導するものである。侮辱感が次第に深められて行く。



これを現在の中国に置き換えると・・。



中国の対外進出 4つの特徴について。


①対外出兵で人心を取り戻す。


②謀略工作。


③反日感情をあおる世論操作。


④アジアに対する優越感。


①では


国民の眼を外にそらすことによって国内問題の火を消そうとする政府の姿勢。


②では


挑発的な軍事行動ないし、謀略によって侵略の切っ掛け作っている事実。


③では


政府が国民に真相を語らず、政府の都合のいいような世論操作を常に作っている事実。


反感を煽る被害記事のみ掲載・・世論を反日感情に


④では


中国はアジアの盟主であり、アジアを指導するものである。侮辱感が次第に深められて行く。





・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


自分の国の過去の悪口ばっかり書かんと、あんたも戦争行ってへんねやし、見て来たような嘘つかんと、現在あんたが見ようとすれば見えるかの国の事「世界史のなかの人民解放軍」てタイトルに変えた方がエエで・。江口はん・にち





東トルキスタンの独立、

自由、民主を実現させよう!http://www.uygur.org/japan/news.htm





チベットの僧侶を袋叩きにする中国軍http://www.kinaboykot.dk/



Hent videoen i Real Media-format



http://www.epochtimes.jp/jp/2005/10/html/d74627.html


米シンクタンク、中共が崩壊寸前

【大紀元日本10月1日】中国共産党(以下、中共)政権の崩壊が最近の話題となっているようだ。かつて旧ソ連の崩壊を的確に予測した、米国政府シンクタンクのメンバーであるジャック・ウィーラー(Jack Wheeler)博士は10月2日に政治献策のため台湾を訪問する予定である。博士は最近、「天意に背く中共の命は尽きた」をテーマとする演説を行い、中共政権が崩壊寸前にあることを指摘している。



スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

kane552004

Author:kane552004
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR