FC2ブログ

イスラエルはイランへの核攻撃を計画します。

Revealed: Israel plans nuclear strike on Iran

Uzi Mahnaimi, New York and Sarah Baxter, Washington

?






?

ISRAEL has drawn up secret plans to destroy Iran’s uranium enrichment facilities with tactical nuclear weapons.

Two Israeli air force squadrons are training to blow up an Iranian facility using low-yield nuclear “bunker-busters”, according to several Israeli military sources.


?

?

The attack would be the first with nuclear weapons since 1945, when the United States dropped atomic bombs on Hiroshima and Nagasaki. The Israeli weapons would each have a force equivalent to one-fifteenth of the Hiroshima bomb.


Under the plans, conventional laser-guided bombs would open “tunnels” into the targets. “Mini-nukes” would then immediately be fired into a plant at Natanz, exploding deep underground to reduce the risk of radioactive fallout.


“As soon as the green light is given, it will be one mission, one strike and the Iranian nuclear project will be demolished,” said one of the sources.


The plans, disclosed to The Sunday Times last week, have been prompted in part by the Israeli intelligence service Mossad’s assessment that Iran is on the verge of producing enough enriched uranium to make nuclear weapons within two years.


Israeli military commanders believe conventional strikes may no longer be enough to annihilate increasingly well-defended enrichment facilities. Several have been built beneath at least 70ft of concrete and rock. However, the nuclear-tipped bunker-busters would be used only if a conventional attack was ruled out and if the United States declined to intervene, senior sources said.


Israeli and American officials have met several times to consider military action. Military analysts said the disclosure of the plans could be intended to put pressure on Tehran to halt enrichment, cajole America into action or soften up world opinion in advance of an Israeli attack.


Some analysts warned that Iranian retaliation for such a strike could range from disruption of oil supplies to the West to terrorist attacks against Jewish targets around the world.


Israel has identified three prime targets south of Tehran which are believed to be involved in Iran’s nuclear programme:




Natanz, where thousands of centrifuges are being installed for uranium enrichment


A uranium conversion facility near Isfahan where, according to a statement by an Iranian vice-president last week, 250 tons of gas for the enrichment process have been stored in tunnels


A heavy water reactor at Arak, which may in future produce enough plutonium for a bomb

Israeli officials believe that destroying all three sites would delay Iran’s nuclear programme indefinitely and prevent them from having to live in fear of a “second Holocaust”.


The Israeli government has warned repeatedly that it will never allow nuclear weapons to be made in Iran, whose president, Mahmoud Ahmadinejad, has declared that “Israel must be wiped off the map”.

?明らかにされます:

イスラエルはイランへの核攻撃を計画します。

イスラエルは、戦術核兵器によってイランのウラニウムの濃縮設備を破壊する秘密の計画を作成しました。


何人かのイスラエルの軍隊の関係筋によると2つのイスラエルの空軍支隊が、低収益核の「バンカーバスター」を使って、イラン施設を爆破するためにトレーニングしています

攻撃は、米国が原子爆弾を広島と長崎に落とした1945年以来核兵器を持つ一番目であるでしょう。

イスラエルの武器は広島原爆の15分の1と等しい力をそれぞれ持つでしょう。

計画の下で、従来のレーザー誘導の爆弾は目標の中に「トンネル」を開くでしょう。

「小型核兵器」は、その時直ちに、死の灰のリスクを減らすために深いアンダーグラウンドを爆発させて、Natanzでプラントに撃ち込まれるでしょう。

関係筋の1人は、「青信号が与えられるとすぐに、それは1つの任務になるであろうし、1回のストとイラン核のプロジェクトが取り払われるでしょう」と言いました。

先週サンデー・タイムズに明らかにされた計画は、2年以内に核兵器をするのに十分な濃縮ウランを生み出す寸前、イランがあるイスラエルの情報機関モサドのアセスメントによっていくぶん促されています。

イスラエルの軍事司令官は、従来のストがもう、ますますよく防御された濃縮施設を全滅させるのに十分でないかもしれないと信じます。

いくらかがコンクリートと岩の少なくとも下で70ft造られています。

しかし、従来の攻撃が除外されたならば、そして米国が、介在することを辞退したならば、核弾頭を装備のバンカーバスターは使われるであろうとシニアの関係筋は言いました。

イスラエルのおよびアメリカの役員は、軍事行動を考慮するために数回会いました。

軍事アナリストは、計画のディスクロージャーが、強化を停止させて、行動の中にアメリカを丸め込むか、イスラエルの攻撃より前に世界の世論を柔らかくするようにテヘランにプレッシャーをかけることを意図することができると言いました。

何人かのアナリストは、そのようなストのためのイラン報復が西欧への石油供給の分裂から世界中のユダヤ人目標へのテロリストの攻撃に及ぶかもしれないことを警告しました。

イスラエルは、イランの原子力計画に関係していると信じられるテヘランの南の3つの主要ターゲットを識別しました:

Natanz(そこで、数千個の遠心分離機はウラニウムの濃縮のために取り付けられています)

先週のイラン副大統領によるステートメントによると、濃縮プロセスのための250トンのガスがトンネルに蓄えられているイスファハンの近くのウラニウム変換施設

アラックの重水炉(それは未来に爆弾のために十分なプルトニウムを産するかもしれません)

イスラエルの役員は、すべての3つのサイトを破壊することが、無期限にイランの原子力計画を遅らせ、彼らが、「2番目のホロコースト」を恐れて生きる必要があることを妨げるであろうと信じます。

イスラエルの政府は、それが、決して、核兵器がイランで作られることを可能にしないであろうということを繰り返し警告しました(その大統領、マハムード・アハマディネジャドは、「イスラエルはマップから消されなければなりません」を言明しました)。

Robert Gates, the new US defence secretary, has described military action against Iran as a “last resort”, leading Israeli officials to conclude that it will be left to them to strike.

Israeli pilots have flown to Gibraltar in recent weeks to train for the 2,000-mile round trip to the Iranian targets. Three possible routes have been mapped out, including one over Turkey.


?

?

Air force squadrons based at Hatzerim in the Negev desert and Tel Nof, south of Tel Aviv, have trained to use Israel’s tactical nuclear weapons on the mission. The preparations have been overseen by Major General Eliezer Shkedi, commander of the Israeli air force.


Sources close to the Pentagon said the United States was highly unlikely to give approval for tactical nuclear weapons to be used. One source said Israel would have to seek approval “after the event”, as it did when it crippled Iraq’s nuclear reactor at Osirak with airstrikes in 1981.


Scientists have calculated that although contamination from the bunker-busters could be limited, tons of radioactive uranium compounds would be released.


The Israelis believe that Iran’s retaliation would be constrained by fear of a second strike if it were to launch its Shehab-3 ballistic missiles at Israel.


However, American experts warned of repercussions, including widespread protests that could destabilise parts of the Islamic world friendly to the West.


Colonel Sam Gardiner, a Pentagon adviser, said Iran could try to close the Strait of Hormuz, the route for 20% of the world’s oil.


Some sources in Washington said they doubted if Israel would have the nerve to attack Iran. However, Dr Ephraim Sneh, the deputy Israeli defence minister, said last month: “The time is approaching when Israel and the international community will have to decide whether to take military action against Iran.”


ロバート・ゲイツ、新しい米国国防長官は、イスラエルの役員を、それが、打つために彼らに任せられるであろうと断定する気にさせてイランに対する軍事行動を「最後の手段」と評しました。

イスラエルのパイロットは、イラン目標に2,000マイルの往復旅行のためにトレーニングするようにここ数週でジブラルタルに飛んで行きました。

3つの可能なルートが、トルコの上のものを含めて、計画されています。

テルアビブの南のネゲヴ砂漠とTel NofのHatzerimで基づいた空軍支隊は、任務におけるイスラエルの戦術核兵器を使うためにトレーニングしました。

準備はEliezer Shkedi少将(イスラエルの空軍の司令官)によって監督されています。

国防総省に近い関係筋は、米国が、戦術核兵器が使われるように承認を与えることが非常にありそうにないと言いました。

1つのソースは、それが1981年に空爆によってOsirakでイラクの原子炉を損った時に、それがしたように、イスラエルが、「イベントの後で」承認を求める必要があるであろうと伝えていました。

科学者は、バンカーバスターからの汚染は制限されることができたけれども、何トンもの放射性のウラン化合物がリリースされるであろうということを計算しました。

イスラエル人は、それが、イスラエルでそのShehab-3弾道ミサイルを発射したならば、イランの報復が2番目のストに対する恐怖によって強制されるであろうと信じます。

しかし、西欧に友好的なイスラム世界の一部を不安定にすることができた広範囲に及んだ抗議を含めて、アメリカエキスパートは反響を警告しました。

サム・ガーディナー大佐、国防総省アドバイザーは、イランが、ホルムズ海峡(世界のオイルの20%のためのルート)を閉じようとすることができると言いました。

ワシントンの何人かの関係筋は、彼らが、イスラエルが、イランを攻撃する神経を持つかどうかを疑っていると言いました。

しかし、エフライム・スネー博士(副イスラエルの防衛大臣)は先月言いました:

「イスラエルと国際社会が、イランに対して軍事行動をとるかどうかを決める必要があるであろう時に、時間は近くなっています」。

スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

kane552004

Author:kane552004
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR