FC2ブログ

日本で、新しいナショナリズムは確立します。

In Japan, new nationalism takes hold


The country's post-World War II pacificism is being challenged


by a more assertive, patriotic attitude.





| Staff writer of The Christian Science Monitor


? On a pleasant November morning, some 300 Japanese executives paid $150 each to hear a lanky math professor named Masahiko Fujiwara give a secular sermon on restoring Japan's greatness. Mr. Fujiwara spoke quietly, without notes, for 80 minutes. His message, a sort of spiritual nationalism, rang loudly, though: Japan has lost its "glorious purity," its samurai spirit, its traditional sense of beauty, because of habits instilled by the United States after the war. "We are slaves to the Americans," he said.

Fujiwara's remedy is for Japan to recover its emotional strength. He says that Japan "can help save the world" - but its youths are lost in a fog of laxity and don't love Japan enough.


Fujiwara represents the milder side of an assertive discourse rising gradually but powerfully here. What direction it will take in this vibrant and complex society remains unclear. But as a new generation seeks to shed the remnants of what is commonly called the "American occupation" legacy, a range of speech and ideas previously frowned on or ignored, is showing up sharply in mainstream culture.


"We came because Fujiwara is one of few who speaks the truth to our politicians," says Hirofumi Kato, vice president of a family business who attended the talk. Those not there can buy Fujiwara's "Dignity of a Nation," a bestseller at more than 2 million copies this year, that describes how Western concepts like freedom and equality are inappropriate for Japan and don't really work in the US.


Cartoons, magazines fuel message


The new nationalist sentiment is seen in popular magazines that use provocative language to advocate a more militaristic Japan, question the legitimacy of the Tokyo war-crimes trials, and often cast racist aspersions on China and Korea. Magazines include "Voice," "Bungei-shunju," "Shokun," "Seiron," and "Sapio," among others that are widely available. Sapio issues this fall have detailed how China will soon invade Japan and advocate nuclear weapons for Taiwan and Japan. The Dec. 27 issue details which members of the US Congress "love and hate Japan," including those described by political scientist Takahiko Soejima as helping "US companies take over Japanese banks at cheap prices."


Popular manga cartoons, another example, are a vivid entry point for school children and young adult males who read them on the trains. In recent years, manga have begun to include stronger and more-open ethnic hate messages. "The 100 Crimes of China," for example, is one in a recent series put out by publisher Yushinsha, with a kicker noting that China is the "world's most evil country." One recent manga is titled, "Why We Should Hate South Korea." Drawings are graphic and depict non-Japanese in unflattering ethnic stereotypes.


New programs are emerging, like the weekly Asahi talk show hosted by Beat Takeshi, that have thrown staid political expression into satire for Japanese viewers. There's a higher profile set of "conspiracy theories" that get repeated on TV, including those by writer Hideyuki Sekioka, author of "The Japan That Cannot Say 'No.' " Mr. Sekioka says the US manipulates Japan into adopting weak policies and has a "master plan" to control Japanese business. TV Asahi broadcasts programs detailing various US manipulations, including the idea that the CIA sent the Beatles to Japan in 1966 to dissipate an anti-US mood and "emasculate" Japanese youths.


The rise of this rhetoric is often denied here. Yet by last summer, Yoshinori Katori, then-Foreign Ministry spokesman, acknowledged that nationalism, most often on the right, had become a "new phenomenon."


The Japan of 2006 has quietly adopted a tone very different from the milder pacifism of it postwar identity. Earlier this month, Prime Minister Shinzo Abe engineered two historic changes - transforming the postwar Defense Agency into a full-scale Defense Ministry, and ushering in a law requiring patriotic education in schools. The new law requires teachers to evaluate student levels of patriotism and eagerness to learn traditions. The Asahi Shimbun warns that this may "force students to vie to be patriotic in the classroom."


"A nationalistic reawakening from Japan's old pacifist identity, is leading to a domestic restructuring of Japan," says Alexander Mansourov, Asia specialist at the Pacific Center for Security Studies in Honolulu. "Along with a new defense ministry, a new national security council, and new intelligence agency, there's debate over whether to go nuclear, a debate on pre-emptive strikes on North Korea."


Pacifist sensibility still strong


The new nationalism is not coming as an especially fire-breathing exercise. Japan remains quite cosmopolitan; mildness and politeness are valued. Many Japanese don't notice the stronger messages, or are not interested in politics.


The majority retain a pacifist sensibility. There's little hint of a mass emotional patriotism seen in Japan under Emperor Hirohito. The trend may get redirected as part of a healthy rediscovery of pride.


"I see a Japan that, after the 1990s, is becoming more confident," says one American corporate headhunter who has lived here for two decades.


Still, the extent of change in Japan's discourse can be measured by the number of moderates who say that they have little ground to stand on today. Former Koizumi presidential adviser Yukio Okamoto, a moderate conservative, argues that the "middle or moderate ground" is disappearing. Mr. Okamoto says that on many subjects - membership in the UN Security Council, culpability in World War II - he finds himself without a voice. "Every time I open my mouth to say something, I am bashed by either the left or the right," he says. Recent TV appearances by the granddaughter of Hideki Tojo, a World War II leader who was later executed for war crimes, describing him as a fine fellow, also concern Okamoto, who says that, though not an exact parallel, it would be inconceivable to imagine a granddaughter of Hitler going on German TV.


Most of the current domination of media is by the harder right. Former finance minister Eisuke Sakakibara says, "The sense of nationalism is rising here. I feel threatened ... any liberal does. We worry about a loss of freedom of speech. [In the US,] the right has not taken complete control in the media, but we are not the US."


The new tone is coupled with the rise of China, fears associated with North Korea, perennial questions of identity - and comes as America, Japan's main ally and security guarantor, is bogged down in Iraq. It was given some license by the repeated visits to the Yasukuni war-memorial shrine by former Prime Minister Junichiro Koizumi. Those angered much of Asia, where they were seen as implicit support of a view that Japan's 20th-century war was justified.


Prime Minister Abe has eased that anger by not visiting the shrine, instead visiting Beijing to promote common points, like trade. But many experts see that decision as tactical.


Radical media, too, are thriving. The magazine "Will," for example, ran a discussion between the ultranationalist governor of Tokyo, Shintaro Ishihara, and Fujiwara, the author. Mr. Ishihara, who won 80 percent of the Tokyo vote in 2005, calls World War II "a splendid war." Fujiwara says Japan must replace its logic-based culture with an emotion-based culture; he pushes to eliminate the teaching of English in schools. Photos in "Will" this year depicted fascist author Yukio Mishima standing atop the high command in 1970 in a military uniform, minutes before he jumped to his death. Mr. Mishima's private army had just failed to take control of the building.


It's the "mainstreaming" of such material that raises some eyebrows. Yoshinori Kobayashi, a popular far-right cartoonist, now appears regularly on mainstream talk shows. Ishihara recently interviewed Sekioka in "Bungeishunju," a literary magazine akin to the Atlantic Monthly. Ishihara wonders why Japan lacks the spiritual strength to stand up to the Americans.


Behind such views is a shared vision: a return to pure virtues found in medieval Japan. The Tom Cruise film "The Last Samurai" captures some of this. "What we need is a return to the inherent religion and culture of Japan ... of our ancestors in the middle ages," argues Sekioka.


Japan's education bill is designed to teach such virtues. Prime Minister Abe's new book, "Toward a Beautiful Country," hearkens to the ideas of love of homeland.


The idealized samurai code was given best expression by a Japanese Christian named Inazo Nitobe. His book, "Bushido: The Soul of Japan," was written in English and translated back into Japanese after World War II. It prizes sympathy for the weak and hatred of cowardice - and has been a gold mine for present-day nationalists.


Critics say Japan must confront its wartime past. Much of its pacifist identity emerges from the view that it was a war victim, as epitomized by Hiroshima and Nagasaki. That story, reinforced by textbooks that downplay or deny Japan's role in invading Korea and Manchuria, rang loudly in the 1960s, '70s, and '80s, and ignored as the economy boomed in the late 1980s. But it has received a boost from tales of Japanese abducted by North Korea. Prime Minister Abe, who has been instrumental in promoting the abductee issue, has of late been trying to mediate between extreme nationalism while still advocating more patriotism.


日本で、新しいナショナリズムは確立します。

日本では、新しい国家主義取得は、国のポスト第二次世界大戦平和主義がより断定的な、愛国的な態度によって疑問を呈されていると考えます。

?


ロバートマークワンドによって | クリスチャンサイエンスモニターのスタッフライター



東京 ? 楽しい11月の朝に、約300人の日本の経営陣は、藤原正彦という名のひょろっとした数学教授が日本の大きいことを回復させることについて非宗教的な説教をするのを聞くために、それぞれ150ドルを払いました。80分の間、メモなしで、フジワラ氏は、静かに話しました。しかし、彼のメッセージ(一種の精神的な国家主義)は、大きくベルを鳴らしました:戦争の後、アメリカ合衆国によってしみ込む習慣のため、日本はその「素晴らしい純度」、そのサムライ勇気、その伝統的な美意識を失いました。「我々は、アメリカ人の奴隷です」と、彼が言いました。

フジワラの治療は、その感情的な強さを回復するために、日本のためです。日本が「世界を保存するのを助けることができます」ために、彼は言います - しかし、その若者はゆるみの霧に夢中になっていて、十分な日本を好みません。


フジワラは、断定的な談話のより穏やかな側が徐々に、しかし、力強くここに上がっていることを表します。それがこの力強くて複雑な社会でとるだけの方向は、不明なままです。しかし、新世代が「アメリカの仕事」と一般に呼ばれていることの残りを放棄しようとして、遺産(以前顰蹙を買うか、無視されるスピーチと考えの範囲)は主流文化において鋭く現れています。


「フジワラが我々の政治家に真実を話す少数の人のうちしかの1つでないので、我々は来ました」と、加藤宏文(会談に参加した同族会社副社長)が言います。そこのそれらはフジワラの「Nationの尊厳」を買うことができません、200万以上のベストセラーは自由と平等のような西洋の概念がどのように日本には不適当で、米国で本当に働かないかについて述べるこの年をコピーします。


漫画、雑誌燃料メッセージ


新しい国家主義の感情は、より軍国主義的な日本を主唱して、東京戦争犯罪裁判の合法性に質問して、しばしば人種差別的に中国と韓国を非難するために挑発的な言語を使用する人気の雑誌で見られます。広く利用できる他の間で、雑誌は「声」、「文芸春秋」、「諸君」、「正論」と「Sapio」を含みます。Sapio問題は、この秋、中国がすぐに日本を侵略して、台湾と日本のために核兵器を主唱する方法を詳述しました。12月27日の問題は米国国会のどの議員が「日本を好きで、憎みますか」について詳述します、助けながら政治学者副島隆彦によって解説されるそれらを含む、「米会社は、安い価格で日本の銀行を買収します。」


人気のマンガ漫画(もう一つの例)は、学童のための鮮明なエントリポイントと電車で彼らを読むヤングアダルト男性です。近年、マンガはより強くてより率直な民族の嫌がらせのメッセージを含み始めました。中国が「世界で最も不吉な国である点に注意しているキッカーと、「中国の100のCrimes」は、たとえば、出版者Yushinshaによって出される最近のシリーズの1です。」、1つの最近のマンガがタイトルを付けられて、「マンガ嫌韓流」です。

図面はグラフィックで、ありのままの民族のステロタイプにおいて非日本人を描き出します。

日本の視聴者のために落ち着いた政治的な表現を風刺に傾注したBeatタケシによって主催される毎週の朝日トークショーの様に、新しいプログラムは出てきています。作家ヒデユキセキオカによってそれらを含むテレビで繰り返される「陰謀論」のより目立つセットがあります、著者の「日本That Cannot Say、『いいえ。』」、セキオカ氏は米国が弱い方針を採用することに日本を操ると言って、日本のビジネスを管理するために「マスタープラン」を持ちます。テレビ朝日は、CIAが反米国のムードを消して、日本の若者を「骨抜きにする」ために1966年に日本にビートルズを送ったという考えを含むいろいろな米国の操作を詳述しているプログラムを放送します。


このレトリックの高まりは、ここでしばしば否定されます。それでも、昨夏までに、ヨシノリ香取(当時の外務省スポークスマン)は、国家主義が、右の上の最もしばしば、「新しい現象になったと認めました。」


2006年の日本は、それのより穏やかな平和主義と非常に異なるトーンを静かに採用しました戦後のアイデンティティ。今月始め、安倍晋三首相は、2つの歴史的な変化を設計しました - 戦後の防衛庁を実物大の国防省に変えて、学校で愛国的な教育を義務づけている法律の到来を告げること。新しい法律は、伝統を学ぶために愛国心と熱心さの学生レベルを評価することを先生に要求します。「学生に教室で愛国的であるために争うことを強制してください。」と、これがそうするかもしれないために、朝日新聞が警告します


「日本の古い平和主義的なアイデンティティから国家主義的に再び目ざめることは、日本の国内のリストラに至っています」と、アレキサンダーMansourov(ホノルルのSecurity Studiesのための太平洋センターのアジアスペシャリスト)が言います。「新しい国防省、新しい国家の安全議会と新しい情報部に加えて、核武装するべきかどうかについての議論が、あります、北朝鮮の先制攻撃についての議論。」


まだ強い平和主義的な感受性


新しい国家主義は、特に攻撃的な運動として来ていません。日本は、全く国際的なままです;温和と礼儀正しさは、評価されます。多くの日本人はより強いメッセージに気がつかないか、政治に興味がありません。


大多数は、平和主義的な感受性を保持します。ヒロヒト天皇の下で日本で見られる大量の感情的な愛国心のほとんどヒントが、ありません。傾向は、誇りの好ましい再発見の一部として向け直されるかもしれません。


「私は、1990年代の後、より自信があるようになっている日本を見ます」と、20年の間ここで生きた1人のアメリカの会社ヘッドハンターが言います。


しかし、日本の談話における変更の範囲は、彼らには今日に立っているほとんど根拠がないと言う穏健派の数で測定されることができます。元コイズミ大統領補佐官岡本行男(穏健な保守派)は、「中央であるか穏やかな地面」が消えていると主張します。オカモト氏は、多くの主題に関してそれを言います - 国連安全保障理事会(第二次世界大戦の有罪)のメンバーシップ - 彼は、声なしで彼自身を見つけます。「私が何かを言うために私の口を開くたびに、私は左か右によって殴られます」と、彼が言います。彼を立派な人と言う東条英機(戦争犯罪のために後で処刑された第二次世界大戦リーダー)の孫娘による最近のテレビ外観はまた、オカモトに関係します。そして、その人はたとえ正確な平行でないとしても、ドイツのテレビに近づいているヒトラーの孫娘を想像することが考えられないと言います。


メディアの大部分の現在の支配は、より固い右のそばにあります。元蔵相榊原英資は言います ? 「国家主義の感覚は、ここに上がっています。私は、脅されていると感じます...どんな自由主義者でもします。我々は、言論の自由の喪失について心配します。[米国で、]右はメディアで完全に管理しませんでした、しかし、我々は米国ではありません。」


新しいトーンは、中国の高まり、北朝鮮と関連する恐れ、アイデンティティの長年の問題に結合します - そして、アメリカ(日本の主な同盟国とセキュリティ保証人)がイラクで停滞して、来ます。それは、元小泉純一郎首相によって靖国戦没者記念碑聖地への度重なる訪問によって、若干の許可を与えられました。それらはアジアの多くを怒らせました、そこで、彼らは日本の20世紀の戦争が正当化されたという見方の潜在的な支持とみなされました。


エイブ首相は聖地を訪問しないことによってその怒りを和らげました。そして、その代わりに、一般の点(取引のような)を進めるために北京を訪問しました。しかし、戦術的であるように、多くの専門家はその決定を見ます。


根本的なメディアは、また、成功しています。雑誌「意志」は、たとえば、超国家主義者東京都知事、石原慎太郎とフジワラ(著者)の間で議論を走らせました。イシハラ氏(その人は2005年に東京票の80パーセントに勝ちました)は、第二次世界大戦「見事な戦争を呼びます。」、フジワラは日本がその論理に基づく文化を感情に基づく文化と入れ替えなければならないと言います;彼は、学校で英語の教授を除くために押します。「意志」の写真は、今年、軍服(彼が彼の死へジャンプする前に分)を着て1970年に最高司令部のトップに立っているファシスト著者三島幸雄を表しました。三島氏の個人的な軍は、ちょうど今建物を支配することができませんでした。


それは、若干の眉をつり上げるそのような材料の「メインストリーミング」です。小林よしのり(人気の極右の漫画家)は、現在主流トークショーに定期的に現れます。イシハラは、「文芸春秋」(アトランティックマンスリーと同類の文学的な雑誌)で、最近セキオカと面談しました。イシハラは、日本がなぜアメリカ人に立ち向かうために精神力が不足するかについて疑問に思います。


そのような見解の後に、共有展望はあります:中世の日本で見つかる純粋な長所への復帰。トムクルーズ場面「Last Samurai」は、これのいくつかを捕えます。「我々が必要とするものは、固有の宗教への復帰と日本の文化です...半ばの年齢の我々の先祖の」と、セキオカが主張します。


日本の教育議案は、そのような長所を教えるようになっています。安倍首相の新しい本は、「Beautiful Countryの方へ」、祖国に対する愛情についての考えに耳を傾けます。


理想とされたサムライコードは、新渡戸稲造という名の日本のキリスト教徒によって、最高の表現を与えられました。彼の本、「武士道:日本のSoul」、英語で書かれて、第二次世界大戦の後、日本語に翻訳されました。それは、弱いものに対する同情と臆病に対する憎悪を重んじます - そして、現代の国家主義者のための金鉱でした。


批評家は、日本がその戦時中の過去に直面しなければならないと言います。広島と長崎によって集約されて、その平和主義的なアイデンティティの多くはそれが戦争犠牲者であったという見方から出てきます。その物語(韓国と満州を侵略することでの日本の役割を重視しないか、否定する教科書によって補強される)は1960年代、70年代と80年代に大きくベルを鳴らしました、そして、1980年代後期にブームになる経済として無視されました。しかし、それは北朝鮮によって誘拐される日本人の話から、後押しを受け取りました。まだより多くの愛国心を主唱する間、安倍首相(その人は拉致被害者問題を進めるのに尽力しました)は最近極端な国家主義の間で仲裁しようとしていました。


スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

1 ■焦りました

日本語が出てきてよかったー。
プロフィール

kane552004

Author:kane552004
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR