FC2ブログ

アメリッポンドットコムより

Amerippon.Com


http://namegaeshi.web.fc2.com/index.html





TRAGEDY AND HOPE

Author; Carroll Quigley


CHAPTER 1: INTRODUCTION: WESTERN CIVILIZATION IN ITS WORLD SETTING


3Page

Each civilization is born in some inexplicable fashion and, after a slow start, enters a period of vigorous expansion, increasing its size and power, both internally and at the expenseof its neighbors, until gradually a crisis of organization appears... It becomes stabilized and eventually stagnant. After a Golden Age of peace and prosperity, internal crises again arise. At this point, there appears for the first time, a moral and physical weakness.


5P

The passage from the Age of Expansion to the Age of Conflict is the most complex, most interesting and most critical of all periods of the life cycle of a civilization. It is marked byfour chief characteristics: it is a period:

a) of declining rate of expansion;

b) of growing tensions and class conflicts;

c) of increasingly frequent and violent imperialist wars;

d) of growing irrationality.


8P

When we consider the untold numbers of other societies, simpler than civilizations, which Western Civilization has destroyed or is now destroying, the full frightening power of WesternCivilization becomes obvious. This shift from an Age of Conflict to an Age of Expansion is marked by a resumption of the investment of capital and the accumulation of capital on a large scale.


In the new Western civilization, a small number of men, equipped and trained to fight, received dues and services from the overwhelming majority of men who were expected to till the soil. From this inequitable but effective defensive system emerged an inequitable distributionof political power and, in turn, an inequitable distribution of the social economic income. This, in time, resulted in an accumulation of capital, which, by giving rise to demand for luxury goods of remote origin, began to shift the whole economic emphasis of the society from its earlier organization in self-sufficient agrarian units to commercial interchange, economic specialization, and, a bourgeois class.


9P

At the end of the first period of expansion of Western Civilization covering the years 970-1270, the organization of society was becoming a petrified collection of vested interests andentered the Age of Conflict from 1270-1420. In the new Age of Expansion, frequently called the period of commercial capitalism from 1440 to 1680, the real impetus to economic expansioncame from efforts to obtain profits by the interchange of goods, especially semi-luxury orluxury goods, over long distances. In time, profits were sought by imposing restrictions on the production or interchange of goods rather than by encouraging these activities.




10P

The social organization of this third Age of Expansion from 1770-1929 following upon the second Age of Conflict of 1690-1815 might be called "industrial capitalism." In the last of thenineteenth century, it began to become a structure of vested interests to which we might give the name "monopoly capitalism. " We shall undoubtedly get a Universal Empire in which the United States will rule most of the Western Civilization. This will be followed, as in othercivilizations, by a period of decay and ultimately, as the civilizations grows weaker, by invasions and the total destruction of Western culture.


EUROPE'S SHIFT TO THE TWENTIETH CENTURY

24P

The belief in the innate goodness of man had its roots in the eighteenth century when it appeared to many that man was born good and free but was everywhere distorted, corrupted, and enslaved by bad institutions and conventions. As Rousseau said, "Man is born free yet everywhere he is in chains." Obviously, if man is is innately good and needs but to be freed from social restrictions, he is capable of tremendous achievements in this world of time, and does

not need to postpone his hopes of personal salvation into eternity.


25P

To the nineteenth century mind, evil, or sin, was a negative conception. It merely indicateda lack or, at most, a distortion of good. Any idea of sin or evil as a malignant force opposed to good, and capable of existing by its own nature, was completely lacking in the typicalnineteenth century mind. The only evil was frustration and the only sin, repression. Just asthe negative idea of the nature of evil flowed from the belief that human nature wasgood, sothe idea of liberalism flowed from the belief that society was bad. For, if societywas bad,the state,which was the organized coercive power of society, was doubly bad, and if man was good, he should be freed, above all, from the coercive power of the state.


”No government in business” was commonly called ”laissez faire” and would have left society with little power beyond that required to prevent the strong from physically oppressing the weak. This strange, and unexamined, belief held that there really existed, in the long run, a"community of interests" between the members of a society. It maintained that, in the long run, what was good for one was bad for all. It believed that there did exist a possible social pattern in which each member would be secure, free and prosperous.


26P

Capitalism was an economic system in which the motivating force was the desire for private profit as determined in a price system with the seeking of aggrandization of profits for eachindividual. Nationalism served to bind persons of the same nationality together into a tight,emotionally satisfying, unit. On the other side, it served to divide persons of different nationalities into antagonistic groups, often to the injury of their real mutual political, economic or cultural advantages. The event which destroyed the pretty dream world of 1919-1929

were the stock market crash, the world depression, the world financial crisis.


28P

The twentieth century came to believe that human nature is, if not innately bad, at least capable of being very evil. Left to himself, man falls very easily to the level of the jungle or even lower and this result can be prevent only by the coercive power of society. Along with this change from good men and bad society to bad men and good society has appeared a reaction from optimism to pessimism. The horrors of Hitler's concentration camps and Stalin's slave-labor units are chiefly responsible for this change.





悲劇と希望

作者;

キャロル キグリー

1章:

入門:

その世界設定における西欧文明

3ページ

各文明はいくらかの不可解なスタイルで誕生し、遅い開始の後に、徐々に、組織の危機が出現するまで、そのサイズとパワーを内部に、そしてその隣人の費用で増大させて、強健な拡張の期間に入ります…

それは安定し、結局停滞します。

平和と繁栄の黄金時代の後に、内部の危機は再び生じます。

この時に初めてそこで出現すること、道徳的で、物質的な弱さ。

5P

拡張の時代からの衝突の時代への通路は最も複雑で、とても興味深く、文明のライフサイクルのすべての期間にとても批判的です。

それは4つの主要な特徴によって特徴づけられています:

それは期間です:

a) 下落する膨張率の;

b) 成長する緊張と階級闘争の;

c) ますます頻繁で、暴力的な帝国主義戦争の;

d) 不合理さを成長させることの。

8P

私達が、西欧文明が破壊したか、現在、破壊している文明より簡単な他の社会の明らかにされない数を考慮する時に、西欧文明の完全な恐ろしいパワーは明らかになります。

衝突の時代からの拡張の時代へのこの変化は資本と大規模の上の資本蓄積の投資の再開によって特徴づけられています。

新しい西欧の文明において、装備されていて、戦うために訓練された小さな人数は、土を耕すことを期待されていた人の圧倒的多数から会費とサービスを受け取りました。

出現したこの不公平であるけれども効果的な防御用のシステム 政治権力の不公平な配布 と次々、社会的な経済収入の不公平な配布。

これは時間内に資本蓄積を結果として生じていました(社会の経済の強調全体を自給自足の農地のユニットにおけるそのより早い組織から商業用の交換(経済の特殊化と有産階級)に移すために、それは、リモートの起源の高級品への需要を起こすことから始めました)。

9P

年970-1270をカバーしている西欧文明の拡張の最初の期間の終わりに、社会の組織は既得権の石化されたコレクションになりつつあり、1270-1420から衝突の時代に入りました。

1440から1680まで頻繁に商業資本主義の期間と呼ばれる拡張の新しい時代において、長距離の間に商品(特に半高級品または高級品)の交換によって利益を得る努力から、景気拡大への本当のはずみは来ました。

時間内に、利益は、これらの活動を促進することによってというよりも、生産における制限または商品の交換を課すことによって捜されました。

10P

1690-1815の衝突の2番目の時代の上の1770-1929年続きからの拡張のこの老年期の社会組織は「産業資本主義」と呼ばれるかもしれません。

19世紀の最後に、それは、私達が名前「独占資本」を与えるかもしれない既得権の構造になりはじめました。

「私達は、疑いなく、米国が西欧文明のほとんどを支配するであろうユニバーサル帝国を得ます」。

これの後に、他の文明においてそうであるように、腐敗の期間が続くであろうし、最終的に、文明として、侵略と西洋の文化の完全な破壊によってより弱くなります。

20世紀へのヨーロッパのシフト

24P

多くに、人が善として誕生し、自由であったようであった時に、先天的な人間の善性における信念は18世紀にその根を持っていたけれども、悪い組織と会議によってどこでも歪み、堕落し、奴隷にされました。

ルソーが、「彼が拘束されているどこでも、人はまだ自由に誕生しています」と言った時。

明らかに、もし人がであるならば先天的によく、ニーズけれども社会的な制限から解放されるように、彼には時間のこの世界のすさまじい業績が可能で、長時間に個人的な救済の彼の希望を延期する必要はない。

25P

19世紀の精神に、悪または罪はネガティブな概念でした。

それは単に善の不足またはせいぜい、歪みを示しました。

悪性の力としての罪または悪のどのようなアイデアでも善に対抗し、それ自身の自然によって存在することが可能に、典型的な19世紀の精神を完全に欠いていました。

唯一の悪はフラストレーションと唯一の罪、抑制でした。

まさに悪の性質のastheネガティブアイデアは、人間性がよかったという確信から出てきたので、自由主義のアイデアは、社会が悪かったという確信から出てきました。

社会が悪く、社会の組織された強制力であった状態が2倍悪かったことのため、ならば、そして人がよかったならば、彼はとりわけ強制的な国家権力から解放されるべきです。

「ビジネスにおける政府がありません」は一般的に「自由競争主義」と呼ばれて、ほとんど、強いものが弱いものを物理的に圧迫することを防止するために必要とされているそれを越えるパワーなしに会を脱会したでしょう。

この奇妙で、無調査の信念は、本当に、長い目で見れば、「共通の利害関係」が協会のメンバーの間に存在していたと考えていました。

それは、長い目で見れば、ものに良かったものがすべてのために悪かったと主張しました。

それは、各メンバーが安全で、自由で、繁栄しているであろう可能な社会的なパターンが存在していたと信じました。

26P

資本主義は、各個人のための利益のaggrandizationの捜索によって価格体系の中で決定されるように、動機づけ力が私利への欲望であった経済システムでした。

ナショナリズムは、きつく、感情的に満足なユニットの中に同じ国籍の人をバインドすることに役立ちました。

反対側で、それは、しばしば彼らの本当の相互の政治的で、経済の、または文化的な利点の損傷に違う国籍の人を相反したグループに分けることに役立ちました。

1919年-1929年のかわいい夢の世界を破壊したイベントは株式市場の暴落、世界恐慌、世界金融恐慌でした。

28P

20世紀は、人間性が、先天的に悪くないならば、非常に悪いことが少なくとも可能であると信じるようになりました。

自身に残されています 人落下 非常に容易に レベル ジャングルまたはいっそう低く、社会の強制的なパワーだけのためこの結果が防止であるかもしれない 。

よい人と悪い社会から悪い人と善までのこの変化とともに、社会は楽天主義から悲観主義に対する反応のようでした。

ヒトラーの強制収容所とスターリンの強制労働のユニットの恐怖はとりわけこの変化に責任があります。

スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

kane552004

Author:kane552004
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR