FC2ブログ

戦費は日本へ?

Escalation of US Iran military planning part of six-year Administration push


Larisa Alexandrovna and Muriel Kane

Raw Story

Saturday, January 27, 2007?


The escalation of US military planning on Iran is only the latest chess move in a six-year push within the Bush Administration to attack Iran, a RAW STORY investigation has found.


While Iran was named a part of President George W. Bush’s “axis of evil” in 2002, efforts to ignite a confrontation with Iran date back long before the post-9/11 war on terror. Presently, the Administration is trumpeting claims that Iran is closer to a nuclear weapon than the CIA’s own analysis shows and positing Iranian influence in Iraq’s insurgency, but efforts to destabilize Iran have been conducted covertly for years, often using members of Congress or non-government actors in a way reminiscent of the 1980s Iran-Contra scandal.


The motivations for an Iran strike were laid out as far back as 1992. In classified defense planning guidance ? written for then-Secretary of Defense Dick Cheney by then-Pentagon staffers I. Lewis "Scooter" Libby, World Bank Chief Paul Wolfowitz, and ambassador-nominee to the United Nations Zalmay Khalilzad ? Cheney’s aides called for the United States to assume the position of lone superpower and act preemptively to prevent the emergence of even regional competitors. The draft document was leaked to the New York Times and the Washington Post and caused an uproar among Democrats and many in George H. W. Bush’s Administration.


In September 2000, the Project for the New American Century (PNAC) issued a report titled “Rebuilding America's Defenses,” which espoused similar positions to the 1992 draft and became the basis for the Bush-Cheney Administration's foreign policy. Libby and Wolfowitz were among the participants in this new report; Cheney, former Defense Secretary Donald Rumsfeld and other prominent figures in the Bush administration were PNAC members.


“The United States has for decades sought to play a more permanent role in Gulf regional security,” the report read. “While the unresolved conflict with Iraq provides the immediate justification, the need for a substantial American force presence in the Gulf transcends the issue of the regime of Saddam Hussein. . . . We cannot allow North Korea, Iran, Iraq or similar states to undermine American leadership, intimidate American allies or threaten the American homeland itself.”


6年の政府プッシュの一部を計画している米イラン軍のエスカレーション


ラリッサAlexandrovnaとジョージケーン

生の物語

2007年1月27日土曜日


イランの米国の軍の計画のエスカレーションはイランを攻撃するブッシュ政府内の6年のプッシュの最新のチェスの動きだけですと、RAW STORY調査がわかりました。


イランが2002年のジョージW.ブッシュ大統領の「悪の枢軸」の部分という名前をつけられる間、イランとの対立に火をつける努力は恐怖とのポスト-9/11戦いのずっと前にさかのぼります。現在、政府はCIAの自身の分析が示すより、イランが核兵器に近いという主張を喧伝していて、イラクの反乱においてイランの影響を断定しています、しかし、イランを不安定にする努力は長い間ひそかに実行されました。そして、1980年代イランコントラ事件で追憶の方法でしばしば国会または民間の俳優のメンバーを利用します。


イランストライキに対する動機づけは、1992と同じくらいはるかに後ろに配置されました。ガイダンスを予定している分類された防御において ? 当時のペンタゴン職員Iによる当時の国防長官ディックチェイニーのために書きます。ルイス「スクーター」リビー、世界銀行がポールウォルフォウィッツチーフと国連Zalmay Khalilzadへの大使-ノミネート候補者です ? チェイニーの側近は、孤独な超大国の位置を装うアメリカ合衆国と先買権で地域の競争者さえの出現を防ぐ法令を求めました。草案文書はニューヨークタイムズとワシントンポストに漏洩されて、民主党とジョージH. W.ブッシュの政府の多くの間で騒動を引き起こしました。


2000年9月に、New American Century(PNAC)のためのProjectは「アメリカのDefensesを作り直し」てタイトルをつけられるレポートを出しました。そして、それは1992年の草案に類似した位置を支持して、ブッシュ-チェイニー政府の外交政策の基礎になりました。リビーとウォルフォウィッツは、この新しいレポートの参加者の内の一人でした;ブッシュ政権のチェイニー、元ドナルドラムズフェルド国防長官と他の著名な人物は、PNACメンバーでした。


「アメリカ合衆国は、何十年もガルフ地域安全保障でより永久の役割を演じようとしました」と、レポートがありました。「イラクとの未解決の争いが即時の正当化を提供する間、ガルフの相当なアメリカの力存在の必要はサダムフセインの体制...の問題を越えます。我々は、北朝鮮、イラン、イラクまたは類似した州がアメリカの指導部を弱らせるか、アメリカの同盟国を脅迫するか、アメリカの祖国自体を脅かすのを許すことができません。」


This approach became official US military policy
during the current Bush Administration. It was starkly on display yesterday when Undersecretary of State for Political Affairs Nicholas Burns noted
a second aircraft carrier strike force headed for the Persian Gulf, saying, "The Middle East isn't a region to be dominated by Iran. The Gulf isn't a body of water to be controlled by Iran. That's why we've seen the United States station two carrier battle groups in the region."


The Structure


Almost immediately after the Sept. 11, 2001 attacks, Iran became a focal point of discussion among senior Administration officials. As early as December 2001, then-Deputy National Security Advisor Stephen Hadley and the leadership of the Defense Department, including Rumsfeld, Wolfowitz, and Undersecretary of Defense Douglas Feith, allegedly authorized a series of meetings between Defense Department officials and Iranian agents abroad.


The first of these meetings took place in Rome with Pentagon Iran analyst, Larry Franklin, Middle East expert Harold Rhode, and prominent neoconservative Michael Ledeen. Ledeen, who held no official government position, introduced the US officials to Iran-Contra arms dealer Manucher Ghorbanifar. According to both Ghorbanifar and Ledeen, the topic on the table was Iran. Ledeen told RAW STORY
?last year
the discussion concerned allegations that Iranian forces were killing US soldiers in Afghanistan, but Ghorbanifar has claimed the conversation focused on regime change.
began passing
classified information involving United States policy towards Iran to two AIPAC employees and an Israeli diplomat. Franklin pleaded guilty to the charges in October 2005, explaining that he had been hoping to force the US to take a harder line with Iran, but AIPAC and Israel have continued to deny them.


In January 2002, evidence that Iran was enriching uranium began to appear via credible intelligence and satellite imagery. Despite this revelation ? and despite having called Iran part of the Axis of Evil in his State of the Union that year ? President Bush continued to focus on Iraq. Perhaps for that reason, throughout 2002 the strongest pressure for regime change flowed through alternative channels.


In early 2002, Ledeen formed the Coalition for Democracy in Iran, along with Morris Amitay, the former executive director of the American Israeli Public Affairs Committee (AIPAC).


In August 2002, Larry Franklin


このアプローチは、現在のブッシュ政府の間の公式米国の軍の方針になりました。Political Affairs Nicholas Burnsのための州のUndersecretaryが第2の航空母艦攻撃部隊がペルシャ湾に向かう点に注意したとき、それは昨日全く展示されていました。そして、言う。「中東は、イランによって支配される地域ではありません。ガルフは、イランによってコントロールされる水の体ではありません。そういうわけで、我々はアメリカ合衆国が2つのキャリヤー戦闘集団を地域に配置するのを見ました。」


構造


ほとんど2001年9月11日が攻撃した直後に、イランは上級政府官僚の間の議論の焦点になりました。2001年12月という早い時期に、それから代理国家安全保障担当補佐官スティーブンハドリーと国防総省(Defenseダグラスファイトのラムズフェルド、ウォルフォウィッツとUndersecretaryを含む)の指導部は、伝えられるところでは国防総省官僚と海外のイランのエージェントの間で一連の会議を認可しました。


これらの会議で最初のものが、ペンタゴンイランアナリスト、ラリーフランクリン、中東の専門家ハロルドロードと著名な新保守主義者マイケルレディーンとローマで起こりました。レディーン(その人は公式政府のポストを持ちませんでした)は、米国当局をイランコントラ武器ディーラーManucher Ghorbanifarにもたらしました。Ghorbanifarとレディーンによると、テーブルに関する話題は、イランでした。レディーンは昨年、議論がイラン軍隊がアフガニスタンでアメリカ兵を殺していたという申し立てに関するとRAW STORYに話しました、しかし、Ghorbanifarは会話が政権交代に集中したと主張しました。


2002年1月に、イランがウランを濃縮していたという証拠は、信頼できる情報と衛星イメージを通して現れ始めました。この意外な事実にもかかわらず ? そして、その年イランを彼の一般教書のEvilのAxisの一部と呼んだことにもかかわらず ? ブッシュ大統領は、イラクに集中し続けました。おそらくその理由のために、2002年の間ずっと、政権交代のために最も強い圧力は、代わりのチャンネルの中を流れました。


2002年前半には、モリスAmitay(アメリカのイスラエルのPublic Affairs委員会(AIPAC)の前専務取締役)と一緒に、レディーンはイランでDemocracyのためにCoalitionをつくりました。


2002年8月に、ラリーフランクリンは、2人のAIPAC従業員とイスラエルの外交官にイランに対する米国の政策を含んでいる機密情報を渡し始めました。フランクリンは2005年10月(彼が米国により堅い線をイランと一緒に持っていくことを強制することを望んでいたと説明すること)に容疑の罪を認めました、しかし、AIPACとイスラエルは彼らを否定し続けました


At the same time, another group’s political representatives begin a corollary effort to influence domestic political discourse. In August 2002, the National Council of Resistance of Iran ? a front for a militant terrorist organization called Mujahedin-E-Khalq (MEK) ? held a press conference in Washington and stated that Iran had a secret nuclear facility at Natanz, due for completion in 2003.


Late that summer
, the Pentagon's Undersecretary of Defense for Policy Douglas Feith and Deputy Secretary of Defense Paul Wolfowitz expanded its Northern Gulf Affairs Office, renamed it the Office of Special Plans (OSP), and placed it under the direction of Abram Shulsky, a contributor to the 2000 PNAC report.


Most know the Office of Special Plans as a rogue Administration faction determined to find intelligence to support the Iraq War. But that wasn’t its only task.


According to an article in The Forward
in May 2003, “A budding coalition of conservative hawks, Jewish organizations and Iranian monarchists is pressing the White House to step up American efforts to bring about regime change in Iran. . . . Two sources [say] Iran expert Michael Rubin is now working for the Pentagon's 'special plans' office, a small unit set up to gather intelligence on Iraq, but apparently also working on Iran. Previously a researcher at the Washington Institute for Near East policy, Rubin has vocally advocated regime change in Tehran.”


Dark Actors/Covert Activities


While the Iraq war was publicly founded upon questionable sources, much of the buildup to Iran has been entirely covert, using non-government assets and foreign instruments of influence to conduct disinformation campaigns, plant intelligence and commit acts of violence via proxy groups.


A few weeks prior to the Iraq invasion, in February 2003, Iran acknowledged that it was building a nuclear facility at Natanz, saying that the facility was aimed at providing domestic energy. However, allegations that Iran was developing a nuclear weapons program would become louder in the course of 2003 and continue unabated over the next three years.


That spring, then-Congressman Curt Weldon (R-PA) opened a channel on Iran with former Iranian Minister Fereidoun Mahdavi, a secretary for Ghorbanifar. Both Weldon and Ledeen were told a strikingly similar story concerning a cross border plot between Iran and Iraq in which uranium had been removed from Iraq and taken into Iran by Iranian agents. The CIA investigated the allegations but found them spurious. Weldon took his complaints about the matter to Rumsfeld, who pressured the CIA
to investigate a second time, with the same result.


同時に、もう一つのグループの政治代表は、国内の政治的な談話に影響する当然の結果努力を開始します。2002年8月(イランの抵抗の国家会議)に ? ムジャヒディン-EKhalqと呼ばれている好戦的なテロ集団の表の顔(MEK) ? ワシントンで記者会見を開いて、イランにはNatanz(2003年に完成予定の)で秘密の核施設があると述べました。


その夏後半、Policyダグラスファイトと国防長官ポールウォルフォウィッツのためのDefenseのペンタゴンのUndersecretaryは、その北ガルフAffairs事務所を拡大して、それをSpecial Plans(OSP)のオフィスと名前を変えて、エイブラムShulsky(2000のPNAC報告の一因)の方向の下に、それを置きました。


危険な政府派閥が情報部がイラク戦争を支持するとわかると決定したので、ほとんどはSpecial Plansのオフィスを知っています。しかし、それはその唯一の仕事ではありませんでした。


2003年5月のForwardの記事によると、「保守的なタカ、ユダヤ人の組織とイランの君主制主義者のつぼみの連立は、ホワイトハウスにイラン...に政権交代をもたらすアメリカの努力を進めるよう迫っています。2人の源[言います]イランの専門家マイケルルービンは現在ペンタゴンの『特別な計画』事務所で働いています。そして、小さな部門がイラクで知性を増すために準備されるが、イランにも明らかに取り組んでいます。以前ワシントン近東方針研究所の研究者、ルービンはテヘランの政権交代を声に出して主唱しました。」


暗い俳優/茂み活動


イラク戦争が疑わしい源に公的に基づく間、イランの宣伝の多くは偽情報キャンペーンを行って、知性を植えて、代理グループを通して暴力の行為を行うために影響の民間の資産と外国の手段を用いてまったく内密でした。


2、3週イラク侵入の前に、2003年2月に、イランはそれがNatanzで核施設を建設していると認めました。そして、施設が国内のエネルギーを提供することを目的としたと言いました。しかし、イランが核兵器プログラムを開発していたという申し立ては、2003年のうちにより大きくなって、次の3年にわたって変わらず続きます。


その春、当時の連邦議会議員カートウェルドン(R-PA)は、前イランの大臣Fereidoun Mahdavi(Ghorbanifarのための秘書)で、イランでチャンネルを開けました。ウェルドンとレディーンは、ウランがイラクから除去されたイランとイラクの間で十字境界計画に関して著しく類似した物語を話されて、イランのエージェントによってイランに連れて行かれました。CIAは申し立てを調査したが、彼らが偽であるとわかりました。ウェルドンは、同じ結果でラムズフェルド(その人はCIAに二度目に調査するように圧力をかけました)に、問題に対する彼の不満をしました。


In May 2003, with pressure for regime change intensifying within the US, Iran made efforts to negotiate a peaceful resolution with the United States. According to Lawrence Wilkerson
, then-Chief of Staff to Secretary of State Colin Powell, these efforts were sabotaged by Vice President Cheney.


"The secret cabal got what it wanted: no negotiations with Tehran," Wilkerson said.


The US was already looking increasingly to rogue methodology, including support for the Iranian terrorist group MEK. Before the US invasion, MEK forces within Iraq had supported Saddam Hussein in exchange for safe harbor. Despite this, when they were captured by the US military, they were disarmed of only their major weapons and are allowed to keep their smaller arms. Defense Secretary Donald Rumsfeld hoped to use them
as a special ops team in Iran, while then-National Security Advisor Condoleezza Rice and State Department officials argued against it. By 2005, the MEK would begin training with US forces in Iraq and carrying out bombings and assassinations
in Iran, although it is unclear if the bombings were in any way approved by the US military.


The Pressure is On: 2004 ? 2006


For a variety of reasons ? ranging from the explosion of the insurgency in Iraq following the high point of "Mission Accomplished" to Iran's willingness to admit IAEA inspectors ? the drumbeat for regime change died down over the summer of 2003. In October 2003, with Iran accepting even tougher inspections, Larry Franklin told
his Israeli contact that work on the US policy towards Iran which they had been tracking seemed to have stopped.


Yet by the autumn of 2004, pressure for confrontation with Iran had resumed, with President Bush telling Fox News
that the US would never allow Iran to acquire nuclear weapons. By then, the Pentagon had been directed
to have a viable military option for Iran in place by June 2005.


This phase of pressure was marked by increased activity directed at Congress. An "Iran Freedom Support Act" was introduced in the House and Senate in January and February of 2005. Neoconservatives and individuals linked to the defense contracting industry formed an Iran Policy Committee, and in April and May presented briefings in support of MEK before the newly-created Iran Human Rights and Democracy Caucus of the House of Representatives.


In March 2006, administration action became more overt. The State Department created an Office of Iranian Affairs, while the Pentagon created an Iranian Directorate
that had much in common with the earlier Office of Special Plans. According to Seymour Hersh, covert US operations
within Iran in preparation for a possible air attack also began at this time and included Kurds and other Iranian minority groups.


2003年5月に、米国の中で強まっている政権交代のための圧力で、イランはアメリカ合衆国で平和的な決議を協議するために努力しました。ローレンスウィルカーソン(コリンパウエル国務長官への当時の参謀長)によると、これらの努力は、チェイニー副大統領によって妨害されました。


「秘密の秘密グループは、それが欲しかったものを得ました:テヘランとの交渉でない」と、ウィルカーソンが言いました。


米国は、ますますイランのテログループMEKに対する支持を含む危険な方法論に、すでに目を向けていました。米国侵入の前に、イラクの中のMEK軍隊は、安全な港と引きかえにサダムフセインを支えました。これにもかかわらず、彼らが米国軍によって捕らえられたとき、彼らは彼らの主な武器だけを取り上げられて、彼らのより小さな腕を保ってもよいです。それからナショナルSecurity Advisorコンドリーザライスと国務省官僚がそれに反対する間、ドナルドラムズフェルド国防長官はイランの特別な軍事行動チームとして彼らを利用することを望みました。2005年までに、爆破がどんな形であれ米国軍の承認を得るならばそれが不明であるけれども、MEKはイラクの米軍隊で訓練を受けて、イランで爆破と暗殺を実行し始めます。


圧力は、あります:2004 ? 2006


いろいろな理由のために ? 「ミッションAccomplished」のハイライトの後でイラクで反乱の爆発からIAEA検査官を認めたいというイランの意欲に変動すること ? 政権交代のためのドラムビートは、2003年夏にわたって静まりました。2003年10月に、イランはより厳しい点検さえ受け入れて、ラリーフランクリンは、彼らが追跡していたイランに対する米国政策の研究が止まったようであると彼のイスラエルの連絡先に話しました。


それでも、2004年の秋までに、米国が決してイランが核兵器を得るのを許さないとフォックスNewsに話しているブッシュ大統領と、イランとの対立のための圧力は、再開しました。その時までに、ペンタゴンは2005年6月までに適所にイランのために現実的な軍のオプションがあるように指示されました。


圧力のこの時期は、国会に向けられるさらなる活動によって祝われました。「イランFreedom Support法」は、1月と2005年2月に下院と上院の中に導入されました。工業を契約している弁護側との関連がある新保守主義者と個人は、イランPolicy委員会をつくって、4月と5月に下院の新しくつくられたイランHumanライツとDemocracy Caucusの前にMEKを支持して状況説明を提示しました。


2006年3月に、管理アクションは、より明白になりました。ペンタゴンがSpecial Plansの以前のオフィスと共通する多くを持ったイランのDirectorateをつくる間、国務省はイランのAffairsのオフィスをつくりました。シーモアハーシュによると、ありうる空爆に備えてものイランの中の隠れた米国の活動は、この時に始まって、クルド人と他のイランの少数民族を含みました。


By setting up the Iranian Directorate within the Pentagon and running covert operations through the military rather than the CIA, the administration was able to avoid both Congressional oversight and interference from then-Director of National Intelligence John Negroponte, who has been vocally skeptical
about using force against Iran. The White House also successfully stalled the release of a fresh National Intelligence Estimate on Iran, which could reflect the CIA's conclusion
that there is no evidence of an Iranian nuclear weapons program.


In sum, the Bush Administration seems to have concluded that Iran is guilty until proven innocent and continues to maintain that the Persian Gulf belongs to Americans ? not to Persians ? setting the stage for a potential military strike.


Click here to read the full timeline of the decades-long buildup to Iran


ペンタゴン内でイランのDirectorateを準備して、CIAよりむしろ秘密工作を軍隊に通すことによって、管理は国立Intelligence John Negroponteの当時のディレクターから議会の不注意と干渉を避けることができました。そして、その人はイランに対して武力行使することについて声に出して懐疑的でした。ホワイトハウスもイランでうまく新しい国立Intelligence Estimateの発散を引きとめさせました。そして、それはイランの核兵器プログラムの証拠がないというCIAの結論を反映することができました。


要するに、ブッシュ政府はイランが証明された罪のない人まで有罪であると結論したようで、ペルシャ湾がアメリカ人が所有していると主張し続けます ? ペルシャ人以外に ? 潜在的軍事攻撃のお膳立てをすること。






米副大統領、早ければ来月訪日へ イラク政策など協議



2007年01月13日18時46分

 日米両国政府は、チェイニー米副大統領が早ければ来月にも訪日することで合意し、具体的な日程調整に入った。日米関係筋が12日、明らかにしたもので、副大統領は安倍首相らと会談し「日米同盟の重要性を示すこと」が最大の目的だという。「新戦略」を打ち出した後のブッシュ政権のイラク政策について、日本側に説明し理解と協力を取り付ける狙いもあると見られる。


 同関係筋によると、日程はまだ確定していないが、5月上旬に予定されている安倍首相の訪米前の方向だという。


 安倍政権発足後の日米間の首脳レベルの接触は、昨年11月、アジア太平洋経済協力会議(APEC)が開かれたベトナムで安倍首相とブッシュ大統領が初顔合わせをしただけだ。次の機会は首相訪米まで予定されていない。


 今回、両政府がチェイニー氏の訪日を決めたのは、この間の「外交的空白が長くなってしまうので、弾みを維持するためだ」(米関係筋)という。


 日米双方で一部には「首相はもっと早く訪米すべきだ」という声が出ていた。両国間では今月中の開催で調整が進んでいた外交、防衛担当閣僚が参加する日米安全保障協議委員会(2プラス2)も、米側でイラク新戦略の発表や国防長官交代があったことなどから先送りとなったばかりだ。


 チェイニー副大統領の訪日は04年4月以来、2回目となる。前回同様、首相のほか天皇陛下との会談も行われると見られる。このほか、米国の外交政策について講演し、日本国民に直接理解を求める機会もつくる考えだという。


 日本の他にも、アジア太平洋諸国を訪れる予定で、日本での滞在は前回同様3日間程度になる見通しだ。








[東京 26日 ロイター]


 中国に次いで世界第2位の規模にある日本の外貨準備が12月末に減少した。主たる原因は昨年12月中に米国やユーロ地域の債券価格が下落したことによる保有外債の評価損だ。外貨準備という国民の資産の裏には円建て短期証券という負債が対としてあり、外貨準備が急減すれば、債務超過という事態にもなりかねない。?


外貨準備を司る国の特別会計の会計システムは不明瞭であり、透明性の高い会計システムの導入を求める声が出ている。?


 <外貨準備の減少と非公表の通貨建て比率>??


 12月末の外貨準備は8953億2000万ドルで、11月末と比べ16億2900万ドル減少した。外貨準備が減少したのは昨年2月以来。要因は外貨建て債券の評価額が11月末の7509億8900万ドルから12月末に7492億9100万ドルと16億9800万ドル減少したことにある。?


昨年は外貨準備が減少したのが2月と12月だけだが、ユーロ相場が1年を通して軟調で米国金利が上下動を繰り返した2005年には、12カ月のうち計7カ月において外貨準備の減少がみられている。?


外貨建て債券の評価損には「ユーロ安によるユーロ建て債券のドル建て価格の減少もある」(財務省)という。同省が参考として提示したデータでは、11月末のユーロ/ドル相場は1.3242ドル、12月末は1.3195ドルだ。ただし、財務省は外貨準備に?


おける通貨構成比率を明らかにしていないことから、ユーロ債の評価損が外貨準備減少にどれほど影響したかは不明である。?


他方、日銀は昨年末に初めて日銀保有の外貨資産の通貨構成比率を明らかにした。それによれば、2006年9月末時点で日銀が保有する外貨資産残高は5兆2341億円であり、その通貨構成は、米ドルが最大の約65%、ユーロが約30%、英ポンドが約5%となっている。?


 「日銀は保有外債の通貨構成において、(外貨準備を運用する)財務省からかけ離れた独自のポートフォリオを持つとは思いにくく、外貨準備においても、日銀と似かよった構成比率であると推測できる」(市場関係者)という。




スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

kane552004

Author:kane552004
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR