FC2ブログ

山本尚利氏コラムから

ベンチャー革命2007年2月2日

                           山本尚利

タイトル: 汚れた政権?:安倍内閣



1.ヤクザと関係ある?安部政権

 2007年2月2日付け夕刊フジ、米国ハドソン研究所の日高義樹氏のレポート「もう一つの世

界の読み方」で衝撃的な発言がなされています。米国連邦政府関係者の間で、安倍政権の発

足当初は評価が高かったのに、今では、汚れた政権として評価が急落しているとのこと。米

国政府関係者の間で安倍政権はヤクザと関わりがあると噂されているそうです。日高氏のこ

のレポートは(1)日高氏が安部政権を闇支援している寡頭勢力の存在を知らずに単に、米国

政府関係者の噂をそのまま垂れ流しているだけなのか、それとも、(2)安倍政権が近未

来、闇の寡頭勢力から何らかの仕打ちを受けることを日本国民に暗示しようとしているの

か、筆者にはまだわかりません。

 これまで、筆者はポスト小泉の安倍政権は、寡頭勢力のうちの戦争屋(注1)の闇サポー

トで成立したと分析してきました。NHK出身の日高氏の所属するハドソン研究所は、保守系シ

ンクタンクですから、戦争屋につながるシンクタンクとみなせます。日高氏のレポートを真

に受けると、戦争屋系の米国覇権主義者が安倍政権に見切りを付け始めたとみなすことがで

きます。日高氏自身は、本心でそう思っているでしょうが、戦争屋の安倍政権評価がほんと

うに急落しているかどうか、筆者はまだ判断できません。



2.自民党要人の対米批判の真意

 日高氏は、表向き安倍政権を批判していますが、その直接の根拠は、2007年1月26日、米国

連邦政府が、安倍政権の久間章生防衛大臣(長崎県2区選出)の度重なる米国批判に不快感を

表明した点に端を発しています。久間氏は日本国の防衛大臣の立場で、沖縄の米軍普天間基

地移転問題に関わる対米批判や、ブッシュ政権のイラク戦略批判を繰り返しています。その

他、2006年12月17日、中川昭一自民党政調会長の長崎市での反米発言(米軍の長崎・広島原爆

投下は犯罪行為であったという意見)(注2)も影響しているでしょう。対米隷属の小泉政

権下では考えられないような変わりようです。両氏の対米批判は、至極当然の意見であり正

論そのものです。小泉政権下で、このような正論すら言えなかったことの方がむしろ異常で

あったと思います。安倍政権となって、自民党が元に戻っているとみなすこともできます。

さらに穿った見方をすれば、ベテラン自民党政治家である両氏は意図的に安倍首相の足を引

っ張っていることになります。それならば、なぜそういうことをしているか非常に気になる

ところです。好意に解釈すれば安倍政権を離米愛国主義に誘導しようとしているのでしょう

か。ところで筆者の個人的見解では、忠犬ポチの政治家より、本音を恐れず吐く、気骨の政

治家の方が、多少反米的であっても、米国人は一目置いてくれます。その意味で対米隷属一

本やりであった小泉前首相は、米国人から内心、軽蔑されている可能性が高いし、小泉氏本

人もそのことをよく自覚しているでしょう。

 さて久間氏も中川氏も戦争屋の怖さを熟知している老獪な政治家でしょうから、両氏から

反米爆弾発言(本音)が飛び出すということは、小泉政権時代に比べて、戦争屋の対日威圧

力が大きく低下しているとみることもできます(注1)。その意味で戦争屋の対日スポーク

スマンである日高氏が安倍政権をなじるのは無理ありません。しかしながら、同氏が、安倍

政権がヤクザとつながっていることを匂わすのは、近未来、逆境に置かれるであろう日高氏

の単なるヒステリックな反応にすぎないのか、それとも日高氏のバックにいる戦争屋に何ら

かの魂胆があるのでしょうか。上記、日高氏の発言がもし、戦争屋の代弁ならば、戦争屋

は、安倍政権の闇をすべて知っており、その気になれば、安倍政権はいつでも落とせること

を意味しています。



3.安倍政権を攻撃している首謀者は誰か?

 このところ、安倍政権は猛烈な攻撃に曝されています。安倍政権の引き継いだ小泉・竹中的

な部分(本間正明、元税調会長人事、大田弘子、経済財政・金融大臣人事など)、すなわち金

融戦略については、ほぼ攻略され、その首謀者は、日本の金融官僚勢力ではないかと筆者は

推察しています(注2)。さらに日高氏の発言を信じれば、安倍政権生みの親、戦争屋から

も攻撃(あるいは恫喝)を受け始めたことになります。もしそうなら、安倍政権は四面楚

歌、長く持たないことになります。ところで、安倍政権はほんとうに、戦争屋から見限られ

るのでしょか。もしそうなら、なぜでしょうか。その理由を分析するには、戦争屋が今、何

を画策しているかを知る必要があります。戦争屋は今、イラン攻撃を計画していると筆者は

思います(注3)。彼らが安倍政権に期待するのは、自衛隊の中東派兵もありますが、それ

よりむしろイラン戦争の戦費調達のための日本の産官セクターによる米国債の大量買い上げ

でしょう。

 ところが本件に関しては、2003年のイラク戦争時点と事情が大きく異なります。親米派の

竹中平蔵氏や宮内義彦氏を追放した安部政権となって日本の産官の金融戦略の覇権が、金融

官僚勢力に奪回されてしまったのです。戦争屋が安倍政権の評価を落としたとすれば、その

理由は久間氏や中川氏の反米発言などではなく、日本の金融覇権を、金融官僚勢力に奪回さ

れたからではないでしょうか。その意味で安倍政権では、確かに戦争屋の思惑どおりに米国

債を存分に買い上げてくれるかどうか定かでありません。日高氏が匂わせているように、戦

争屋の中のジャパンハンドラーは、いつでも安倍政権を落とせるのですが、ポスト安倍を誰

にするかが定まらないのではないでしょうか。親米派最右翼の竹中氏の芽がない今、小泉純

一郎氏の再登板くらいしかありませんが、飯島元首相秘書官がいくらその気でも、肝心の小

泉前首相自身にその気がないのではないでしょうか。今月2月20日、戦争屋の代理人、チェイ

ニー米副大統領の来日が予定されています。上記、日高氏のレポートは、戦争屋のいうこと

をきかないと、安部政権の闇を暴くぞという脅しと受け取れないこともありません。

 ちなみに、女性蔑視発言で窮地に追い込まれている柳沢伯夫厚生労働大臣(元大蔵官僚)

は、日本の金融官僚勢力の中でも愛国派であり、反竹中最右翼です。対米隷属の小泉政権下

で、2002年、金融系寡頭勢力の圧力で強引に更迭され、竹中氏にスイッチさせられた愛国派

人物として有名です。チェイニー訪日を控えて、すでに水面下では、米国ジャパンハンドラ

ーと日本の金融官僚勢力との間で激しい戦争が始まっているのでしょうか。



注1:ベンチャー革命No.210『米国中間選挙:戦争屋から銀行屋へバトンタッチ』2006年11

月12日

http://www.geocities.co.jp/SiliconValley-Oakland/1386/mvr210.htm


注2:ベンチャー革命No.214『本間税調会長辞任と中川反米発言』2006年12月21日

http://www.geocities.co.jp/SiliconValley-Oakland/1386/mvr214.htm


注3:ベンチャー革命No.218『米・イラン戦争:日本のみ石油危機到来』2007年1月17日

http://www.geocities.co.jp/SiliconValley-Oakland/1386/mvr218.htm






山本尚利(ヤマモトヒサトシ)

hisa_yamamoto@mug.biglobe.ne.jp


http://www.geocities.co.jp/SiliconValley-Oakland/1386/melma.htm


http://www.geocities.co.jp/SiliconValley-Oakland/1386/magazine-menus.htm


?

スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

kane552004

Author:kane552004
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR