FC2ブログ

テクトロニクスは生きている。




007年2月1日ワシントンで米国連邦議会の上院外務委員会の前で証言するために、前の国家安全保障担当大統領補佐官ズビグニュー・ブレジンスキーは到着します。

REUTERS/ジム・ヤング(米国)







Brzezinski Suggests False Flag Event Could Kick-Start Iran War

Top globalist warns Congress of provocation or terrorist attack inside U.S.


Paul Joseph Watson

Prison Planet

Tuesday, February 6, 2007


ブレジンスキーは、間違いのフラグイベントがイラン戦争を始動させることができたことを提案します。

トップグローバリストは米国の中で議会に挑発またはテロリストの攻撃を警告します。


ポール・ジョセフ・ワトソン

2007年2月6日火曜日






Former National Security Advisor and founding member of the Trilateral Commission Zbigniew Brzezinski tacitly warned a Senate Foreign Relations Committee last week that an attack on Iran could be launched following a staged provocation in Iraq or a false flag terror attack within the U.S.


Brzezinski alluded to the potential for the Bush administration to manufacture a false flag Gulf of Tonkin type incident in describing a "plausible scenario for a military collision with Iran," which would revolve around "some provocation in Iraq or a terrorist act in the US blamed on Iran, culminating in a ‘defensive’ US military action against Iran that plunges a lonely America into a spreading and deepening quagmire eventually ranging across Iraq, Iran, Afghanistan and Pakistan.”


Brzezinski was careful to highlight the word "defensive" as if to discount its credibility, suggesting that the Bush White House itself would be behind the attack or provocation and subsequently use it as a pretext for war.


"That a man such as Brzezinski, with decades of experience in the top echelons of the US foreign policy establishment, a man who has the closest links to the military and to intelligence agencies, should issue such a warning at an open hearing of the US Senate has immense and grave significance," argues WSWS.org
.


After Senators asked Brzezinski for clarification of exactly what he meant, the Polish-American political scientist referenced the infamous White House memo in which Bush and Blair discussed staging a provocation for an invasion
of Iraq following the absence of weapons of mass destruction. Brzezinski cited how Bush "described the several ways in which this could be done," but refused to elaborate, stating only, "the ways were quite sensational, at least one of them."


Brzezinski is of course referring to the plan to fly a U2 spy plane painted with UN colors over Iraq and goading Saddam to order the aircraft shot down, resulting in widespread international support for the war. Bush and Blair openly discussed the possibility of staging this provocation along with others during their January 31 2003 meeting.


"If one is of the view that one is dealing with an implacable enemy that has to be removed, that course of action may under certain circumstances be appealing. I’m afraid that if this situation in Iraq continues to deteriorate, and if Iran is perceived as in some fashion involved or responsible, or a potential beneficiary, that temptation could arise," said Brzezinski.


前の国家安全保障アドバイザーと三極委員会ズビグニュー・ブレジンスキーの設立メンバーは、イランへの攻撃が、イラクでの上演された挑発または米国の中の間違いのフラグテロ攻撃に続いて、スタートされることができることを上院上院外務委員会に暗黙に先週警告しました。

ブレジンスキーは、「寂しいアメリカを結局イラク、イラン、アフガニスタン、およびパキスタンを横切って及んでいる広がり、深まる沼地に突っ込むイランに対する‘防御用の’米国軍隊の行動において最高点に達して、イランのせいにされた米国で、イラクでのいくらかの挑発またはテロリストは作動します。」のまわりを回転するであろう「イランとの軍隊の衝突のためのもっともらしいシナリオ」を説明することにおいてブッシュ政権が間違いのフラグトンキン湾タイプ出来事を製造する可能性をほのめかしました。

ブッシュホワイトハウス自身が攻撃または挑発の後ろにあり、戦争にかこつけて後でそれを使うであろうということを示唆して、その信頼性を割引くかのように、ブレジンスキーは、言葉「防御用」を強調するように注意していました。

「ブレジンスキーが、米国外交方針設立(軍隊への、そして諜報機関への最も近いリンクを持っている人)の上層部の経験の数十年によって、米国上院の公開審議でそのような警告を出すべきであるような人が巨大で、重要な意義を持っていますという」とWSWS.orgは主張します。

上院議員がブレジンスキーに、正確に、彼が言おうとしていたことの明確化を要求した後に、ポーランドアメリカ人政治学者は、ブッシュとブレアが、大量破壊兵器の不在に続いているイラクへの侵略のために挑発を上演するのを議論した不名誉なホワイトハウスメモを参照しました。

引用されたブレジンスキーはどんなに、「これがされることができたいくつかの方法で説明されます」にブッシュを入れるけれども、「方法はまったくセンセーショナルで、それらの少なくとも1つでした」だけと論述して、詳しく述べることを断ったのでしょうか。

ブレジンスキーは、もちろん、戦争への幅広い国際的な支持を結果として生じて、撃ち落とされた航空機を注文するためにイラクと先導サダムの上のUN色によってペイントされたU2偵察機を操縦する計画を参照しています。

ブッシュとブレアは公然と、それらの2003年1月31日のミーティングの間に他とともにこの挑発を上演する可能性を議論しました。

「ものが、人が、除去される必要がある執念深い敵を扱っているという見方をもっているならば、その行動方針は一定の状況の下でアピールしているかもしれません」。

「残念ながら、イラクのこの状況が、悪化し続けるならば、そして関係しているか、責任があるいくらかの流行または潜在的な受益者においてそうであるように、イランが気づかれているならば、その誘惑が生じることができたようです」とブレジンスキーは言いました。

After his testimony, journalist Barry Grey tried to pin down Brzezinski and get specifics on the warning, asking, "Are you suggesting there is a possibility it could originate within the US government itself?"


"I’m saying the whole situation can get out of hand and all sorts of calculations can produce a circumstance that would be very difficult to trace," responded Brzezinski.


Should an attack occur within the U.S. as Brzezinski forecasted could happen, Dick Cheney's USSTRATCOM contingency plan
calls for attacking Iran in the immediate aftermath of a 'second 9/11' - no matter who is behind it - which of course is going to be the cabal Dick Cheney fronts for itself and the same pack of murderers that are actively seeking to initiate global ethic cleansing and genocide to bring about world war three.


During his testimony, Brzezinski lamented that the invasion of Iraq represented "a historic, strategic and moral calamity."


Brzezinski's words and his desire to see the exercse of a "moral" foreign policy ring hollow, especially when it is understood that it was the former National Security Advisor to Carter himself who was responsible for drawing up the plan to arm and train the Islamic fundamentalist mujahideen at the end of the 70's and groom Osama bin Laden as a client of the U.S.


In addition, in his 1997 book The Grand Chessboard: American Primacy and Its Geo-strategic Imperatives
, Brzezinski calls for the U.S. to install itself as the world's only superpower by taking over the Middle East and using it as a lever to control what he terms the Eurasian Balkans.


Similar to the PNAC yearning for a "new Pearl Harbor," Brzezinski concludes that the realization of such an agenda will only be accomplished with the aid of "a truly massive and widely perceived direct external threat," which was helpfully provided by the events of 9/11.


So for Brzezinski to win plaudits for being critical of what's happening in Iraq is not only the height of hypocrisy, it's a myopic leap of logic that omits the past history of Brzezinski's rampant warmongering.


Whatever the reason for Brzezinski's apparent sudden change of heart, be it a pang or consciousness of simple political maneuvering, judging from his previous writings one feels it's more appropriate to take his reference to a false flag attack as a threat rather than a warning.


彼の証言の後で、バリー・グレージャーナリストは、ブレジンスキーを縛り付けて、「あなたは、それが米国政府自身中で起こることができた可能性があることを示唆していますか?」と尋ねて、警告の上の細目を得ようとしました。

「私は、状況全体が手におえなくなることができて、すべての種類の計算が、非常に追跡しづらいであろう状況を引き起こすことができると言っています」とブレジンスキーは答えました。

攻撃が万一起こるならば、中で、ブレジンスキーが予測した時の米国は起こりえて、ディック・チェイニーのUSSTRATCOM危機対策は、もちろん、自身のための徒党ディック・チェイニー正面と世界大戦3を引き起こすためにグローバルな倫理浄化と大量虐殺を開始することに活動的に努めている殺人者の同じ群れになろうとしている‘2番目の9/11’--たとえ、誰がそれの後ろですても--の直後の時期においてイランを攻撃することを要求しています。

彼の証言の間に、ブレジンスキーは、イラクへの侵略が「歴史的で、戦略的で、道徳的な大災害」を表していたことを嘆きました。

特に、70の終わりにイスラム根本主義者のイスラム戦士を武装させて、訓練し、米国のクライアントとしてオサマ・ビンラディンを訓練する計画を作成することについて責任があったのが自身でカーターの前の国家安全保障アドバイザーであったことが理解されている時に、「道徳的な」外交方針のexercseを見るブレジンスキーの言葉と彼の要望はへこみを鳴らします。

さらに、彼の1997年に、雄大なチェス盤を予約してください:

アメリカ第一とその土地で戦略的な命令法、ブレジンスキーは、米国が、中東を引き継ぎ、彼がユーラシア人バルカン諸国を名付けるものをコントロールするためにレバーとしてそれを使って世界の唯一の超大国として着席することを要求します。

「新しい真珠湾」に憧れているPNACに類似していて、ブレジンスキーは、そのような議事日程の実現が、「本当に大規模で、広く気づかれている直接的な外部の脅威」(それは有益に9/11のイベントによって提供されました)の援助によって遂行されるだけであろうと断定します。

従って、偽善の高さだけが、イラクで起こっていることに批判的であることが称賛を勝ち取るブレジンスキーのためではなく、ブレジンスキーの自由奔放な戦争挑発の過去の歴史を省略するのはロジックの近視の飛躍です。

ブレジンスキーの明白な突然の心変わりの理由に関わらず、それが簡単な政治的駆け引きの激痛または意識であるとしても、彼の前の文書1から判断することは、警告というよりも脅威として彼の参照を間違いのフラグ攻撃に持って行くことがより適切であると思います。


スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

kane552004

Author:kane552004
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR