FC2ブログ

ダブルスタンダード

Target Iran: US able to strike in the spring




Despite denials, Pentagon plans for possible attack on nuclear sites are well advanced


Ewen MacAskill in Washington


Saturday February 10, 2007

The Guardian

目標イラン:春に打つことができる米国

否定にもかかわらず、核施設への可能な攻撃についての国防総省プランは上手く進行しています。


2007年2月10日土曜日

ガーディアン

F18 Hornet jet


US preparations for an air strike against Iran are at an advanced stage, in spite of repeated public denials by the Bush administration, according to informed sources in Washington.

The present military build-up in the Gulf would allow the US to mount an attack by the spring. But the sources said that if there was an attack, it was more likely next year, just before Mr Bush leaves office.


Neo-conservatives, particularly at the Washington-based American Enterprise Institute, are urging Mr Bush to open a new front against Iran. So too is the vice-president, Dick Cheney. The state department and the Pentagon are opposed, as are Democratic congressmen and the overwhelming majority of Republicans. The sources said Mr Bush had not yet made a decision. The Bush administration insists the military build-up is not offensive but aimed at containing Iran and forcing it to make diplomatic concessions. The aim is to persuade Tehran to curb its suspect nuclear weapons programme and abandon ambitions for regional expansion.






Robert Gates, the new US defence secretary, said yesterday: "I don't know how many times the president, secretary [of state Condoleezza] Rice and I have had to repeat that we have no intention of attacking Iran."

But Vincent Cannistraro, a Washington-based intelligence analyst, shared the sources' assessment that Pentagon planning was well under way. "Planning is going on, in spite of public disavowals by Gates. Targets have been selected. For a bombing campaign against nuclear sites, it is quite advanced. The military assets to carry this out are being put in place."


He added: "We are planning for war. It is incredibly dangerous."


Deployment


Mr Cannistraro, who worked for the CIA and the National Security Council, stressed that no decision had been made.


Last month Mr Bush ordered a second battle group led by the aircraft carrier USS John Stennis to the Gulf in support of the USS Eisenhower. The USS Stennis is due to arrive within the next 10 days. Extra US Patriot missiles have been sent to the region, as well as more minesweepers, in anticipation of Iranian retaliatory action.


In another sign that preparations are under way, Mr Bush has ordered oil reserves to be stockpiled.


The danger is that the build-up could spark an accidental war. Iranian officials said on Thursday that they had tested missiles capable of hitting warships in the Gulf.


Colonel Sam Gardiner, a former air force officer who has carried out war games with Iran as the target, supported the view that planning for an air strike was under way: "Gates said there is no planning for war. We know this is not true. He possibly meant there is no plan for an immediate strike. It was sloppy wording.


"All the moves being made over the last few weeks are consistent with what you would do if you were going to do an air strike. We have to throw away the notion the US could not do it because it is too tied up in Iraq. It is an air operation."


One of the main driving forces behind war, apart from the vice-president's office, is the AEI, headquarters of the neo-conservatives. A member of the AEI coined the slogan "axis of evil" that originally lumped Iran in with Iraq and North Korea. Its influence on the White House appeared to be in decline last year amid endless bad news from Iraq, for which it had been a cheerleader. But in the face of opposition from Congress, the Pentagon and state department, Mr Bush opted last month for an AEI plan to send more troops to Iraq. Will he support calls from within the AEI for a strike on Iran?


Josh Muravchik, a Middle East specialist at the AEI, is among its most vocal supporters of such a strike.


"I do not think anyone in the US is talking about invasion. We have been chastened by the experience of Iraq, even a hawk like myself." But an air strike was another matter. The danger of Iran having a nuclear weapon "is not just that it might use it out of the blue but as a shield to do all sorts of mischief. I do not believe there will be any way to stop this happening other than physical force."


Mr Bush is part of the American generation that refuses to forgive Iran for the 1979-81 hostage crisis. He leaves office in January 2009 and has said repeatedly that he does not want a legacy in which Iran has achieved superpower status in the region and come close to acquiring a nuclear weapon capability. The logic of this is that if diplomatic efforts fail to persuade Iran to stop uranium enrichment then the only alternative left is to turn to the military.


Mr Muravchik is intent on holding Mr Bush to his word: "The Bush administration have said they would not allow Iran nuclear weapons. That is either bullshit or they mean it as a clear code: we will do it if we have to. I would rather believe it is not hot air."


Other neo-cons elsewhere in Washington are opposed to an air strike but advocate a different form of military action, supporting Iranian armed groups, in particular the Mujahideen-e Khalq (MEK), even though the state department has branded it a terrorist organisation.


Raymond Tanter, founder of the Iran Policy Committee, which includes former officials from the White House, state department and intelligence services, is a leading advocate of support for the MEK. If it comes to an air strike, he favours bunker-busting bombs. "I believe the only way to get at the deeply buried sites at Natanz and Arak is probably to use bunker-buster bombs, some of which are nuclear tipped. I do not believe the US would do that but it has sold them to Israel."


Opposition support


Another neo-conservative, Meyrav Wurmser, director of the centre for Middle East policy at the Hudson Institute, also favours supporting Iranian opposition groups. She is disappointed with the response of the Bush administration so far to Iran and said that if the aim of US policy after 9/11 was to make the Middle East safer for the US, it was not working because the administration had stopped at Iraq. "There is not enough political will for a strike. There seems to be various notions of what the policy should be."


In spite of the president's veto on negotiation with Tehran, the state department has been involved since 2003 in back-channel approaches and meetings involving Iranian officials and members of the Bush administration or individuals close to it. But when last year the Iranian president, Mahmoud Ahmadinejad, sent a letter as an overture, the state department dismissed it within hours of its arrival.


Support for negotiations comes from centrist and liberal thinktanks. Afshin Molavi, a fellow of the New America Foundation, said: "To argue diplomacy has not worked is false because it has not been tried. Post-90s and through to today, when Iran has been ready to dance, the US refused, and when the US has been ready to dance, Iran has refused. We are at a stage where Iran is ready to walk across the dance floor and the US is looking away."


He is worried about "a miscalculation that leads to an accidental war".


The catalyst could be Iraq. The Pentagon said yesterday that it had evidence - serial numbers of projectiles as well as explosives - of Iraqi militants' weapons that had come from Iran. In a further sign of the increased tension, Iran's main nuclear negotiator, Ali Larijani, cancelled a visit to Munich for what would have been the first formal meeting with his western counterparts since last year.


If it does come to war, Mr Muravchik said Iran would retaliate, but that on balance it would be worth it to stop a country that he said had "Death to America" as its official slogan.


"We have to gird our loins and prepare to absorb the counter-shock," he said.


War of words


"If Iran escalates its military action in Iraq to the detriment of our troops and/or innocent Iraqi people, we will respond firmly"

George Bush, in an interview with National Public Radio


"The Iranians clearly believe that we are tied down in Iraq, that they have the initiative, that they are in position to press us in many ways. They are doing nothing to be constructive in Iraq at this point"

Robert Gates


"I think it's been pretty well-known that Iran is fishing in troubled waters"

Dick Cheney


"It is absolutely parallel. They're using the same dance steps - demonise the bad guys, the pretext of diplomacy, keep out of negotiations, use proxies. It is Iraq redux"

Philip Giraldi, a former CIA counter- terrorism specialist, in Vanity Fair, on echoes of the run-up to the war in Iraq


"US policymakers and analysts know that the Iranian nation would not let an invasion go without a response. Enemies of the Islamic system fabricated various rumours about death and health to demoralise the Iranian nation, but they did not know that they are not dealing with only one person in Iran. They are facing a nation"

Iranian supreme leader Ayatollah Ali Khamenei







ワシントンの消息筋によるとイランに対する空襲への米国準備はブッシュ政権による再三の公的な否定にもかかわらず高度な段階にあります。

湾の現在の軍隊の強化は、米国が春までに攻撃を仕掛けることを可能にするでしょう。

しかし、関係筋は、攻撃があったならば、ブッシュさんがオフィスを去るすぐ前に、それが来年よりありそうであると言いました。

ネオ保守主義者は、特にワシントンが本拠地のアメリカ企業研究所で、イランに対して新たな地平を切り開くことをブッシュさんに勧めています。

また、副大統領、ディック・チェイニーもそうです。

民主党の下院議員と共和党の圧倒的多数がそうであるように、省と国防総省は反対されます。

関係筋は、ブッシュさんがまだ決定をしていなかったと言いました。

ブッシュ政権は、軍隊の強化が攻撃用でないのを強く主張するけれども、イランを含み、外交の譲歩をすることをそれに強制することをめざしていました。

目的は、テヘランを説得してその疑わしい核兵器プログラムを抑制し、地域開発のために野心をやめさせることです。

記事は続いています。

--------------------------------------------


ロバート・ゲイツ、新しい米国国防長官は昨日言いました:

「私は、何回大統領、[国のコンドリーザ・ライスの秘書]、および私が、私達が、イランを攻撃するつもりは全然ないことを繰り返す必要があったかを知りません」。

しかし、ビンセントCannistraro、ワシントンが本拠地の諜報分析者は、国防総省計画が進行中によくあったソースのアセスメントを共有しました。

「計画を立てることはゲイツによる公的な否定にもかかわらず続いています」。

目標は選ばれています。

核施設に対する爆撃にとって、それはまったく高度です。

「これを実行する軍隊の財産は実施されています」。

彼は追加しました:

「私達は戦争の計画を立てています」。

「それは信じられないほど危険です」。

展開

CIAと国家安全保障会議のために働いたCannistraroさんは、どの決定もされなかったと強調しました。

先月ブッシュさんはUSSアイゼンハワーのサポートにおける湾に航空母艦USSジョン・ステニスによって導かれた2番目の戦闘グループを注文しました。

USSステニスは、次の10日以内に到着する予定です。

特別な米国パトリオットミサイルはイラン報復の行動を予想してより多くの掃海艇と同様に地域に送られています。

準備が進行中であるという別の合図において、ブッシュさんは、石油埋蔵量が、備蓄されるように命令しました。

危険は、強化が偶発戦争を引き起こすことができたことです。

イラン役員は、彼らが、湾で軍艦に当たることが可能なミサイルをテストしたと木曜日に言いました。

サム・ガーディナー大佐(目標としてイランと戦争ゲームを実行した前の空軍将校)は、空襲の計画を立てることが進行中であったという見解を裏付けました:

「ゲイツは、戦争の計画を立てることが不可能であると言いました」。

私達は、これが真実でないと知っています。

彼はことによると、即時のストについての計画が全然ないのを意味していました。

言い表すことは泥んこでした。

「あなたが、空襲をしようとしていたならば、ここ数週間の間にされているすべての動きは、あなたがするであろうことと一致しています」。

私達は、それがイラクで縛られすぎるので、米国がそれをすることができなかったという理解を廃棄する必要があります。

「それは航空作戦です」。

副大統領のオフィス以外の戦争を支える主要な原動力の1つはAEI(ネオ保守主義者の本部)です。

AEIのメンバーは、元来、イラクと北朝鮮とインのイランを一まとめにしたスローガン「悪の軸」を作り出しました。

ホワイトハウスへのその影響はイラクから無限の凶報の中央で昨年、低下でであるようでした(それのために、それはチアリーダーでした)。

しかし、議会、国防総省、および省からの反対に直面して、ブッシュさんは、より多くの軍をイラクに派遣するAEI計画を先月選択しました。

彼はイランのストのためのAEIの中からの要求をサポートするでしょうか?

ジョシュ・ムラブチック(AEIの中東の専門家)はそのようなストのその最も積極的に発言するサポーターの中に数えられています。

「私は、米国の誰でも侵略について話していると思いません」。

「私達はイラク、自身のようなタカさえの経験によって罰せられています」。

しかし、空襲は別の問題でした。

「それが、すべての種類の害をするために青からであるがシールドとしてそれを使うかもしれないという」核兵器を持っているイランの危険は「正しくありません」。

「私は、物理的力以外のこの事件を止めるどのような方法でもあるであろうと信じません」。

ブッシュさんは、1979年-81年の人質事件のためにイランを許すことを断るアメリカ世代の一部です。

彼は2009年1月にオフィスを去り、彼が、イランが、地域で超大国ステータスを達成し、核兵器機能を取得することに近づいた遺産を望んでいないと繰り返し言いました。

これのロジックは、外交の努力が、イランを説得してウラニウムの濃縮を止めさせることに失敗するならば、唯一の代わりの左が、軍隊に向かうことになっていることです。

ムラブチックさんは、彼の言葉にブッシュさんを押さえることに集中しています:

「ブッシュ政権は、彼らが核兵器をイランに与えないであろうと伝えていました」。

それはだまされるか、彼らはクリアなコードとしてそれを意図しています:

私達がそうする必要があるならば、私達はそれをします。

「私は、それが熱気ではないと信じるほうがよいでしょう」。

ワシントンの他の場所の他の新保守主義は空襲と対立するけれども、省がテロリスト組織としてそれに烙印を押しても、イランの武装したグループ(特にイスラム戦士e Khalq(MEK))をサポートして、軍事行動の違うフォームを主張します。

レイモンドTanter(イラン政策委員会(それはホワイトハウス、省、および情報機関からの前の役員を含みます)の創立者)はMEKへの支持の主要な支持者です。

それが空襲に来るならば、彼はバンカー破裂爆弾に賛成しています。

「私は、Natanzとアラックで深く埋められたサイトに近づく唯一の方法がたぶん、バンカーバスター爆弾を使うことであると信じます(それのいくつかが先端をつけられた核兵器です)」。

「私は、米国がそれをするであろうと信じないけれども、それはそれらをイスラエルに売りました」。

反対サポート

別のものが新保守主義に、Meyrav Wurmser(ハドソン研究所の中東方針のためのセンターのディレクター)はまた、イラン反対グループをサポートするのを好んでいます。

彼女はイランにこれまでブッシュ政権の反応にがっかりし、9/11後の米国方針の目的が、中東を米国により安全にすることであったならば、政権がイラクに停止したので、それがうまく働いていないと言いました。

「ストのための十分な政治的な意志がありません」。

「方針があるべきであるものの様々な観念があるように思われます」。

テヘランとの交渉における大統領の拒否権にもかかわらず、省はイラン役員とブッシュ政権のメンバーまたはそれに近い個人に関係している裏ルートアプローチとミーティングにおいて2003年以来ずっと関係しています。

しかし、昨年、イラン大統領、マハムード・アハマディネジャドが申し入れとして手紙を送った時に、省はその到着の数時間以内にそれを退けました。

交渉への支持は中道派の、そして寛大な頭脳集団から来ます。

Afshin Molavi(新しいアメリカ財団の人)は言いました:

「それが試されなかったので、外交がうまくいかなかったと主張することは間違いです」。

ポスト90年代とイランが、米国を断り、米国が、踊る用意ができていた時に、踊る用意ができていて、イランが断った時に今日に通っています。

「私達は、イランが、ダンスフロアを横切って歩く用意ができていて、米国が目をそらしている段階にいます」。

彼は、「偶発戦争をもたらしている計算違い」について心配します。

触媒はイラクであるかもしれません。

国防総省は、それが、イランから来たイラクの武装勢力の武器の証拠--爆発物と同様に発射体の一連番号--を持っていると昨日言いました。

高まった緊張のさらなる合図において、昨年以来ずっと彼の西の対応するものとの最初のフォーマルなミーティングであるであろうもののために、イランの主要な核の交渉者、アリLarijaniはミュンヘンへの訪問をキャンセルしました。

それが戦争に来るならば、ムラブチックさんは、イランが報復するであろうけれどもバランスの上で、彼が、その公式なスローガンとして「アメリカへの死」を持っていると言った国を止めることがそれだけの価値があるであろうと言いました。

「私達は、私達の身を引き締める必要があり、カウンターショックを吸収することを準備します」と彼は言いました。

論争

ナショナル・パブリック・ラジオとのインタビューにおいて、「イランが、我々の軍、および/または無実のイラクの人々の損害にイラクでその軍事行動をエスカレートさせるならば、私達は堅く反応します」ジョージ・ブッシュ。

「イラン人ははっきりと、私達がイラクで縛りつけられて、彼らがイニシアチブを持っていて、彼らが、多くの点で私達を押す立場にあると信じます」。

「彼らは、この時点でイラクで建設的なために何もしていません」ロバート・ゲイツ

「私は、イランが問題の多い水域で釣っていることがかなり有名であったと思います」ディック・チェイニー。

「それは完全に平行しています」。

彼らは同じダンスステップを使っています - 悪者、外交の口実を悪魔化し、交渉に入らないでいて、プロキシを使ってください。

「それはイラクリダックスです」フィリップ・ジラルディ(バニティ・フェアに、イラクの戦争への準備段階のエコーの上の前のCIAカウンターテロ専門家)

「米国政策立案者とアナリストは、イラン国家が侵略を反応なしで行かせないであろうと知っています」。

イラン国家の士気をくじくために、イスラムシステムの敵は死と健康についての様々な噂を偽造したけれども、彼らは、彼らがイランのほんの1人の人とやりとりしていないと知りませんでした。

「それらは国民に向かっています」イラン人最高指導者Ayatollahアリ・ハメネイ

スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

kane552004

Author:kane552004
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR