FC2ブログ

支配者の固定化

太田龍氏の時事寸評から


何故、今、日本民族有志は、ジョン・コールマンの「ワンワールド―人類家畜化計画」を必読書としなければならないか。??




更新 平成19年02月28日22時26分


平成十九年(二〇〇七年)二月二十八日(水)

(第一千九百七十一回)


○ジョン・コールマン著、太田龍監訳、雷韻出版刊

 「ワンワールド―人類家畜化計画」


○今、日本人は決定的に必要とされている問題意識は、


○「ワンワールド陰謀」の存在、


○そしてその脅威、である。


○ ロスチャイルドの米国代理人の一人、

  ジェームズ・ワールブルク(英語読みはウォーバーグ)の

  一九四九年二月十七日米国上院での発言は、欧米の有志に

  は、良く知られている。


○ 好むと好まざるとに拘わらず、世界政府はやって来る。

  問題は、世界政府が、征服によって実現されるか、同意に

  よって実現されるか、だけである、と。


  (デス・グリフィン著『奴隷への没落』二百十二頁)


○日本人は、こうした「ワンワールド―人類家畜化計画」への

 動きについて、


○これまで、唯の一度も真剣に考察したことがない。


○前出、ジェームス・ワールブルクの発言は、

 「陰謀」ではない。


 それは、米国上院での公的発言であり、公的文書に記録され

 ている。


○日本人は、ザビエルの日本上陸以来、今日まで、国家を超越

 した国際的世界的アジェンダ(計画)を持つ勢力、そのイデ

 オロギー、その陣営が、視野に入らない。


○共産主義インターナショナル(コミンテルン)が、ユダヤ国際

 金融世界権力によって育成された別働隊の一つであることを、

 戦時中、


○国際政経学会(昭和十一~二十年)は、懸命に日本国民に

 警告したが、


○その警告を聞く耳を、殆んどの日本人は持たない。


○敗戦前、日本のユダヤ批判の第一人者、四王天延孝陸軍中将は、


○米占領軍によって、A級戦犯容疑者として巣鴨の拘置所に投獄

 された。


○昭和二十三年十二月、不起訴、釈放されたとき、


○高嶋辰彦陸軍少将が釈放を祝って四王天中将を訪問した。


○そこで、四王天中将曰く。


○巣鴨の拘置所で、

 松岡洋右もと外相から声をかけられた。


○ 今になって、キミ(四王天中将)が資本主義も共産主義も

  ユダヤの両立て作戦である、と警告していたのは本当だっ

  たと分ったよ、と。


○これは過去のどうでもいいお話か。

 そんなことはないだろう。


 (了)


【参考文献】


(1)ジョン・コールマン著、太田龍監訳

   「ワンワールド―人類家畜化計画」(雷韻出版、二〇〇〇年)


(2)「高嶋辰彦さんの思い出」(私家版)


(3)太田龍著「ユダヤの謀略、世界革命運動の秘密」

   (泰流社、絶版、日本義塾出版部に在庫あり)





From Wikipedia, the free encyclopedia

James Warburg

He has gained some notoriety for the following quote attributed to him: "We shall have World Government, whether or not we like it. The only question is whether World Government will be achieved by conquest or consent." (Feb. 17, 1950, to the United States Senate)


彼は彼に起因している以下の引用文のためにいくらかの悪名を得ました:

「私達がそれが好きであるかどうかにかかわらず、私達は世界政府を持ちます」。

「唯一の問題は、世界政府が征服または同意のどちらによって達成されるであろうかです」。

(アメリカ合衆国上院への1950年2月17日)




Hitler Didn't Want World War

By Henry Makow Ph.D.

March 21, 2004


ROTHSCHILD CONDUCTS RED SYMPHONY


Why would the financial elite also want to destroy Russia, which they created?


The transcript of the 1938 NKVD interrogation of C.G. Rakowsky (a.k.a Chaim Rakeover) provides the answer. Rakowsky was an intimate of Trotsky's and former Soviet ambassador to Paris.


Rothschild's agent Leon Trotsky was supposed to succeed Lenin but got sick at the critical moment. Stalin was able to assume power and divert Russia from Rothschild control.


In order to control Stalin, international finance was forced to build up Hitler and the Nazi party. Rakowsky confirms that Jewish financiers backed the Nazis although Hitler was not aware of this.


"The ambassador Warburg presented himself under a false name and Hitler did not even guess his race... he also lied regarding whose representative he was... Our aim was to provoke a war and Hitler was war...[the Nazis] received...millions of dollars sent to it from Wall Street, and millions of Marks from German financiers through Schacht; [providing] the upkeep of the S.A and the S.S. and also the financing of the elections..."


Unfortunately for the bankers, Hitler also proved intractable. He started to print his own money!


"He took over for himself the privilege of manufacturing money and not only physical moneys, but also financial ones; he took over the untouched machinery of falsification and put it to work for the benefit of the state... Are you capable of imagining what would have come ...if it had infected a number of other states and brought about the creation of a period of autarchy [absolute rule, replacing that of the bankers]. If you can, then imagine its counterrevolutionary functions..."


Hitler had become a bigger threat than Stalin, who had not meddled with money. The British were not going to make peace with Hitler because he had stopped the banker's racket. Furthermore, the Illuminati wanted an extended war, the ruin of Europe and the expansion of the USSR.


HITLER'S SECRET BACKERS


The book "Financial Origins of National Socialism" (1933) by "Sydney Warburg" provides another glimpse of how the Illuminist clique supported Hitler. This 70-page booklet was suppressed for many years but was republished in 1983 as "Hitler's Secret Backers."


"Warburg" describes a July 1929 meeting with "Carter," the President of J.P. Morgan's Guarantee Trust, the Presidents of the Federal Reserve Banks, "the young Rockefeller" and "Glean from Royal Dutch." These are all Rothschild dominated.


It was determined that Warburg who spoke German should travel to Germany and ask Hitler how much money he needed to overthrow the state. The only stipulation was that Hitler adopts "an aggressive foreign policy."


"Warburg" details five meetings with Hitler between 1929 and 1933. The first took place in a beer cellar and Hitler calculated his needs on the back of a paper plate. About $25 million was transferred. This was extremely important in the depth of the depression because the Nazis provided food and shelter to many of their supporters.


Hitler wasn't told the reason for this support and did not ask. On two occasions, he wondered out loud if "Warburg" was himself Jewish but dismissed the idea before "Warburg" could reply.


There is no "Sydney Warburg" but the internal evidence suggests the author could be James P. Warburg, son of Federal Reserve founder Paul Warburg. General Ludendorff testified at the Nuremburg trials that James P Warburg was the conduit through which eventually $34 million was transferred from Wall Street to the Nazis.


One wonders why anyone would go to this much trouble to alienate the most powerful people in the world if he weren't sincere. The only people with the power to suppress it are the ones it incriminates, and they have a record of suppressing similar works.


See also Antony Sutton's Discussion of this book.


CONCLUSION


"Who controls the past controls the future: who controls the present controls the past." George Orwell


The winners write history. Our view of Hitler and the Second World War is largely a Jewish view. I am only beginning this research and will happily admit my errors. These are my tentative conclusions:


While I utterly reject Hitler's racist ideology and atrocities, he may have represented the last serious resistance to the Illuminist agenda.


Paradoxically Hitler was created and manipulated by the bankers he railed against. He lost the war because he didn't appreciate their larger agenda. He naively failed to recognize that they controlled England and the United States. It's as if he didn't believe his own propaganda.


Blinded by racist zeal, he made a fatal blunder (from his point of view) of not neutralizing England by seizing the Middle Eastern oilfields. He made another fatal error by not promising to liberate the Russian people from oppression. Nazi brutality turned the Slavs into implacable fighters.


But for his demented racist ideology and consequent barbarism, Hitler might have done some good. Many Germans and even some German Jews supported him. Instead he was another pawn in the Illuminati's diabolical game.


ロスチャイルドは赤いシンフォニーを実施します。

なぜ金融のエリートは、またロシアを破壊したいでしょうか(彼らはそれを作成しました)?

C.G. Rakowsky(a.k.a ハイムRakeover)の1938年のNKVD質問の記録は答えを提供します。

Rakowskyはトロツキーの親友とパリの前ソビエト連邦大使でした。

ロスチャイルドのエージェント レオン・トロツキーは、レーニンから引き継ぐと思われていたけれども、危機に病気になりました。

スターリンは、パワーを仮定し、ロスチャイルドコントロールからロシアを転換することができました。

スターリンをコントロールするために、国際金融は、ヒトラーとナチスパーティーを増強することを強制されました。

Rakowskyは、ヒトラーはこれに気づいていなかったけれども、ユダヤ人の財政家がナチを支えたことを確認します。

「ワールブルクが偽名とヒトラーの下で自身に贈った大使は、彼がまた嘘を言った彼のレース…を推察しさえしませんでした(彼が担当者でした)…」

私達の目的は、戦争を引き起こすことであり、ヒトラーは戦争受け入れられた…[ナチ](ウォール街からそれに送られた…数百万ドルとドイツ財政家からシャハトまでの数百万の大台)でした;

「S.AとS.S.の維持と選挙の資金調達も[提供します]…」

銀行家にとって不運なことに、ヒトラーはまた強情であると判明しました。

彼は、彼自身のお金をプリントし始めました!

「彼は、お金と物質的なお金だけでなく金融のものも製造する特権を自身のために引き継ぎました;」

彼は偽造の未着手の機械を引き継ぎ、国家のためにそれを働かせました…

…、それが多くの他の州を感染させて、専制政治[銀行家のそれを取り替えている絶対の規則]の期間の作成を引き起こしたならば、あなたは、何が来たであろうかを想像することが可能です。

「できるならば、その反革命の機能を想像してください…」

ヒトラーは、お金をいじくり回さなかったスターリンより大きな脅威になりました。

彼が銀行家のラケットを止めたので、英国人は、ヒトラーと仲直りをしようとしていませんでした。

さらに、啓蒙主義者は拡張された戦争、ヨーロッパの荒廃、およびソ連の拡張を望んでいました。

ヒトラーの秘密の後援者

「シドニーワールブルク」による本「国家社会主義の金融起源」(1933年)は、どのように光明会主義者徒党がヒトラーをサポートしたかの別の一見を提供します。

この70ページの小冊子は何年もの間抑制されたけれども、「ヒトラーの秘密の後援者」として1983において再発行されました。

「ワールブルク」は、「カーター、若いロックフェラー」と「王室のオランダ語から拾ってください」(J・P・モーガンの保証人Trust(連邦準備銀行の頭取)の社長)との1929年7月のミーティングを説明します。

これらはすべて支配したロスチャイルドです。

それは、ドイツ語を話したワールブルクが、ドイツに旅行し、ヒトラーに、国家を倒すために、彼にどれくらいお金が必要であったかを尋ねるべきであることを決定しました。

唯一の規定は、ヒトラーが「攻撃的な外交方針」を採用することでした。

「ワールブルク」は1929年と1933年の間でヒトラーとの5つのミーティングを詳説します。

一番目はビール地下室で起こり、ヒトラーは紙皿の後ろの彼のニーズを計算しました。

約2500万ドルは転送されました。

ナチが彼らのサポーターの多くに食物と避難所を提供したので、これは不景気のどん底において極めて重要でした。

ヒトラーはこのサポートの理由を話されなく、尋ねませんでした。

2つの機会に、彼は、「ワールブルク」が自身でユダヤ人であったかどうかと外で騒々しく思っていたけれども、「ワールブルク」が答えることができる前に、アイデアを退けました。

無「シドニーワールブルク」があるけれども、内的証拠は、作者がジェームズP.ワールブルク(連邦準備銀行創立者ポール・ワールブルクの息子)であるかもしれないことを示唆します。

一般的なルーデンドルフは、ジェームズPワールブルクが、結局、3400万ドルがウォール街からナチに移された導管であったとニュールンベルグ裁判で証言しました。

人は、なぜ誰かが、彼が誠実でなかったならば世界で最も強力な人々を疎外するためにこれだけの苦労をするであろうかと思っています。

それを抑制するパワーを持つ唯一の人々は、それが有罪にするものであり、彼らは、同様な作品を抑制するレコードを持っています。

また、アントニー・サットンのこの本の議論を見てください。

結論

「誰が過去をコントロールするかにより未来はコントロールされます:

誰が現在をコントロールするかにより過去はコントロールされます。」

ジョージ・オーウェル

勝者は歴史を書きます。

私達のヒトラーと第二次世界大戦の見解は主としてユダヤ人の眺めです。

私はこの研究を開始しているだけで、幸福に私の誤りを認めます。

これらは私の試験的な結論です:

私が完全にヒトラーの人種差別的なイデオロギーと残虐行為を拒絶する間、彼は光明会主義者の方針への最後の重大な抵抗を表していたかもしれません。

逆説的に、ヒトラーは、彼がののしった銀行家によって作成されて、処理されました。

彼が彼らのより大きな行動計画を高く評価しなかったので、彼は戦争に負けました。

彼は単純に、彼らがイギリスと米国をコントロールしたと認めることに失敗しました。

彼が彼自身の宣伝を信じなかったかのようです。

人種差別的な熱心によって盲目にされて、彼は、中東の油田をつかむことによってイギリスを中立化しない致命的な失敗(彼の観点からの)をしました。

ロシア人々を抑圧から解放すると約束しないことによって、彼は別の致命的エラーを作りました。

ナチス残忍性はスラブ人を執念深い戦闘機に変えました。

彼の痴呆症の人種差別的なイデオロギーと結果的な野蛮さがなかったら、ヒトラーはいくらかの役に立ったかもしれません。

多くのドイツ人とあるドイツ人ユダヤ人さえ彼をサポートしました。

代わりに、彼は啓蒙主義者の邪悪なゲームにおいて別の質入れでした




The New World Order, by conquest or consent?

By: Deanna Spingola

?

On February 17, 1950, James Paul Warburg confidently declared to the United States Senate: "We shall have World Government, whether or not we like it. The only question is whether World Government will be achieved by conquest or consent." [1]




[More:]


James Paul Warburg (1896-1969) was the son of Paul Moritz Warburg, nephew of Felix Warburg and of Jacob Schiff, both of Kuhn, Loeb & Company which financed the Russian Revolution through James' brother Max, banker to the government of Germany. [2] A world government is a world without borders, national sovereignty, constitutions, privacy, autonomy, individual liberties, religious freedoms, private property, the right to bear arms, the rights of marriage and family and a dramatic population reduction (two thirds). A world government establishes a slave/master environment wherein the state controls everything.


Unfortunately, in the United States, the Establishment's goal of a New World Order is reaching fruition through complacent consent and subversive conquest. America, a Constitutional Republic, is plunging into the satanical New World Order facilitated by the calculated placement of unscrupulous individuals deeply dedicated to the goals of the secret societies they belong to. America, formerly the home of the brave and the free, is currently the home of the people who merely think they are free. None are more enslaved and manipulated than those who mistakenly view themselves as free, therefore rendering them exceptionally vulnerable.~省略~

征服または同意による新世界秩序?

次によって:Deanna Spingola

1950年2月17日に、ジェームズ・ポール・ワールブルクは確信してアメリカ合衆国上院に宣言しました:

「私達がそれが好きであるかどうかにかかわらず、私達は世界政府を持ちます」。

「唯一の問題は、世界政府が征服または同意のどちらによって達成されるであろうかです」。

[1]

[より多く:]

ジェームズの兄弟マックス、ドイツの政府銀行を通してロシア革命に資金提供したクーン、ローブ&会社の両方とも、ジェームズ・ポール・ワールブルク(1896-1969年)はポール・モーリッツ・ワールブルク(フェリックス・ワールブルクの、そしてジェイコブ・シフの甥)の息子でした。

境界、国家主権、構成、プライバシー、自律性、個々の特権、宗教の自由、私有財産、武器を携帯する権利、結婚とファミリーの権利、およびドラマチックな人口縮小(3分の2)である世界政府の世界です。

国家がすべてをコントロールする、世界政府はスレーブ/マスタの環境を設立します。

あいにく、米国で、新世界秩序の設立のゴールは自己満足した同意と破壊する征服を通して達成に達しています。

アメリカ、立憲共和国は、彼らが所属している秘密結社のゴールに深く専念した無法な個人の計算された配置によって容易にされた悪魔の新世界秩序に突入しています。

アメリカ(勇士と自由なものの以前家)は現在、単に、彼らが自由であると思う人々の家です。

どれも、間違って、自身を、それらを自由で、従って非常に無防備にするとみなす人々より奴隷にされなく、処理されません。


同意、使うマス人口管理は、ヘーゲル哲学弁証法の要素を使って達成されることができます。

ゲオルグ・ウィルヘルム・フリードリッヒ・ヘーゲル(1770-1831)、[3] 政治的 、および1831年の彼の死までの1817からのベルリンの大学の社会科学者と教授は、ヘーゲル哲学として知られるように来た彼の哲学/政治的な概念をはっきりと定義しました。

彼のアイデアはまだ教えられた[4]であり、作者は、彼の人生観(無頓着なアメリカ人は、認めるか、明らかで、破壊的な結果にもかかわらず私達自身の社会の中で彼らのアプリケーションを区別しさえすることに失敗するけれども[5])を詳しく述べ続けます。

「19世紀の半ばが1つの主義?究極平和に減らされることができて以来ずっと、西洋の世界を支配している哲学は衝突を通してだけ来ます…」

それは、イデオロギー(主題とアンチテーゼ)の間の衝突が、いつも、文明をオーダーのより高いレベルに進める妥協案(統合)を結果として生じている正常な歴史的事象であることを提案します。

「すなわち、衝突はよく、平和は必ずしも望ましくありません(または高収益)」。

[6] ヘーゲルの弁証的なプロセスの本質は、アイデア(主題)が危機、問題、または衝突を生んでいるその反対物(アンチテーゼ)によって問題にされて、2が、両方を含む3番目のアイデア(統合)または妥協案の中に最終的に調和することです。

妥協案(統合)が達成される時に、プロセスは持続的な衝突満たされた進歩のために主題としてポーズをとっている統合によってひっきりなしに繰り返されます。

そして、テニスの試合の観客のように、大衆は考案された論争好きの対決によって気をすっかりとても散らされるので、私達は衝突見せかけ全体の動機に気づいていません。

政府は、一般大衆が解決策を要求する危機を作成します。

その解決は、政府が最初望んでいたけれども人々が、受け入れしぶっていたであろう変化を扇動します。

それはカオスから注文です!

世界的なカオスは、新世界秩序を設立するであろう世界的な解決策をもたらすでしょう。

明確にメディアの注目を受けているいくつかの現在の危機は重大な精査を要求します。

私を信頼してください;

政府はすでに各問題の完全な解決策を持っています。

危機#1:

故意の不安定化は起こっています:

ああ、ボビン差し外国のフラグ、中小企業の政府罰金、カオス、高い犯罪発生率、ぶり返している根絶された伝染病、倒産した病院、高い福祉荷、失われたアメリカ賃金、および超満員の学校がアメリカ人の重要点を感情的に抜いているという証明に資金提供しました。

緊急召集兵行進と正当な活動はメキシコ庶民の水門に対して無効です。

私達が、うわさによれば政府に対して平均的な市民の観点を抱擁している非常に効果的な反対(アンチテーゼ)としてトークラジオショーさくらのそれらの通常協力的なチームとフォックスニュース派閥がポーズをとる間有権者の希望に冷淡な一見したところ無力な政府(主題)に立ち会う時に、公的な需要は高い。

解決または統合:

2005年3月23日に米国、メキシコ、およびカナダの一番上の政治指導者によってサインされた裏切った条約に従って招待による完全に統合された侵略は本質的に、カナダ、米国、およびメキシコの国を結合するよく計画された内密な戦略機能です:

ブッシュ、フォックス、およびマーティン。

[7] 包括的な詳細のために北アメリカコミュニティ、タスク・フォースのリポート53を築いて、ダウンロード、CFRは文書を関連付けました。

この侵略は追加の特典によってそれらのゴールを可能にします:

数千人の追加の無職の市民は国際バンキング徒党から借入資金によって支払われた永久の戦闘に利用可能になるでしょう。

予測された鳥の大流行病によって援助されて、2006と2008回の「選挙」が起こることを防止できる永久的な戒厳令、または軍隊の注文( 9-11の後の)を必要とするかもしれない自由奔放なカオス。

私達の票が実際この移住大失敗における彼らの二枚舌の後でカウントしたならば、新世界秩序に誠実なそれらの「担当者」はその時オフィス、ありそうにない状況にとどまるでしょう。

セキュリティのために、「有権者」(実際、彼らが声を持っていると思う人々)は、私達が、独創的に受け入れしぶっていたと妥協案立法のために決定するでしょう。

私達の合法性を証明するために、私達は移植されたIDチップに従順です。

私達はそれらのFEMA強制収容所の中の不法入国者の拘置についてあまりにも騒々しく不満を言いません。

これは、政府が反対者、内部告発者、および愛国者を投獄することをより容易にするでしょう。

彼らは1人の人に何をすることができて、彼らは多数にすることができます。

危機#2:

政府に友好的なマスメディアのメンバーは、見たところ、申し立てによると、私達の「国家安全保障」に影響するかもしれない情報を漏洩させる番犬ジャーナリストを懲戒することによって一般の人々の不安を引き起こすことを試みています。

1人のポピュラーな従順さで訓練されたラジオトークショーさくらがPulitzersの代わりに召喚状を提案しました。

ウィリアムJ.ベネット、新保守主義戦争タカPNACメンバーは言いました:

それらは調査されるべきです スパイ法、これらのリークの調査 。」

[8]

ランディ「デューク」カニングハム(カリフォルニア州・共和党)、ブッシュの根拠でより少ない国内監視プログラム、およびスキャンダルに圧力をかけているジャック・アブラモフについてのジャーナリズムの暴露は政府乱用と腐敗を暴露します。

政府はその逆ではなく人々に対して責任があります。

私達のプライバシー「出版を論駁するために、ブッシュはエグゼクティブ編集者ビル・ケラーとアーサー・サルズバーガーJr.出版社と会いました」上のブッシュの違法な猛攻撃の出版を防止する試みにおいて。

[9] プレスをさるぐつわでふさぐことは専制君主的な政府の中だけで典型的である検閲?です。

言論の自由は、セキュリティの手段のために快くそれらの自由を放棄する宣伝された脅えた大衆の同意によってあいにくいつも徐々に?を失います。

「政府が、反対の声を黙らせる原則を約束したら、それに、行くほんの1つの道のりはあり、それがすべてのその市民に恐怖のソースになり、誰もが恐怖を抱えながら暮らしている国を作成するまで、それはますます抑圧的な手段のパスの下にあります」。



ハリー・S.トルーマン

解決または統合:

すぐに知らず知らずの大衆が受け入れて立法の完全な小区分は、すでに、適所で、次の考案された危機または大流行病?によってだいたいすべての主要な官僚的なエージェンシーから2007の知能認可法スペル合計コントロールを表明しています。

「H.R. 5020は重大で、世界的な知能機能のために出資における戦略的で、かなりの向上を提供し、私達の全体の機能を強化し、アメリカに、それに必要な現代の、やせて、卑劣で、敏捷で、攻撃的な情報機関関係者らを与えます」。

[10]

「最終的に、請求書は、浪費をなくすために包括的な頭上のアーキテクチャプログラムを開発し、理性的で、調整された技術のプログラムを保証することを国家情報のディレクターのオフィスに要求します;」

テロに対するグローバルな戦争において私達の努力と有効性を増大させるために、情報機関関係者らと軍隊の間で統合を改善します;

「そして、テロに対するグローバルな戦争をする共通のシステムと機能を進めるために、家知能と軍統合は増大します」。

[11]「恐怖の戦争」はグローバルであるとかなり定義されて、「永久の平和のための永久の戦争」の不吉な予示です。

反戦の支持者はたぶん毎日の「2分の憎悪セッション」経由で反逆者として描き出された非国民的であるか、より悪い?として分類されるでしょう。

「国のためということは悪党の最後の言い逃れです」。

明らかに、他の危機、統合された反対、アメリカ人がどれのためであり、解決策?が、私達を新世界秩序に近づける計画を前もって計画したのを要求するであろうということがあります。

人々は、アメリカの生活のすべての面に影響するガソリン価格の解決策を要求しています。

それはだいたい夏休みのためのガス入手可能性ではありません。

友人とファミリーからの冒涜に対する請願は政府ソリューションを要求しているインターネットを通して彼らの方法を行っています。

ねえ、本を読んで聞かせられました?から人々、警察自身で、そしてあなた子供?はテレビを回します!

親業の仕事をビッグ・ブラザーに手渡さないでください!

もしそれらが冒涜を取り除くことができるならば、それらは何?でも取り除くことができるでしょう 宗教など

ニュースにおいて騙されて、たくさんのCSIスタイルショーによって悪化させられた犯罪行為は、恐怖と弱点の一般的な感じを促進する普及した犯罪の知覚を作成します。

いくつかのシカゴ教会は、彼らの銃を提出することに対して個人に補償しています。

これは、銃を収集している信頼ベースのイニシアチブ?教会が均一化された行政官庁による没収に比べて非常に温和であるようであることです。

銃砲規制は主要なステップです!

それが最も恐ろしいシナリオであるので、犯罪者と政府(冗長性を許してください)だけが銃?を持つでしょう。

「私達の主要な行動計画は、もちろん禁止されたすべての銃を持つことです」。

私達は可能な方法に関わらず使わなければなりません。

あなたが、事実をゆがめるか、嘘を言いさえする必要があるならば、それは重要でありません。

「私達に抵抗するであろう人々が武装をすっかり解除された時に、私達の社会主義のアメリカを作成する仕事は成功することができるだけです」。

サラ・ブレイディ、1994年

政府が、大きな多国籍のagriビジネスが増大する間、鳥のインフルエンザ中小企業の全国的流行の到着が損害を被ると予測することができることは驚異的です。

そして、誰が、何がそのワクチン血清?金属、水銀、または他の廃棄物の中にあるかを知っていますか?

副次的な利点:

ドナルド・ラムズフェルトはギレアデ株の上の大金を作ります。

別の戦争は地平線の上にありますか?

私達が万一先買にイラン?を核攻撃するならば、脅威は真実の省に関わらずそうであり、共謀した報道機関は、それがそうであると言います。

副次的な利点:

戦争は、そのよい親戚がある防衛関係の請負業者およびハリバートンを忘れないというカーライルグループのために利益を得ます。

無令状の国内の監視は私達の基本的な憲法の自由への侮辱であるけれども、数十年の間続いています。

最新の出来事は意図的に、私達のプライバシーへのより強烈な侵害へのマス反応を評価する、「漏らされます」でした。

「とにかく何について有罪」でもないナイーブな市民は、彼らが、ビッグ・ブラザーが彼らの密談を聞いても気にしていないと主張します。

「私達をそれらのお化けテロリストから安全にしておいてください!」

確かに、大量の考案された危機があるけれども、私は、私が主題、アンチテーゼ、および統合について私の主張を通したことを望みます。

よく設立された隠れた社会(いくらかの他より多くの秘密)からこれらの邪悪な弁証法個人の進行中のアプリケーションを提供するために、連邦政府の3つの枝以内に強力なポジションの中に彼らの方法をだまし取ってください。

これは共謀した同意と考案された選択を通して遂行されます。

私達が「かごの中の1つの腐ったりんご」概念を考慮するならば、そのような浸透の量は特に取るに足りない。

秘密結社、本物の共謀は理由により秘密で、それらは否定とよい位置にある「公式な」カウンターチャージにもかかわらず存在しています。

隠蔽の暗闇の下で続けられた活動は最も頻繁に違法です。

秘密は日のぎらつく光において必須でありません。

アントニー・サットンは述べました:

「秘密の政治団体はそうであるかもしれず、社会の社会的な健康と憲法の妥当性に極めて危険でした」。

「本当に自由な社会の中で、政治権力の運動はいつも開いていて、知られていなければなりません」。

「さらに、政治機構の暴力的な打倒に捧げられた組織はいつも必然的に秘密の組織でした」。

共産主義の革命的なセルは明らかな例です。

実のところ、それらの存在が秘密であった場合にだけ、そのような革命の組織は機能することができます。

要するに、政治的な問題における秘密は歴史的に強制と関連します。

さらに、政治的野心をもつか、政治的行為の履歴をもつ組織の中の秘密の存在はいつも疑わしい。

「強制がいつも秘密と関連する間、自由はいつもオープンな政治的行為と議論と関連します」。

[12] 私達は、絶対の秘密が私達の国家安全保障のために必須であると信じる中に意識改革しています。

ケネディ大統領はフリーメーソンに関して言いました:

「まさしくその言葉‘秘密’は自由で、オープンな社会の中で不愉快です;」

そして、私達は秘密結社に、秘密の誓いに、そして秘密の議事録に本来、歴史的に反対する民族としてです。

「私達は、関係した事実の過度で、不当な隠蔽の危険がはるかに、それを正当化するために引用される危険にまさったとずっと前に決めました」。

新聞社、1961年4月27日へのジョン・F・ケネディ大統領?アドレス

これらのグループまたは社会のほとんどは新世界秩序のゴールを抱擁します;

それらは以下を含むけれども、次に制限されません:

啓蒙主義者、ローマ・クラブ、Bilderbergs(英国と外交問題評議会(CFR)がアメリカで1921年設立したその不吉な姉妹で1919年設立されたチャダム家研究グループとしてまた知られる王室の国際問題研究所(RIIA))。

CFRは最も大きなグループです。

「これらの2グループについての計画は1919年のパリ講和会議で作成されました」。

「CFRがJPモーガン&Co.のための正面である間、RIIAは主としてアスター家、ロードス島信頼、および一定の英国の銀行によって出資されました」

[13]

「外交問題評議会(CFR)の主要な目的は強力なすべて、1つの世界政府中への米国主権と国の独立と水没の武装解除を促進しています」。

チェスター・ウォード(少将、および1960年前海軍法務官1956?と15年の間のCFRメンバー)。

彼の態度は、また憲法を支持することを誓った他の軍隊のリーダーを反射していますか?

これらのグループの両方は、19世紀の終わりにジョン・ラスキン、オックスフォード大学の美術の教授、およびアルフレッド・ミルナー卿によって引き起こされたオールソウルズカレッジ(ダイヤの大物セシル・ローズ(ローデシアで、そうであったか、名付けたことのための)によるオックスフォード大学)で設立されたロードス島のミルナーグループのためにプロキシに落ち着きました。

ローズ奨学金はセシル・ローズの1902年の意志へのアタッチメントの結果として設けられました:

「計画の中にヤナギ?のような私達の目の前で最後のフレーム自身の希望を滑らせていて、踊っているアイデア」。

なぜ私達は、秘密結社であるが1つのオブジェクトに参加しない(または、他の作家がロードス島の手書きを解釈した時に形を成してください)べきですか:

「英国の統治の下の未開の世界全体のもたらしのための、米国の回復、作りのための、アングロサクソン風のレースであるが1つの帝国のための大英帝国の促進」。

[14]

スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

1 ■こんちゃ♪

メルトモになろうと思ってメルアド送ったんですけど、届いてないんすかね、、

ブログでアップを考えるより、圧倒的にダイレクトメール送ったほうが早いんで、メル友したかったんですよねー。パソコンのメールサーバーなら、大抵の画像は送れると思うんでねー。

ブッシュが温暖化政策に切り込みを入れる発言をしました。

病気規制に入った模様ですねー。

いい感じ♪
プロフィール

kane552004

Author:kane552004
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR