FC2ブログ

新世界秩序入門書

savethemales.ca

Henry Makow

?


Joan Veon: A New World Order Primer

March 15, 2007


?


Interview took place in 2000 with Geoff Metcalf © 2000 WorldNetDaily.com


Several years ago, businesswoman Joan Veon had no idea she would one day be standing toe-to-toe with world leaders, challenging their ideas on global government. Since that time, however, Veon has done extensive research on the United Nations and the organization's agenda and has attended dozens of U.N. conferences. In her book, "Prince Charles -- The Sustainable Prince," Veon explores the prince's connections to both the U.N. and the most powerful corporate leaders in the world.


Question: Please explain to our readers the path to your discovery

about the United Nations and its agenda.


Answer: Before I went to Cairo to attend a U.N. conference, I thought I was sophisticated; I thought I was well informed. I was a community activist and was very concerned with what was going on in the schools -- abortion, condom distribution, outcome-based education. I was testifying at the county level and at the state level on various social issues. I really thought I had it together.


I was challenged to go to this economic conference in Cairo because I write an economic newsletter and I really wanted to see up close what the United Nations was, because I realized I didn't know who they were or what they did.


I was quite shocked and amazed at what I saw at this United Nations conference. It wasn't just the conference itself, it was the structure. It was the sophistication of advancement of an agenda that I had absolutely no knowledge about. I remember Vice President Gore -- he was just elected at that time -- giving a keynote address about reducing population. And I thought, "What? Do the American people know what's

going on?"


Cairo was my wake-up call. I came home from Cairo mad, upset and with a suitcase full of their material. I wanted to find out how big, deep, vast, broad, how far advanced the whole agenda was. When I got back home, I realized there was a complete dumbing-down, a complete blackout of what the whole agenda was and what it meant.


Q: What was the difference between when you attended the Cairo event, ostensibly as an innocent, and when you went to Gorbachev's party in San Francisco in '95?


A: That was about a year later. In between those two conferences, I went to about seven others. I was still in the process of trying to figure out the agenda when I went to my first Gorbachev "State of the World" forum. For two and a half years, I felt like my head was in a bowl of Jell-O because I was trying to connect, I was trying to understand.


You know, when you and I talk about this agenda, it's not a short, 24-second stringer like they have us do in radio because that's how long people's attention span is. It really takes some time to get into the agenda. In six years, I have attended 36 conferences and have talked with presidents and prime ministers all over the world.


Q: I'd like to throw a few key phrases at you and get your response. "Public-private partnerships." That sounds pretty benign.


A: One of the things to remember is the United Nations never defines words. Actually, words end up becoming very hidden in their meaning. That was part of what I was trying to figure out in trying to understand what their agenda was.


Public-private partnerships is a phrase I first came across in 1996. I spent six months researching it. I've written two books about it. It is extremely simple and very, very key. And let me say, it is Al Gore who has spearheaded a complete structural change of our government through public-private partnership.


Interestingly enough, he's not even talking about it as to why the American people should elect him president when he has already restructured our Constitution. But a public-private partnership is exactly what it says.


Q: Break it down for us into its various components.


A: First of all, it is a partnership. It is a business arrangement. That is extremely important. The idea of any business is profit. The partners in this particular arrangement are both public and private.


The public partners pertain to government: local, county, state, federal, foreign and international governments. They can all be involved, one or two or three can be involved.


Q: We have a real good example that was just pushed through and it seemed benign at the time. The agreement that Andy Cuomo blackmailed Smith and Wesson to sign was ostensibly a public-private partnership, which would have resulted in government control of a private industry.


A: The private partners are business, multinational, transnational corporations -- as well as nongovernmental organizations, these minions of a different philosophy other than the Constitution who are all funded by the foundations of the multinational, transnational corporations.


So, what is a public-private partnership? It is the shifting of government responsibility and government services into a partnership with other parties -- primarily those who have deep pockets -- because your county, local and state governments are all bankrupt.


What they are now saying is, "Look, we need stronger hands, deeper pockets to help us do what we used to do. We're going to do it a little differently."


Q: Once again, the golden rule: The guy with the gold makes the rules.


A: Exactly. They say, "We're going to do it in a partnership, a public-private partnership."

The people of Dallas don't want their taxes raised, so they have to use what they call "innovative financing." The city sewer system has just shifted from being owned by the people of Dallas into this new entity, which is a partnership jointly owned by government and business. These people are sitting around the corporate table. The bottom line is, who has the power? Obviously, you and I know very clearly -- whoever has the deepest pockets and the most money has the power. What has just happened?


Q: A redistribution of assets?


A: Yes, sir. A major asset has been shifted out of governmental hands into a new relationship, a public-private partnership that is for business, which is, by way of philosophical bent, fascism, because fascism is the marriage between government and business. The bottom line now is profit -- and the citizens now become customers.


Q: One of the things we have to try to explain to our readers is a phrase that is starting to be repeated more and more -- "sustainable development." What does that really mean?


A: Sustainable development came out of the 1992 Rio Earth Summit and, in fact, I titled my book, "Prince Charles -- The Sustainable Prince" after sustainable development. He was the one who has been pushing this Orwellian agenda.


The bottom line is, it is a new concept. The phrase "sustainable development" was never used in any U.N. document before 1992. The Rio Earth Summit is where it made its debut. Sustainable development basically says there are too many people on the planet, that we must reduce the population, that the United Nations is the only organization in a position to help monitor and control the assets of the world.


Q: When you tried to look for the genesis of the philosophy, you looked in the Constitution, and, not surprisingly, it's not there. But you did find it somewhere. Tell us where.


A: One day I was analyzing these concepts, and I thought, "Wait a minute. It's not in my Constitution." So, I immediately thought, "What is the opposite of my Constitution?" It is the Russian constitution. And I had just purchased a book, a copy of the 1977 U.S.S.R. constitution, and I got as far as Chapter 2, Article 18, and there it was. Not using the

words "sustainable development," but there was a full description of sustainable development as to having to care for the earth for future generations.


If I needed any proof that the United Nations agenda was Communist, that was the document that handed me the proof. When you look at all the countries in the world, the United States is the only country with the kind of representative government we have, with a Constitution with inalienable, God-given rights, not guaranteed or dependent on what you say or do -- they are your rights, period. In those rights, we have personal property rights. All of a sudden, we have the United States supporting, orchestrating, enhancing an evil agenda I realized was Communist.


Q: Where does this spiritual link to Gaia come in? Is that just window dressing to try to sell it to the masses? It's like these would-be controllers are attempting a major spiritual shift from the Judeo-Christian ethic to Gaia. What is Gaia?


A: I guess you could call it window dressing. Gaia is Greek for "Mother Earth." What really happened at the United Nations Rio Earth Summit was, first and foremost, philosophical.


The world up until 1992 -- and it still is in our opinion -- was under the Judeo-Christian ethic.


Under the Judeo-Christian ethic, God gave man dominance over the earth. In 1992, what the United Nations did was, they perverted, inverted, that truth, and they basically said man was no longer dominant over the earth, but the earth was dominant over man. They said that we, as men, as living human beings, were equal to the plants and the animals.

And so, what Gaia really is, is paganism. So, we now have the United Nations espousing a pagan religion and they are trying to make it equal for each one of us and therefore stamp out the validity and personhood of Jesus Christ as the Son of God and the savior of the world.


Q: In their effort to use as a tool these public-private partnerships and all these non-governmental organizations, wouldn't it be reasonable to try to exploit the traditional churches as part of that public-private partnership?


A: That's coming; it's on the docket. Interestingly enough, we are seeing public-private partnerships in each area. It's not only the water system and the sewer but it is all areas, all levels of services that the government used to provide. We are now seeing, and interestingly, Rep. J.C. Watts from Oklahoma City has been spearheading, public-private

partnerships between governments and churches.


Q: That's rather like a return to feudalism, isn't it?


A: Yes it is. That's exactly what's happening.


Under our form of government, we the people had rights and we had ownership in the government. When you shift the assets of government into a public-private partnership, as you are shifting those assets (which is a transfer of wealth), those of us who are paying taxes have to say, "Hey, what are my tax dollars going for?" Before, when we had government under the Constitution, I knew I was supporting government to provide certain services. Now, under public-private partnership, when all of these things

and all of these assets have been shifted out from the aegis of government, where are my tax dollars going and for what reason?


That equates to the same kind of feudal system whereby the serfs had to pay rent on the land that they worked.


Q: What I really see is an incremental progression from the republic we still think we enjoy to fascism to eventually feudalism. Is that the long-term plan?


A: Absolutely. And that is where I have been going in my research. I'm looking to write my third book about 21st century feudalism because that is exactly the shift we are making.


Q: Recently, you sent me a chart that I think was intended to crystallize and clarify things for me. I thought I was looking at some kind of DNA chart in a science class I didn't sign up for. Can you please try to explain the chart?


A: It's all interconnected. Two years ago when I wrote "Prince Charles -- The Sustainable Prince" -- and this book is as up-to-date today as it was then in the material and in the message -- I realized that this thing looks like an amoeba.


Q: It looks like something Gene Rodenberry invented when he was way behind a deadline. There are financial bodies, U.N. agencies, multinational corporations, professional bodies, NGOs and a lot of arrows.


A: Let me explain. The United Nations has had the Security Council, which is composed of the five permanent members, and they decide whether or not we're going to go to war as a world. Then we have representatives from every country, which they call the "lower assembly" or the "first chamber," and that's composed of ambassadors from the different countries to the United Nations. What they have been working on in the United

Nations since 1988, and even before, is a second chamber, a people's chamber or "the peoples parliament."


Q: The "perception" of democratization?


A: Yes. And so I include this chart to show that where the United Nations is evolving is toward a people's chamber or representative government on the international level that bypasses our Congress. What we are seeing with the U.N. is, first of all, that all the

countries are reinventing their governments. They are all shifting governmental assets into public-private partnerships. There are a few chosen in the inner circle who are busy as part of the multinational, transnational corporations.


Q: We are now seeing legislation in Congress to authorize about 6,000 troops for a United Nations army. Is this another part of the incrementalism?


A: Absolutely. Let me just mention, when we start taking a look at the United Nations and the power it has amassed over the last 55 years -- its structure -- it is pretty big, pretty vast and pretty deep. The bottom line is, there are three things missing to make it full world government.


Number one, representative government at the international level, which is the People's Millennium Assembly. They want the people of the world to have their own voice.


Q: They want them to "think" they have their own voice.


A: That's correct. Number two, global taxation.


Believe me: they are not going to rest until they have a way of unlimited income from you and me. Number three would be a rapid deployment force. And yes, we now have a House Bill, HR 4453, to allow America to send 6,000 of her finest to the United Nations to serve under United Nations jurisdiction and control. I think they want 42,000, so

it's seven countries to begin with.


Q: Several countries have already agreed to this, and the core of the rapid deployment force is in place.


A: That's right. What that means is, every time somebody doesn't want world government, they already have a rapid deployment force that can be sent immediately to take care of the problem.


Q: How integral is the British Royal Family in all this?


A: That is something I have been researching and constantly I am finding connections to the British Royal Family with the United Nations. For example, Prince Charles, in the Prince of Wales Business Leaders Forum, which we haven't had time to go into, basically is writing books on corporate governance. You see, when you shift government from government to a public-private partnership, corporations now are in a position of

governance. They call it corporate governance.


Interestingly enough, Prince Charles and his Prince of Wales Business Leaders Forum are leaders and trendsetters in what corporate governance means and how to do it through public-private partnerships.


Q: In an interview that Prince Charles gave on BBC in 1994, he said, "So much I try to do is behind the scenes. So it is difficult for people to understand how all the things fit together." Frankly, isn't part of his objective not to let people know how "all the things fit together"?


A: Absolutely! And that's why I find it fascinating that Charles is coming out of the closet for the Gorbachev State of the World Forum, which will be donuted around the People's Millennium Assembly. The agendas are the same. Mikhail Gorbachev, the United Nations and Prince Charles -- their agendas are all the same. And my question is, which throne does Charles really want?


Q: How are you received at all these U.N. conferences? Are you

considered the crazy aunt in the basement no one wants to acknowledge?


A: Not at all, because I understand their agenda. To be honest, I have had some absolutely hilarious run-ins with major movers and shakers on a global level who, when I level THE question at them, are so dumbfounded, they answer it. Then, they get mad at me or they get mad at themselves for answering it. I'm doing a job, just like

you and WorldNetDaily. I'm looking to help the American people understand

the threats to our sovereignty, the threats to our freedom, our personal property rights and the fact that we appear to be on the deck of the Titanic and going down. It's up to Americans to make sure that doesn't happen.


Q: So how do how do we stop it?


A: Number one, the battle at this point has basically shifted down to the local, county and state levels. That's where our battle is. Get involved; look around; ask questions; don't be afraid. I believe it is a spiritual battle above all and, therefore, I think it begins with us, with our own humbleness and repentance before God.


The bottom line is, once freedom is lost, it is lost forever. It is irretrievable. It would be a lot harder to get freedom once we lost it versus protecting it and saving it while we still have it.





ジョアンVeon:

新世界秩序入門書

2007年3月15日

インタビューはジェフ・メトカーフc 2000年WorldNetDaily.comによって2000年に起こりました。

数年前、ジョアンVeonビジネス・ウーマンは、彼女が、ある日、グローバルな政府の彼らのアイデアに挑んで、世界的リーダーと直接対決しているであろうというアイデアを全然持っていませんでした。

しかし、それ以来、Veonは国連についての広い研究と組織の路線をし、数十の国連会議に出席しました。

彼女の本(「チャールズ皇太子--持続可能な王子」)中で、Veonは国連と世界で最も強力な企業のリーダーの両方との王子の接続を探究します。

問題:

どうぞ、国連とその路線についてあなたの発見のパスを私たちの読者に説明してください。

答え:

国連会議に出席するために、私がカイロに行く前に、私は、私が洗練されていたと思いました;

私は、私が博識であったと思いました。

私は地域社会活動家であり、学校で起こっていたものに非常に関係していました--中絶、コンドーム配布、結果ベースの教育。

私は郡レベルで、そして様々な社会問題についての国家レベルで証言していました。

私は、私が一緒にそれを持っていたと本当に思いました。

私が経済のニューズレターを書くので、私に、カイロのこの経済会議に行くように挑み、私が、それらが誰であったかまたは彼らが何をしたかを知らなかったことに気がついたので、私は本当に、国連が何であったかを近くにわかりたかった。

私は、まったくショックをうけて、私がこの国連会議で見たものにびっくりしました。

それはまさにその会議自身ではなく、それはその構造でした。

私が知識を完全に全然持っていなかったのは議事日程の進歩の精巧化でした。

私は、まわりで基調演説を行っているゴア副大統領--彼はまさにその時に選ばれました--が人口を減らしたのを覚えています。

そして、私は「何か?」を考えました。

「アメリカ人は、何が起こっているかを知っていますか?」

カイロは私のモーニング・コールでした。

私は発狂しているカイロ、混乱から、そしてそれらの素材でいっぱいのスーツケースによって帰宅しました。

私は、議事日程全体がどれほど大きく、深く、広大で、広く、どのくらい高度であったかを見つけ出したかった。

私が家に戻った時に、私は、完全レベルダウン(議事日程全体があったものとそれが意味していたものの完全な停電)があったことに気がつきました。

Q:

あなたが表面上は無邪気な子供としてカイロイベントに出席した時とあなたが'95にサンフランシスコのゴルバチョフのパーティーに行った時に、違いは間で何でしたか?

A:

それは約1年遅かった。

それらの2つの会議の間で、私は約7つに行きました。

私が私の最初のゴルバチョフ「世界の状態」フォーラムに行った時に、私はまだ、議事日程を理解しようとしているところでした。

2.5年の間、私が、接続しようとしていて、私が、理解しようとしていたので、私の頭がジェローのボウルの中にあったように、私は感じました。

ほら、あなたと私がこの議事日程について話す時に、それが、人々の注意持続時間がどれくらいであるかであるので、彼らが私達にラジオの中でさせるように、それは低く、24秒の弦張り師ではありません。

本当に、議事日程の中に入るのにしばらくかかります。

6年で、私は36の会議に出席し、世界中で大統領と総理大臣と話しました。

Q:

私は、少しの重要なフレーズをあなたに投げて、あなたの反応を得たい。

「官民のパートナーシップ」。

それはかなり温和に聞こえます。

A:

覚える物の1つは、国連が決して言葉を定義しないことです。

実際言葉は最終的にそれらの意味に非常に隠されます。

それは、私が、彼らの行動計画が何であったかを理解しようとすることにおいてなるために試していたものの一部でした。

官民のパートナーシップは、私が最初に1996年に出会ったフレーズです。

私はそれを研究することに6ヶ月を費やしました。

私はそれについての2冊の本を書きました。

それは極めて簡単で、とても、とても重要です。

そして、私に、官民のパートナーシップを通して私達の政府の完全な構造の変化について先頭に立ったのがアル・ゴアであると言わせてください。

十分に興味深いことに、彼は、彼がすでに私達の憲法を再構築した時に、なぜアメリカ人が大統領に彼を選ぶべきであるかについてそれについて話してさえいません。

しかし、官民のパートナーシップはまさに、それが言うことです。

Q:

それを私達のためにその様々なコンポーネントに分類してください。

A:

まず第一に、それはパートナーシップです。

それはビジネス配置です。

それは極めて重要です。

どのようなビジネスのアイデアでも利益です。

この特定の配置の中のパートナーは公的で、秘密です。

公的なパートナーは政府に付随しています:

ローカル番組、郡、州、連邦、外国の、そして国際的な政府。

それらはすべて関係することができて、1または2または3は関係することができます。

Q:

私達は、まさに通って押された本当によい例を持っていて、それはその時温和であるようでした。

サインするために、アンディ・クオモがスミスとウェッソンを恐喝したという協定は表面上は官民のパートナーシップでした(それは民間産業の政府統制を結果として生じていたでしょう)。

A:

私的なパートナーはビジネス、多国籍企業、超国際企業です--非政府組織(すべて多国籍の超国際企業の基礎によって出資される憲法以外の違う人生観のこれらの手先)と同様に。

それで、官民のパートナーシップは何ですか?

あなたの郡の、ローカルで、州政府がすべて倒産しているので、他のパーティー--第一に、深いポケットを持っている人々--とのパートナーシップの中に、それは政府責任と政府サービスのシフトです。

彼らが現在言っていることは、「ねえ、私達がしたものであったことをするのを手助けするために、私達はより強い手、より深いポケットが必要です」です。

「私達は、少し違ったふうにそれをしようとしています」。

Q:

もう一度、黄金律:

金との男は癖をします。

A:

正確に。

彼らは、「私達は、パートナーシップ、官民のパートナーシップにおいてそれをしようとしています」と言います。

ダラスの人々は彼らの税金を上げられてほしくないので、彼らは、いわゆる「革新的な資金調達」を使う必要があります。

都市下水施設はたった今この新しいエンティティの中にダラスの人々によって所有されていることから移りました(それは政府とビジネスによって一緒に所有されているパートナーシップです)。

これらの人々は企業のテーブルのまわりで座っています。

収益はそうであり、誰がパワーを持っていますか?

明らかに、あなたと私は非常にはっきりと知っています--最も深いポケットと最も多くのお金を持っている誰でもパワーを持っています。

何がたった今起こりましたか?

Q:

資産再分配?

A:

はい、先生。

ファシズムが政府とビジネスの間での結婚であるので、主要な財産は、政治の手から、新しい関係(ビジネス(それは、哲学の適性を経て、ファシズムです)のためである官民のパートナーシップ)中に移っています。

要点は現在利益です--および、市民は現在顧客になります。

Q:

私達が、私たちの読者に説明しようとする必要がある物の1つは、もっと繰り返され始めているフレーズです--「持続可能な開発」。

それは何を本当に意味していますか?

A:

持続可能な開発は1992年のリオ地球サミットから出て、実のところ、私は私の本(持続可能な開発の後の「チャールズ皇太子--持続可能な王子」)にタイトルを付けました。

彼は、このオーウェル的な路線を推進していた人でした。

収益はそうであり、それは新しい概念です。

フレーズ「持続可能な開発」は1992年以前にどのような国連文書の中でも決して使われませんでした。

リオ地球サミットは、それがデビューをした所です。

持続可能な開発は基本的に、惑星の上にあまりにも多くの人々がいて、私達が人口を減らさなければならず、世界の財産を監視し、コントロールするのを手助けするポジションで、国連が唯一の組織であると伝えています。

Q:

あなたが、哲学の起原を捜そうとした時に、あなたは憲法において見て、驚くことではないが、それはそこにありません。

しかし、あなたはどこかでそれを見つけました。

どこかを私達に言ってください。

A:

ある日、私はこれらの概念を分析していて、私は、「ちょっと待ってください」を考えました。

「それは私の憲法にありません」。

従って、私は直ちに、「私の憲法の反対物は何ですか?」を考えました。

それはロシア構成です。

そして、私はちょうど本(1977年のソ連構成のコピー)を購入し、私は2章、第18条まで到着し、それがありました。

言葉「持続可能な開発」を使うのでなく、未来の世代のために地球を好む必要があることについて、持続可能な開発の完全な説明がありました。

私が、国連の方針が共産主義であったという証拠が必要であったならば、それは、証拠を私に手渡した文書でした。

あなたが世界のすべての国を見る時に、米国は、私達が譲渡できず、神から与えられた権利との憲法によって保証していなかった種類の代議政府との唯一の国またはあなたが言うか、することの上の扶養家族です--それらはあなたの権利です。

それらの権利において、私達は動産権利を持っています。

突然、私達は、統合して、サポートしている米国に、私が、共産主義であったことに気がついた悪い路線を強化させておきます。

Q:

ガイアへのこのスピリチュアルなリンクはどこに入りますか?

その正しい見せかけは、それを庶民に売ろうとすることになっていますか?

それは、これらの自称のコントローラがユダヤ教とキリスト教の倫理からのガイアへの主要なスピリチュアルなシフトを試みているのに似ています。

ガイアは何ですか?

A:

私は、あなたがそれを見せかけと呼ぶことができたのを推察します。

ガイアは「母なる地球」のためのギリシャ語です。

本当に、国連リオ地球サミットで起こったことは何よりもまず哲学でした。

1992年--および、それはまだ私達の意見にあります--までの世界はユダヤ教とキリスト教の倫理の下にありました。

ユダヤ教とキリスト教の倫理の下で、神は地球の上で人に優越を与えました。

1992年に、国連がしたことはそうであり、彼らは、逆にされて、その真実をゆがめて、彼らは基本的に、人が地球の上でもう支配的でないと言ったけれども、地球は人の上で支配的でした。

彼らは、私達が、人として、生活の人間として、植物と動物と等しいと言いました。

そして、そう、なんというガイアは本当に異教主義であり、あるのでしょうか。

従って、私達は現在異教の宗派を支持している国連を持っていて、彼らは、それを私達の各々のために等しく、従ってキリストと世界の救助者としてイエス・キリストの妥当性と個人的特質を踏みつぶさせようとしています。

Q:

ツールとしてこれらの官民のパートナーシップとこれらのすべての非政府組織を使うそれらの努力において、その官民のパートナーシップの一部として伝統的な教会を利用しようとすることは手頃でないでしょうか?

A:

それは来ます;

それは議事一覧表の上にあります。

十分に興味深いことに、私達は各エリアで官民のパートナーシップを見ます。

それは給水システムと下水道であるだけでなく、それはすべて、エリア(政府が、かつて提供したすべてのサービス水準)です。

私達は現在見て、興味深いことに、オクラホマシティーからの議員J.C.ワッツは政府と教会の間で先頭に立ち、官民のパートナーシップでした。

Q:

それは封建制度へのリターンに少し似ていますね?

A:

はい、それはそうです。

それは正確に、起こっていることです。

私達の政府の形態の下に、私達、人々は権利を持っていて、私達は政府の中に所有権を持っていました。

あなたが、それらの財産(富の転送です)をシフトしている時に、あなたが政府の財産を官民のパートナーシップの中に移す時に、税金を支払っている私達は、「ねえ、私の税金ドルは何に行っていますか?」と言う必要があります。

前に、私達が憲法の下に政府を持っていた時に、私は、私が、一定のサービスを提供するために政府をサポートしていたと知っていました。

さて、官民のパートナーシップの下で、これらのすべてとこれらの財産のすべてが政府の保護から外に移った時に、私の税金ドルはどこで通用していますか?そして、どんな理由のために?

農奴が、彼らが作動させた土地の上の使用料を支払う必要があった同じ種類の封建制度に、それは同等視します。

Q:

私が本当に見るものは、私達がまだ、私達が結局封建制度へのファシズムに満喫すると思う共和国からの増分の前進です。

それは長期計画ですか?

A:

絶対。

そして、それは、私が私の研究において行った所です。

それが正確に、私達がしているシフトであるので、私は、21世紀の封建制度についての私の3番目の本を書くと考えています。

Q:

最近、あなたは、私が、私のために物を結晶させて、浄化することを意図していたと思うチャートを私に送りました。

私は、私が参加しなかった科学クラスにおけるある種類のDNAチャートを見ていたと思いました。

あなたはチャートを説明しようとすることができますか?

A:

それはすべて相互接続されます。

2年前、私が、「チャールズ皇太子--持続可能な王子」--および、この本は今日、それがその時素材の中とメッセージの中でそうであったのと同じくらい最新です--と書いた時に、私は、これがアメーバのように見えることに気がつきました。

Q:

それは、彼が締め切りの後ろの方法であった時に、遺伝子Rodenberryが発明したことのように見えます。

金融のボディ、国連エージェンシー、多国籍企業、職業団体、NGO、およびたくさんの矢があります。

A:

私に説明させてください。

国連は、安全保障理事会(それは5つの常任理事国から構成されています)を持っていて、彼らは、私達が、世界として戦争に行こうとしているかどうかを決めます。

そして、すべての国(彼らはそれを「下のアセンブリ」または「最初の室」と呼びます)から、私達は担当者を持っていて、それはさまざまな国から国連までの大使から構成されています。

彼らが1988年以来ずっと、そして前にさえ国連で取り組んでいるものは上院、人々の室、または「民族議会」です。

Q:

民主化の「知覚」?

A:

はい。

そして、そう、国連が発展している所が、私達の議会を迂回する国際的なレベルの上の民族の室または代議政府にであることを示すために、私はこのチャートを含みます。

私達が国連と見るものはまず第一に、すべての国がそれらの政府を再発明していることです。

彼らはすべて政治の財産を官民のパートナーシップの中に移しています。

多国籍の超国際企業の一部として忙しい側近グループの中で選民の少しがあります。

Q:

私達は現在、国連軍隊のために約6,000の軍を認可するように議会で立法を見ます。

これは漸進主義の別の部分ですか?

A:

絶対。

私達が、それがかなり大きく、かなり広大で、かなり深い最近の55年--その構造--の間に貯蔵した国連とパワーをちらりと見始める時に、ちょっと言及させてください。

収益はそうであり、それを完全な世界政府にするためにはずれて、3つの物があります。

ナンバー・ワン(国際的なレベルの代議政府)(それは人々のミレニアム議会です)。

彼らは世界の人々に、彼ら自身の声を持ってほしい。

Q:

彼らは彼らに、彼らが彼ら自身の声を持っていると「思っ」てほしい。

A:

それは正しい。

ナンバー ツー、グローバルな課税。

私を信じてください:

彼らがあなたと私から無限の収入の方法を持つまで、彼らは、休もうとしていません。

数3は緊急配備部隊であるでしょう。

そして、はい、国連司法権とコントロールの下で勤務するためにアメリカが彼女の6,000人を最も見事に国連に送ることを可能にするために、私達は現在ハウス・ビル、HR4453を持っています。

私は、彼らが42,000を望んでいると思うので、それは最初に7か国です。

Q:

いくつかの国はすでにこれに同意し、緊急配備部隊のコアは適所にあります。

A:

その通り。

それが何を意味しているかはそうであり、誰かが世界政府を望んでいないたびに、彼らはすでに、直ちに問題を解決するために送られることができる緊急配備部隊を持っています。

Q:

英国王室はすべてのこれにおいてどれほど必須ですか?

A:

それは、私が研究していたことであり、常に、私は国連との英国王室との接続を見つけています。

例えば、私達に、入るべき時間がなかったプリンスオブウェールズ財界の指導者フォーラムのチャールズ皇太子は、基本的に、企業の管理において本を書いています。

あなたは、あなたが政府を政府から官民のパートナーシップに移す時に、企業が現在管理のポジションにあるとわかります。

彼らはそれをコーポレート・ガバナンスと呼びます。

十分に興味深いことに、コーポレート・ガバナンスが意味していることと官民のパートナーシップを通してどのようにそれをするかにおいて、チャールズ皇太子と彼のプリンスオブウェールズ財界の指導者フォーラムはリーダーと流行仕掛け人です。

Q:

チャールズ皇太子が1994年にBBCの上で応じたインタビューにおいて、彼は、「私が、しようとするそんなに多くは舞台裏でにあります」と言いました。

「従って、人々が、どのようにすべての物がぴったりはまったかを理解することは難しい」。

率直に言うと、人々にどのようにかを知らせない彼の目的の一部「一緒に適合したすべての物」はそうであるわけではありませんか?

A:

絶対!

そして、そんなわけで、私は、チャールズが世界フォーラムのゴルバチョフ国家のためにクローゼットから出ていることが魅力的であるとわかります(それは人々のミレニアムアセンブリのまわりでdonutedされるでしょう)。

課題は同じです。

ミハイル・ゴルバチョフ、国連、およびチャールズ皇太子--彼らの行動計画はみんな同じです。

そして、私の疑問があります。チャールズはどの王位を本当に望んでいますか?

Q:

どうあなたはこれらのすべての国連会議で受け入れられますか?

あなたは、誰も、認めたくない地階でクレージーなおばと見なされますか?

A:

全く、私が彼らの行動計画を理解しているのででない。

正直に言って、私は、私が質問を彼らに向ける時に、そう驚くグローバルなレベルの上の主要な大物といくつかの完全に陽気な口論をし、彼らはそれに答えます。

そして、彼らは私に怒るか、彼らは、それに答えるために自身に怒ります。

私はちょうどあなたとWorldNetDailyのように仕事をしています。

私は、アメリカ人が、私達の主権への脅威、私達の自由への脅威、私達の動産権利、および私達が、タイタニックのデッキの上にいるようであるという事実を理解するのを手助けすると考えていて、降りています。

それが起こらないことを確かめることはアメリカ人の責任です。

Q:

従ってどのように どのように 私達がそれを止める行ない 行ない ?

A:

ナンバー・ワン、この時点の戦いは基本的にローカル番組、郡、および国家レベルにシフトダウンしました。

それは、私達の戦いがある所です。

関係されてください;

見回ってください;

質問をしてください;

恐れないでください。

私は、それがとりわけスピリチュアルな戦いであると信じるので、私は、それが神の前の私達自身の謙虚さと後悔によって私達から始まると思います。

収益はそうであり、以前の自由は失われて、それは永久に失われます。

それは回復できない。

それは、私達がそれを失ったら自由を得るためにたいそうより難しく対それを保護していて、私達がまだそれを持っている間それを保存しているでしょう。

スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

kane552004

Author:kane552004
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR