FC2ブログ

ビルダーバーグ会議は6月30日から7月3日トルコ

A?"Punctured Administration" in Washington


3 April 2007, Cengiz Candar


We are having a chat with the World Bank President Paul Wolfowitz in a room overlooking the Potomac river in Watergate, Washington. When he selected Watergate for our brunch meeting, I can't resist asking: you Republicans have a hang up on Watergate, you are always drawn here against your will.


He laughs and points at the Potomac River. He means that his choice was based on the beauty of the view, not past history. Four years ago today he was the Defence Secretary's assistant and had made his reputation as the architect of the war in Iraq. In 2003 and 2004, the subject of our meetings was the political dimension of Turco-American relations and the fallout from the Turkish parliament's refusal to allow US troops use Turkish soil in war. This time his title is "President of the World Bank" and our discussion is focussed on the relations between Turkey and the World Bank.


2007年4月3日ワシントンの「穴をあけられた管理」、Cengiz Candar


我々は、ウォーターゲート(ワシントン)でポトマック川を見渡している部屋で、世界銀行ポールウォルフォウィッツ頭取と、チャットをしています。彼が我々のブランチ会議のためにウォーターゲートを選んだとき、私は尋ねることを控えることができません:あなた、共和党はウォーターゲートにかかり具合を上に持ちます、あなたはあなたの意志に反してここに常に引かれます。


彼は笑って、ポトマック川を指さします。彼は、彼の選んだ方が見解(言い古された事実でない)の美しさに基づいたと言っています。4年前今日、彼は国防相のアシスタントであって、イラクでの戦争の立案者としての彼の評判を作りました。2003と2004年に、我々の会議の主題は、タルコアメリカの関係の政治的な寸法と米軍が戦争でトルコ国内を使うと認めることに対するトルコ議会の拒絶からの放射性降下物でした。今度は、彼のタイトルは「世界銀行頭取」です、そして、我々の議論はトルコと世界銀行の関係に集中します。


Not long ago that relationship took a comical turn because his big toes emerged through holes in his socks in a visit to the Selimiye Mosque. The "holes in his socks" made for so much publicity in the US and the rest of the world that it is now almost impossible to say Paul Wolfowitz and Turkey in one breath without remembering that incident.


Two days before, the moment he saw me in a meeting room at the World Bank with a delegation consisting of the Ankara Forum, i.e. the delegation from the Turkish Union of Chambers and Commodity Exchanges (the TOBB) headed by Rifat Hisarcikoglu, and the joint delegation of Palestinian and Israeli businessmen, the first thing he did was to laugh and ask: "did you get me a pair of socks?"


The World Bank observes an American law that forbids its employees to accept gifts worth more than $100. Even so, after his toes made the headlines, he has been receiving boxes of socks from Turkey, China, Germany, Italy and many other countries. For legal reasons, he cannot collect most of these gifts. Knowing that, I replied "no, I didn't bring any but I can help you by relieving you from the gifts."


Joking aside, I know the secret of the holes in those socks. He had been wearing "Golden Toe" brand American socks. I said "they're awful. I once had quite a few and you wouldn't believe how little they last." He nodded. His visit to Turkey had provided enough evidence of their longevity.


最近、彼の親指がSelimiye Mosqueへの訪問において彼のソックスの穴を通して出てきたので、その関係は滑稽なターンをしました。「彼のソックスの穴」は、米国と残りの世界にその事件を覚えていることなく一息にポールウォルフォウィッツとトルコを言うことが現在ほとんど不可能であるように多くの広告に向かいました。


2日前に、彼がアンカラForum(すなわちリファトHisarcikogluによって先頭にたたれるチェンバーズとCommodity Exchanges(TOBB)のトルコ語連盟からの代表派遣団とパレスチナでイスラエルのビジネスマンの共同の代表派遣団)からなる代表派遣団とともに世界銀行で会議室で私に会った瞬間、彼がした最初のことは、笑って、尋ねることでした:「あなたは、私のために一対のソックスを得ましたか?」


世界銀行は、その従業員が100ドル以上の価値がある贈り物を受け入れるのを禁ずるアメリカの法律を守ります。それでも、彼のつま先が知れわたったあと、彼はトルコ、中国、ドイツ、イタリアと多くの他の国からソックスの箱を受け取っていました。法的理由のために、彼は大部分のこれらの贈り物を集めることができません。それを知って、「いいえ、私は何も持ってきませんでした、しかし、私はあなたを贈り物から救うことによってあなたを助けることができます。」と、私が答えました


冗談はさておき、私はそれらのソックスの穴の秘密を知っています。彼は、「金色のToe」ブランドアメリカ人ソックスをはいていました。私は、言いました、「彼らはひどいです。私はかつて相当な数を持ちました、そして、あなたは彼らがどれくらいほとんどもたないかについて、信じないでしょう。」と、Heがうなずきました。トルコへの彼の訪問は、彼らの長命の十分な証拠を提供しました。


He said he was very impressed by the vitality of Turkey's small businesses. He said he would soon make two new visits to Turkey. The first will be connected with the Bilderberg meeting scheduled to take place in Istanbul between 31 May and 3 June. It is not certain that he will participate in that event. He says that "the Bilderberg is "a valuable opportunity to meet many people and make acquintances." He has been in the administration of the Bilderberg and attended these meetings many times already. I said "for years, conspiracy theorists claimed that the Bilderberg was covert world government. This year I will be there myself. I shall see what covert world government is all about." He added mockingly: "that is still being claimed, there are many web sites making similar claims."


Although it is uncertain whether he will attend the Bilderberg, he pointed out that he had already made a promise to Tayyip Erdogan to attend another meeting in June, the International Investors Board which will be headed by Turkey's prime minister.


Will Erdogan still be prime minister then, or will he be Turkey's president? That too is uncertain. If the latter is the case, will he join the board over which he will be presiding? Uncertain.


The topic of the discussion changed to Turkey's presidential and general elections. Did he say anything? He said nothing. He only asked questions. So I provided him with a summary of everything that everybody in Turkey talked about, knew and didn't know. He asked if the Ankara Forum was satisfied with the meeting with the World Bank. I said they were realists. They made a good start but they do not believe that their business with the World Bank is concluded at this stage. He agreed with he TOBB directors.


彼は、彼がトルコの中小企業の活力に非常に感動すると言いました。彼は、彼がトルコへの2つの新しい訪問をすぐにすると言いました。最初は、5月31日と6月3日の間でイスタンブールで起こる予定のBilderberg会議と関係があります。彼がその場合参加することは確かではありません。彼はそれを言います。そして、「Bilderbergは、「多くの人々に会って、acquintancesを作る価値ある機会です。」、HeがBilderbergの管理においてあって、すでにしばしばこれらのミーティングに出席しました。私は、言いました、「長い間、陰謀理論家は、Bilderbergが隠れた世界政府であると主張しました。今年、私が私自身でそこにいます。私は、隠れた世界政府が何について全てであるかについて見ます。」と、Heがからかって付け加えました:「それはまだ主張されています、類似した主張をしている多くのウェブサイトがあります。」


それが彼がBilderbergに出席するかどうか不確かであるけれども、彼は彼が6月(トルコの首相によって率いられるインターナショナルInvestors委員会)にもう一つのミーティングに出席するというTayyip Erdoganへの約束をすでにしたと指摘しました。


Erdoganはそれからまだ首相ですか、あるいは、彼はトルコの大統領ですか?それも不確かです。後者が本当ならば、彼は彼が議長をしている板に加わりますか?不確かな。


議論の議題は、トルコの大統領で一般的な選挙に変わりました。彼は、何かを言いましたか?彼は、何も言いませんでした。彼は、質問をするだけでした。それで、私は彼にトルコの誰でも話したすべての概要を提供して、知っていて、知っていませんでした。彼は、アンカラForumが世界銀行との遭遇で満たされるかどうか尋ねました。私は、彼らが現実派であると言いました。彼らは良い開始をしました、しかし、彼らは世界銀行による彼らの仕事が現段階で終わられると思っていません。彼は、同意しました彼TOBBディレクター。


It is not necessary to wait long before we come across discrepancies between the content of information coming from Washington and the behind-the-scenes reality, particularly in foreign policy issues. For example, when I wrote that the US-backed conference scheduled to take place this month in Istanbul was no longer a certainty, and that prime minister Nouri al-Maliki was opposed to it even though he had long stayed close to Turkey due to his reservations about the Kurds, both official circles and colleagues protested.


However, on Sunday, the Washington Post carried an article by Jim Hoagland, "Why is Nouri al-Maliki blocking an international conference?" It explains the circumstances that I wanted to bring to your attention last month. Just read this part: Washington has focused intense pressure on Maliki, who may yet agree to send Zebari to Istanbul rather than see the conference aborted. The reasons for his resistance were explained in these terms by an Iraqi official who requested anonymity in order to speak frankly: "Why should we go to a meeting to be ganged up on by European and Arab countries that were against the liberation of Iraq to begin with? Why should it be held on the soil of a country that threatens and slights Iraqis instead of helping them?"


Evidently, Washington's support isn't enough to fix the problem and move on. That is because Washington itself displays a "weakness of authority". That authority has holes in it. Its failure in Iraq and its position in the Congress make its weakness manifest.


And for now, it is still uncertain how long this weakness of authority in the world's only superpower will last or what it will lead to or how it will be fixed.


特に外交政策問題では、我々がワシントンと舞台裏の現実から来ている情報の内容の間の相違に出くわすずっと前に、それは待つのに必要ではありません。たとえば、私がイスタンブールで今月行われる予定の米国に後援された大会がもはや確実性でなかった、そして、たとえ彼がクルド人についての彼の保留のためにトルコの近くに長くいたとしても首相ヌーリアルMalikiがそれに反対だったと書いたとき、公式円と同僚は抗議しました。


しかし、日曜日に、ワシントンポストはジムホーグランドによって記事を掲載しました、「なぜ、ヌーリアルMalikiは、国際会議を妨害していますか?」、Itは私が先月あなたの注意にもたらしたかった状況を説明します。ちょっとこの部分を読んでください:ワシントンは激しい圧力をMalikiに集中させました。そして、その人はまだ会議が中止されるのを見るかもしれないよりはむしろ、イスタンブールにZebariを送ることに同意するかもしれません。彼の抵抗の原因は、率直に話すために匿名を要請したイラクの当局者によって、これらの語で説明されました:「なぜ、我々はまず第一に、イラクの解放に対してあった、ヨーロッパでアラブ国によって団結されるミーティングに行かなければなりませんか?なぜ、それは彼らを助ける代わりに、イラク人を脅して、軽んじる国の土の上で持たれなければなりませんか?」


明らかに、ワシントンの支持は、問題を解決して、進むのに十分ではありません。それは、ワシントン自体が「権限の弱さ」を示すからです。その権限は、それの穴を持ちます。イラクのその失敗と国会のその位置は、その弱さを現れさせます。


そして、今のところ、世界の唯一の超大国の権限のこの弱さがどれくらいもつかは、あるいは、それが何に至るかは、あるいは、それがどのように固定されるかは、まだ不確かです。




You
Receive What They Believe You Deserve


あなたは、彼らがあなたが値すると思っていることを受けます


ナンシーレヴァント


2007年1月17日


世界的な政府運動は、我々の世界で最も裕福な男によって設計されました。それは、彼らの家族の王朝の彼らの会社、彼らの基礎、彼らの意見と存続を支持するように設計されていました。それは、彼らの会社力を政府の力に合併するように設計されていました。それは彼ら自身に世界の富の完全な制御を手渡すように設計されていました。そして、それは土地を意味します。


彼らは研究開発の財務統制を捕えることによって彼らの任務を、まっさきに、成し遂げました、そして、彼らは彼らの会社の基礎を通して資金提供研究開発によってそうしました。


彼らも、国連をつくりました。彼らは、Foreign Relations、Bilderberg Group、三極委員会、その他の上の会議のように、秘密に動くことができた私立のクラブをつくりました、そして、彼らも彼らのアイビー連盟大学の中で秘密結社を通して将来の僚友のトレーニング基盤をつくりました。


そのような人々の命と特権は、一般人が想像することができるものを越えてあります。力と彼らの自由のお金は、率直に言って、我々の理解力を越えてあります。それは、実際、大部分は一般人が信じているのが不可能です。それゆえに、彼らの世界的な問題の現在の国が、存在します。我々の「自由」は、ほんの我々の想像力と本当に虚偽の空想でしかはありません。我々には、自由がありません。それは、実際、存在しないです。


政治家は、もはや政治家ではありません。彼らは世界のエリートのために働いて、普通の男性または地方を代表しません。彼らは高給の洗脳者です。そして、手助けする人、詐欺師、うそつきと泥棒を幻想します。我々は、彼らの給料を払うことを強制されます。我々は全ての世界的な自治イニシアティブに資金を供給することを強制されます。そして、それは地球で文字通り富、資産、貯金とあらゆる一般人の安全を盗みました。本当にこれらの犯人によって最後の30年にためられた富は、理解を越えてあります ? 文字通り普通の人々の理解を越えて。我々は、無知の測り難いありさまに住んでいます。我々は襲われるブラインドでした、それでも、我々はまだ我々のお金、生計、子供たち、可能性、国と将来の窃盗を認めることができません。


真実は言われます、我々はもはやアメリカ人ではありません。我々は、断固として我々の目ざめの計画を立てていた官僚的に進化している独裁の中に生きている共産党です。我々が最近発見したので、残りの我々のアメリカの軍隊は間もなく祖国を出発しています ? 彼らが彼らの祖国を保護していると話される若い男性と女性。外国で世界的なベースを造っている間、彼らは我々の祖国軍事基地の多くを閉鎖しました、そして、同時に、彼らはアメリカ国内の上に新しい準軍事的な軍隊を上げました。実際、二度と、人が彼らの力、彼らの意図または自治のもう一つのシステムに対する彼らの忠義を理解することができないように多くの新しい準軍事的な軍隊が、祖国にあります。


同時に、アメリカの一般人は、彼が現在地域の知事の支配している援助中でいると理解しません ? 力に任じられた知事(力に選挙されません) ? まったく、我々(人々)は彼らが誰であるか、彼らが何をしているか、彼らがどこに位置するか、あるいは、彼らが誰にサーブするかわかりさえしません。アメリカ合衆国のこれらの新しい理事会は不法に上がりました、そして、彼らは米国民についての知識なしで進級しました。問題は、人々があって/アメリカ合衆国で合法的だったことにわからないアメリカ人です。自治の地域のシステムは、巧みに作られて、我々の選択代表によって進級しました。彼らが彼らの熟練のハンドラーの計画と命令によってアメリカ国内で独裁を造ったので、我々は彼らの給料を払いました。彼らは、反逆罪を犯しました。彼らの意向は、我々のどの一人にも与えられる憲法上のアメリカとあらゆる権利を倒すことでした。彼らの任務は堪能でした。アメリカはもはやアメリカではありません、そして、我々は権利と自由をもつもはや人々ではありません。私は、あなたには全く自由がないようにあなたに提案します。


我々は我々の国営議事堂の力に目を向けることができました、しかし、我々にとって残念なことに、我々の州の知事はアメリカ合衆国または個々の国の人々のためにもはや働いてもいません。彼らは連邦政府のために働いています。そして、それは憲法上の法の下のアメリカの実体も作業でもはありません。連邦政府はCommunitarian法によって動いている世界的な理事会です。そして、それは欧州連合によって使われる法律の同じシステムです。アメリカは、ノースアメリカン連盟にメキシコとカナダで結合している世界的な地域です。これらの世界的な地方は新生のグローバル経済または経済学の1つのシステム後援でサーブします。そして、それは発明されて、多国籍企業に国際的銀行の結婚によって実行されました。我々(世界の人々)は、この新しい経済システムへの労働者です ? より多くの何も ? より少ない何も。


第三世界がその生活水準を上げる間、アメリカはその生活水準を降ろしています。一旦「資産」が成し遂げられるならば、我々は会社IF AND ONLY IF「もしもともしもだけ」に全ての生きている乏しい運行中の人生で、我々がこの新しい世界独裁に対応すると決意します。これ(私のばかなアメリカの友人)は、共産主義です。


すぐに、我々の新しい世界における若干の傾向を見ましょう。全ての公立学校は、そして、アメリカのセンターが「精神衛生/social/emotional/literacy」プロが文字通りうようよしていることを保育所に預ける ? 文字通り彼らがうようよしていること。これは否定されることができません。彼らは労働組合を運命づけられたカテゴリーにあらゆるアメリカの子供も分類しています、その一方で、学生と彼らの家族の「社会的」条件を「評価します」。これも否定されることができません。


配達がアメリカMeat全体で全て変えている食物は国連で計画的に買えなくなっています。そして、その人は人々が主に菜食主義のダイエットを取る必要があると決心しました。我々は、狂牛病と鳥インフルエンザ・メディア熱狂を通して牛肉と家禽について神経質にされました。同時に、我々は全ての我々の食料雑貨店で全ての新しいブランド肉に注意します ? そしてそれはアメリカ合衆国の外に来られて、我々がこれまで見なかったブランド。年上のアメリカ人もその肉が非常に別にそれよりである点に注意する私たち一同は、味覚、色とテクスチャーでいています。


毎週であるか毎月の食物送出は素晴らしくて成功した体重減少選択肢として広告されています、しかし、実際には、我々は穏やかに食物配給制の概念を持ち出す感度を減らしている戦術を目撃しています。我々は、この同上が我々が誘拐を抑制するのを助けると話される植込み型IDチップで戦術の感度を減らしているのを見ます。事実は、下位真皮チップが現在全ての新生児(義務的な社会保障番号のような多く)のために考慮されているということです。支配と配給制が来ている食物「あなたの割当ては、ここにあります ? そして、それそれ。」、Weは全てアメリカ中のより小さな食物市場の閉鎖をすでに目撃しました。結局、私はその「店」を提案します、そして、我々には彼らを利用するためにある自由は若干の国を越えたスーパーストアなしで存在するのをやめます、そこで、我々は我々の良質な食物供給の低下を目撃しました。


我々の健康と健康世話は、悪化しています。大部分のアメリカ人は、良質な健康管理の余裕がありません。良質な世話はまさしくその金持ちのための会場になりました、そして、何百万ものアメリカ人は我々の健康管理システムによって破産しました。このように、我々の全世界の代表は現在我々の地域の健康管理システムを準備します。そして、それは、再び、全ての良質な治療の有効性を降ろします ? そして、特に年輩者、虚弱者と我々の新しい社会の好ましくない構成分子のために。


「共同住宅」(そして、知事に任命される「手助けする人」によって上へ先頭にたたれるアメリカの「村」の作成)我々の代表と彼らの国連の主人の新しい住宅委任です(国連は、彼らを「人間の和解と呼びます。)、あなたが衝撃的な目ざめにしてもらいたいIfは、あなたの検索エンジンに語「共同住宅」をタイプして、共同住宅コミュニティウェブサイトのいくつかの上に行きます。彼らの「任務」を読んで、完全に全ての彼らのメニュー項目を調査してください。共産部門が全てアメリカのメディア-スタイルを飾りたてたことを確かめてください。独裁、スパイと完全な規制と宣伝に従うコミュニティ労働者として生きることが何のようかについて見てください。


終わるために、全ての未定の法律 ? それの全て ? 1です)アメリカの市民と2への未知数)あなたはアメリカ合衆国の憲法によって保障されると思ったすべての自由を破壊すること。この国を運営している人々は、いかに想像をたくましくしてもアメリカ人ではありません。彼らは、共産党員支持者、従業員と手助けする人です。我々は持たれました。我々は怠惰でした。現在、我々は彼らは我々が値すると思うことを得ます。我々は、我々自身のものの上にいます。






Turkey suitable for Iran war Bilderberg meeting


From Chris North

If you think that the Internet is "controlled" in the US or the UK, you should try living in Turkey, where the uniformed militia has a barracks in every suburb; and consider that their role extends to monitoring elected members of central and local government. Although Turkey's constitution guarantees the secular nature of the Republic, different tiers of government are happy to rely upon the all-encompassing "mind control" offered by the Islamic religion and culture, to ensure passive and unquestioning loyalty and obedience by the majority. This is backed up by powerful loudspeakers on every street corner which, whilst they are primarily used to inform the citizenry when to expect the next scheduled cut in the water or electricity supply, have the potential for more intrusive and proactive utilization.

The Turkish as a race are also very "uniform oriented" - even the mail delivery man and UPS driver expect to be respected. Such respect is encouraged by the widespread knowledge that all such personnel are "extramural" agents of the intelligence services. I am perhaps fortunate in that, as a well-connected foreigner, I have a wide circle of friends amongst local councilors, the police and the military, in addition to local business leaders.

If you will permit me a brief "anecdote", I got to know the previous Mayor a couple of years ago when I agreed to impersonate him by riding around in his tinted-windowed "Mayormobile", after the police had informed him of credible threats to his life. Whilst outside Turkey I might be considered gullible, when the threat had passed and my role became more widely known amongst the Mayor's acolytes, I was considered to be a hero and was pronounced "an honorary Turk"!


イラン戦争Bilderberg会議にふさわしいトルコ


クリスノースから

あなたはインターネットが米国または英国で「コントロールされる」と思うならば、あなたはトルコに住んでいてみなければなりません、そこで、制服を着た民兵はあらゆる郊外で兵舎を持っています;そして、彼らの役割が中心で地方政府のメンバーに選ばれるモニタリングに及ぶと考えてください。トルコの憲法が共和国の非宗教的な自然を保証する、政府の異なる段は網羅的なものに頼って満足です、大多数によって受動的で疑わない忠誠と服従を確実にするために、イスラム宗教と文化によって提供されて「支配に注意してください」。これは、彼らが主にいつ水か電力供給の次の予定の削減を予想するべきかについて一般市民に知らせることに慣れている間、より侵入的で率先的な利用への可能性があるあらゆる街角で、強力な拡声器でバックアップされます。

レースとしてトルコのものは、まさしく「正しい位置に置かれるユニフォーム」でもあります - 郵便配達男さえとUPSドライバさえ、尊重されると思っています。そのような尊敬は、全てのそのような人員が情報部の「学外の」エージェントであるという広範囲にわたる知識に励まされます。地元の財界の指導者に加えて、コネに恵まれた外国人として、私には地元の議員、警察と軍隊の間に広い交友関係があるという点で、私はおそらく幸運です。

あなたが私に簡潔な「逸話」を許可するならば、警察が彼に彼の人生に対する信用できる脅威を知らせたあと、私が彼のもので乗り回すことによって彼に扮することが「Mayormobile」をtinted-windowedすることに同意したとき、私は二年前前の市長を知っていなければなりません。トルコの外で私が騙されやすいと思われるかもしれない間、脅威が去った、そして、私の役割が市長の侍祭の間により広く知られていたとき、私は英雄であると考えられて、はっきりした「名誉職のトルコ人」でした!

スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

kane552004

Author:kane552004
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR