FC2ブログ

山本尚利氏コラムから

タイトル: バージニア対長崎同時射殺事件:未必の故意か?



1.バージニア工科大学大量射殺事件はテロか?

 米国バージニア州といえば、国防総省ペンタゴンやCIA本部のある州であり、うわさによれ

ば、州内の秘密スポットに核攻撃に備えた国防総省の地下秘密司令施設が置かれているとい

われています。2007年4月16日朝7時(日本時間4月17日夜9時)、バージニア工科大学で韓国

移民の子弟学生によるとされる銃乱射事件(VT事件)が勃発、32人が射殺されたというニュ

ースが報じられています。米国においては1966年、テキサス大学オースチン校で起きたタワ

ー乱射事件で16人の犠牲者がでたことがあります。銃社会の米国では大学、高校キャンパス

での銃乱射事件は、その後、いくつも起きています。VT事件もそれらと同列の偶発的事件な

のか、それともなんらかの意図をもったテロ事件なのか、ネット上では様々の憶測が流れて

います。

 今回のVT事件の異様さは、容疑者学生の韓国人チョ・スンヒ(犯行後自殺)がNBCに犯行声

明のメモやビデオを送りつけていて、その画像が全世界に流された点にあります。彼は典型

的アジア人の容貌の持ち主で、彼の挑発的画像が繰り返し放映されました。この放映によっ

て、米国内の白人にアジア人イコール殺人者のイメージがしっかり植え付けられたことは確

かです。中国人、韓国人、日本人は外観上ほとんど区別できませんので、チョ・スンヒは極

東アジア人全体のイメージを大きく損ねてしまいました。白人と極東アジア人の対立を煽り

たい勢力にとっては絶大な効果があったと思われます。

 さて筆者は、この事件に接してすぐさま、9.11事件の手口とよく似ていると直感しまし

た。まずおかしいのは(1)犯行当日午前7時15分、第一の発砲事件で二人の学生が留学生寮

内で射殺され、その犯人は逃亡しています。そして9時半に第二の大量射殺事件が起こるまで

2時間以上も間があったのに、大学当局も警察も非常警戒態勢をとっていなかった点です。当

局がいくら弁解しても、これだけは絶対に不自然です。また(2)大学の教室というロック

閉鎖されにくい場所で、一人の狙撃者が2丁の拳銃で短時間に30人も射殺し、29人を負傷さ

せることは非常に難しいはずなのに、なぜそれが可能であったのかという疑問が残ります。

200発打って、10数個の弾倉が現場に落ちていたということですが、弾倉を交換中に、被害学

生は逃げ惑うはずです。次に(3)容疑者チョ・スンヒは、用意周到にも、犯行声明と大量

の証拠ビデオ画像を残していた点です。一方、9.11事件の場合も、アラブ人テロリストによ

る米国内大規模テロ実行計画をCIAが事前察知、ブッシュ大統領に警告していたにもかかわら

ず、なんら予防対策がとられていなかったことは今では周知の事実となっています。つまり

9.11事件は「未必の故意」(事件や事故の発生の可能性を事前に知っていながら、なんら予

防対策しないで放置すること。すなわち故意の怠慢)です。また9.11事件の場合、事件直後

に犯人一味が断定され、モハメッド・アッタなど19人のアラブ人容疑者の画像が繰り返し放

映されました。その後、容疑者のうち何人かは生存しており、事件に無関係の人物であった

こともわかっています。米国政府にとってアラブ人の人権は無いに等しい。さらにテロリス

トの扇動者としてオサマ・ビンラディンが名指しされ、彼の画像も繰り返し放映されまし

た。これによって、米国内の白人のみならず、全世界の人々は、アラブ人イコール凶悪テロ

リストというイメージが定着して今日に至っています。

 ところでVT事件の手口と9.11事件の手口に類似性があるからといって、このVT事件がただ

ちにテロであるとは言い切れませんが、どうもテロくさいのにおいがするのは確かです。プ

ロの陰謀仕掛け人にとって、チョ・スンヒのマインドコントロールくらいはいとも簡単でし

ょう。本事件がテロとすれば、その目的は、米国民の間に極東アジアあるいは極東アジア人

に対する嫌悪や憎しみを植えつけることにあると思われます。



2.世界時間の同時刻に長崎市長射殺事件発生!偶然か?

 米国でVT事件の起きた時刻とほぼ同時刻(世界時間)、4月17日午後8時(日本時間)前

(午後7時50分すぎ)、今度は伊藤長崎市長が暴力団組員に至近距離から狙撃され、翌18日未

明に死亡しました(長崎事件)。ところで、戦後60余年、長崎市長と広島市長は、憲法9条堅

持、日本の核武装断固反対を表明しないかぎり当選できない宿命を帯びています。とりわ

け、伊藤長崎市長は、2006年10月6日に決行された北朝鮮核実験に抗議する文書をキムジョン

イルに送りつけていた人物です。キムジョンイルをさぞかし怒らせたことでしょう。今回の

事件は、伊藤市長の心臓部急所を狙った必殺テロそのものでした。犯人としてすぐに逮捕さ

れた城尾哲弥(本名:白正哲)は狙撃前に、テレビ朝日に長崎市長狙撃の理由説明書(犯行

声明)を郵送しており、当夜、同テレビ局の夜10時前スタートの報道ステーションで紹介さ

れました。この手口は上記VT事件の手口と気味が悪いほど酷似しています。同郵便物は事件

前に届いていたはずなのに、テレビ朝日は意図的に放置したのではないかと、同局に抗議が

殺到したそうです。当然でしょう。伊藤市長は午後8時前に狙撃され、午後10時前に早くも、

犯行声明の入った郵便物が全国ネットで放映されたのですから・・・。なんと手回しのよい

ことか。ネット情報によれば、事件発生10分後、午後8時3分に、早くも安倍首相の遺憾の意

を表する総理談話が発表されたそうです。ええー!これは絶対におかしい!あまりに手回し

がよすぎます。官邸は事前に、事件の起こることを予想していたということです。テレビ朝

日に犯行予告が届いていて(おそらく犯行前日)、同テレビ局が取締当局に事前通報してい

た可能性が高いわけです。もしそうなら、この事件も9.11事件と同様、まさしく「未必の故

意」に該当します。さらに、この暗殺事件にコメントする安倍首相の無表情な姿をテレビで

観ましたが、筆者は2006年7月5日、北朝鮮ミサイル連射事件直後、小泉政権下で、政府コメ

ントを発表する安倍官房長官の乾いた表情を思い出しました(注1)。その無表情さ、そし

て異様に落ち着いた態度は今回もまったく同じでした。要は、彼は育ちが良すぎて、おそら

く演技ができないのでしょう。ちなみに、北のミサイル連射事件当時の安倍官房長官も小泉

首相もミサイル連射決行計画を予め知っていたと筆者は思います。

 さて、その後のマスコミ報道によれば、伊藤市長暗殺事件現場には3台の不審車が目撃され

ていたそうです。白何某の暗殺実行理由は、犯行声明に述べられているような個人的な恨み

ではないのではないかと疑わせる報道です。犯人は長崎市とトラブルを起こしていたそうで

すが、市の職員によれば、犯人と伊藤市長の間には、直接のやりとりはなかったそうです。

つまり長崎市のつれない対応に対する個人的恨みは、殺人犯として逮捕覚悟で必殺の狙撃を

実行する理由としては、あまりに弱すぎると考えるのが妥当でしょう。



3.日米同時双発射殺事件の背景:米国内寡頭勢力の内部抗争激化

 上記、VT事件も長崎事件も米国政府、日本政府の両政府の「未必の故意」である疑いが濃

いことがわかりました。それでは両政府が両事件の発生を未然に防ぎたくない理由とはいっ

たい何でしょうか。その背景には、米国ブッシュ政権の闇支配をめぐって、熾烈な覇権争い

を行っている双頭の寡頭勢力の影響があるのではないかと疑われます。ところで、筆者は、

現在の米国ブッシュ政権内部では、軍事・エネルギー系寡頭勢力(戦争屋)から国際金融系

寡頭勢力(銀行屋)への覇権移譲が進行しているとみています(注2)。ところが、両双頭

勢力の内部抗争が日に日に熾烈を極めているとみています。ブッシュ政権内の銀行屋は、戦

争屋のイラン攻撃戦略に猛反対していると思います。ところが、戦争屋はイラン先制攻撃を

虎視眈々と狙って準備してきています(注3)。この点が最大の争点でしょう。これまで、

ブッシュ政権に食い込んで、戦争屋をけしかけてきたネオコンの代表、ポール・ウォルフォ

ヴィッツ世界銀行総裁が、女性スキャンダルで辞任を迫られていることから、戦争屋とネオ

コンに逆風が吹いているのは明らかです。

 さて、2007年3月23日、イラン革命軍はホルムズ海峡のイラク・イラン国境付近にて英国海

軍兵士15人を領海侵犯の容疑で拘束しました。ところが予想に反してイランのアフマデネジ

ャド大統領は4月4日、理由もなく突然、全員釈放しました。ネット情報によれば、米国戦争

屋とつながる英国軍上層部が、あろうことか、自国軍兵士を領海侵犯させるような命令を下

して故意に領海侵犯させたようです。つまり英国軍上層部は、イラン軍が彼らを拿捕するよ

う仕向けたのではないかといわれています。なぜ、英国軍上層部は味方兵士を犠牲にするよ

うな作戦を行うのか。その理由は、米ブッシュ政権の戦争屋が今年3月から4月にかけて、イ

ラン先制攻撃を計画していたからです。拿捕された英国兵士の救出という大義名分は、イラ

ン先制攻撃の絶好の正当化理由となります。ところが、イラン政府は土壇場でこの罠に気づ

いたので、拿捕した英軍兵士を無条件で全員、釈放したのです。そこで、あてのはずれた戦

争屋は今、イランに次ぐセカンドチョイスのターゲット、北朝鮮に再び目を向けてきたとい

うことです。筆者の持論は、米国戦争屋と北朝鮮キムジョンイルは阿吽の呼吸でやりあう八

百長関係(プロセスごっこ)にあるというものです(注4)。米国銀行屋は、北との八百長

プロレスをいい加減に辞めて、中国中心のアジア太平洋投資でぼろもうけしようと企んでお

り、戦争屋の仕掛けた北への金融制裁の解除に向けて積極的に動いてきました。2006年6月ま

でブッシュ政権を仕切っていた戦争屋は金融制裁で、北を締め上げて、日本海に向けてミサ

イルを連射させ、さらにミニ核実験を強行させてきました。なぜか、その理由は、日本に中

古のミサイル防衛システムを売りつけ、在日米軍維持費やグアム移転費を全額、日本国民に

負担させるためです。すべてが米国戦争屋という仕掛け屋のなせる業(ワザ)です。小泉政

権の全面協力もあって、幸い、この目的はおおむね達成されました。だから、2006年6月以

降、覇権交代したブッシュ政権内の銀行屋は北の締め上げをさっさと終わりにしたいので

す。そして、クリストファー・ヒル国務次官補の活躍もあって、このシナリオも結構うまく

いっていたのです。ところが、戦争屋は今年4月の始めに予定した、1回目のイラン先制攻撃

シナリオの実行に失敗してしまった。その腹いせに再び、極東戦争を仕掛けるぞ、という脅

しを銀行屋にかけ始めているという構図です。VT事件の犯人も長崎事件の犯人も半島に関係

する人たちです。日米のお人好し国民はどちらも戦争が大嫌いです。VT事件も長崎事件も、

平時感情に浸る、お人好し日米国民を戦時感情に強引に駆り立てていく効果があります。

 今、米国戦争屋が安倍政権に強要しているのは、自衛隊を米軍の指揮下に完全に組み込ん

で傭兵として自由に活用するため、その障害となる憲法9条の改正を急がせることです。

 安倍首相が、残虐なVT事件にも、長崎事件にも無表情でコメントできる背景がうっすらと

みえてきます。



注1:ベンチャー革命No.201『北朝鮮脅威:国民の不安と苛立ち募る』2006年7月9日

http://www.geocities.co.jp/SiliconValley-Oakland/1386/mvr201.htm


注2:ベンチャー革命No.210『米国中間選挙:戦争屋から銀行屋にバトンタッチ』2006年11

月12日

http://www.geocities.co.jp/SiliconValley-Oakland/1386/mvr210.htm


注3:ベンチャー革命No.218『米・イラン戦争:日本のみ石油危機到来』2007年1月17日

http://www.geocities.co.jp/SiliconValley-Oakland/1386/mvr218.htm


注4:ベンチャー革命No.083『日米対北朝鮮:八百長の敵対関係』2004年6月5日

http://www.geocities.co.jp/SiliconValley-Oakland/1386/mvr083.htm




山本尚利(ヤマモトヒサトシ)

hisa_yamamoto@mug.biglobe.ne.jp


http://www.geocities.co.jp/SiliconValley-Oakland/1386/melma.htm


http://www.geocities.co.jp/SiliconValley-Oakland/1386/magazine-menus.htm

スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

kane552004

Author:kane552004
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR