FC2ブログ

私達の暴力的な文化上のオバマ






Obama on Our Violent Culture

By Ruth Conniff

April 18, 2007


It was supposed to be a raucous event. Barack Obama's Wisconsin campaign kick-off at a sold-out theater in downtown Milwaukee started with a line of people wrapped around the block. Milwaukee mayor Tom Barrett, who endorsed Obama for President, gave the introduction. But the balloons, music, and crowd-pleasing speeches were cancelled. Instead, there was a moment of silence, then somber reflection on the shootings of 32 Virginia Tech students just hours before. Obama threw away his prepared stump speech, and instead spoke about the day's tragic events. "Please, have a seat," he told the cheering crowd.


He explained his reasons for changing the tone of the event. Then he quoted Bobby Kennedy's famous speech after Martin Luther King Jr.'s assassination, about how, with one act of violence, "the whole nation is degraded." America, Kennedy said, seems to tolerate violence, whether it is "civilian slaughter in far-off lands," our increasingly coarse entertainment culture, or the ready access to guns.


"That was written in 1968--almost 40 years ago," Obama said of Kennedy's remarks. "We haven't made much progress."


Within hours of the shooting at Virginia Tech, Obama threw away his stump speech and talked about the tragic events.


Monday's massacre, the biggest mass shooting in American history, will prompt "all kinds of discussion," Obama said--about crime, violence, gun control, and campus security, among other topics. "But I hope there will be some discussion of violence in all its forms. . . . [In American culture] we glorify it, encourage it, ignore it . . . . It's heartbreaking. And it has to stop."


Violence, and the callousness Americans have for the suffering of victims of violence, poverty, and oppression, is ultimately "rooted in our incapacity to recognize ourselves in each other--not understanding that we're all connected fundamentally as people," Obama said. "Those who may not look like me, talk like me, worship the same God I do, are nonetheless worthy of respect and dignity. . . . [But] at some fundamental level, we're still trapped in this insane belief that we can impose our wills on each other."


Part of the reason things are still as bad as they were 40 years ago, Obama said, in terms of poverty, lack of opportunity, broken health care and education systems, and "a war that never should have been authorized and never should have been fought" (his biggest applause line) is that "we haven't been as engaged as we should be."


"We've given up. We look inward. . . . This same disengagement makes us tolerate violence." He made a pitch for overcoming cynicism and restoring " a sense that we have a mutual responsibility to care for each other."


Like Bobby Kennedy in 1968, Obama is talking to a racially divided nation about prospects for reconciliation and peace. As he delivered his remarks, he did not know the identity of the Virginia Tech shooter, whose background as a South Korean immigrant is bound to stir up roiling racist and anti-immigrant sentiment.


Obama's audience in Milwaukee, like many of his audiences around the country, was a remarkable mix of races and ages. There was a sense of optimism in the crowd that seemed to derive partly from the feeling that, as Obama put it, the diversity of his supporters "is a symbol of what I think America should be about."


Kennedy's handlers in 1968 were afraid he would be killed if he went forward with his planned speech to a mostly African-American crowd. It fell to Kennedy to give them the news of Martin Luther King Jr.'s assassination, and the police and press traveling with him feared that a riot would erupt. Instead, he moved the crowd to tears with his call for a rejection of violence and a better, inclusive America.


By invoking Kennedy, Obama was clearly reaching for the same high ground. To the extent that he strikes a chord with his listeners, he helps foster the hope that we could, indeed, heal what's wrong with our angry, violent, and divided country.





私達の暴力的な文化上のオバマ

ルース・コニフによって

2007年4月18日

それは、しわがれ声のイベントであると思われていました。

ミルウォーキー都心部の売り切れの劇場でのBarackオバマのウィスコンシンキャンペーンキックオフはブロックに巻きつけられた人々の列で始まりました。

大統領のためにオバマを承認したミルウォーキー市長トム・バレットは紹介を与えました。

しかし、気球、音楽、および庶民感情を揺さぶるようなスピーチはキャンセルされました。

代わりに、ほんの数時間前に32人のバージニアテク学生の銃撃において沈黙、そして薄暗い反射の瞬間がありました。

オバマは彼の準備された選挙演説を廃棄し、代わりに、日の痛ましい事件について話しました。

喝采する群衆に、「どうぞ、席に着いてください」と彼は言いました。

彼は、イベントのトーンを変更することの彼の理由を説明しました。

それから、1回の暴力行為(「国家全体は低下します」)によってどのようにかについて、彼はマーチン・ルーサー・キングの暗殺の後にボビー ケネディの有名なスピーチを引用しました。

ケネディは、それが「遠い国での民間の屠殺」、私達のますます粗いエンターテインメント文化、または銃への迅速なアクセスであるかどうかにかかわらず、アメリカは、暴力を許容するようであると言いました。

「それは1968年に書かれました--ほぼ40年前」とオバマはケネディの意見に関して言いました。

「私達はあまり進歩をしませんでした」。

バージニアテクでの銃撃の数時間以内に、オバマは彼の選挙演説を廃棄し、痛ましい事件について話しました。


月曜日の虐殺(アメリカの歴史において最も大きなマス銃撃)は「すべての種類の議論」を促すであろうとオバマは言いました--犯罪、暴力について、他のトピックの間でコントロールと大学構内の警備を加速してください。

「しかし、私は、暴力のいくらかの議論がすべてのそのフォームにおいてあるであろうということを望みます」。

. . .

[アメリカ文化において]私達はそれを美化し、それを促進し、それを無視します。

. . .

それは悲痛な思いにさせています。

「そして、それは、停止する必要があります」。

暴力とアメリカ人が暴力、貧乏、および抑圧の犠牲者の苦しみのために持っている無神経さは最終的に、「互いの中で自身を認めるために私達の無能において根付きます--私達が人々として根本的にすべて接続されると理解しません」であるとオバマは言いました。

「私のように見えないかもしれず、私のように話し、私がするのと同じ神を拝み、それにもかかわらず尊敬に値している人々と威厳」。

. . .

「[けれども、]いくらかの根本的なレベルで、私達はまだ、私達が互いに私達の意志を課すことができるというこの非常識な確信において閉じ込められます」。

理由物の一部はまだ貧乏、機会の不足、壊れた医療、および教育システムで、それらが40年前そうであったのと同じくらい悪く、「決して、認可されているべきでなく、決して、されるべきでなかった戦争」(彼の最も大きな喝采ライン)は、その、「私達は、私達がそうであるべきであるほど採用されていません」であるとオバマは言いました。

「私達はあきらめました」。

私達は中ように見えます。

. . .

「この同じ解放は私達に暴力を許容させます」。

冷笑に打ち勝ち、「私達が互いのために世話についての相互の責任を持っているという意識」を復元することのために、彼はピッチを作りました。

1968年のボビー ケネディのように、オバマは和解と平和のための見込みについて人種で分割された国家と話しています。

彼が彼の意見を述べた時に、彼はバージニアテク射手のアイデンティティを知りませんでした(韓国の移民としてのその背景は、乱れる人種差別的で、移民排斥の感傷をかきたてるはずです)。

国中いたるところの彼の聴衆の多くのようなミルウォーキーのオバマの聴衆はレースと年の顕著な混合でした。

部分的に、オバマが言ったように、彼のサポーターの多様性が、「私が、アメリカがあるべきであると思うもののシンボルである」という感じから派生するようであった群衆の中に、楽天主義の感覚がありました。

1968年のケネディのハンドラは、彼がたいていアフリカ系アメリカ人群衆への彼の計画されたスピーチによって前に行ったならば、彼が殺されるであろうということを心配していました。

それらにマーチン・ルーサー・キングの暗殺のニュースを伝えることはケネディに降りかかり、警察と彼とのプレス旅行は、暴動が噴き出るであろうということを恐れていました。

代わりに、彼は暴力の拒絶とよりよく、包括的なアメリカのための彼の呼び出しによって群衆の涙を誘いました。

ケネディをもたらすことによって、オバマははっきりと同じ高いグラウンドのために達していました。

彼が彼の聴取者の共感を得るところまで、彼は、私達が、実に、私達の怒り、暴力的で、分割された国において具合が悪いものを癒すことができたという希望を養育するのを手伝います。

スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

kane552004

Author:kane552004
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR