FC2ブログ

米国軍はWWII 後で‘慰安婦’を使いました:

CNN INTERACTIVE SERVICE AGREEMENT

Documents: U.S. troops used 'comfort women' after WWII

POSTED: 0551 GMT (1351 HKT), April 27, 2007

Story Highlights

? Historical documents show American GIs used a "comfort women" system

? Brothels used despite reports of Asian women being coerced into prostitution

? Tens of thousands of women employed to provide cheap sex to troops

? Gen. MacArthur placed brothels, other places of prostitution off limits in 1946

文書:

米国軍はWWII 後で‘慰安婦’を使いました:

2007年4月27日05:51世界標準時(1351 HKT)

話は強調表示します?

歴史的な文書は、アメリカGIが「慰安婦」システムを使ったのを示します?

売春の中に強制されているアジア女性のリポートにもかかわらず使われた売春宿?

軍に安い性を提供するために雇用された数万人の女性



マッカーサー将軍は売春宿(1946年の限界からの売春の他の場所)を置きました。

?









U.S. sailors gather in front of a Yasu-ura House "comfort station" in Yokosuka, south of Tokyo, in this undated image released by the Yokosuka City Council.横須賀市協議会によってリリースされたこの無期限のイメージにおける東京の南の横須賀のヤスウラ家「公衆便所」:慰安所前で米国の船員は集まります。




TOKYO, Japan (AP) -- Japan's abhorrent practice of enslaving women to provide sex for its troops in World War II has a little-known sequel: After its surrender -- with tacit approval from the U.S. occupation authorities -- Japan set up a similar "comfort women" system for American GIs.


An Associated Press review of historical documents and records -- some never before translated into English -- shows American authorities permitted the official brothel system to operate despite internal reports that women were being coerced into prostitution. The Americans also had full knowledge by then of Japan's atrocious treatment of women in countries across Asia that it conquered during the war.


Tens of thousands of women were employed to provide cheap sex to U.S. troops until the spring of 1946, when Gen. Douglas MacArthur shut the brothels down.


The documents show the brothels were rushed into operation as American forces poured into Japan beginning in August 1945.


"Sadly, we police had to set up sexual comfort stations for the occupation troops," recounts the official history of the Ibaraki Prefectural Police Department, whose jurisdiction is just northeast of Tokyo. "The strategy was, through the special work of experienced women, to create a breakwater to protect regular women and girls."


The orders from the Ministry of the Interior came on August 18, 1945, one day before a Japanese delegation flew to the Philippines to negotiate the terms of their country's surrender and occupation.


The Ibaraki police immediately set to work. The only suitable facility was a dormitory for single police officers, which they quickly converted into a brothel. Bedding from the navy was brought in, along with 20 comfort women. The brothel opened for business September 20.


Brothel was 'elbow to elbow'

"As expected, after it opened it was elbow to elbow," the history says. "The comfort women ... had some resistance to selling themselves to men who just yesterday were the enemy, and because of differences in language and race, there were a great deal of apprehensions at first. But they were paid highly, and they gradually came to accept their work peacefully."


Police officials and Tokyo businessmen established a network of brothels under the auspices of the Recreation and Amusement Association, which operated with government funds. On August 28, 1945, an advance wave of occupation troops arrived in Atsugi, just south of Tokyo. By nightfall, the troops found the RAA's first brothel.


"I rushed there with two or three RAA executives, and was surprised to see 500 or 600 soldiers standing in line on the street," Seiichi Kaburagi, the chief of public relations for the RAA, wrote in a 1972 memoir. He said American MPs were barely able to keep the troops under control.


Though arranged and supervised by the police and civilian government, the system mirrored the comfort stations established by the Japanese military abroad during the war.


Kaburagi wrote that occupation GIs paid upfront and were given tickets and condoms. The first RAA brothel, called Komachien -- The Babe Garden -- had 38 women, but due to high demand that was quickly increased to 100. Each woman serviced from 15 to 60 clients a day.


American historian John Dower, in his book "Embracing Defeat: Japan in the Wake of WWII," says the charge for a short session with a prostitute was 15 yen, or about a dollar, roughly the cost of half a pack of cigarettes.


Kaburagi said the sudden demand forced brothel operators to advertise for women who were not licensed prostitutes.


Natsue Takita, a 19-year-old Komachien worker whose relatives had been killed in the war, responded to an ad seeking an office worker. She was told the only positions available were for comfort women and was persuaded to accept the offer.


According to Kaburagi's memoirs, published in Japanese after the occupation ended in 1952, Takita jumped in front of a train a few days after the brothel started operations.


"The worst victims ... were the women who, with no previous experience, answered the ads calling for `Women of the New Japan,"' he wrote.


By the end of 1945, about 350,000 U.S. troops were occupying Japan. At its peak, Kaburagi wrote, the RAA employed 70,000 prostitutes to serve them. There are also suspicions -- though there is not clear evidence -- that non-Japanese comfort women were imported to Japan as part of the program.


Toshiyuki Tanaka, a history professor at the Hiroshima Peace Institute, cautioned that Kaburagi's number is hard to document. But he added the RAA was also only part of the picture -- the number of private brothels outside the official system was likely even higher.


The U.S. occupation leadership provided the Japanese government with penicillin for comfort women servicing occupation troops, established prophylactic stations near the RAA brothels and, initially, condoned the troops' use of them, according to documents discovered by Tanaka.


Occupation leaders were not blind to the similarities between the comfort women procured by Japan for its own troops and those it recruited for the GIs.


A December 6, 1945, memorandum from Lt. Col. Hugh McDonald, a senior officer with the Public Health and Welfare Division of the occupation's General Headquarters, shows U.S. occupation forces were aware the Japanese comfort women were often coerced.


"The girl is impressed into contracting by the desperate financial straits of her parents and their urging, occasionally supplemented by her willingness to make such a sacrifice to help her family," he wrote. "It is the belief of our informants, however, that in urban districts the practice of enslaving girls, while much less prevalent than in the past, still exists."


The RAA collapses

Amid complaints from military chaplains and concerns that disclosure of the brothels would embarrass the occupation forces back in the United States, on March 25, 1946, MacArthur placed all brothels, comfort stations and other places of prostitution off limits. The RAA soon collapsed.


MacArthur's primary concern was not only a moral one.


By that time, Tanaka says, more than a quarter of all American GIs in the occupation forces had a sexually transmitted disease.


"The nationwide off-limits policy suddenly put more than 150,000 Japanese women out of a job," Tanaka wrote in a 2002 book on sexual slavery. Most continued to serve the troops illegally. Many had VD and were destitute, he wrote.


Under intense pressure, Japan's government apologized in 1993 for its role in running brothels around Asia and coercing women into serving its troops. The issue remains controversial today.


In January, California Rep. Mike Honda offered a resolution in the House condemning Japan's use of sex slaves, in part to renew pressure on Japan ahead of the closure of the Asian Women's Fund, a private foundation created two years after the apology to compensate comfort women.


The fund compensated only 285 women in the Philippines, South Korea and Taiwan, out of an estimated 50,000 to 200,000 comfort women enslaved by Japan's military in those countries during the war. Each received 2 million yen, about $17,800. A handful of Dutch and Indonesian women were also given assistance.


The fund closed, as scheduled, on March 31.


Haruki Wada, the fund's executive director, said its creation marked an important change in attitude among Japan's leadership and represented the will of Japan's "silent majority" to see that justice is done. He also noted that although it was a private organization, the government was its main sponsor, kicking in 4.625 billion yen, about $40 million.


Even so, he admitted it fell short of expectations.


"The vast majority of the women did not come forward," he said.


As a step toward acknowledging and resolving the exploitation of Japanese women, however, it was a complete failure.


Though they were free to do so, no Japanese women sought compensation.


"Not one Japanese woman has come forward to seek compensation or an apology," Wada said. "Unless they feel they can say they were completely forced against their will, they feel they cannot come forward."






東京、日本(AP)--第二次世界大戦におけるその軍に性を提供するために女性を奴隷にする日本のひどく嫌った実行はあまり知られていない続編を持っています:

その引き渡し--米国占領軍当局からの黙認による--後に、日本はアメリカGIのために同様な「慰安婦」システムをセットアップしました。

歴史的な文書と記録--いくつかが決して前に英語に翻訳しませんでした--のAP通信レビューは、アメリカ当局が、女性が売春の中に強制されていたという内部報告書にもかかわらず公式な売春宿システムが動作することを許したのを示します。

それが戦争中に征服したアジアを横切る国に、アメリカ人はまたによる、それから女性の日本の極悪非道な扱いの完全な知識を持っていました。

数万人の女性は、ダグラス・マッカーサー将軍が売春宿を閉鎖した1946年の春まで米国軍に安い性を提供するために雇用されました。

文書は、アメリカ軍が1945年8月に始める日本に流れ込んだ時に、売春宿が操作に突進したことを示します。

「悲しいことに、私達、警察は、占領軍のために性的な公衆便所を設立する必要がありました」はイバラキ県警部門の公式な歴史を物語ります(その司法権はまさに東京の北東です)。

「戦略は、経験豊かな女性の特別な仕事を通して、規則的な女性と女の子を保護するために防波堤を作成することでした」。

それらの国の引き渡しと職業の条件を協議するために、日本の代表団がフィリピンに飛んで行く1日前に、内部の省からの注文は1945年8月18日に来ました。

イバラキ警察は直ちに仕事に着手しました。

唯一の適当な施設は未婚の警察官のための寮でした(彼らはそれを迅速に売春宿に変換しました)。

海軍からの寝具は20人の慰安婦とともに採り入れられました。

売春宿は9月20日ビジネスのために開きました。

売春宿は‘肘への肘’でした。必要悪の意か?

「予期されているように、それが開いた後に、それは肘から肘でした」と歴史は言います。

「慰安婦…は、自身を、まさに昨日、その敵であった男性に売ることへのいくらかの抵抗を持っていて、言語とレースにおける違いのため、最初はたくさんの心配がありました」。

「しかし、それらは高く支払われて、彼らは徐々に、平和にそれらの仕事を受け入れるようになりました」。

警察官と東京の実業家はレクリエーションと楽しみ協会Recreation and Amusement Associationの保護の下で売春宿のネットワークを設立しました(それは財政資金によって動作しました)。

1945年8月28日に、占領軍の進歩波はまさに東京の南の厚木に到着しました。

夕方までに、軍はRAAの最初の売春宿を見つけました。

「私は2人または3人のRAAエグゼクティブとそこに急いで行き、500人または600人の兵士が通りの上で列を作っているのを見て驚きました」とセイイチ・カブラギ(RAAのための広報のチーフ)は1972年の回想録の中で書きました。

彼は、アメリカMPが、かろうじて軍を制御することができると言いました。

警察と文民政府によって手配されて、監督されるけれども、システムは戦争中に外国で日本の軍隊によって設立された公衆便所を映していました。

カブラギは、職業GIが最前線に支払い、切符とコンドームを与えられたと書きました。

Komachien--ベイブ庭--と呼ばれる最初のRAA売春宿は38人の女性を持っていたけれども、高い需要に起因して、それは100まで迅速に増大しました。

各女性は1日に15から60人のクライアントをサービスしました。

彼の本「抱擁敗北:」中のアメリカ歴史家ジョンDower

「WWIIの後での日本」と、売春婦との短いセッションが15円または約1ドル(タバコの半分のパックの乱暴なコスト)であったことによるチャージは言います。

カブラギは、突然の需要が、ライセンスされた売春婦ではなかった女性を広告で求めることを売春宿オペレータに強制すると言いました。

ナツエ・タキタ(親族が戦争において殺された19歳のKomachien労働者)は会社員を捜している広告に反応しました。

彼女は、入手可能な唯一のポジションが慰安婦のためであったと言われて、申し出を受け入れるように説得されました。

カブラギの回想録によると、占領が1952年に終わった後に日本語で出版されて、売春宿が操作を始めた数日後に、タキタは列車に飛び込みました。

「最も悪い犠牲者…は、以前の経験なしで、新しい日本の'女性を連れに来る広告に答えた女性でした」’と彼は書きました。

1945年の終わりまでに、約350,000の米国軍が日本を占領していました。

カブラギは、そのピークで、彼らに奉仕するために、RAAは70,000人の売春婦を雇用したと書きました。

非日本人慰安婦がプログラムの一部として日本に輸入されたという疑惑--明らかな証拠がないけれども--がまたあります。

トシユキ田中(広島平和研究所の歴史教授)は、カブラギの数が、文書化しづらいと警告しました。

しかし、彼は、RAAがまた写真のただの部分であったと付け加えました--公式なシステムの外の私的な売春宿の数はたぶんいっそうより高かった。

占領軍をサービスしている慰安婦のために米国職業リーダーシップは日本政府にペニシリンを提供し、RAA売春宿の近くの予防したステーションを設立し、最初、田中によって発見された文書によると彼らの軍の使用を許しました。

職業リーダーは、それ自身の軍のために日本によって獲得された慰安婦とそれがGIのために募集したそれらの間で類似点に盲目的でありませんでした。

ヒュー・マクドナルド中佐(職業の陸軍総司令部の公衆衛生と福祉部門を持つ上官)からの1945年12月6日の覚書は、米国占領軍が、日本の慰安婦がしばしば強制されたことに気づいていたことを示します。

「女の子は、時々彼女の家族を助けるためにそのような犠牲をする彼女の自発性によって補われて彼女の両親の必死な財政困難によって短縮し、彼らが主張させられています」と彼は書きました。

「しかし、市街地区で、過去よりずっと流行していない一方女の子を奴隷にする実行がまだ存在していることは私達の情報提供者の信念です」。

RAA崩壊Recreation and Amusement Association

売春宿のディスクロージャーが1946年3月25日にかえす米国で占領軍を当惑させるであろうという従軍牧師からの不満と懸念の中央で、マッカーサーは立入禁止にすべての売春宿、公衆便所、および売春の他の場所を置きました。

すぐRAAは崩壊しました。

マッカーサーの一番の関心事はほんの道徳的な1ではありませんでした。

その時間までに、占領軍の中のすべてのアメリカGIの4分の1が性感染症を持っていたよりもっと、田中は言います。

「全国的な立入禁止の方針は突然150,000人を超える日本人女性を失業させました」と田中は性的な奴隷制度の2002年の本の中で書きました。

最も多くは、違法に軍を提供し続けました。

多くはVDを持っていて、貧困であったと彼は書きました。

強烈なプレッシャーの下で、アジアのまわりで売春宿を経営し、その軍に奉仕する中に女性を強いることにおけるその役割のために、日本の政府は1993年に謝りました。

問題は今日物議をかもし続けます。

1月、カリフォルニアの議員の中で、マイクホンダは、一つには、アジア女性の資金の閉鎖の前の日本(慰安婦に補償するために謝罪の2年後に作成された私立財団)へのプレッシャーを更新するために性奴隷の日本の使用を非難している家の解像度を提供しました。

戦争中にそれらの国の日本の軍隊によって奴隷にされた約50,000から200,000人の慰安婦から資金はフィリピン、韓国、および台湾でほんの285人の女性に補償しました。

各受け取られた200万円、約17,800ドル。

一握りのオランダとインドネシアの女性はまた補助を与えられました。

スケジューリングされることによる、3月31日に、資金は終了しました。

和田春樹、資金の常勤取締役は、その作成が日本のリーダーシップの間で態度の重要な変化を示し、公正がされるとわかる日本の「サイレント・マジョリティー」の意志を表していたと言いました。

彼はまた、それは民間組織であったけれども、政府が、4000万ドルについて46億2500万円を出しているその主要なスポンサーであったことに注意しました。

たとえそうでも、彼は、それが予想に及ばなかったと認めていました。

「女性の大部分は志願しませんでした」と彼は言いました。

しかし、日本人女性の利用を認めて、解決することへのステップとして、それは完全な故障でした。

彼らは、自由にそうしてよかったけれども、どの日本人女性も補償を求めませんでした。

「1人の日本人女性も、補償または謝罪を求めるために志願しませんでした」とワーダの家族は言いました。

「彼らが、彼らが彼らの意志に反して完全に強制されたと言うことができると思わない限り、彼らは、彼らが志願することができないと思います」。

スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

kane552004

Author:kane552004
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR