FC2ブログ

300万人のドイツ人は、どのように第二次世界大戦の終結後、死にましたか







How Three Million Germans Died After the End of World War II


How three million Germans died after VE Day

Last Updated: 12:01am BST 18/04/2007


?300万人のドイツ人は、どのように第二次世界大戦の終わりの後、死にましたか


Nigel Jones reviews After the Reich: From the Liberation of Vienna to the Berlin Airlift by Giles MacDonogh


Giles MacDonogh is a bon viveur and a historian of wine and gastronomy, but in this book, pursuing his other consuming interest - German history - he serves a dish to turn the strongest of stomachs. It makes particularly uncomfortable reading for those who compare the disastrous occupation of Iraq unfavourably to the post-war settlement of Germany and Austria.


MacDonogh argues that the months that followed May 1945 brought no peace to the shattered skeleton of Hitler's Reich, but suffering even worse than the destruction wrought by the war. After the atrocities that the Nazis had visited on Europe, some degree of justified vengeance by their victims was inevitable, but the appalling bestialities that MacDonogh documents so soberly went far beyond that. The first 200 pages of his brave book are an almost unbearable chronicle of human suffering.


His best estimate is that some three million Germans died unnecessarily after the official end of hostilities. A million soldiers vanished before they could creep back to the holes that had been their homes. The majority of them died in Soviet captivity (of the 90,000 who surrendered at Stalingrad, only 5,000 eventually came home) but, shamingly, many thousands perished as prisoners of the Anglo-Americans. Herded into cages along the Rhine, with no shelter and very little food, they dropped like flies. Others, more fortunate, toiled as slave labour in a score of Allied countries, often for years. Incredibly, some Germans were still being held in Russia as late as 1979.


The two million German civilians who died were largely the old, women and children: victims of disease, cold, hunger, suicide - and mass murder.


Apart from the well-known repeated rape of virtually every girl and woman unlucky enough to be in the Soviet occupation zones, perhaps the most shocking outrage recorded by MacDonogh - for the first time in English - is the slaughter of a quarter of a million Sudeten Germans by their vengeful Czech compatriots. The survivors of this ethnic cleansing, naked and shivering, were pitched across the border, never to return to their homes. Similar scenes were seen across Poland, Silesia and East Prussia as age-old German communities were brutally expunged.


Given that what amounted to a lesser Holocaust was unfolding under their noses, it may be asked why the western Allies did not stop this venting of long-dammed-up rage on the (mainly) innocent. MacDonogh's answer is that it could all have been even worse. The US Treasury Secretary, Henry Morgenthau, favoured turning Germany into a gigantic farm, and there were genocidal Nazi-like schemes afoot to starve, sterilise or deport the population of what was left of the bombed-out cities.


The discovery of the Nazi death camps stoked Allied fury, with General George Patton asking an aide amid the horrors of Buchenwald: 'Do you still find it hard to hate them?' But the surviving inmates were soon replaced by German captives - Dachau, Buchenwald, Sachsenhausen and even Auschwitz stayed in business after the war, only now with the Germans behind the wire.


It was Realpolitik, not humanitarian concern, that caused a swift shift in western attitudes towards their former foes. Fear of Communism spreading into the heart of Europe, and the barbarities of the Russians - who kidnapped and killed hundreds of their perceived enemies from the western zones of Berlin and Vienna - belatedly made the West realise that they had beaten one totalitarian power only to be threatened by another.


Even that hardline Kraut-hater Patton was sacked for advocating a pre-emptive strike against Russia. Building up West Germany and saving Berlin from Soviet strangulation with the 1948 airlift became the first battles of the Cold War - even if that meant overlooking Nazi crimes and enlisting Nazi criminals in the 'economic miracle' of reconstruction.


Although MacDonogh roundly condemns all the occupying powers, the British emerge with some credit. Apart from one Air Marshal who looted art treasures; and an MI5 interrogator nicknamed 'Tin Eye' Stephens who ran a private torture chamber, British hands may have been grubby, but were not deeply blood-stained. British squaddies preferred to purchase their sex privately with a packet of fags or a pair of nylons, rather than in the Soviet style.


MacDonogh has written a gruelling but important book. This unhappy story has long been cloaked in silence since telling it suited no one. Not the Allies, because it placed them near the moral nadir of the Nazis; nor the Germans, because they did not wish to be accused of whitewashing Hitler by highlighting what was, by any standard, a war crime. Giles MacDonogh has told a very inconvenient truth.

?ナイジェルジョーンズはライヒの後で概説します: ジャイルズMacDonoghによるベルリン空輸へのウィーンの解放から




この本以外、ジャイルズMacDonoghは享楽家とワインと美食の歴史家です。そして、彼の他の焼き尽くすほどの関心を追い続けます、 - ドイツの歴史 - 彼は、胃で最も強くなるために、料理を出します。それは、特に不利にイラクの壊滅的な占領をドイツとオーストリアの戦後の解決と比較する人々に読んで気持ち悪くなります。


MacDonoghは、1945年5月に続いた月がヒトラーのライヒ、戦争によって加えられる破壊よりひどく苦しみさえすることの粉砕された骨格に平和をもたらさなかったと主張します。ナチスがヨーロッパに加えた残虐行為の後、彼らの犠牲者による数度の正当化された復讐は必然的でした、しかし、MacDonoghがとてもまじめに文書化するぞっとするような残忍性はそれをはるかに越えました。彼の勇敢な本の最初の200のページは、ほとんど耐えられない人間の苦しみ年代記です。


彼の最高の予想は、約300万人のドイツ人が交戦の公式の終わり後、必要以上に死んだということです。彼らが彼らの家であった穴へ忍び寄ることができる前に、100万人の兵士はいなくなりました。彼らの大多数はソビエト監禁(スターリングラードで降伏した90,000の、わずか5,000は、結局帰って来ました)に死にました、しかし、恥ずかしめる何千は英国系アメリカ人に自由を奪われた者として滅びました。ライン川に沿っておりに集められて、保護とごくわずかな食物以外なしでしか、彼らはハエのような状態に陥りました。しばしば長い間、他の人(より幸運な)は二十の連合国での従属労働として精を出して働きました。信じられないことに、一部のドイツ人は、1979年遅く、ロシアでまだ捕まっていた。


死んだ200万人のドイツの一般人は、主に老人、女性と子供たちでした:病気、寒さ、飢え、自殺の犠牲者 - そして、大量殺人。


ソビエト占領地域にあるのに十分不運な実質的にあらゆる女の子と女性の有名な度重なる強姦は別として、おそらく、最も衝撃的な非道行為は、MacDonoghによって記録しました - 英語の最初のために - 25万人のズデーテン地方の人の虐殺は、彼らの復讐心に燃えたチェコの同胞のドイツ人です。この民族浄化を生き残った人は、裸で、震えて、境界の向こうに投げられました。そして、彼らの家に決して戻りませんでした。長年のドイツのコミュニティが情け容赦なく消し去られたので、類似した場面はポーランド、シレジアと東プロイセンの全域で見られました。


より少ないホロコーストに達したものが彼らの鼻の下で開いていたなら、西側連合国がなぜこの長く抑えられた上に向かう怒りを(主に)罪のない人に発散することを止めなかったかは、尋ねられるかもしれません。MacDonoghの答えは、それがすべてさらにより悪くありえたということです。米国財務長官(ヘンリーモーゲンソー)はドイツを巨大な農場に変えるほうを支持しました、そして、進行中の大量虐殺ナチのような計画がbombed-out都市の左側であったことの住民を飢えさせるか、殺菌するか、追放するためにありました。


ブーヘンヴァルトの恐怖の中で側近に尋ねているジョージパットン将軍と、ナチ死の収容所の発見は、連合国の激怒をかき立てました:『あなたは、まだ彼らが嫌いであることが難しいとわかりますか?』しかし、生き残っている収容者は、ドイツの捕虜によってすぐに代理を務められました - ワイヤーの後のドイツ人と一緒のたった今、ダッハウ、ブーヘンヴァルト、Sachsenhausenとアウシュヴィッツさえ戦争の後、ビジネスにとどまりました。


それが彼らの元敵に対する西の態度の速い転換を引き起こしたことは、現実的政治(人道的な懸念でない)でした。ヨーロッパの中心に広がっている共産主義の恐れとロシア人の残虐 - 誰が、ベルリンとウィーンの西の地帯から、彼らの認められた敵の何百をさらって、殺しましたか - 遅ればせながら、西側を彼らがもう一つによって脅かされるだけの1つの全体主義力を打ったと理解させました。


その強硬なクラウト-嫌いパットンさえ、ロシアに対して先制攻撃を主唱することで首になりました。西ドイツを確立して、1948年の空輸でベルリンをソビエト絞殺から救うことは、冷戦の最初の闘争になりました - たとえそれがナチ犯罪を見のがして、ナチ犯人を再建の『経済奇跡』に入れることを意味したとしても。


MacDonoghがまるく全ての占めている力を非難するけれども、英国人は若干の信用で出てきます。芸術宝から略奪した1人の空軍中将から離れて;そして、MI5質問者は、『ブリキのEye』に個人の拷問室を経営したスティーブンスとあだ名をつけました、英国の手は汚かったかもしれませんでした、深くありました血のついた。ソビエトスタイルでよりはむしろ、英国の兵士は個人的に彼らの性別を1箱のホモまたは一対のナイロン製品で獲得するのを好みました。


MacDonoghは、厳しいが、重要な本を書きました。それを言うことが誰にもとって好都合でなかった時から、この不適切な話は黙って長く覆い隠されました。それがナチスの道徳的などん底の近くに彼らを置いたので、連合国でない;また、彼らが、少しの標準にもよって、戦争犯罪であったことをハイライトすることによってヒトラーを白く塗ったとして訴えられたかったので、ドイツ人。ジャイルズMacDonoghは、非常に不都合な真実を言いました。

スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

kane552004

Author:kane552004
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR