FC2ブログ

歴史は繰り返す・。


ワッショイは、「和(輪)すが良い」の変化だ


2007/02/04 13:16





 ワッショイは、韓国
語の、ワッソの変化と言う、左傾化した学者も居る。だが、これは間違いだ


 今日のブログに、同じようなタイトルが有ったので、間違いを指摘することにした。


 神輿等を担ぐ時に、皆が和して担がないと、担げないし、皆で協力することは良いことだ。と言うことから出来た言葉である。日本人の、「和」を、象徴する言葉であり、外来語ではない


 倭人伝によると、皇帝から、卑弥呼は金印を贈られ、使者3人に銀印が贈られた。朝鮮半島には、どこを調べても、金印を送られた人物は無く、銀印の王朝で、使者と同じ待遇だ。


 金と、銀では格段の相違がある。金印は対等な外交関係で、銀印は隷属する国か家臣である


 このような国の言葉を、語源にして使うことは有り得ない。逆ならあろうが、、、。明かに、学者の間違いである


 しっかりした、日本の古代史を知っておくことが重要である。日本人の歴史嫌いは、様々な国に付け入る隙を作っている。また、売国奴のような学者を生んでいる。


 日本の歴史を、正確に知ることが重要だ。戦後の左傾化した学者は、日本の古代文化は全て、中国
や朝鮮半島から来たと言うが、これらの国が、個人主義の国で、日本は古代から和の国だった


 トランクの国と、風呂敷の国だ。日本は、古代から確固たる心と、信念で独立していたのだ。中国
などに隷属、服属していた国とはまったく違う。


 日本は卑弥呼の前にも、金印が贈られている。これは、皇帝が対等の付き合いをすることを示したものである。倭人伝や、私のブログなどで、古代を知って日本人としての誇りを持つ事が緊急に必要だ。






日本文化は繊細な心から生まれる


2007/03/24 20:36



?






 日産
自動車を再建するために、カルロス・ゴーン
氏が来て、社長になりました。見事に立て直して、今は派遣してきた親会社の社長です。


 ゴーン社長は、日本人の団結(チームワーク)と、簡略化(簡素化)する知恵を褒めました。しかし、私は彼の気づかなかった大事な部分を指摘できます。


 それに気づかなかったのは、彼が日本人でないために、彼に繊細な心が無かったからだと思います。繊細な知恵や行為は、簡単に学べないし、身に付きにくいからです。


 日本人は世界一、心が繊細です。しかも、簡略化(簡素化)も得意です。大雑把とも言えますが、ドンブリ勘定とも言います。これは、大きく掌握することです。大局を見て、繊細に事を進めるのは、日本人だけと言えるでしょう


 以心伝心、言わずとも判る。判るのは日本人が繊細に相手を見ているから判るのです。この繊細さが、言葉にもなっています。繊細な心を伝えるには、繊細な言葉が必要なのです。同じ意味でも、多くの言いまわしがあります。


 言葉だけではありません。物も各種があって、繊細な心を表します。湯飲み茶碗でも、茶道、コーヒー、紅茶、番茶、などと、背の高い者、低い物、大きい小さいと各種があります。日本の食器だけでも多いのに、西洋の食器が加わり、どこの家も、台所は大混雑の状況です。


 日本人の繊細な心は、新技術を生むのに、大いに役立っています。また、相手の心を推し量るために、顧客の心を掴む製品を作ります。だから、よく売れます。日本製品を使うと、ほとんどの人がファンになるのです。


 これは、繊細な心で作られた製品だからなのです。人の心を思いやり、より完全な製品を作る。これは、日本人の繊細な心があって、出来る物で、日本以外では無理といえるでしょう。


 日本文化は、繊細な心が生んだ物です。だから、私は日本文化とは、「繊細な心」だと思っています。





蛇足


中国4千年というが、3000年前に国らしい集団が誕生したに過ぎない・。しかし、その歴史の半分は異民族支配の歴史であった。数千年隷属状態朝鮮などは未だに食糧難であり、古代に米などあるはずもない・人口なども増える素地はなかった。シルクロードといわれるが、東南アジアの産物であり、朝鮮、中国はもちろん関係がない・。嘘と捏造の文化が文明と称されるはずもなく・。歴史が証明する如く、東アジア(中朝韓)は衰退するであろう・。彼の国からの誘いに手を伸ばさない事が大事な行動だ・。




スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

1 ■慣例の法則

主はこれを叩けと用意されたか?

日本語でお願いします。英文の要約技術に欠落があるようですね。
今回はお断りさせて頂きます。

全体理論と個別能力の組み合わせを裁定無しでやっていこうと考えています。

結果主義なんで、能力の格差、所得の格差を自己修正かけていきます。

結果が伴わなければ、批判は過分に受けます。首を落とす儀式にまで発展されないことを祈る所存です。

どうせ分配するなら、市民から狩り取らなきゃいいのに。

ドイツには何も学ぶことはない。

財閥解体の歴史を繰り返すようなら、多くの首を刈り取らなければならなくなるだろう。
プロフィール

kane552004

Author:kane552004
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR