FC2ブログ

私たちの民主主義は策略です

Democracy is an Illusion

By Henry Makow Ph.D.

August 20, 2005









A "Far Side" cartoon describes our innocence about democracy.


A slave rowing a Viking ship puts up his hand and calls to the whip master: "Yoo-hoo! Oh, yoo-hoo... I think I'm getting a blister."


Like this man, most people cling to the belief that our leaders represent our interests.


"Yoo, hoo, Mr. Bush, you lied about Iraq having weapons of mass destruction."


At an elite gathering, Bush peered under his lectern and quipped: "Where are those weapons of mass destruction?"


A tiny cabal of international bankers chooses our "leaders". This clique, which subtly controls every significant facet of our society is gradually establishing an Orwellian global police state. Much of the ruling class has been duped to think they are building a better world.


Prove it, you say?


"The Naked Capitalist" by W.C. Skousen (available at www.abe.com
& www.bookfinder.com
) is yet another smoking gun. It is based on the revelations contained in Professor Carroll Quiqley's "Tragedy and Hope: A History of the World in Our Time." (1966)


Quiqley, a Professor of History at the Foreign Service School at Georgetown University was a trusted insider who had access to their private archives. He felt the plot, which he supported, was too important to be kept hidden. However, shortly after publication, his book was taken off the market.


Cleon Skoussen was an FBI agent for 16 years and the Police Chief of Salt Lake City for four years. His "The Naked Capitalist" distills the most shocking evidence from Quigley's daunting 1300-page book.


At just 122 pages, "The Naked Capitalist" (1970) is a concise, lucid and absolutely convincing account of the international banker conspiracy. Historians have betrayed the public trust by largely ignoring this material.




OUR PREDICAMENT




Quigley confirms that a network of banking dynasties has, in Skousen's words, "acquired a choke-hold on the affairs of practically the entire human race." According to Quigley, they include "Baring, Lazard, Erlanger, Warburg, Schroder, Selingman, the Speyers, Mirabaud, Malet, and above all Rothschild and Morgan." (Citations are from Tragedy and Hope, 51-52)


Quigley confirms that, starting with the Bank of England in 1694, these dynasties organized themselves in a system of central banks that charge their respective nations billions of dollars in interest for the privilege of using currency backed by the nations' own credit. In other words, they have carried off a swindle of monstrous proportions.


Quigley quotes William Gladstone who as Chancellor of the Exchequer said in 1852: "The government itself was not to be a substantive power in matters of Finance, but was to leave the Money Power supreme and unquestioned." (325)


This power of the Bank of England. . . was admitted by most qualified observers. In January, 1924, Reginald McKenna. . . as chairman of the board of the Midland Bank, told its stockholders: 'I am afraid the ordinary citizen will not like to be told that the banks can, and do, create money. . . . And they who control the credit of the nation direct the policy of Governments and hold in the hollow of their hands the destiny of the people.'" [25]


Able to create money out of nothing, they naturally grabbed as much of the world's real wealth as they could. Quigley writes about the formation of their American cartels: "The period 1884-1933 was the period of financial capitalism in which investment bankers moving into commercial banking and insurance on the one side, and into railroading and heavy industry on the other were able to mobilize enormous wealth and wield enormous economic, political and social power." (71)


Indeed their representatives, the "Eastern Establishment" i.e. the Morgans and now the Rockefellers run the United States. (72) The principle mechanism is the Council on Foreign Relations.


According to Quigley, the ultimate goal is "nothing less than to create a world system of financial control in private hands able to dominate the political system of each country and the economy of the world as a whole. This system was to be controlled ...by the central banks...acting in concert." (324)


Quigley confirms that the bankers have usurped mankind's collective instincts by financing the Socialist and Communist movements. Bankers love big government because the ultimate monopoly is the State. Through it, they take over their competition and control debt, resources, market demand and labor.


Speaking of the Communist takeover of the US government in the 1930's and 1940's, Quigley writes, "it must be understood that the power that these energetic left-wingers exercised was never their own power of Communist power but was ultimately the power of the international financial coterie." (954)


In other words, millions of idealists committed to human brotherhood and equality were (and are) duped into advancing a totalitarian scheme to concentrate the world's wealth and power into the hands of the superrich. More opportunistic Leftists, Communists, Feminists and Globalists prosper while piously pretending to serve humanity.


The Money Power controls the debate and encourages gridlock by backing all shades of the political spectrum and marginalizing anyone who shines the spotlight on them. (Ever wonder why the word "Rothschild" has never crossed Noam Chomsky's lips? Or why the John Birch Society debunks the obvious fact that 9-11 was an "inside job?") The media is controlled through direct ownership and advertising.


Quigley writes: "To Morgan all political parties were simply organizations to be used, and the firm always was careful to keep a foot in all camps. Morgan himself, Dwight Morrow and other partners were allied with the Republicans; Russell C. Lewffingwell was allied with the Democrats; Grayson Murphy was allied with the extreme Right; and Thomas W. Lamont was allied with the Left." (945)


The Lamont family was "sponsors and financial angels to almost a score of extreme Left organizations including the Communist Party itself." (945)





CONCLUSION




A small cabal of people who are not even citizens hold the financial purse strings of every nation.


This goes a long way to explaining "globalization" and the push to one-world government. It explains the assault on race, religion, nation and family. The bankers want a homogenous deracinated neutered world that offers no basis of resistance.


It explains why in a time of supposed security danger, the southern border of the US is practically porous. The bankers want to undermine America's European character, which it perceives as a threat.


It explains the carte blanche Israel receives, the war on Iraq, and the fact that there is no opposition to the war in the mainstream parties or press. This war desecrates a cradle of civilization and assails Islam. It is also an opportunity to create more debt and enrich the bankers and their corporate allies.


It explains 9-11, the Patriot Repression Act and the phony "War on Terror."


It explains the depraved mass media and stupefying education system. I could go on but you get the picture. We are krill at the mercy of a gigantic whale. At the very least, let's not waste energy thinking we live in a free and open society.


Our democracy is a ruse. Ostensibly it expresses the aspirations of the people. In reality, it masks the insidious anti-human agenda of the central bankers.





民主主義は幻覚です。

2005年8月20日

ヘンリーMakow、博士によって

「遠い向こう側」漫画は、民主主義に関する私たちの無罪について記述します。


バイキング船をこいでいる奴隷は、彼の手をつけて、鞭マスターに呼びかけます:「ヤッホー!ああ、ヤッホー...私は、私が水膨れがあっていると思います。」


この男性の様に、大部分の人々は、我々のリーダーが我々の利益を代表するという確信にしがみつきます


「Yoo、hoo、ブッシュさん、あなたは、大量破壊兵器を持っているイラクについて嘘を言いました。」

エリートの集まりで、ブッシュは彼の聖書台の下で凝視し、皮肉を言いました:「それらの大量破壊兵器はどこにありますか?」

国際銀行家の小さな徒党は私達の「リーダー」を選びます。この徒党 私達の社会のすべての重要な面を微妙にコントロールすることについては、オーウェル的なグローバルな警察国家を徐々に設立しています。

支配階級の多くは、彼らがよりよい世界を築いていると思うために騙されています。それを証明してくださいとあなたは言います?

W.C.スコーセン(
www.abe.com&www.bookfinder.com
で入手可能です)による「裸の資本家」はまた別の決定的な証拠です。

それはキャロルQuiqley教授の「悲劇と希望:」において含まれている新事実に基づきます。

「私達の時代の世界の履歴」。(1966年)

キグリー、ジョージタウン大学の外国勤務学校の歴史の教授は、それらの私立のアーカイブにアクセスできた信頼されたインサイダーでした。

彼は、彼がサポートしたプロットが、隠されるようにしておかれるために重要すぎたと思いました。

しかし、出版の少し後に、彼の本は市場から取り除かれました。

クレオンスコーセンは16年の間のFBIエージェントと4年の間のソルトレーク・シティの警察署長でした。彼の「裸の資本家」は最も衝撃的な証拠をキグリーの難しい1300ページの本から蒸留します。ちょうど122ページで、「裸の資本家」(1970年)は国際的な銀行家陰謀の簡潔で、明瞭で、完全に説得力のあるアカウントです。歴史家は、主としてこの素材を無視することによって公益信託を裏切りました。

私達の苦境

キグリーは、バンキング王朝のネットワークが、「実質的に人類全体の仕事の上のチョークホールドを取得しました」をスコーセンの言葉において持っていることを確認します。キグリーによると、それらは「ベアリング、ラザール、アーランガー、ワールブルク、シュローダー、Selingman、Speyers、Mirabaud、マレ、およびとりわけロスチャイルドとモーガン」を含みます。

(引用は悲劇と希望、51-52からです)

キグリーは、1694年にイングランド銀行と始まって、国家自身のクレジットによって支えられた通貨を使う特権のために、興味において数十億ドルをそれらのそれぞれの国家に請求する中央銀行のシステムの中で、これらの王朝が自身を組織したことを確認します。すなわち、彼らは奇怪な釣り合いの詐欺を勝ち取りました。

キグリーは、大蔵大臣として、1852年に言ったウィリアム・グラッドストーンを引用します:「政府自身は、財政についてしっかりした能力ではないことであったけれども、お金パワーを最高で、問題にされないままにしておくことになっていました」。

(325)

イングランド銀行のこのパワー。.はほとんどの有資格のオブザーバーによって認められました。

1924年1月に、レジナルド・マッケンナ。ミッドランド銀行の取締役会長としてその株主は言いました:‘残念ながら、一般市民が、銀行がお金を作成することができて、すると言われることが好きでないことになるかもしれません’。. . .

「‘そして、国家のクレジットをコントロールする彼らは政府の方針を指示し、掌中で、人々の運命を保持します’。」

[25]

何もないところからお金を作成することができて、彼らは当然、できる限りの世界の本当の富の多くをつかみました。

キグリーはそれらのアメリカカルテルの構成について書きます:「期間1884-1933年は、一面上の市中銀行業と保険の中に、そして他の鉄道敷設事業と重工業の中に動いている投資銀行家が、莫大な財産を動員し、巨大な経済の、政治的で、社会的なパワーを行使することができた金融資本主義の期間でした」。

(71)

実に、それらの担当者、「東海岸主流派」、すなわちモーガン、および今のロックフェラー達は米国を運営します。

(72) 原則メカニズムは外交問題評議会です。

キグリーによると、最終目的は、「各国の政治システムと世界全体の経済を支配することができる私的な手で財務管理の世界システムを作成することより少なくないもの何も」です。

「このシステムは、コンサートにおいて作動して、…中央銀行によってコントロールされることになっていました」。

(324)

キグリーは、銀行家が、社会党員と共産主義者のムーブメントに資金提供することによって人類の集合的な本能を強奪したことを確認します。究極の独占が国家であるので、銀行家は大きな政府を愛しています。

それを通して、彼らはそれらの競争を引き継ぎ、借金、資源、市場需要、および労働をコントロールします。

1930と1940の年代の米国政府の共産主義の乗っ取りについて話して、キグリーは、「これらのエネルギッシュな左翼が行使したパワーが決して彼ら自身の共産主義パワーのパワーではなかったけれども最終的に、国際的な金融の仲間のパワーであったことは理解されていなければなりません」と書きます。

(954)

すなわち、人の兄弟関係と平等を約束した数百万人の理想家は、スーパー金持ちの手の中に世界の富と権力を集中する全体主義の計画を進めるように騙されました。人類に奉仕するふりを信心深くする間に、より日和見的な左翼、共産主義者、フェミニスト、およびグローバリストは繁栄します。各政党のすべてのシェードを支えて、スポットライトをそれらにあてる誰でも主流から取り残すことによって、お金パワーは討論をコントロールし、交通停滞を促進します。

(ずっと、なぜ言葉「ロスチャイルド」が一度もノーム・チョムスキーのへりを横切ったことがないかと思っています)

または、なぜジョンバーチ協会が、911が「内部犯行?」)Theメディアであったという明らかな事実を暴露するかは直接的な所有権と広告を通してコントロールされます。

キグリーは書きます:

「モーガンに、すべての政党は、使われる単に組織であり、会社はいつも、すべてのキャンプに足を保持するように注意していました」。モーガン自身、ドワイト・モロー、および他のパートナーは共和党と結びついていました;ラッセルC. Lewffingwellは民主党と結びついていました;グレイソン・マーフィーは極右と結びついていました;「そして、トーマスW.ラモントは左と結びついていました」。

(945)

ラモント家は「共産党自身を含む極端な左翼団体のほとんどスコアへのスポンサーと金融の天使」でした。

(945)

結論

市民でさえない人々の小さな徒党はすべての国家の金融の財布のひもを握っています。

これは、「グローバリゼーション」の押しを1世界政府に説明することに大いに貢献します。

それは民族、宗教、国家、およびファミリーにおける猛攻撃を説明します。

銀行家は、抵抗の基礎を全然提供しない相同のデラシネの去勢された世界を望んでいます。

それはそうと思われたセキュリティ危険時になぜかを説明し、米国の南の境界は事実上多孔性です。

銀行家は、アメリカのヨーロッパキャラクターを徐々に蝕みたいと思っています(それはそれを脅威と見なします)。

それは、イスラエルが受け取る白紙委任状、イラクの戦争、および主流政党またはプレスにおいて戦争への反対が全然ないという事実を説明します。この戦争は文明の発祥地を冒涜し、イスラム教を猛攻撃します。

それはまた、より多くの借りを作成し、銀行家と彼らの企業の同盟者を豊かにする機会です。それは911、パトリオット抑制法、およびにせの「テロに対する戦争」を説明します。それは悪化したマスメディアと意識がにぶる教育システムを説明します。

私は進むことができたけれども、あなたは写真を得ます。私達は巨大なクジラの思いのままにオキアミです。

少なくとも、私達が自由で、オープンな社会の中に住んでいると思っているエネルギーを浪費しないようにしましょう。

私たちの民主主義は策略です。表面上、それは、人々の熱望の的を示します。実際には、それは、中央銀行家の陰険な反人間のアジェンダを覆います。

スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

kane552004

Author:kane552004
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR