FC2ブログ

ヒラリーと青色の錠剤民主党:国民は夢から覚めるか?

ANOTHER DAY IN THE EMPIRE より(帝国の別れの日)





Hillary and the Blue Pill Democrats







Thursday May 17th 2007, 9:34 pm




Sure, Democrats will argue, as the 2008 selection closes in, Hillary Clinton is less than perfect?but she’s better than the mob boss stand-in Rudy Giuliani or the Manchurian candidate, John McCain. In fact, we can bet the farm Democrats will once again take the blue pill, believing whatever they want to believe. Democrats will vote en masse, not unlike lemmings stampeding to the precipice, for Hillary or Obama, most likely Hillary as not so subtle indicators reveal she is the One.


Ari Berman, writing for the Nation, attempts to whack Democrats out of their blue pill slumber, for all the good it will do:


Her lengthy support for the Iraq War is Clinton’s biggest liability in Democratic primary circles. But her ties to corporate America say as much, if not more, about what she values and cast doubt on her ability and willingness to fight for the progressive policies she claims to champion. She is “running to help and restore the great middle class in our country,” Wolfson says. So was Bill in 1992. He was for “putting people first.” Then he entered the White House and pushed for NAFTA, signed welfare reform, consolidated the airwaves through the Telecommunications Act of 1996 (leading to Clear Channel’s takeover) and cleared the mergers of mega-banks. Would the First Lady do any different? Ever since the defeat of healthcare reform, Hillary has been a committed incrementalist, describing herself as a creature of the “moderate, sensible center” whom business admires and rewards. During her six years in the Senate, she’s rarely been out front on difficult economic issues. Given her proximity to money and power, it’s not hard to figure out why she keeps controversial figures close to her?even if their work becomes a liability for her campaign.


Indeed, Berman is correct on all points, but none of this matters much to Democrats, as simply being Democrats reveals the depth and severity of their stepfordized condition.


Come the 2008 selection, when voters are allowed to vote for the selected, it will not matter Hillary Clinton attends Bilderberg meetings, along with Queen Beatrix of the Netherlands, daughter of the SS officer Prince Bernhard of Lippe-Biesterfeld, “life member” David Rockefeller, fellow Democrats Dianne Feinstein and John Edwards, George Soros, Alan Greenspan, Melinda Gates, former World Bank loan shark James Wolfensohn, and no shortage of Council on Foreign Relations members, transnational corporate CEOs, international banksters, and other lovers of one-world government.


“Clinton’s rarely been the threat to the business community that many on the right typically allege,” Ari Berman continues. “She’s often partnered with Republicans like Newt Gingrich and Bill Frist. In 2002 she backed a harsh position on welfare reform reauthorization that put her at odds even with conservative Republicans like Orrin Hatch. She persuaded her husband to veto the bankruptcy bill in 1997, voted for a similar version in 2001 and missed the vote in 2005, when Bill was in the hospital. She advocated weakening the McCain-Feingold campaign finance reform law, telling Feingold to ‘live in the real world.’ Unlike Edwards and Obama, she accepts campaign contributions from lobbyists and corporate PACs.”


Of course, for Hillary and her corporate backers?including Rupert Murdoch, who is fond of throwing fund-raisers for Clinton?all of us must “live in the real world,” that is to say a one-world as envisioned by the WTO, IMF, Inter-American Development Bank, World Bank, the so-called global financial services sector, the entire neoliberal panoply of thievery, looting, fire sales, and other criminal aspects of the “market fundamentalist” religion.


Democrats want ever so much to believe?and that is why they overlook the fact a “bevy of current and former Hillary advisers, including her communications guru, Howard Wolfson, are linked to a prominent lobbying and PR firm?the Glover Park Group?that has cozied up to the pharmaceutical industry and Rupert Murdoch. Her fundraiser in chief, Terry McAuliffe, has the priciest Rolodex in Washington, luring high-rolling contributors to Clinton’s campaign. Her husband, since leaving the presidency, has made millions giving speeches and counsel to investment banks like Goldman Sachs and Citigroup. They house, in addition to other Wall Street firms, the Clintons’ closest economic advisers, such as Bob Rubin and Roger Altman, whose DC brain trust, the Hamilton Project, is Clinton’s economic team in waiting. Even the liberal in her camp, former deputy chief of staff Harold Ickes, has lobbied for the telecom and healthcare industries, including a for-profit nursing home association indicted in Texas for improperly funneling money to disgraced former House majority leader Tom DeLay.”


Never mind the blue pill Democrats are steadily losing grip on that once hallowed ground known as the Great Middle Class. Instead, they are tilting toward the New Serfdom, enforced by a scientific dictatorship and monitored by panopticon industries.


Not to worry. Because there will be any number of placards to hoist and shiny balloons to unloose come 2008 at the Pepsi Center in Denver, never mind the venue or its all too appropriate name.




ヒラリーと青色の錠剤民主党

2007年5月17日木曜日午後9:34


確かに、民主党は、2008年の選択が迫る時に、ヒラリー・クリントンが完全であるとは言えない?であると主張するであろうけれども、彼女は群集ボス代理人ルディ・ジュリアーニまたは傀儡ジョン・マケインよりよい。

実のところ、私達は、民主党が、彼らが、信じたい何でも信じて、もう一度青色の錠剤を飲むであろうということを農場に賭けることができます(マトリックスパロディ)。

民主党は、ヒラリーまたはオバマ(そんなに微妙でないインジケータが、彼女が人であると明らかにする時の最もありそうなヒラリー)のために絶壁に殺到しているレミングと違わないでひとまとめに投票するでしょう。

アリ・ベルマンは、国家のために書いて、それがするであろうすべての善のためにそれらの青色の錠剤眠りから民主党をピシャリと打つことを試みます:

イラク戦争への彼女の長い支持はクリントンの民主主義の主要な円の中で最も大きな責任です。

しかし、彼女が評価するものについて、アメリカ産業界への彼女のつながりはより多くでないにしても多くと言って言い、彼女が、擁護すると主張する進歩的な方針を求めて戦う彼女の能力と自発性に疑いを投げ掛けました。

彼女は、「私達の国で偉大な中流階級を助けて、回復させるために走っている」とウルフソンは言います。

1992年のビルもそうでした。

彼は、「最初に人々を置きます」に賛成です、.それから、彼はホワイトハウスに入り、NAFTAを要求し、福祉改革にサインし、1996年(クリア・チャネルの乗っ取りへの主要)の電気通信法を通して放送を統合し、メガ銀行を合併から取り除きました。

大統領夫人は違う事柄をいくらかをするでしょうか?

医療改革の敗北以来、ヒラリーは、自身を、ビジネスが賞賛していて、「適度で、賢明なセンター」に報いる生き物と評している委任された漸進主義者でした。

上院の彼女の6年の間に、彼女はめったに難しい経済問題についての向き合わなかった。

お金とパワーへの彼女の近接を与えられて、それらの仕事が彼女のキャンペーンのための債務になっても、なぜ彼女が議論好きな人物を彼女?に近くしておくかを理解することは難しくありません。

実に、ベルマンはすべてのポイントに関して正しいけれども、単に民主党であることがそれらのstepfordizedされた条件の深さと深刻さを明らかにする時に、これのどれも民主党に多く重要でありません。

有権者が、選択に賛成の投票をすることを許される時に来なさい 2008選択 ヒラリー・クリントンは、企業なので、国境を越えてオランダの女王ベアトリックス、リッペ-Biesterfeld、「ライフメンバー」デイヴィド・ロックフェラー、仲間の民主党ダイアン・ファインスタインとジョン・エドワーズ、ジョージ・ソロス、アラン・グリーンスパン、メリンダゲイツ、以前の世界銀行高利貸ジェームズWolfensohn、および外交問題評議会メンバーの不足のないSS役員プリンスベルンハルトの娘とともにBilderbergミーティングに出席し、重要でないCEO、国際的なbanksters、および1世界政府の他の恋人。

「クリントンは、めったに、右翼の上の多くが一般に主張する実業界への脅威ではありませんでした」とアリ・ベルマンは続けます。

「彼女はしばしばニュート・ギングリッチとビルFristのような共和党と組みます」。

2002年に、彼女は、彼女をオーリン・ハッチのような保守的な共和党とさえオッズに置いた福祉改革再授権の上の荒いポジションを支えました。

彼女は彼女の夫を説得して、1997年に破産法案を拒否させて、2001年に同様なバージョンに賛成の投票をし、ビルが病院にいた2005年に、投票に失敗しました。

「彼女は、ファインゴールドに、‘現実の世界の中に生きていてください’に、エドワーズとオバマと違って、彼女がロビイストと企業のPACからキャンペーン寄与を受け入れると言ってマケイン・ファインゴールド募金活動改革法を弱めるのを主張しました」。

もちろん、ヒラリーとルパート・マードックを含む彼女の企業である後援者?のために、誰が私達のすべて、クリントン?のために資金集めパーティを投げることを好んでいるかは、「現実の世界」、すなわち、WTO、国際通貨基金、米州開発銀行、世界銀行、いわゆるグローバルな金融サービスセクタ、窃盗のネオリベラル完全装備全体、略奪、ファイア・セール、および「市場根本主義者」宗教の他の犯罪の面によって想像されているような1つの世界の「中に生き」なければなりません。

民主党は、とても、それらが事実を見渡している理由である?かを信じたく 電流のa"集団 、以前のヒラリーアドバイザー〈彼女の通信グル、ハワードウルフソンを含む〉は、突出した陳情とPR堅固?グラバー公園グループ?と結び付けられます 薬品工業とルパート・マードックに近づいた 。

クリントンのキャンペーンに羽振りが良い貢献者をおびき出して、チーフ、テリー・マコーリフの中の彼女の資金集めの行事はワシントンに最も高価なロロデックスを持っています。

彼女の夫は、大統領任期を残して以来、ゴールドマン・サックスとシティグループのように投資銀行への数百万を与えるスピーチで相談をしました。

彼らは他のウォール街会社に加えてボブ・ルービンとロジャー・アルトマンなどのクリントン一家の最も近い経済顧問を泊めます(待つことにおいて、そのDC専門委員会、ハミルトンプロジェクトはクリントンの経済のチームです)。

「彼女のキャンプ(ハロルド・イキーズスタッフの前の副チーフ)の自由主義者さえ、名誉を汚された元下院院内総務トム・ディレイにお金を不適切に注ぐためにテキサスで起訴された営利老人ホーム協会を含めてテレコムと健康産業に陳情しました」。

青色の錠剤民主党が偉大な中流階級として知られているその一度神聖化されたグラウンドの把握を着実に失っていることは気にしないでください。

代わりに、彼らは新しい農奴制に傾いていて、科学の独裁権によって強制されて、円形刑務所産業によって監視されます。

悩まないように。

持ち上げる任意の数のプラカードがあるであろうし、ゆるめる光った気球が2008年デンバーのペプシセンターに来るので、開催地またはそのあまりにも適切な名前は気にしないでください。


スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

kane552004

Author:kane552004
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR