FC2ブログ

サミット前のビルダーバーグ会議

31May07 - Turkish Daily News - 'High priests of globalization' in Istanbul


5月31日2007年 - トルコ・デイリー・ニュース - イスタンブールの‘グローバリゼーションの大祭司’


ISTANBUL - Turkish Daily News


? Some call it "the multinational government", some call it the "elite club which shapes world policies" while others say it essentially "fixes" the world's fate. It literally breeds conspiracy theories all around the world with its secrecy, while participants say it is only a private gathering that should be respected.


? Whatever it is, the mighty Bilderberg is at our door: The "high priests of globalization," as Will Hutton from The Observer once famously put it, begin their ultra-secretive annual meeting today in Istanbul. While the international media's silence gives rise to yet more conspiracy theories, the Turkish media is going nuts about it: from mass-circulation dailies to well-known weeklies, the media is Bilderberg-busy nowadays. Daily Vatan calls it "the most secretive meeting in the world," announcing: "Bilderberg in Istanbul." Weekly Aktüel says the "multinational government" is here to determine the fate of the world. It seems the hype will continue until the "high priests" end their Istanbul meeting on Sunday.


? For those who have not heard about it yet, the Bilderberg Group is an "unofficial annual invitation-only conference of around 130 guests" (Wikipedia), influential, powerful figures from the realms of economy, media and politics. The name comes from their first meeting in 1954, which was held in the Hotel de Bilderberg in Oosterbeek, Netherlands. As the date signals, Bilderberg is a creation of the Cold War. The idea came from Joseph Retinger, who was concerned about the growth of anti-Americanism in Western Europe at the time. So, Bilderberg, just like other organizations like NATO, aimed at strengthening the "unity of the West" against the "communist threat."


? With the collapse of the Warsaw Pact, the group focused on enhancing the American-led globalization. But then, the Sept. 11, 2001 attacks in New York and Washington practically resulted in another focus, which one might call the relation between "civilizations."


? Thus, after the first gathering in Istanbul (1959) and the second one in Ýzmir (1975), a third gathering in Turkey, widely regarded as a "bridge" between the East and the West, seems appropriate.


People that run the world:

? If one aspect of Bilderberg that irks many is its secrecy, another one is the identity of its participants. Looking at the list of regular "Bilderbergers," one cannot but think that these are really "the people that run the world". Veterans like Henry Kissinger, David Rockefeller and Zbigniew Brzezinski are joined every year by newcomers such as former U.S. President Bill Clinton, soon-to-be-former-PM Tony Blair, NATO Secretary-General Jaap de Hoop Scheffer, former Pentagon adviser Richard Perle and countless others. Every year, the list also includes important "media people" from influential outlets such as The Financial Times, Washington Post, The Economist, The Times, Le Figaro and Die Zeit. The picture becomes complete with CEOs from the world's biggest companies such as Coca-Cola, Fiat, Suez-Tractebel, Royal Dutch Shell and British Petroleum.


? With such a mixture, conspiracy theories abound; the most famous one being the "invisible hand" theory. According to some, those who are lucky enough to attend the meetings and get a blessing from the "inner circle" witness breath-taking career leaps. An "obscure governor" from Arkansas, one year after attending the Bilderberg meeting in 1991, became the President of the United States, while Tony Blair of Britain was elected prime minister three years after his attendance in 1993. But why did Margaret Thatcher, a regular Bilderberger, lose her job as Prime Minister in 1990? The theory says that she lost the support of Bilderberg because she did not accept the transfer of British sovereignty to a "European Super State." Of course, John Major, who took the job as Prime Minister after Thatcher, was also a Bilderberger.


? One may choose to believe or not, but the secrecy of the meetings - no cell phones, no getting out of the hotel during three days, no notes, no interviews - creates fertile ground for conspiracy theories. When senior representatives of media giants such as the FT, the Wall Street Journal and The Washington Post attend the meetings every year and next to nothing is printed in the same papers about Bilderberg, one starts to wonder.


Dedicated journalists:

? There are a few journalists who are dedicated to unveil the secret of the Bilderberg, though. People such as James P. Tucker, Daniel Estulin and Tony Gosling. The first two are in Istanbul, tracking down the participants, while Gosling, a Briton who runs the Web site
www.bilderberg.org
, could not come to the show. His Web site gets about three million hits a month, Gosling says, and attributes this great interest to the fact that "investigative journalism is pretty much dead" elsewhere. The Bilderberg is very powerful, especially financially, he told the Turkish Daily News over the phone: "So, if they come to a decision, it is effective."


? Gosling has covered the last 10 meetings, and he thinks the gathering in Istanbul is of high importance. "There is a lot of tension on the Iran-Turkey border at the moment. Iraq is also right next door. This is an area of interest for Bilderberg," he said. "[The Bilderbergers] are worried that Islamic sentiment in Turkey is not in favor of an invasion of Iran. They are here to attempt to persuade the Turkish elite and bring them on board with the neocon plan for the Middle East."


? But why the secrecy? Gosling posed the same question to David Rockefeller back in 2003. "He shrugged and said it was just a private meeting," he continues. "But the world does not buy this argument. There are politicians there and they are not private people. They are people who should be held accountable."


? Gosling's claim, that the main topic of Bilderberg 2007 is Iran, is a widely held opinion. Other topics are energy policies and Turkey's bid for European Union membership, according to the daily Vatan. The paper is optimistic about the last item; it says the Istanbul meeting is a signal that the EU has "inched open the door" to Turkey, basing this claim on unnamed "Bilderberg sources."


A veteran of Bilderberg:

? With four separate attendances in Atlanta, Ottawa, Stockholm and Lisbon, Turkey's former Central Bank governor, Gazi Erçel, is the most informed source one can find. "There are many international meetings such as Bilderberg, which have strict rules," he said to the TDN. As to the reason of the secrecy, he says it is a precaution to ensure that everyone talks sincerely on the topics, without the concern of being quoted.


? The conspiracy theories stem from ignorance about the meetings, Erçel said, quoting Confucius: "Those who produce ideas without the knowledge are harmful. As they do not know what Bilderberg is, they believe in superstitions."


? Erçel also got his share of mention in the conspiracy theories, as some accused him of "planning the 2001 financial crisis" at one of the meetings. "These are defective claims," he said. "Bilderberg is a high-level meeting. Everyone talks freely and very striking debates take place."


? Over the years Bilderberg meetings had important Turkish participants. Among them are Süleyman Demirel, the former president; Gazi Erçel, former Central Bank chief; Mesut Yýlmaz, former Prime Minister; Selahattin Beyazýt, a businessman and a "constant participant"; Mustafa Koç, the CEO of Koç Holding; former ministers Ýsmail Cem, Hikmet Çetin and Kemal Derviþ and also some well-known journalists. Among them, Fehmi Koru from the conservative daily Yeni Þafak stands out, because until last year, he had written numerous critical columns on Bilderberg. Last year, things changed and he was also invited to the meetings. Afterwards, he wrote a six-day series on Bilderberg, telling much about the environment and the participants, but certainly not much on what was discussed. Koru is invited for a second time this year, but the "jump" in his career is yet to be seen!


? As the Bilderbergers gather, probably giggling among themselves about the conspiracy theories abounding, it would be appropriate to quote Alasdair Spark, an expert in conspiracy theories, who had spoken to the BBC back in June 2004: "Should not we expect that the rich and the powerful organize things in their own interests? It is called capitalism!"


? BILDERBERG 2007 INVITED GUESTS [with the royals removed - ed.]

? Ali Babacan, Minister of Economic Affairs (Turkey)


? Kemal Derviþ, Administrator, UNDP (Turkey)


? Mustafa V. Koç, Chairman, Koç Holding A.Þ. (Turkey)


? Fehmi Koru, Senior Writer, Yeni Þafak (Turkey)


? George Alogoskoufis, Minister of Economy and Finance (Greece)


? Edward Balls, Economic Secretary to the Treasury (UK)


イスタンブール - トルコ・デイリー・ニュース

「多国籍の政府」というある呼び出し、 それは 他がそれを言う時の「世界方針を決定するエリートのクラブ」は世界の運命を本質的に「定着させる」ある呼び方である。

それは文字どおりにその秘密によって世界中で陰謀説を引き起こしている一方、参加者は、尊重されるべきであるのが、ただの内々の集まりであると言います。

たとえ、それが何であっても、強力なBilderbergは私達のドアにあります:

「グローバリゼーションの大祭司」は、オブザーバーからの発議でハットンが一度すばらしくそれを置いたので、イスタンブールで今日彼らの超秘密主義の年次総会を開始します。

国際的なメディアの沈黙がいっそうより多くの陰謀説を起こす時、トルコメディアはそれに夢中になっています:

発行部数が多い日刊新聞から有名な週刊誌まで、メディアはこのごろではBilderbergで忙しい。

それを発表して、日刊Vatanはそれを「世界で最も秘密主義のミーティング」と呼びます:

「イスタンブールのBilderberg」。

週刊Aktuelは、世界の運命を決定するために、「多国籍の政府」がここにあると言います。

「大祭司」が日曜日の彼らのイスタンブールミーティングを終えるまで、大宣伝が続くであろう。

まだそれを耳にしていない人々にとって、Bilderbergグループは「約130人の客の非公式な例年の招待客のみの会議」(Wikipedia)である、経済、メディア、および政治の領域の有力で、強力なデータ。

名前は1954年の最初のミーティングから来ます(それはOosterbeek、オランダにおけるホテルde Bilderbergにおいて催されました)。

日付目印として、Bilderbergは冷戦の作成です。

その時、西ヨーロッパの反米主義の成長について心配していたジョセフRetingerから、アイデアは来ました。

従って、Bilderbergは、ちょうどNATOのような他の組織のように、「共産主義の脅威」に対して「西欧の単一性」を強化することをめざしていました。

ワルシャワ条約の崩壊によって、グループは、アメリカ主導のグローバリゼーションを強化することに集中しました。

しかし、ニューヨークとワシントンでの2001年9月11日の攻撃は事実上、人が「文明間の衝突」と呼ぶかもしれない別のフォーカスを結果として生じていました。

従ってイスタンブール(1959年)での最初の集まりとYzmir(1975年)における2番目のものの後に、東洋と西洋の間で「橋」と広くみなされているトルコでの3番目の集まりは適切であるようです。

世界を走る人々:

多くをいらだたすBilderbergの1つの面がその秘密であるならば、別のものはその参加者のアイデンティティです。

通常の「Bilderbergers」のリストを見て、人は、これらが本当に、「世界を走る人々」であると思わないではいられません。

ヘンリー・キッシンジャー、デイヴィド・ロックフェラー、およびズビグニュー・ブレジンスキーのようなベテランに毎年前のビル・クリントン米大統領、まもなく前のPMトニー・ブレア、NATO事務総長ヤープde Hoopシェファー、前の国防総省アドバイザー リチャード・パール、および無数の他などの新来者が参加します。

毎年、リストはまたフィナンシャル・タイムズ、ワシントン・ポスト、エコノミスト、タイムス、フィガロ、およびダイスツァイトなどの有力なアウトレットからの重要な「メディアの人々」を含みます。

写真はコカコーラ、フィアット、スエズTractebel、ロイヤルダッチシェル、およびブリティッシュペトロリアムなどの世界の最も大きな会社からのCEOが参加します。

そのような混合物によって、陰謀説はいっぱいです;「見えざる手」理論である最も有名なもの。

いくつかによると、ミーティングに出席し、「側近グループ」から恩恵を得るのに十分にラッキーな人々は驚くようなキャリア飛躍に立ち会います。

英国のトニー・ブレアが1993年に彼の出席の3年後に総理大臣に選ばれる、アーカンソーからの「無名の知事」は、1991年にBilderbergミーティングに出席した1年後に、米国の大統領になりました。

しかし、なぜマーガレット・サッチャー、正会員Bilderbergerは1990年に総理大臣としての彼女の仕事を失ったか?

理論は、彼女が「ヨーロッパのスーパー状態」に英国の転換を受け入れなかったので、彼女がBilderbergのサポートを失ったと伝えています。

もちろん、サッチャーの後で総理大臣としてその仕事を取ったジョン・メージャーはまたBilderbergerでした。

人は、信じることに決めることができるけれども、ミーティング--無携帯電話、3日の間のホテルからの獲得、注、インタビュー--の秘密は陰謀説のために肥沃なグラウンドを作成します。

FT、ウォールストリート・ジャーナル、およびワシントン・ポストなどのメディアの巨人のシニアの担当者が毎年ミーティングに出席し、ほとんど何もBilderbergについて同じ書類の中でプリントされないので、人は疑い始めます。

専門のジャーナリスト:

しかしBilderbergの秘密を初公開するために献呈される数人のジャーナリストがいます。

ジェームズP.タッカー、ダニエルEstulin、およびトニー・ゴズリングなどの人々。

参加者を突きとめて、最初の2はイスタンブールにある一方、ゴズリング(ウェブサイト
www.bilderberg.org
を動かすブリトン人)はショーに来ることができませんでした。

彼のウェブサイトは1ヶ月に約300万のヒットを得て、この大きな興味を、他の場所の、「調査報道はだいたい死んでいます」という事実に帰しているとゴズリングは言います。

特に、財政的に、彼は電話でトルコ語デイリー・ニュースに、Bilderbergは非常に強力であると言いました:

「従って、彼らが結論に達するならば、それは効果的です」。

ゴズリングは前回の10のミーティングをカバーし、彼は、イスタンブールでの集まりが高く重要であると思います。

「ちょうどイラントルコ境界上にたくさんの緊張があります」。

イラクはまさに隣です。

「これはBilderbergのために関心領域です」と彼は言いました。

「Bilderbergersはトルコのイスラム感傷がイランへの侵略に賛成していないことについて心配します」。

「トルコエリートを説得し、中東についての新保守主義者の計画によってそれらをボードの上に至らせてみるために、それらはここにあります」。

しかしなぜ秘密?

ゴズリングは2003年に同じ問題をデイヴィド・ロックフェラーに出しました。

「彼はすくめて、それが単に私的なミーティングであると言いました」と彼は続けます。

「しかし、世界はこの議論を買いません」。

そこに政治家がいて、彼らは私的な人々ではありません。

「彼らは、責任があると考えられているべきである人々です」。

ゴズリングのは主張し、Bilderberg 2007の主要なトピックがイランであり、広く保持された意見です。

日刊Vatanによると他のトピックはエネルギー政策と欧州連合メンバーシップのためのトルコの努力です。

紙は最後のアイテムについて楽観的です;

それは、イスタンブールミーティングが、EUが「少しずつ動かし」たシグナルが、無名の「Bilderberg関係筋」にこの主張の基礎を置いて、トルコに「ドアを開くこと」であると伝えています。

Bilderbergのベテラン:

アトランタ、オタワ、ストックホルム、およびリスボンでの4回の別個の出席によって、トルコの前の中央銀行総裁、イスラム勇士Ercelは、人が見つけることができる最消息筋です。

「Bilderbergなどの多くの国際的なミーティングがあります(それは厳しい規則を持っています)」と彼はTDNに言いました。

秘密の理由について、彼は、それが、引用される懸念なしで誰もがトピックの上で心から話すと保証する用心であると言います。

孔子を引用して、陰謀説はミーティングについての無知から生じるとErcelは言いました:

「知識なしでアイデアを作り出す人々は有害です」。

「彼らが、Bilderbergが何であるかを知らないので、彼らは迷信を信じています」。

ミーティングの1つで、「2001年の金融恐慌を計画します」ために、いくつかが彼を告発した時に、Ercelはまた陰謀説の中で彼の言及のシェアを得ました。

「これらは不完全な主張です」と彼は言いました。

「Bilderbergはハイレベルのミーティングです」。

「誰もが率直に話し合い、非常に著しい討論は起こります」。

数年の間に、Bilderbergミーティングは重要なトルコ参加者を持っていました。

スレイマン・デミレル、前大統領はそれらの間にいます;

イスラム勇士Ercel、前の中央銀行チーフ;

Mesut Yylmaz、前の総理大臣;

Selahattin Beyazyt、実業家、および「一定の参加者」;

Mustafaコチ(コチ保持のCEO);

前の大臣Ysmail Cem、HikmetセチンとケマルのDervit、および何人かの有名なジャーナリストも。

それらの間で、昨年まで、彼がBilderbergの上でたくさんの重大なコラムを書いたので、保守的な毎日のYeni TafakからのFehmi様式化された曲線模型は目立ちます。

昨年、状況は変わり、彼はまたミーティングに招待されました。

その後、環境と参加者について多くに話して、彼はBilderbergの上で6日のシリーズを書いたけれども、確実に、議論されたものの多く上ではありませんでした。

様式化された曲線模型は今年二回目に引き起こされるけれども、彼のキャリアにおける「ジャンプ」はこれから、見られることになっています!

たぶんいっぱいの陰謀説について顔を見合わせてくすくす笑って、Bilderbergersが集まる時に、2004年6月にBBCと話したAlasdairスパーク、陰謀説の中のエキスパートを引用することは適切でしょう:

「私達は、金持ちと強力なものが彼ら自身の興味において物を組織することを予想するべきでありませんか?」

「それは資本主義と呼ばれます!」


BILDERBERG 2007年 INVITED GUESTS


アリBabacan(経済仕事(トルコ)の大臣)

ケマルDervit、管理者、UNDP(トルコ)

Mustafa V. コチ(会長(A.T.(トルコ)を保持しているコチ))

Fehmi、シニア・ライター、Yeni Tafak(トルコ)

ジョージAlogoskoufis(経済と財政(ギリシャ)の大臣)

エドワードBalls(財務省(UK)の経済秘書)

フランシスコ・ピント・バルセマン、会長兼CEO、IMPRESA、S.G.P.S.;

前の総理大臣(ポルトガル)

ホセM.ドゥラウンBarroso、大統領、欧州委員会(ポルトガル/国際)

フランコBernabe、副会長、ロスチャイルドEurope(イタリア)

ニコラスBeytout、編集長、フィガロ(フランス)

カール・ビルト、前の総理大臣(スウェーデン)

ユベール・ブルダ、出版社、CEOユベール・ブルダMedia

フィリップ・カミュ、CEO、イーズ(フランス)

アンリdeカストリーズ、取締役会の会長、およびCEO、AXA(フランス)

フワン・ルイス・セブリアン(Grupo PRISAメディアグループ(スペイン))

ケネス・クラーク、議員(UK)

ティモシーC.コリンズ、専務、およびCEO、リップルウッド・ホールディングスLLC(米国)

バートランドCollomb、会長、Lafarge(フランス)

ジョージA・ダビッド、会長、コカコーラH.B.C. S.A.(米国)

アンダースEldrup、社長、DONG A/S(デンマーク)

ジョンElkann、副会長、フィアットS.p.A(イタリア)

マーティンS.フェルドスタイン、社長兼CEO、全米経済研究所(米国)

ティモシーF. Geithner、社長兼CEO、ニューヨーク連邦準備銀行(米国)

ポールA.Gigot、社説面のエディタ、ウォールストリート・ジャーナル(米国)

Dermotグリーソン、会長、AIBグループ(アイルランド)

ドナルドE.グレアム(会長兼CEO(ワシントン・ポスト会社(米国)))

ビクター・ハルバーシュタット(経済学、ライデン大学、(オランダ)の教授)

ジャン・ピエール ハンセン、CEO、スエズTractebel S.A.(ベルギー)

リチャードN. Haass、代表、外交問題評議会(米国)

リチャードC.ホルブルック、副会長、ペルセウス、LLC(米国)

ヤープG.Hoop deシェファー、事務局長、NATO(オランダ/国際)

アランB.ハバード(経済政策のための大統領補佐官、国家経済会議(米国)ディレクター)

ジョセフ・ジョフィ、出版社エディタ、ダイスツァイト(ドイツ)

ジェームズA.ジョンソン、副会長、ペルセウス、LLC(米国)

バーノンE.ヨルダンJr.、専務、ラザールFreres&Co.LLC(米国)

アナトールKaletsky(全体として編集者、タイムス(UK))

Kinlochard(副会長(ロイヤルダッチシェルplc(オランダ)))のジョン・カー

ヘンリーA.キッシンジャー(会長、キッシンジャーアソシエーツ(米国))

バーナードKouchner、外務大臣(フランス)

ヘンリーR. Kravis、設立パートナー、コールバーグKravisロバーツ&Co.(米国)

マリー・ジョゼKravis、上級研究員、ハドソン研究所社(米国)

Neelie Kroes、委員、欧州委員会(オランダ/国際)

エドKronenburg(個人オフィス、NATO本部(国際)のディレクター)

ウィリアムJ. Luti(防衛政策と戦略のための大統領特別補佐官、国家安全保障会議(米国))

ジェシカT.マシューズ、代表、カーネギー国際平和基金(米国)

フランクマッケンナ(米国大使(カーライル・グループ(カナダ)メンバー))

ティエリーde Montbrial、代表、フランス政治大学国際関係研究中心(フランス)

マリオ・モンティ、学長、Universita Commerciale ルイジBocconi(イタリア)

クレイグJ. Mundie、主要な技官は戦略と方針、マイクロソフト社(米国)を進めました。

エギルマイクロバスト、会長SAS、ノルウェー人ハイドロASA(ノルウェー)

マティアス・ナス、編集次長、ダイスツァイト(ドイツ)

Adnrzejオレホフスキ(リーダー市プラットフォーム(ポーランド))

Jorma Ollila、会長、ロイヤルダッチシェルplc/ノキア(フィンランド)

ジョージ・オズボーン、影大蔵大臣(UK)

トマソPadoa-Schioppa、財務大臣(イタリア)

リチャードN.パール、アメリカ企業は社会政策研究(米国)

ヘザー・ライスマン、会長、およびCEO(藍色本&音楽社(カナダ))

デイヴィド・ロックフェラー(米国)

マティアス ロドリゲスInciarte、副会長、Grupoサンタンデル銀行、(スペイン)

デニスB.ロス(ディレクター(近東方針(米国)のためのワシントン研究所))

オットーSchily(前内務大臣(ドイツ))

ユルゲンE. Schrempp、前取締役会長、ダイムラー・クライスラーAG(ドイツ)

Toger Seidenfaden、実行する編集長、ポリティカン(デンマーク)

ピーターD.サザーランド、会長、BP plc、および会長、ゴールドマン・サックスのインターナショナル(アイルランド)

ジュリオTremonti(国民議会(イタリア)の副社長)

ジーン・クロード、知事、欧州中央銀行(フランス/国際)

ジョンVinocur、シニアの特派員、インターナショナル・ヘラルド・トリビューン(米国)

ジェイコブ・ヴァレンベリー、会長、AB(スウェーデン)投資者

マーティンH.Wolf、共同編集者、フィナンシャル・タイムズ(UK)

ジェームズD. Wolfensohn(ガザ解放(米国)のための特使)

ロバートB.ゼーリック、国務副長官(米国)

クラウスZumwinkel、会長、DeutscheポストAG(米国)

エイドリアンD.ウルドリッジ、海外特派員、エコノミスト



スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

kane552004

Author:kane552004
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR