FC2ブログ

ChemtrailsはContrails(飛行機雲)ではありません・。

Chemtrails

by Mike Blair from Spotlight

(May 14, 2004)









--------------------------------------------------------------------------------

The strange-looking streaks in the sky aren't your imagination. They are anti-bacteriological warfare chemicals being tested by the federal government. And the public has been kept in the dark.


The Pentagon [and possibly other federal government entities] is testing anti-biological warfare agents, which produce the mysterious "Chemtrails" that are appearing on an irregular basis in the skies over many American cities, towns and rural areas.


An Air Force veteran, who while on active duty was attached to the nation's top secret National Security Agency (NSA), presents compelling evidence that the Pentagon is using regular Air Force and Air Force National Guard aircraft to release anti-bacteriological warfare chemicals into the skies.


The chemtrails were detected some two years ago over central Virginia. Since the original report, thousands of people across the country have contacted this newspaper [Virginia's Spotlight] about the tell-tale streaks in the sky. Some casually look at the "contrails," thinking they are from a plane's engine exhausts condensing water vapor into a visible cloud


Unlike True Contrails


If you closely watched the trails over an extended period of time, you can tell they are unlike regular aircraft contrails. The chemtrails do not rapidly disperse. Instead they gradually spread out in a lacy pattern, ultimately forming what appear to be banks of clouds.?


Even after fanning out, the chemtrails can be readily spotted because the banks of clouds are in straight lines across the sky as they mesh together. Sometimes they turn an otherwise sunny day into one that is overcast.


The former researcher said he believes he has tracked the chemical spraying to the "unconventional pathogen countermeasures program" of the top secret Defense Advanced Research Projects Agency (DARPA). The agency has funded laboratory studies and tests conducted by scientists at the University of Michigan at Ann Arbor.


DARPA Director Lawrence H. Dubois claims the agency is "not doing any large-scale or outdoor testing" and he knows of "no evidence that [the chemical substance] is being sprayed from aircraft by any agency of the federal government."


Extensive Research


"After talking to friends in Congress, government and medicine, I have been referred to the University of Michigan and Dr. James Baker Jr., his nanotechnology oil-water liquid-the same liquid developed by Dr. Craig Wright, a scientist at Novavax Inc. in Columbia, Md.," the researcher said. "I speak for thousands of American citizens who are being sprayed by military aircraft and haven't a clue why the government is spraying and lying to them. They are very concerned in light of the present?? administration."


The researcher said the government is planning for a biological attack against the United States. Government officials have referred to such an attack as "not if, but when."


A number of Third World countries hostile to the United States as well as Russia and Red China are involved in massive chemical and biological warfare development programs.


The government and its scientists claim that the chemicals being tested are harmless to humans. This researcher disagrees.


"Certain illnesses including pneumonia tracked the spraying effort across America but the American people have not been told about the project," the

researcher said. "In fact, government agencies have deliberately lied to the

citizens again and again.


"These aircraft trails appear below 10,000 feet and do not act like ice crystals. Spray from aircraft are observed cutting on and off as you would throw a switch on the aircraft control panel. Grid patterns are painted in the sky with 'X' and circles are also painted."


According to one investigator, the oil in the substance being sprayed is responsible for "rainbow-like" colorations that appear frequently during the formation of the chemtrails. The "X" found in an area being sprayed probably marks the areas for satellite study of the dispersal patterns.


Attack


Government officials are concerned about a biological attack against the United States involving the use of the deadly disease anthrax, which several countries, including Iraq and North Korea, are developing as a biological weapon.


Government officials also are concerned about the development of a pandemic outbreak of a deadly flu, similar to the so-called Spanish flu that killed tens of millions worldwide in 1918.


Recent outbreaks of a new flu strain in Hong Kong, which appears to be transmitted by chickens, has given rise to fears about a pandemic outbreak

developing and quickly sweeping across the globe.


As it turns out, the chemical substance is being tested at the University of Michigan under Baker's direction. Baker, a professor of internal medicine, serves as director of the Center for Biologic Nanotechnology at the university's medical school, which is effective at countering flu viruses and anthrax spores.


The substance, called BCTP, is a milky-white emulsion of tiny lipid drop lets suspended in solvent developed by Wright, chief research scientist at Novavax. Wright is also president of Novavax Biologics Division. Novavax is a bio pharmaceuticals company.


BCTP is made of water, soybean oil, Triton X 100 detergent and the solvent tri-n-butyl phosphate. BCTP envelops the viruses and spores, causing them to explode and thus destroying them upon contact.


Sources believe BCTP is being used as a countermeasure against anthrax, deadly influenza and other potential biological killers. If, for example, the government instituted a full-scale anthrax vaccination program, the public would panic, a researcher noted. This is particularly true in the wake of a mandatory anthrax vaccination program instituted by the military, he said.


Many critics are convinced the military is using an unsafe vaccine. "I believe the government is undertaking experiments with BCTP, a means of countering an anthrax or other biological attack without anyone being at

war," another researcher said. "It is, I think, a case of 'what they don't know

won't hurt them-it may help them.'


"But the point is, you don't experiment on the public without their knowledge and consent, or at least that is the way it's supposed to be,... in a democracy" he added.

?














Chemtrails

スポットライトからのマイク・ブレアによって

(2004年5月14日)

--------------------------------------------------------------------------------

空の奇妙な外観のすじはあなたの想像力ではありません。

それらは連邦政府によってテストされている反細菌学の戦闘化学薬品です。

そして、一般大衆は秘密にしておかれています。

国防総省[ことによるとおよび他の連邦政府エンティティ]は、反生物学の戦闘エージェント(それは、多くのアメリカの都市、町、および農村地域の上で空に不規則な基礎の上で出現している神秘的な「Chemtrails」を生産します)をテストしています。

現役勤務の間に、国家の極秘事項国家安全保障局(NSA)に付属していたことであった空軍ベテランは、国防総省が、空へ反細菌学の戦闘化学薬品をリリースするために通常の空軍と空軍州兵航空機を使っているという注目せずにはいられない証拠を見せます。

chemtrailsはバージニアの中心部の上で約2年前検出されました。

オリジナルのリポート以来、国中いたるところの数千人の人々は空の表示装置すじについてこの新聞社[バージニアのスポットライト]に連絡しました。

それらが可視の雲に水蒸気を濃縮している飛行機のエンジン排気装置からであると思って、何人かが偶然に「飛行雲」を見ます。

違った真実の飛行雲

あなたが密接に長期間に跡を見たならば、あなたは、それらが通常の航空機飛行雲と似ていないと言うことができます。

chemtrailsは急速に分散しません。

代わりに、たなびく雲であるようなものを最終的に成形して、彼らは徐々にレースパターンにおいて広がりました。

散開した後にさえ、それらが一緒に網にかかる時に、たなびく雲が空を横切って直線の中にあるので、chemtrailsはすぐに見分けられることができます。

時々、彼らは他の点では晴れた日を、曇っているものに変えます。

研究者は、彼が、極秘事項米国国防総省高等研究計画局(DARPA)の「慣例に従わない病原菌対策はプログラムします」に霧を吹いている化学薬品を追跡したと信じると言いました。

エージェンシーはアナーバーでミシガン大学で科学者によって行われた研究所研究とテストに出資しました。

DARPAディレクター・ローレンスH.デュボアは、エージェンシーが「どのような大規模な、またはアウトドアのテストもしていなく」、彼が、「[化学物質]が航空機から連邦政府のどのようなエージェンシーによってでも吹きかけられているという証拠がありません」を知っていると主張します。

広い研究

「議会、政府、および医学の友人と話した後に、私はミシガン大学とジェームズ・ベーカーJr.博士(クレイグ・ライト博士(コロンビア、メリーランドのNovavax社の科学者)によって開発された彼のナノテクノロジー水中油滴型液体)に差し向けられています」と研究者は言いました。

「私は、軍用機により吹きかけられている数千人のアメリカの市民のために代弁します 手掛かり 政府が霧を吹き、それらに嘘を言っている理由 。

「それらは現在の管理を考慮して非常に関係します」。

研究者は、政府が米国への生物兵器の攻撃の計画を立てていると言いました。

政府高官は、「違うならば,けれども、いつ」のような攻撃を参照しました。

ロシアと赤い中国と同様に米国に敵対している多くの第三世界国は大規模な化学兵器戦争と細菌戦の開発計画に関係しています。

政府とその科学者は、テストされている化学薬品が人に無害であると主張します。

この研究者は意見が異なっています。

「肺炎を含む一定の病気はアメリカを横切って霧を吹く努力を追跡したけれども、アメリカ人はプロジェクトについて話されていません」と研究者は言いました。

「実のところ、政府機関は何度も意図的に市民に嘘を言いました」。

「これらの航空機跡は10,000フィート未満のようで、氷結晶のように作動しません」。

あなたが航空機コントロールパネルにスイッチを投げかけるであろう時に、航空機からのスプレーは時々切れることに気づかれます。

「グリッドパターンは‘X’によって空に描かれて、円はまたペイントされます」。

1人の調査者によると、吹きかけられている物質の中のオイルは、chemtrailsの構成に頻繁に出現する「虹風の」彩色に責任があります。

たぶん吹きかけられているエリアで発見された「X」は拡散パターンの衛星研究のためにエリアをマークします。

攻撃

政府高官は、イラクと北朝鮮を含むいくつかの国が生物兵器として患っている必殺の病気炭疽の使用に関係している米国への生物兵器の攻撃について心配しています。

政府高官はまた、1918年に世界的に千万人を殺したいわゆるスペインかぜに類似している必殺のインフルエンザの全国的流行の発生の開発について心配しています。

香港の新しいインフルエンザ株の最近の突発(それは、チキンによって送られるようで、発展している全国的流行の突発について恐怖を起こし、世界中で迅速に掃除しています)。

分かったことに、化学物質はベーカーの指導のもとでミシガン大学でテストされています。

ベーカー、内科医学の教授は大学の医学校で生物学上ナノテクノロジーのためのセンターのディレクターとして勤務しています(それは、インフルエンザウイルスと炭疽菌胞子を打ち返す時に効果的です)。

BCTPと呼ばれる物質はライト(Novavaxの主要な研究科学者)によって開発された溶媒の中で中断された小さな脂質落下賃貸の乳状の白人の乳液です。

ライトはまたNovavax生物製剤部門の部長です。

Novavaxは調剤会社です。

BCTPは水、大豆油、トリトンX 100洗剤、および溶解力があるトリ-n-ブチルホスフェートで作られます。

BCTPがウイルスと胞子を包んでその結果それらを、爆発させて、それから、接触において彼らを破滅させます。

ソースは、BCTPが炭疽、必殺のインフルエンザ、および他の潜在的な生物学の殺人者に対して対策として使われていると信じます。

例えば、政府が実物大の炭疽菌予防接種プログラムを開始したならば、一般大衆はうろたえるであろうと研究者は注意しました。

これは特に軍隊によって開始された義務的な炭疽菌予防接種プログラムの後で真実であると彼は言いました。

多くの批評家は、軍隊が危険なワクチンを使っていることを確信します。

「私は、政府が、BCTP(誰も戦争中にいずに炭疽菌または他の生物兵器の攻撃を打ち返す方法)と実験を引き受けていると信じます」と別の研究者は言いました。

「それはおそらく、‘彼らが、彼らそれを負傷させないであろうと知らないものは彼らを助けるかもしれません’のケースです。」

「しかし、ポイントは民主主義国の…中で、あなたが彼らの知識と同意なしで一般大衆について実験しないか、少なくともそれが、それが、そうであると思われている方法であることです」と彼は付け加えました。


蛇足


最近は日本でも多く見られる・。あなたの町にもあるでしょう。・地震雲などという人もありますが・。







youtube


http://www.youtube.com/watch?v=lBjDSNWiuKQ&mode=related&search
=

http://www.youtube.com/watch?v=xCpEcHya7Jk&mode=related&search




スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

kane552004

Author:kane552004
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR