FC2ブログ

ドンキホーテかもしれないが、狼煙は上がり始めた・??。

Chinese Secret Society Challenges Illuminati

By Henry Makow Ph.D.

June 29, 2007


?






By Henry Makow Ph.D.


A Chinese secret society with 6 million members, including 1.8 million Asian gangsters and 100,000 professional assassins, have targeted Illuminati members if they proceed with world depopulation plans, according to Tokyo-based journalist Benjamin Fulford, 46.


They contacted Fulford, a Canadian expat, after he warned that the Illuminati plan to reduce the Asian population to just 500 million by means of race-specific biological weapons.


"The Illuminati, with the exception of Japan,? is very much a white man's game," Fulford says.


The secret society confirmed Fulford's information and asked for advice. He provided them with a list of 10,000 people associated with the Illuminati, mainly members of the Bilderberg, CFR and Skull and Bones. Neo Cons are also high priority targets.


"I have promised that not a single person will die if they negotiate in good faith," Fulford says.


Fulford is the former Asian Pacific bureau chief for Forbes magazine. He quit in disgust when Forbes refused to run a damaging story about one of its advertisers. Fulford has since written 15 books in Japanese. His most recent is a scathing dissection of the 9-11 Hoax.


Fulford says Japan has been controlled in secret by the Illuminati through the use of murder and bribery. Underground sources tell him the Americans have murdered over 200 Japanese politicians and influential citizens since the end of WW2.


Among the victims are former Prime Ministers Tanaka, Takeshita, Ohira and Obuchi. They were all murdered using a special drug that induces strokes. The Illuminati have been warned that the Chinese secret society will not tolerate any more murders. It has also extended its protection to truth seekers in the West.


AN ANCIENT SOCIETY


The Chinese Secret Society is called the "The Green and the Red Societies," Fulford says.


?It? "can be found in the history books. When the Manchus invaded China in 1644, the Ming army became an underground society aimed at overthrowing the Qing (Manchu) and restoring the Ming. They supported the Boxer Rebellion but were put down by imperialist powers. Later, with the help of overseas Chinese and the Japanese imperial family, the society managed to overthrow the last Emperor and install Sun Yat Sen in his place. They last appear in the history books as the Green Gang and the Red Gang that fiercely fought the Communists in Shanghai in the 1940’s. They were defeated by the Communists in 1949 and once again became an underground organization."


"Since 1949 they have steadily increased their influence throughout China and the rest of the world. They have members at the very highest levels of the Chinese government but they are by nature anti-establishment, and are not an official Chinese government organization. ..


"The society has deep roots in Japan because of the link between Yakuza crime gangs and the Japanese imperial family. The Japanese imperial family are descended from 6th century Korean invaders. The original invaders had trouble putting down the native Jomon peoples so they brought over a tough, warlike minority people from the Asian mainland. These are the ancestors of the Yakuza. They have historically been used for secret work and for jobs like collecting taxes. When the Japanese decided to help overthrow the last Chinese dynasty, they used the Yakuza as a go-between with the Chinese secret society, many of whose members were gangsters. To this day many of the senior leaders of this group are actually Japanese, not Chinese."


"It must be made very clear though that it is not a crime gang. Although many members are Triad and Yakuza members, over 2/3 thirds of the members are intellectuals such as university professors, researchers and government bureaucrats. Each member earns their own living and membership in the society is like belonging to an emergency fire brigade. Their book of rules reads like a book of ethics filled with instructions to do things like help the weak, fight injustice, help your comrades etc."


"They approached me and asked if they could help after I made a speech in Tokyo describing the Bush regimes’ use of race-specific biological weapons. For me it was like a ghost from the history books appearing right in front of me. At first I thought of silly things like having them play 911 truth videos in Chinatowns around the world. However, then I remembered the scene from the movie Kill Bill where Uma Thurman snatches out her opponent’s eye. I soon realized these people could save the world by directly attacking the eye at the top of the pyramid on the one-dollar bill."


"Think about it, the illuminati and their top servants have a total membership of about 10,000 whereas the Chinese group has over 6 million members. That is 600-to-one odds. Furthermore, the 6 million have the names and addresses of the 10,000 while the 10,000 do not know who or where the 6 million are."


FULFORD ON THE ILLUMINATI


"Below is a brief a summary of the intelligence I have received from sources including: former Japanese Prime Ministers, senior Yakuza gangsters, senior Japanese Freemasons, Western intelligence agencies etc.


"First the illuminati are really inbred families of European and North American traditional aristocracy and banking families. They control the U.S., England, Europe (except for Scandinavian countries, Germany and Italy; Italy kicked them out in the 1970's),Japan, Africa, Iran, Canada and Mexico. They do not control China, Russia (Putin kicked them out for the first time since 1917), India, South East Asia, South America, Cuba etc.


"Their goal is to create a world government. Until 2 years ago the plan was the New World Order. That was outlined pretty clearly in the Project for a New American Century. However, with the debacle in Iraq, the secret government of the West changed to a new plan that is a world government based on the EU. To do this they will sabotage the U.S. economy.


"However, there is a big schism in the secret government. Jay Rockefeller and Philip Rothschild support one faction, the Global Warming Faction. Opposing them is the War on Terrorism Faction supported by David Rockefeller and the JP Morgan descendents (Bush, Harriman, Walker etc.). The warming people want to sell 500 nuclear power plants to China and a similar amount to the rest of the world. The terrorism guys want to keep U.S. dominance by maintaining control over oil. Putin was a huge setback for them.


"They are also neo-Nazis who want to reduce the amount of colored people in the world by at least half through disease, starvation and war. The Chinese secret society got wind of this and is preparing to stop them."


GERMANY ITALY AND SCANDINAVIA NOT ILLUMINATI?


I challenged Fulford on Germany, Italy, Scandinavia and possibly Russia not being controlled by the Illuminati. He replied that "the quality of my intelligence varies":


"I can say with certainty that China, Russia and India are free. When Putin kicked out Nieslev and Bereshovsky and arrested Khordokovsky, he basically kicked the Rockefellers and Rothschilds out of Russia. I have good Russian sources and am confident Putin is a nationalist who is fighting the Illuminati with all his might. When ex-NSA chief Bobby Inman spoke at the Foreign Correspondent’s Club of Japan on June 26th he made it very clear he expected a protracted struggle with Russia.


"India kicked them out in Ghandi’s day and they have never been allowed back. Having liberated themselves after 300 years of Illuminati (East India Company) rule, they do not intend to let themselves fall under their control again.


"There have been many attempts by the Illuminati to infiltrate and dominate China. They financed Chairman Mao but he then kicked them out in the 1960’ s (that is why China and the USSR nearly went to war then). They are now trying to create a financial crisis in China that would open the way for them to infiltrate the Chinese financial system. They will not succeed. Italy basically purged itself during the big P2 Masonic lodge scandal back in the 80’s and re-infiltration has only been partly successful. Germany is part of the Nato alliance and is thus indirectly controlled. There is a powerful branch of the Rothschild family operating there.


"However, Germany does not appear on a top-secret Illuminati power flow chart I have obtained. As far as Iran is concerned, I know they financed Ayatollah Khomeini and Iran appears on the flow chart I have. My understanding is they want to provoke a conflict between Islam and the West so they can consolidate their control over the Muslim and Christian worlds before finishing world conquest by taking over China and India."


CONCLUSION


Fulford says a meeting is being arranged with Russia’s Vladimir Putin to make sure the KGB also cooperates in this plan to snatch the eye out of the pyramid.


"So far, I have told the Illuminati that they are no longer allowed to murder Japanese politicians. I now plan to extend this protection to all politicians in the West. If the illuminati assassinate or attempt to assassinate Ron Paul, Barak Obama or any politician, may God have mercy on their souls."


"Since I am a peace-loving, laid-back Canadian suddenly put in a situation of great responsibility, I feel I must act as a servant of the weakest people and creatures on the planet. I have also been negotiating in secret with the Illuminati in the hopes of arranging for them to cede power without any bloodshed in exchange for a general amnesty.


'Trust me on this, the illuminati have failed because of their racism. Although other peoples understand that theWest is a slave society, those living there do not realize it. The illuminati do not control China, India or now Russia. They are about to lose power. We are like people living in Berlin before the collapse of the Berlin wall. The illuminati are like the Wizard of Oz; once you pull aside the curtain you are surprized by how weak they really are. They rely on illusion. Once the illusion is gone, they are just a bunch of weak old men.


"I do believe we now have a real chance to end the New World Order and start the New Age. The New Age would be one where war, poverty and environmental destruction would only be found in the history books."


I applaud Benjamin Fulford's courage, idealism and defiance. However, he is new to this subject and may have been mislead. He shouldn't use Illuminati teminology? like "New Age" . The Illuminati control the central banks of Russia, China, India and Venezuela. They control the EU. Germany may not appear on the Illuminati chart because it is at the top. Barak Obama is a Zionist stooge.? The Illuminati Li Ka-Shing (and family) has had a major role in China. Heck, the Communists are Illuminati. I thought the Illuminati controlled organized crime. I can't imagine a genuinely benevolent secret society. It would be encouraging if this were one.


It's possible Fulford is sincere but is being used to confuse and/or create divisions. Possibly they want to ramp up domestic terrorism as an excuse for martial law. Now, Orientals as well as Muslims could be on the watch list. This secret society is challenging the traitorous Western Establishment. We're talking about the State Apparatus! So please be critical. It may or may not be what he says. Time will tell.


In any case, it's time we refused to bow down to tyranny and called a spade a spade.

Imagine, in Japan he writes the truth in the mainstream media! Maybe some day, we'll do that in America. Benjamin Fulford is an inspiration and deserves our thanks.

中国秘密結社は啓蒙主義者に挑みます。

2007年6月29日

ヘンリーMakow博士によって

東京を本拠とするジャーナリスト ベンジャミン・フルフォード、46才によると彼らが世界人口減少計画を続行するならば、180万人のアジアギャングと10万人のプロの暗殺者を含む600万人のメンバーによる中国の秘密結社は啓蒙主義者メンバーをターゲットとしました。

フルフォードは啓蒙主義者が人種特有の生物兵器によってアジア人口をちょうど5億に減らすことを計画することを警告した後に、彼らはフルフォード、カナダ海外駐在員に連絡しました。

「啓蒙主義者は、日本を除いて、大方は白人のゲームです」とフルフォードは言います。秘密結社はフルフォードの情報を確認し、アドバイスを要求しました。

彼はそれらに啓蒙主義者(主にBilderberg、CFR、およびスカル&ボーンズのメンバー)と関連した10,000人の人々のリストを提供しました。

Neoコンは最優先目標です。「私は、彼らが誠意を持って交渉するならば、1人の人も死なないであろうということを約束しました」とフルフォードは言います。

フルフォードはフォーブス誌の前のアジア及び太平洋局長です。

フォーブスが、その広告者の1人についての有害な話を実行することを断った時に、彼はうんざりしてやめました。

フルフォードはその後日本語で15冊の本を書きました。

彼の最も最近のものは9-11のデマの手厳しい解剖です。

フルフォードは、日本が殺人と贈収賄の使用を通して啓蒙主義者によって秘密にコントロールされていると言います。

地下の関係筋は彼に、アメリカ人が第二次大戦後以来ずっと200人を超える日本の政治家と有力な市民を殺していると言います。

前の総理大臣田中、竹下、大平、および小渕は犠牲者に含められます。

それらは、ストロークを引き起こす特別な薬を使って、すべて殺されました。

啓蒙主義者は、中国の秘密結社がより以上の殺人を許容しないであろうということを警告されています。それはまたその保護を西欧の真実捜索者に拡張しました。

古代において


中国秘密結社は「緑色と赤社会」と呼ばれるとフルフォードは言います。

それは「歴史の本の中で発見されることができます」。

Manchusが1644年に中国を侵略した時に、明軍隊は、チン(Manchu)を倒し、明を復元することに向けられた地下の社会になりました。

彼らはボクサー謀反をサポートしたけれども、帝国主義的な能力によって降ろされました。

後で華僑と日本の皇族の助けによって社会は、どうにかして最後の皇帝を倒し、彼の代わりにSun Yatセンをインストールします。

グリーンギャングと凶暴に、1940年代に上海の共産主義者と戦った赤いギャングとして、彼らは最後に歴史の本の中で出現します。

「それらは1949年に共産主義者に敗れて、もう一度、地下組織になりました」。

「1949以来、彼らは中国と世界のその他の中で着実にそれらの影響を増大させました」。彼らは中国政府のまさに最も高いレベルにメンバーを持っているけれども、彼らは自然反体制によっていて、公式な中国の政府機関ではありません。

..

「社会はやくざ犯罪ギャングと日本の皇族の間のリンクのため日本に深い根を持っています」。

日本の皇族は6世紀の韓国の侵略者から下降します。

オリジナルの侵略者はネイティブの縄文式の民族を降ろすことにおける苦労を抱えていたので彼らがアジア本土から手強く、好戦的な少数の連中を呼び寄せました。

これらはやくざの祖先です。

それらは、歴史的に、秘密の仕事のために、そして税金を徴集するような仕事のために使われています。

日本人が、最後の中国の王朝を倒すのを手伝うと決めた時に、彼らは中国の秘密結社と仲介者としてやくざを使いました(そのメンバーの多くはギャングでした)。

「今日まで、このグループのシニアのリーダーの多くは実際中国語ではなく日本語です」。

「それが犯罪ギャングではないことはしかし非常にクリアにされなければなりません」。

多くのメンバーは三幅対とやくざのメンバーであるけれども、メンバーの上の3分の2は大学教授、研究者、および政府官僚などの知識人です。

各メンバーは彼ら自身の生活を得て、協会の会員は、緊急消防局に所属することに似ています。

「助けのような物のために弱く、戦いの不正行為をする、同僚を助けるなどであることの指示で満たされた倫理の本のように、規則ようにそれらの本はを読めます」

「彼らは私に接近し、人種特有の生物兵器をブッシュ政権の使用を説明した東京での私のスピーチ後に、彼らが助けることができたかどうかを尋ねました」。

私にとって、それはまさに私の前に現れている歴史の本からゴーストに似ていました。

最初は、それらに世界中で中国人街で911の真実ビデオを行わせるような無分別な物について、私は考えました。

それから、しかし、ユマ・サーマンが彼女の相手の目の外で奪取する所で、私は映画殺し請求書から場面を覚えていました。

「私はすぐ、これらの人々が、1ドル札の上のピラミッドのトップを目を直接攻撃することによって世界を救うことができることに気がつきました」。

「啓蒙主義者について考えてください。そうすれば、それらの一番上の使用人は約10,000の全体のメンバーシップを持っているのに対して、中国のグループは600万人を超えるメンバーを持っています」。

それは600対1のオッズです。

「さらに、10,000が、600万が誰またはどこであるかを知らない、600万は10,000の名前とアドレスを持っています」。

フルフォード、オン、啓蒙主義者

「以下は、私が以下を含むソースから受け取ったインテリジェンスの1つの要約あたり1つです:」

前の日本総理大臣、シニアのやくざギャング、シニアの日本フリーメーソン会員、西洋の諜報機関など

「一番目、啓蒙主義者は本当にヨーロッパと北アメリカの伝統的な貴族階級と銀行家一族の生得のファミリーです」。

彼らは、米国、イギリス、ヨーロッパ(スカンジナビア国、ドイツ、およびイタリアを除いた;イタリアは1970年代に彼らを追い出しました)、日本、アフリカ、イラン、カナダ、およびメキシコをコントロールします。

彼らは、中国、ロシア(プーチンは彼らを追い出しました)、インド、東南アジア、南アメリカ、キューバなどをコントロールしません。

「それらのゴールは、世界政府を作成することです」。

2年前まで、計画は新世界秩序でした。

それは新しいアメリカ世紀の間、プロジェクトの中でかなりはっきりと概説されました。

しかし、イラクの破壊によって、西欧の秘密の政府は、EUに基づいた世界政府である新しい計画に変わりました。

これをするために、彼らは米国経済を妨害するでしょう。

「しかし、秘密の政府の中に大きな分裂があります」。

ジェイ・ロックフェラーとフィリップ・ロスチャイルドは1つの派閥、地球温暖化派閥をサポートします。

それらに反対することはデイヴィド・ロックフェラーによってサポートされたテロ派閥とJPモーガンdescendents(ブッシュ、ハリマン、ウオーカーなど)上の戦争です。

暖まっている人々は、500の原子力発電所を中国に売り、同様な量を世界の残りに売りたいと思っています。

テロ男は、オイルに関してのコントロールを維持することによって米国優越を保持したいと思っています。

プーチンはそれらの莫大な妨げでした。

「彼らはまた、着色された人々の数を世界で病気、飢餓、および戦争を通しての少なくとも半分に減らしたいネオ・ナチです」。

「中国の秘密結社はこれのうわさをかぎつけて、それらを止めることを準備しています」。

ドイツイタリアとスカンジナビアは啓蒙主義者でない?

ドイツ、イタリア、スカンジナビア、およびことによると啓蒙主義者によってコントロールされていないロシアについて私はフルフォードに挑みました。

彼は、「私のインテリジェンスの品質は変わります」と答えました:

「私は、中国、ロシア、およびインドが自由であると確信を持って言うことができます」。

プーチンがNieslevとBereshovskyをけり出し、Khordokovskyを逮捕した時に、彼は基本的にロシアからRockefellersとRothschildsを蹴り出しました。

私はよいロシアソースを持っていて、プーチンが、全力で啓蒙主義者と戦っている国家主義者であるのを確信しています。

ex-NSAチーフ ボビー・インマンが6月26日に海外特派員の日本のクラブで話した時に、彼は、彼がロシアとの持久戦を予期していたことを非常にクリアにしました。

「インドはGhandiの日に彼らを追い出し、彼らは一度も戻ることを許されたことがありません」。

300年の啓蒙主義者(東インド会社)規則の後で自身を解放して、それらは、自身を再びそれらのコントロール下に入らせるつもりではありません。

「中国に浸入し、支配する啓蒙主義者による多くの試みがありました」。

それらは毛主席に資金提供したけれども、彼は1960年代においてその時それらをけり出しました(それは、その時中国とソ連が戦争にほとんど行くところであった理由です)。

彼らは現在、彼らが中国の金融制度に侵入する道を開くであろう中国で金融恐慌を作成しようとしています。

彼らは成功しないでしょう。

基本的に80年代に引き返している大きなP2フリーメーソンロッジスキャンダルと再浸透の間に自身で清められたイタリアは部分的に成功しているだけでした。

ドイツはNato同盟の一部であり、従って間接的にコントロールされます。

そこで動作しているロスチャイルド家の強力な分家があります。

「しかし、ドイツは、私が得た極秘の啓蒙主義者パワーフローチャートの上で出現しません」。

イランに関する限り、私は、彼らがホメイニアヤトウラに資金提供したと知っていて、私が持っているフローチャートの上で、イランは出現します。

「私は、彼らが、中国とインドを引き継ぐことによって世界征服を終える前にイスラム教とキリスト教の世界に関しての彼らのコントロールを統合することができるように、彼らが、イスラム教と西欧の間の衝突を引き起こしたいと理解しています」。

結論

フルフォードは、ミーティングが、目をピラミッドから奪取するこの計画のために、KGBがまた協力するのを確かめるためにロシアのウラジミル・プーチンと取り決められていると言います。

「これまでに、私は、啓蒙主義者に、彼らが、もう、日本の政治家を殺すことを許されないと言いました」。

私は現在、この保護を西欧のすべての政治家に拡張することを計画します。

「啓蒙主義者が暗殺するか、ロン・ポール、バラク オバマ、またはすべての政治家を暗殺して試みるならば、神は彼らの魂に哀れみをかけるかもしれません」。

「私が突然重い責任の状況に入れられた平和を愛好し、気楽なカナダ人であるので、私は、私が地球の上の最も弱い国民と生き物の奉仕者として行動しなければならないと思います」。

私は、また、彼らが、全面的な恩赦と交換にどのような流血もなしでパワーを譲渡するように手配する希望における啓蒙主義者と秘密に交渉していました。

‘これの上で私を信頼してください、啓蒙主義者はそれらの人種差別のために失敗しました’。

他の民族は、西欧が奴隷社会であると理解しているけれども、そこに生きるそれらはそれを理解していません。

啓蒙主義者は中国、インド、または現在ロシアをコントロールしません。

それらは、まさにパワーを失おうとしています。

私達はベルリン壁の崩壊の前にベルリンに住む人々に似ています。

啓蒙主義者はオズの魔法使いに似ています;

あなたがわきへカーテンを引いたら、あなたは、それらが本当にどれほど弱いかによって驚かされます。

彼らは幻覚に頼っています。

幻覚がなくなったら、彼らは単に弱い老人の集まりです。

「私は、私達に現在、新世界秩序を終えて、ニューエイジを始める本当のチャンスがあると信じます」。

「戦争、貧乏、および環境破壊が歴史の本の中で発見されるだけであろう所で、ニューエイジはあるでしょう」。

私はベンジャミン・フルフォードの勇気、理想主義、および反抗を賞賛します。

しかし、彼はこの主題のために新しく、欺きであったかもしれません。

彼は「ニューエイジ」のような啓蒙主義者teminologyを使うべきでありません。

啓蒙主義者はロシア、中国、インド、およびベネズエラの中央銀行をコントロールします。

彼らはEUをコントロールします。

それがトップにあるので、ドイツは啓蒙主義者チャートの上で出現しないかもしれません。

バラク オバマはシオニズムの引立て役です。

啓蒙主義者、李家のShing(そしてファミリー)は中国に主要な役割を持っていました。

残念ながら、共産主義者は啓蒙主義者です。

私は、啓蒙主義者が組織犯罪をコントロールしたと思いました。

私は心底情け深い秘密結社を想像することができません。

これが本物であったならば、それは励みになっているでしょう。

フルフォードが誠実であることは可能であるけれども、部門を混乱させて、及び作成するために使われています。

ことによると、彼らは、戒厳令にかこつけて国内のテロを立ち上げたいと思っています。

さて、イスラム教徒と同様に東洋人はウォッチリストの上にいるかもしれません。

この秘密結社は反逆的な西欧設立に挑んでいます。

私達は国家機構について話しています!

従って、どうぞ、重大であってください。

それは、彼が言うことであるかもしれないし、そうでないかもしれません。

時がたてばいずれわかるでしょう。

ともかく、もう私達が、専制政治におじぎをすることを断り、はっきり言うころです。

彼が主流メディアの中で真実に書く日本で想像していてください!

たぶん、いつか、私達はアメリカでそれをします。

ベンジャミン・フルフォードはインスピレーションであり、私達の感謝に値しています。

スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

kane552004

Author:kane552004
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR