FC2ブログ

山本尚利氏コラムから

ベンチャー革命2007年7月30日

                           山本尚利

タイトル: 2007年夏参院選挙:進歩しない日本の民主主義



1.自民党:歴史的大敗

 2007年7月29日、日曜日、参院選挙が行われ、与党自民・公明党が歴史的な大敗を喫しまし

た。反自民票の多くが野党第一党である民主党に流れ、結果的に民主党が大勝しました(民

主党60議席、自民党37議席、公明党9議席、その他15議席、合計121議席改選)。

 今回の参院選挙に向けて、以前から安倍内閣はすさまじい攻撃を受けていました(注1)

が、結局、劣勢を吹き飛ばす巻き返しのパフォーマンスが打てないまま、最悪の状況で選挙

を迎えました。案の定、その結果はボロボロであったわけです。

土壇場で隠し玉(おそらく北朝鮮がらみ)を出して、一挙にうっちゃる予定だったのでしょ

う。そのために、わざわざ選挙日を当初の予定から1週間、延期したのに、その間に逆転パフ

ォーマンスを打つことに失敗したため、延期した最後の1週間でさらに民主党に水をあけられ

たと思われます。

 こうして、本選挙で安倍内閣が大敗するように仕向けた勢力にとって、計算どおりの選挙

結果となったわけです。

 発足以来、安倍内閣はこれでもか、これでもかとすさまじい攻撃に曝されたにもかかわら

ず、山口県や鹿児島県など、地方の数県の一人区において、民主党候補者の猛烈な追い上げ

をかわして、自民党候補者が勝利しています。筆者はむしろ、この結果の方に驚きました。

あれだけ自民党の反国民的本性が暴露されてもなお、自民党や自民党候補者に投票する国民

が少なからず存在することが筆者には到底、信じられません。また、これほど盛り上がった

選挙にもかかわらず、依然として有権者の約4割もが棄権していることにも驚かされます。



2.自民党の敗因

 安倍内閣の表向きの性格は、小泉内閣を踏襲していますが、その本性は、親米右翼であ

り、核武装推進主義内閣でしょう。今回の選挙で安倍内閣に不信感(アンチ安倍)を抱いた

国民が大挙して民主党支持に回ったのは確かですが、問題はアンチ安倍の中味です。核武装

推進主義を危険視してのアンチ安倍では決してないのです。また、安倍内閣の対米隷属主義

に反対してのアンチ安倍でもありません。安部首相個人の政治的リーダーシップへの疑問、

閣僚人事采配への不信、年金問題への取り組みのいい加減さ、中央と地方格差の放置への怒

りなど、アンチ安倍は非常に感情的なものと思われます。

 その意味で、民主党の今回の大勝は、安倍政権の敵失であって、決して民主党のホンモノ

の勝利とはいえません。それで思い出されるのは、忘れもしない2005年9月11日、小泉政権時

代の衆院選挙、俗にいう郵政民営化選挙(注2、注3、注4)です。この当時、筆者は小泉首

相の詐欺師的な国民騙しの手練手管をとっくに見破っていましたが、多くの国民には、当時

の小泉首相はリーダーシップのある改革派政治家にみえていたと思われます。今回の安倍首

相と真反対でした。当時、国民の感情的な小泉人気によって、自民党は郵政民営化選挙で圧

勝しました。多くの国民は郵政民営化のもたらす未来の国民的大損失がみえないまま、自民

党を大勝させたのです。その後、一部の賢明なる国民が小泉氏の売国的政治に気づいて、小

泉自民党を大勝させたことを大いに悔やんでいますが、それは決して多数派ではありませ

ん。マスコミ報道によれば、今回の選挙でも、安倍首相より小泉氏の方が、依然、人気が高

いそうです。

 以上の観察からわかることは、2005年に自民党を大勝させた国民感情と、今回、自民党を

大敗させた国民感情はコインの表と裏で、本質的には同質のものとみなすことができます。

 つまり国民の知的レベルはマクロ的には、まったく進歩していないということです。

 そのことを熟知している現在の自民党政治家は、当時の小泉人気の再来を期待して、首相

の器としては未熟であることを承知の上で安倍晋三氏を後継首相として選出、今回の参院選

では、柳の下のどじょうよろしく、安倍人気に多大な期待を賭けたのですが、まったく裏目

にでてしまったわけです。しかしそれは自業自得としかいいようがありません。衆愚政治を

繰り返した天罰です。



3.日本では相変わらず進歩しない民主主義

 2005年の衆院選挙および今回の参院選挙で観察できるのは、日本では民主主義が相変わら

ず定着しないし、進歩もしないという点です。日本国民の多くは、政治家の主義主張で合理

的に政権選択するのではなく、非常に感情的に政権選択することがよくわかります。世界中

の民主国家で行われる選挙でも、ある程度、国民が感情的に政権選択するであろう面は否定

できませんが、日本の場合、それがほとんど支配的である点に特徴があります。

 日本の政治に介入しようとする勢力にとって、日本国民のこの特性を逆手にとることがで

きれば、日本の政治を面白いように自由に操れるわけです。

 筆者の見方によれば、日本の政治は小泉政権時代に完全に、米国覇権主義者の掌の上に乗

せられたと思います。この結果、万年与党の自民党に何が起こったか。小泉首相が登場する

前まで、自民党は対米面従腹背主義者が多数派を占めていたと思われます。ところが2001年4

月、小泉内閣発足時点から、今日の安倍内閣の誕生に至るまで、対米隷属主義者が自民党の

実権を握ってしまったのです。しかしながら、特に地方の伝統的自民党支持者はその変化を

的確に認識していないのではないでしょうか。伝統的自民党支持者にとって自民党とは、小

泉首相登場以前の対米面従腹背主義の政治家(利権政治家含む)主導の旧自民党なのでしょ

う。しかしながら、現在の自民党は完全な米国傀儡政党(対米隷属主義政党)に豹変してい

るのです。

 ただ、安倍首相は、小泉前首相とは違って、筋金入りの対米隷属主義者でもなく、さりと

て、筋金入りの対米面従腹背主義者でもないことが、まず対日攻略専門の米国覇権主義者

(ジャパン・ハンドラー)に見破られ、早速、クビのすげ替えが画策されていると筆者は読

んでいます(注1)。ジャパン・ハンドラーは小泉氏に匹敵する筋金入りの対米隷属主義者

を自民党リーダーに据えたいと考え、以前、ポスト小泉に竹中平蔵氏を据えたいと画策した

(注5)のですが、国民人気の点で劣り、やむを得ず、見栄えと育ちのよい安倍氏が選ばれ

たに過ぎないということです。しかしながらジャパン・ハンドラーの鑑識眼に狂いはなく、

安倍氏は日本国民より先に、いち早く彼らに見限られたのでしょう。その結果、安倍内閣は

発足したとたんに、まず彼らから猛攻撃を受ける羽目になったのです。

 ジャパン・ハンドラーにとってのポスト安倍のシナリオは二つあって、ひとつは、(1)

小泉氏からリモコンされやすい小池防衛大臣のパペット首相実現シナリオ、もしくは(2)逆

境の安倍首相への攻撃をさらに持続・強化させ、安倍内閣総辞職、衆院総選挙を誘導して一

挙に民主党への政権交代劇を演出するシナリオが想定されます。ジャパン・ハンドラーにと

って、日本の民主党が与党になってもまったく問題なく、同党を完全に掌握する自信は十分

あるのでしょう。なぜなら、民主党にも小泉氏に負けず、劣らずの対米隷属主義者が忍び込

ませてあるからです。その意味で、現在、われわれ日本国民は、すでに、保守と革新という

伝統的な与党、野党の政権選択肢をすでに剥奪されているということです。

 一部の国民はこの点にうすうす気づいているからこそ、反自民の票が民主党の思い通り、

民主党にスムーズに流れないと思われます。



注1:ベンチャー革命No.233『安倍政権を攻撃しているのは何者?』2007年7月8日

http://www.geocities.co.jp/SiliconValley-Oakland/1386/mvr233.htm


注2:ベンチャー革命No.174『9.11衆院選挙:国民の知性が試される日』2005年8月18日

http://www.geocities.co.jp/SiliconValley-Oakland/1386/mvr174.htm


注3:ベンチャー革命No.176『9.11衆院選挙は茶番か』2005年9月4日

http://www.geocities.co.jp/SiliconValley-Oakland/1386/mvr176.htm


注4:ベンチャー革命No.177『怖くなった小泉首相』2005年9月17日

http://www.geocities.co.jp/SiliconValley-Oakland/1386/mvr177.htm


注5:ベンチャー革命No.179『竹中総理大臣の誕生か?』2005年10月1日

http://www.geocities.co.jp/SiliconValley-Oakland/1386/mvr179.htm




山本尚利(ヤマモトヒサトシ)

hisa_yamamoto@mug.biglobe.ne.jp


http://www.geocities.co.jp/SiliconValley-Oakland/1386/melma.htm


http://www.geocities.co.jp/SiliconValley-Oakland/1386/magazine-menus.htm

スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

kane552004

Author:kane552004
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR