FC2ブログ

人々をコントロールする。

The New World Order, The Bilderberg Plan ? Control Oil, Control People, Part 23


Deanna Spingola



There are arguments from both sides of the oil issue: either we are quickly running out of oil or we have adequate oil to meet our requirements for generations. Both sides offer evidence, witnesses, experts and documentation to validate their assertions. Some peak-oil projects, funded by oil companies, are highly suspect.
The very credible Lindsey Williams maintains that the North Slope in Alaska has as much crude oil as Saudi Arabia. Governor Frank H. Murkowski said in 2005 that there is enough oil on the North Slope to supply the entire United States for 200 years. 1 Antony Sutton, author of Energy, the Created Crisis, is adamant that we have sufficient oil. Conversely, I have read reports which support the peak oil theory. I personally believe, after research, that “there is enough and to spare.” Doom and gloom, Chicken Little oil scarcity claims have been propagated from the beginning. A scarcity, authentic or manufactured, of any crucial commodity accomplishes the following:


1. Increases profits to those who manipulate that commodity.


2. Allows the controllers to determine availability to the “right” people.


3. In the case of energy ? severely impacts lifestyle, progress and prosperity.


4. Extracts more money from an often overburdened consumer.



Henry A. Kissinger, Rockefeller’s well-compensated, multi-purpose minion and long-time member of the Council on Foreign Relations (CFR) said: “Control the oil and you can control entire Continents. Control food and you control people.” 2 Michael Collon, Belgian author said: “If you want to rule the world, you need to control oil. All the oil. Anywhere.” 3


The first very memorable “oil crisis” occurred in 1973. Nixon, obedient to his handlers, announced the demonetization of the dollar on August 15, 1971. This allowed time for the “real deciders” to plan their strategy. Eighty-four individuals, financial, corporate and political elitists, gathered at Saltsjöbaden, Sweden for the annual Bilderberg meeting. American attendee, Walter J. Levy, outlined the plan for a pending 400% increase in OPEC revenues, the exact percentage that Kissinger would demand of Saudi Arabian Shah. Their intentions were not prevention but rather a scheme on how to manage the projected abundance of oil dollars ? what was later referred to by Herr Kissinger as “recycling the petrodollar flows.” The Bilderberg policy was to initiate a global oil embargo. 4


An internal memo, dated January 8, 1973, from U.S. Bilderberg official Robert D. Murphy suggested a list of participants for the May 1973 meeting. He stated: “There will be room for only 20 Americans at Saltsjöbaden.” 5


Those attending included Robert O. Anderson of Atlantic Richfield Oil Co., Lord Greenhill, chairman of British Petroleum, Sir Eric Roll of Siegmund G. Warburg (creator of Eurobonds), George Ball of Lehman Brothers Investment Bank, Henry Kissinger, William P. Bundy
, Zbigniew Brzezinski (soon to be Carter’s national security advisor), David Rockefeller, Emilio G. Collado, Executive Vice President, Exxon Corp.; Gianni Agnelli
, Otto Wolff von Amerongen
and Arthur H. Dean, CFR Director (1955-72) and a partner in Rockefeller-oriented Sullivan & Cromwell. Kissinger had requested Warburg to develop the Eurobonds ten years before. 6 A very small scheming elite group, centered in New York and London, influence the economy of the entire world.


The reasons for the “oil shock” were:


1. Launch a colossal assault against world industrial growth.


2. Tilt the balance of power back to the advantage of Anglo-American financial interests.


3. Control the world’s oil flows, their most powerful weapon.


4. Increase the world demand for U.S. dollars. 7



Egypt and Syria invaded Israel on October 6, 1973 which came to be known as the Yom Kippur War. This war was “secretly orchestrated” by Herr Henry Kissinger, Nixon’s national security adviser as well as Secretary of State. Kissinger effectively managed the Israeli response through his close association with Simcha Dinitz
. Kissinger, “Nixon’s intelligence czar,” through privileged channels, misrepresented motives, suppressed communications, and intercepted intelligence reports ensured that the war would progress and end with his “shuttle diplomacy” as planned in May 1973 at Saltsjöbaden. The Arabs, scapegoats for the Elite, were the recipients of the world’s rage and Kissinger was the recipient of the Nobel Peace Prize for 1973. 8


A “fortuitous coincidence” was that, with oil’s huge price increase, British Petroleum, Royal Dutch Shell and other Anglo-American oil companies were able to substantially recoup the millions they had spent in the exploration of the North Sea oilfields. Meanwhile, in Vienna, OPEC countries met and decided to raise their prices by 70% and initiated an oil embargo on all oil sales to the U.S. and the Netherlands (major oil port for Western Europe) because of the U.S. support for Israel in the Middle East War. On October 17, 1973, OPEC demanded withdrawal of Israel from Arab territories occupied since June 1967 and the restoration of the legal rights of the Palestinians. Nixon was in the midst of Watergate, orchestrated by de facto president Kissinger and assisted by Alexander Haig. 9 There are detectable reasons for Kissinger, a Rockefeller asset, to “Watergate” Nixon, a man he detested and swore he would never work for ? he didn’t. 10 In addition, the Watergate fiasco distracted the masses from the grave economic situation.


Uninformed Nixon attempted to get U.S. Treasury officials to force OPEC to lower oil prices but was bluntly instructed, via a memo, that the bankers had mandated the dollar “recycling” program to accommodate the higher oil prices. Jack F. Bennett, Assistant Secretary of the Treasury for International Monetary Affairs (until July 1974), had counseled Nixon towards his 1971 dollar demonetization decision. Bennett, at Kissinger’s direction and according to an established agreement with the Saudis to finance the U.S. government deficits, had arranged for David C. Mulford to go to Saudi Arabia to act as an “investment adviser” to SAMA. His job was to “guide the Saudi petrodollars investments to the correct banks, naturally in London and New York. The Bilderberg scheme was operating just as planned.” 11


Led by Exxon, some oil companies had created a short supply of domestic crude oil, supported by Nixon on advice from his aids. By January 1974, oil prices had increased by 400%. In December 1974, nine powerful bankers, including David Rockefeller, approached New York mayor Abraham Beame. They made him an offer he could not refuse ? unless he assigned management of the city’s vast pension funds to them ? the Municipal Assistance Corporation ? then their complicit media cronies would financially destroy the city. This decreased the amount of money available for roadways, bridges, hospitals, schools and the laying-off of tens of thousands of city workers in order for New York City, the biggest city in the country, to service their bank debt. Similar circumstances occurred in other parts of the world: bank collapses, grave trade deficits, unemployment, inflation, and industrial and transportation depression in the more industrial nations. In third-world countries, the consequences were even more severe. 12


While devastating to the populace, the oil companies flourished: Exxon, Mobil, Texaco, Chevron, and Gulf. OPEC’s petrodollars were deposited into the right banks in New York and London: Chase Manhattan, Citibank, Manufacturers Hanover, Bank of America, Barclays, Lloyds and Midland Bank. 13 These events set the stage for the debt crisis of the 1980s.


The globalist decision of August 1971 to remove the dollar from a fixed, gold-backed exchange rate system generated a shift to double-digit inflation, urban decay, mounting unemployment and excessive interest rates. The Kissinger-orchestrated Middle East oil crisis of 1973-74 was designed to de-industrialize and eventually transform the United States from the world’s largest creditor nation to the world's biggest debtor nation.


A review of history further helps to reveal ruthless business patterns that have shaped current circumstances ? including yet another war resulting in death and bloodshed for the benefit of the greedy, insatiable elite.


Beginning with the Civil War, the opportunistic, monopolistic John D. Rockefeller sold inflated-priced Harkness whiskey to the Federal troops. Recognizing the huge profitability in war with the right commodity, he built his first oil refinery in 1863 along the Cuyahoga River (Ohio) to accommodate the growing needs of the raging Civil War which he and others, like J. P. Morgan, had purchased their way out of for $300.


The Rothschild controlled National City Bank of Cleveland gave Rockefeller his first loan. In 1865 Rockefeller, for $72,500, bought out his partners (Henry Flagler, Samuel Andrews, Stephen V. Harkness) and price-chopped or otherwise destroyed his competitors by purchasing supporting industries such as pipelines, railroad tank cars, terminal facilities and barrel manufacturing factories. He soon incorporated the growing imperialistic Standard Oil Company in 1870 to fully exploit the growing Russian kerosene market as well as the curative “snake-oil” market in the U.S.


In what Ohio historian Christopher Eiben called “a brilliant stroke of corporate back scratching,” “Rockefeller sold shares to bankers who lent him millions and railroaders who gave him great freight deals, including rebates on rivals' shipments.” 14 “Working through the Wall Street firms of Kuhn, Loeb & Co., and J. P. Morgan Co., the Rothschilds financed John D. Rockefeller so that he could create the Standard Oil Empire. They also financed the activities of Edward Harriman (railroads) and Andrew Carnegie (steel).” 15


By 1873 Standard Oil, by hook or crook, had acquired about 80 percent of the refining capacity in Cleveland which was about one third of the U.S. total. Interestingly enough, the stock market crashed on September 18, 1873 and created a six year recession allowing Standard Oil to seize refineries in Pennsylvania's oil region, Pittsburgh, Philadelphia and New York. Rockefeller controlled approximately 90% of the oil refined as well as most of the oil marketing facilities in the U.S. by 1878. 16 Ruthless Rockefeller, who detested competition, founded the first global monopoly and was supplying 90% of the world’s oil, 70% overseas. Great Britain also experienced economic depression in 1873 replete with pandemic unemployment and bankruptcies. Two years later, the Rothschilds provided a sizeable loan (£4,080,000) to enable the British government to acquire a controlling share of the Suez Canal. 17


Rockefeller had built the world’s biggest business in Cleveland, Ohio. Standard Oil sold over “300 refining byproducts” from Vaseline to chewing gum. In 1882, he created the Standard Oil Trust, suggested by Samuel Dodd, Standard Oil’s attorney, to eviscerate and devour all of the independent oil producers and refiners both nationally (250 competitors in the U.S.) and internationally. A trust is when stockholders in a group of companies transfer their shares to a single set of trustees who control all of the companies which constitutes a monopoly. “In exchange, the stockholders received certificates entitling them to a specified share of the consolidated earnings of the jointly managed companies.” 18 Rockefeller’s “trust” became an example to other “businessmen” who embraced the “trust” concept ? always at the expense of the working man. Rockefeller took his growing Goliath to Manhattan in 1883 where he “influenced urban sprawl.” 19


Russia’s oil industry accelerated in the latter part of the 19th century due to an oil boom at the Caspian Sea town of Baku, which had opened in 1873 and at Galicia (now in Poland). The Rothschild banking family had major interests in the oil-wells of Baku, Russia. Beginning in 1875, Ludvig and Robert Nobel built an oil empire known as the Brothers Nobel, or Branobel, based on oil deposits in Baku on the Caspian Sea. 20 By 1883, Standard Oil’s imports were not as essential to the Russian market for reasons that follow. 21


Britain’s Marcus Samuel, future founder of Shell Oil, developed tankers capable of carrying oil in cost-cutting bulk transport through the Suez Canal. The maiden voyage of the “Murex,” the first tanker, was in 1892. Remember, Great Britain had a controlling interest in the Suez Canal, thanks to the Rothschilds. Marcus and his brother also established bulk oil storage at ports in the Far East. In addition, they contracted with a Russian group, controlled by the Rothschilds, “for the long-term supply of kerosene” which put them in high-risk direct competition, abhorrent to Rockefeller, with Standard Oil. The Samuel brothers named their company The Tank Syndicate but renamed it in 1897 to the Shell Transport and Trading Company. 22


Rockefeller and his accomplices felt that they were above the law until the passage of the Sherman Antitrust Act on July 2, 1890, enacted by Congress based on their Constitutional power to regulate interstate commerce. It was signed into law by President Benjamin Harrison. In 1892, the Ohio Supreme Court ordered the disbanding of the Standard Oil Trust, an illegal monopoly. “Standard Oil was subsequently reorganized in 1899 as a holding company under the name of Standard Oil Company of New Jersey. That state had conveniently adopted a law that permitted a parent company to own the stock of other companies.” 23


In 1896 Standard Oil contributed $250,000 to Republican William McKinley's presidential campaign against Democrat William Jennings Bryan, a supporter of antitrust legislation. 24 McKinley was opposed to the imperialistic, expansionist Spanish-American War. Yet, to retain office in the next election, he asked Congress to declare war against Spain in 1898. He signed the Gold Standard Act in 1900.


In September 1901, William McKinley, allegedly a Rockefeller tool, was shot by Leon Czolgosz
(son of Polish immigrants), labeled as an “anarchist” although he didn’t belong to any rebel groups. Czolgosz was immediately “tried and executed by the Establishment.” The assassination was manipulated by the Establishment to subtly discredit rebellion and anyone who might justifiably dissent. The Elite, in any age, would actually prefer to prohibit dissent. It is similar to our current administration saying: “Let us never tolerate outrageous conspiracy theories concerning the attacks of September the 11th…” 25 and by implication ? let us never tolerate conspiracy theorists.


Following the assassination, various anti-sedition and anti-conspiracy laws were passed by the Establishment. Who benefited by McKinley’s death ? Teddy Roosevelt who was supported by the contending Morgan (as opposed to Rockefeller) wing of the Republican Party. Roosevelt immediately started using the anti-trust weapon to try to destroy Rockefeller's Standard Oil and Harriman's Northern Securities, both bitter enemies of the Morgan world empire. 26


Woodrow Wilson, son of a Presbyterian minister, had the financial and political support of the Rockefellers, Jacob Schiff, Bernard Baruch, and others in his successful 1910 bid for governor of New Jersey. They also had the love letters he wrote to Mary Peck, his mistress while he was president of Princeton (1902-1910), for which they paid $65,000. 27 Therefore he later made the perfect, morally compromised presidential candidate. The following unconstitutional acts were engineered during the administration of the obedient Rockefeller minion, Woodrow Wilson:


1913: The Sixteenth Amendment ? authorized income taxes (never ratified
)


The Seventeenth Amendment ? direct popular election of Senators


Underwood Tariff ? lowered duties


Federal Reserve Act ? created the un-federal Federal Reserve System


Through the years, Standard Oil received bad press as a result of their cutthroat business practices and the muckraking reports of people like Ida Tarbell and writer/activist Upton Sinclair. Rockefeller hired Ivy Lee in 1914 as their public relations manager to clean up their image and appear philanthropic. 28 A public relations professional, with media complicity, also discredits or disgraces any national or foreign opponent.


For decades, voters merely decide to cast a vote ? the actual decisions regarding candidates and the orchestrated consequences of those calculated choices are made in covert CFR committee meetings, Bilderberg assemblies, pentagon offices and corporate boardrooms. Voters ultimately suffer the extreme penalties and the elite benefactors, the “deciders” remain unscathed.




新世界秩序、Bilderbergは計画を立てます?

コントロールオイル、コントロールの人々、パート23

Deanna Spingola

石油株の両面からの議論があります:

私達はオイルを迅速に使い果たしているか、何世代もの私達の要件を満たすために、私達は適正なオイルを持っています。

彼らの主張を有効にするために、両者は証言、証人、エキスパート、およびドキュメンテーションを述べます。

石油会社によって出資されたいくつかのピークオイルプロジェクトは非常に疑わしい。

非常に信用できるリンゼー・ウィリアムズは、アラスカのノーススロープがサウジアラビアと同じくらい多くの原油を持っていると主張します。

フランクH. ムロコースキー知事は、米国全体を200年に供給するのにノーススロープの上の十分なオイルがあると2005年に言いました。

1 ・アントニー・サットン(エネルギー、作成された危機の作者)は、私達が十分なオイルを持っていることを頑強に主張しています。

逆に、私は、ピークオイル理論を支持するリポートを読みました。

私は個人的に、研究、その「あり余るほどがあります」.運命および暗闇の後で、オイル不足主張が最初から伝達されていると信じます。

どのような重要な商品の本物の、または製造された不足でも以下を遂行します:

1. その商品を処理する人々に、利益は増大します。

2. コントローラが「正しい」人々に入手可能性を決定することを可能にします。

3. エネルギーの場合には厳しくライフスタイル、進歩、および繁栄に影響を与えます。

4. より多くのお金をしばしば負担をかけすぎられた消費者からしぼり取ります。

ヘンリーA.キッシンジャー、ロックフェラーのよく補償された多目的の手先、および外交問題評議会(CFR)の長い間のメンバーは言いました:

「オイルをコントロールしてください。そうすれば、あなたは大陸全体をコントロールすることができます」。

「食物をコントロールしてください。そうすれば、あなたは人々をコントロールします」

2・マイケルCollon、ベルギー人の作者が言いました:

「あなたが、世界を支配したいならば、あなたは、オイルをコントロールする必要があります」。すべてのオイル。


3・最初の非常に印象的な「オイル危機」は1973年に起こりました。

彼のハンドラに従順なニクソンは1971年8月15日にドルの通貨廃止を発表しました。

これは、「本当の決定者」のための時間が彼らの戦略を計画することを可能にしました。

84人の個人(金融の、企業で、政治的なエリート)がSaltsjobaden(例年のBilderbergミーティングのためのスウェーデン)で集まりました。

アメリカ出席者、ウォルターJ.リーヴィは、OPEC収益(キッシンジャーがサウジアラビアのシャーに要求するであろう正確なパーセンテージ)の未決定の400%の増加についての計画を概説しました。

それらの意図が防止ではなかったけれども、むしろ どのように、オイルダラーの計画された豊富さを操作するかの計画 後で、ドイツ紳士キッシンジャー 「オイルダラーの流れをリサイクルします。」 Bilderberg方針が、グローバルなオイル出入港禁止命令を開始することであった が参照した 。

4・

米国Bilderberg役員ロバートD.マーフィーからの1973年1月8日付の内部メモは1973年5月のミーティングのために参加者のリストを示唆しました。

彼は述べました:

「ほんの20人のアメリカ人のための場所がSaltsjobadenにあるでしょう」.

5・アトランティック・リッチフィールド・オイル社のそれらの出席含まれたロバートO.アンダーソン、グリーンヒル卿、ブリティッシュペトロリアムの会長、ジークムントG.ワールブルク(ユーロボンドの創造者)のエリックRoll卿、Lehman Brothers投資銀行のジョージBall、ヘンリー・キッシンジャー、ウィリアムP.バンディ、ズビグニュー・ブレジンスキー(すぐカーターの国家安全保障アドバイザーであるため)、デイヴィド・ロックフェラー、エミリオG.コリャード、執行副社長、エクソン;

ジャンニ アニェリ、オットー・ウォルフフォンAmerongen、およびアーサーH.ディーン、CFRディレクター(1955年-72年)、およびロックフェラー指向のサリバン&クロムウェルの中のパートナー。

キッシンジャーは、10年前にユーロボンドを発展させるようにワールブルクに頼みました。

6・ ニューヨークとロンドンに集中した非常に小さな工夫するエリートグループは全世界の経済に影響します。

「オイルショック」の理由は以下の通りでした:

1. 世界産業の成長に対して巨大な攻撃を開始してください。

2. 英米の金銭的利益の有利さに戻るように力の均衡を傾けてください。

3. 世界のオイルフロー、それらの最も強力な武器をコントロールしてください。

4. 米ドルへの世界の需要を増大させてください。

7・エジプトとシリアは1973年10月6日にイスラエルを侵略しました(それが、第4次中東戦争として知られているようになりました)。

この戦争はドイツ紳士ヘンリー・キッシンジャー、国務長官と同様にニクソンの国家安全保障アドバイザーによって「ひそかに統合されます」。

キッシンジャーは効果的にSimchaディニッツとの彼の緊密な交際を通してイスラエルの反応を管理しました。

特権を与えられたチャンネル、説明を誤った動機、抑制された通信、および傍受された情報報告を通してのキッシンジャー、「ニクソンの知能皇帝」は、Saltsjobadenで1973年5月に計画されたとおりに、戦争が彼の「シャトル外交」について進歩し、終わるであろうと保証しました。

アラブ人、エリートのためのスケープゴートは世界の激怒の受領者であり、キッシンジャーは1973年のノーベル平和賞の受領者でした。

8・「偶然の偶然の一致」は、オイルの莫大な値上げによって、ブリティッシュペトロリアム、ロイヤルダッチシェル、および他の英米の石油会社が、大幅に、彼らが北海油田の探検において使った百万を埋め合わすことができたことでした。

その間、ウィーンで、OPEC国は会い、それらの価格を70%上げると決めて、中東戦争の中のイスラエルへの米国支持による米国とオランダ(西ヨーロッパのための主要石油港)へのすべてのオイル販売の石油禁輸措置を開始しました。

1973年10月17日に、OPECは1967年6月以来占められたアラブ領土のイスラエルの撤退とパレスチナ人の法的な権利の復元を要求しました。

事実上の大統領キッシンジャーによって統合されて、アレグザンダー・ヘイグによって補助されて、ニクソンはウォーターゲート事件の中央にいました。

9・キッシンジャー、ロックフェラー財産の発見できる理由が、「ウォーターゲート事件」ニクソンにあります 。 彼が嫌い、決してそれのために彼が働かないと誓った 彼がしなかった 。

10・さらに、ウォーターゲート事件大失敗は重要な経済状態から庶民の気を散らしました。十分な知識を持たないニクソンは、米財務省役員に、原油価格を下げることをOPECに強制させることを試みたけれども、銀行家が、より高い原油価格を適応させるためにドルの「リサイクル」プログラムを委任したことを無遠慮にメモ経由で知らせられました。

ジャックF.ベネット(国際的な金銭問題(1974年7月までの)のための財務省の次官補)は彼の1971年ドルの通貨廃止決定にニクソンに助言しました。

ベネットは、キッシンジャーの方向で、そして米国政府赤字欠損に資金提供するサウジアラビア人との設立された協定に従って、デイビッドC.マルフォードが、SAMAに「投資顧問」として作動するためにサウジアラビアに行くように手配しました。

彼の仕事は、「当然、ロンドンとニューヨークでサウジアラビアのオイルダラー投資物件を正しい銀行に案内すること」でした。

「ちょうど、計画されたとおりに、Bilderberg計画は動作していました」.

11・

エクソンによって導かれて、いくつかの石油会社は、彼の援助からアドバイスでニクソンによってサポートされて国内の原油の供給不足を作成しました。

1974年1月までに、原油価格は400%増大しました。

1974年12月に、デイヴィド・ロックフェラーを含む9人の強力な銀行家がニューヨークの市長エイブラハムBeameに接近しました。

彼が都市の広大な年金資金の管理をそれらに割り当てない限り、それらが、彼に、彼が断ることができなかった申し出をした。その時の自治体援助公社はそれらの共謀したメディア親友は都市を財政的に破壊します。

これは、車道、橋、病院、学校、およびニューヨーク市(国で最も大きな都市)が彼らの銀行借金の利息を払うための数万人の市役所職員の船舶算法で利用可能な金額を減少させました。

同様な状況は世界の他の地域に存在していました:

より多くの産業国の中で崩壊、重要な貿易赤字、失業、インフレ、および産業で、交通の不況を貯金してください。

第三世界の国で、結果はよりいっそう厳しかった。

12・

大衆に破壊的である一方、石油会社は茂りました:

エクソン、モービル、テキサコ、シェブロン、およびガルフ。

OPECのオイルダラーはニューヨークとロンドンの銀行の中に預けられました:

チェース・マンハッタン、シティバンク、マニュファクチヤラーズ・ハノーバー、アメリカ銀行、バークレーズ、ロイズ、およびミッドランド銀行。

13・ これらのイベントは1980年代の累積債務危機をお膳立てしました。

ドルを固定されて、金で支えられた為替レートシステムから取り除く1971年8月のグローバリスト決定は、2桁インフレ、都市荒廃、失業増大、および過度な利率にシフトを発生させました。

1973年-74年のキッシンジャーで統合された中東石油危機は、不工業化し、結局世界の最も大きな債権国から世界の最も大きな債務国までの米国を変えるようにデザインされました。

歴史のレビューはさらに、食い意地が張り、貪欲なエリートのために死と流血を招くことになるまた別の戦争を含む現在である状況を形づくった無情なビジネスパターンを明らかにすることに役立っています。

南北戦争から始めて、日和見的で、独占的なジョンD.ロックフェラーは連邦の軍にウイスキーを、価格設定されて膨らんだハークネスに売りました。

右の商品との戦争において莫大な収益性を認めて、彼とJPモーガンのような他が300ドルでそれらの方法を購入した荒れ狂った南北戦争の成長するニーズを適応させるために、彼はカイヤホガ川(オハイオ)に沿って1863年に彼の最初の製油所を建てました。

クリーブランドのロスチャイルドのコントロールされたナショナルシティー銀行は彼が最初にロックフェラーに金を貸しました。

1865年に、ロックフェラーは、72,500ドルで、彼のパートナー(ヘンリー・フラグラー、サミュエル・アンドリュース、スティーブンV.ハークネス)と価格切り刻みを買収したか、さもなければ、パイプライン、鉄道タンク車、ターミナル設備、および樽製造工場などのサポート産業を購入することによって、彼の競争相手を破滅させました。

米国の治療可能な「でたらめの」市場と同様に成長するロシア灯油市場を十分に利用するために、彼はすぐ1870年に成長を帝国主義的なスタンダードオイル社に組み入れました。

オハイオの歴史家クリストファーEibenが「ひっかいている企業の後ろの素晴らしい手腕」と呼んだものの中の、「ロックフェラーは株を、数百万を彼に貸した銀行家とライバルの出荷における割引を含めて、彼に大きな貨物輸送取引を与えた鉄道員に売りました」

14・「クーン、ローブ&Co.とJPモーガン社のウォール街会社を通して働いて、彼がスタンダードオイル帝国を作成することができるように、RothschildsはジョンD.ロックフェラーに資金提供しました」。

「彼らはまたエドワード・ハリマン(鉄道)とアンドリュー・カーネギー(スチール)の活動に資金提供しました」.

15・

1873年によって、スタンダードオイルは米国合計の3分の1であったクリーブランドの精製能力の約80パーセントを取得しました。

十分に興味深いことに、株価は1873年9月18日に暴落し、スタンダードオイルがペンシルベニアの油田地帯、ピッツバーグ、フィラデルフィア、およびニューヨークで精製所をつかむことを可能にしている6年の景気後退を作成しました。

ロックフェラーは米国のオイルマーケティング施設のほとんどと同様に精製されたオイルの約90%を1878年によってコントロールしました。

16・ 競争を嫌っていた無情なロックフェラーは最初のグローバルな独占を設立し、世界のオイルの90%、海外の70%を供給していました。

英国はまた全国的流行の失業と破産のために飽食している1873年に経済不況を経験しました。2年後、イギリス政府がスエズ運河の出資比率を取得することを可能にするために、Rothschildsはかなりの貸付金(£4、080、000)を提供しました。

17

ロックフェラーはクリーブランド、オハイオに世界の最も大きな企業を建てました。

スタンダードオイルはワセリンからチューイングガムに「300個の精製副産物」で販売されました。

1882年に、国内的に(米国の250人の競争相手)、国際的に独立なオイル製作者と精製機のすべての重要点を抜き、むさぼるために、彼はサミュエル・ドッド、スタンダードオイルの弁護士によって提案されたスタンダードオイル信頼を作成しました。

委託物は、企業グループにおける株主が彼らの株を、独占を構成している会社のすべてを統括する評議員のシングルセットに転送する時です。

働いている人の費用でいつも「信頼」概念を抱擁した他の「実業家」に、「代わりに、株主は一緒に管理された会社の連結収益の指定された株を彼らに与えている証明書を受け取りました」.

18・ロックフェラーの「信頼」は例になりました。

彼が「スプロール現象」.

19・「影響した」所で、ロックフェラーは1883年に彼の成長する超大物をマンハッタンに連れて行きました。

ロシアの石油産業はバクーのカスピ海町の石油景気のため19世紀の後半で加速しました(それは1873年に、そして(現在ポーランドにある)ガリチアで開きました)。

ロスチャイルド銀行家一族はバクー、ロシアの油井への主要な興味を持っていました。

1875年に始めて、Ludvigとロバート・ノーベルはバクーの石油の埋蔵量に基づいた兄弟ノーベルまたはBranobelとして知られているオイル帝国をカスピ海で築きました。

20 ・1883年にスタンダードオイルのインポートは、その後の理由のためのロシア市場に同じくらい必須でありませんでした。

21・

英国のマルカス サミュエル、シェル・オイルの未来の創立者は、スエズ運河に費用節減大きさ輸送におけるオイルを通すことが可能なタンカーを開発しました。

「ホネガイ」、最初のタンカーの処女航海は1892年にでした。

覚えていてください、英国はRothschildsのおかげでスエズ運河に会社支配に十分な持ち株を持っていました。

マーカスと彼の兄弟はまた極東のポートで大量の石油タンクを設立しました。

さらに、Rothschilds(彼らをスタンダードオイルとのロックフェラーには我慢ならないハイリスクの直接的な競争に入れた「灯油の長期供給のために」)によってコントロールされて、彼らはロシアグループと契約を結びました。

サミュエル兄弟は彼らの会社をタンクシンジケートと名付けたけれども、シェル輸送と商事会社に1897年にそれに新しく名前をつけました。

22・

ロックフェラーと彼の共犯者は、州間通商を調節する彼らの憲法のパワーに基づいた議会によって制定された1890年7月2日のシャーマン反トラスト法の通路まで、彼らが法を免れたと思いました。

それは法律化のためにベンジャミン・ハリソン大統領によってサインされました。

1892年に、オハイオ最高裁判所はスタンダードオイルトラスト、違法な独占の解散を注文しました。

「標準のオイルはニュージャージのスタンダードオイル社の名前の下で持株会社として1899年に後で再編成されました」。

「その状態は、便利に、親会社が他の会社の株を所有することを許した法律を採用しました」.

23・

1896年に、スタンダードオイルは250,000ドルを民主党員ウィリアム・ジェニングズ・ブライアン(独占禁止法のサポーター)に対する共和党のウィリアム・マッキンリーの大統領選挙戦に寄付しました。

24・マッキンレーは帝国主義的で、拡張論者の米西戦争に反対しました。

それでも、次の選挙において職にとどまるために、彼は議会に、1898年にスペインに対して宣戦布告するように頼みました。

彼は1900年に金本位制法にサインしました。

1901年9月に、ウィリアム・マッキンリー、申し立てによるとロックフェラーツールは、彼はどのような反乱グループにも所属していなかったけれども「無政府主義者」としてラベルを付けて分類されて、レオン・チョルゴシュ(ポーランド移民の息子)によって撃たれました。

チョルゴシュは「設立によって試されて、実行される」.暗殺が、微妙に、謀反と正当に異議を唱えるかもしれない誰のでも評判を悪くするために設立によって処理されるとすぐにでした。

エリートは、どのような年においてでも、実際、意見の相違を禁止することを好みます。

言うことは私達の現政権に類似しています:

「私達に9月11日の攻撃について決して法外な陰謀説を許容しないようにさせてください…」

25・「暗に私達に決して共謀理論家を許容しないようにさせました」。

暗殺、様々な反扇動、および反共謀法に続くことは設立によって通過されました。

誰がマッキンレーの死から利益を得ていましたか?

共和党の戦い、モーガン(ロックフェラーとは対照的です)翼によってサポートされたルーズベルトテディ。

ルーズベルトは直ちに、ロックフェラーのスタンダードオイルとハリマンの北証券(モーガン世界帝国のどちらもうらみ重なる敵)を破壊しようとして独占禁止の武器を使い始めました。

26

ウッドロー・ウィルソン(長老派の大臣の息子)はニュージャージの知事のために彼の成功した1910年の入札においてRockefellers、ジェイコブ・シフ、バーナード・バルーク、およびその他の金融の、そして政治的なサポートを持っていました。

彼らはまた、メアリー・ペック(彼らが65,000ドルを支払ったプリンストン(1902年-1910年)の大統領である間の彼の恋人)に、彼が書いたラブレターを持っていました。

27 ・従って、彼は後で完全で、道徳的に損われた大統領候補を作りました。

以下の憲法違反の行為は従順なロックフェラー手先、ウッドロー・ウィルソンの管理の間に設計されました:

1913年:

16番目改正は所得税(決して批准されません)を認可しました。

17番目改正は上院議員の普通選挙を導きます。

アンダーウッド関税は税を下げました。

連邦準備法は非連邦の連邦準備制度を作成しました。

年月を経て、スタンダードオイルはそれらの凶悪な商慣行とアイダ・ターベルと作家/アプトン・シンクレア活動家のような人々の醜聞を暴くリポートの結果として悪い評判を受けました。

それらのイメージを清潔にし、博愛であるようなために、ロックフェラーはそれらの広報マネジャーとして1914においてアイビー・リーを雇いました。

28・ メディア共犯によってプロフェッショナルな広報はまたどのような全国的な、または外国の相手の評判でも悪くするか、名誉を汚します。

数十年の間、有権者は単に、候補者について票に実際の決定を投げかけると決めて、それらの計算された選択の統合された結果は隠れたCFR委員会会合、Bilderberg議会、五角形オフィス、および企業の会議室において作られます。

有権者は最終的に極刑を被っていて、エリート恩人「決定者」は無傷であり続けます。


スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

kane552004

Author:kane552004
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR