FC2ブログ

金融の津波

WHAT DOES "FED PUMPS $68 BILLION INTO BANKING SYSTEM" ACTUALLY MEAN?

PART 1 of 2






By: Devvy

August 13, 2007


「連邦準備銀行は、680億ドルを銀行システムに注ぎ込みます」卑劣で実際、何を意味しますか?




© 2007 - NewsWithViews.com


Last week saw a bucking bronco ride in the stock market. The American people read headlines such as: Fed vows, then pumps massive funds to calm markets and Fed's $38 billion helps markets. I have written many columns the past several years as have hundreds of others warning of the coming financial tsunami. Far too many people scoffed at all the warnings, continued to rack up massive debt and pursued the American dream of owning their own home when their financial portfolio and credit history simply could not float the big boat they were taking out into the ocean. The first of the dominos began to teeter earlier in the week: Aug. 6 (Bloomberg) -- "American Home Mortgage Investment Corp. became the second-biggest residential lender to file for bankruptcy protection this year, adding to signs that late payments have spread to homeowners with good credit records."


Dr. Edwin Vieira is arguably the foremost authority in this country on the central bank and the history of our monetary system. His monumental tomes, CrashMaker (fiction) and Pieces of Eight (non-fiction) are the quintessential teaching tools towards understanding this complex issue and making it understandable for average Americans like me. I bring this up because over the weekend I had a long telephone discussion with Edwin about the market last week. We both agree that the clock is ticking and all the bombastic gas let loose by financial guru's like FAUX's (FOX) Neil Cavuto, is just that because all the kings horses and all the kings men will not be able to fix this one. Not for a long time.


The government's plunge protection team (PPP) galloped in this past week and dumped almost $70 billion "dollars" into the banking system to save themselves. Creating "billions" out of thin air. Worldwide, central banks were scrambling and issuing more worthless paper to the tune of triple digit billions. The big neon billboard has been lit up with a message no one wanted: the stock market growing more fearful about tightening credit after years of free for all liquidity. High Times at Mortgage Express. Investors who don't have in-depth knowledge or real understanding of our monetary system and the FED, trying to figure out what's going to happen to their investments. The subprime mortgage market free fall has been building for years. These are loans made to people who have less than ideal credit - all being done during a housing market that began it's slumpalmost two years ago.


On August 9, 2007, the privately owned Federal Reserve pumped "$24 billion in temporary reserves to the banking system amid an increase in demand for cash from banks roiled by U.S. subprime loan losses." The next day, the FED infused the dying patient on the operating table three different injections: $38 billion. Some say this won't be nearly enough to stop the hemorrhaging. This latest "rescue" by the central bank is going to be short lived and many experts not on the government's payroll predict the FED will have to reverse it's decision last week to leave interest rates alone and instead, announce an emergency drop in rates. The wise folks over at urbansurvival.com said it best last Friday: "When up to a third of a trillion dollars being dumped into financial market's in 36-hours doesn't stem the tide, even the financially ignorant can sense something has changed. That's pouring money into the financial system at a rate equivalent to all of Canada's Annual GDP every four days. And what did we get? A 31-point Dow loss anyway!"


The government announced on August 10, 2007, that Freddie Mac and Fannie Mae will not be allowed to acquire any more mortgage debt. Banks and lending institutions have for too long been making bad loans and despite the gigantic warnings signs, greed carried them through the years, but now foreclosures packages are spitting out more paper than the Pentagon. Let me give you an example. Go to: www.foreclosure.com
On the left side, just pick California (state) and Los Angeles (county). Look at just this one list of houses in foreclosure. There are other sites I've browsed with page after page after page of houses in foreclosure just in the LA area alone; they range from $250,000-$1.8 million. Foreclosures were already hitting record numbers by June 2007.


The inventory of available housing continues to stack up like Uncle Sam's IOUs to the world. The "dominant media" continues to dress up the naked mannequin in little better than see-through clothing; the numbers tell the real story. During the roaring re-fi years of low interest rates, Americans took the equity out of their homes and enjoyed the good life. Then came the unpleasant taste of fear when their homes were no longer worth what they paid for them, inventory in their areas can't be sold and the final shocker: subprime loans in numbers enough to gag a planet suddenly went bad as consumers could no longer make those payments. Where do these folks go when they are forced out because of foreclosure? Rental apartments, family or in their cars. They contribute nothing to the economy because any disposable income they might have goes just for the basics of survival.


As Edwin said in our recent conversation, the system has to keep propping itself up in an attempt to fend off hyper inflation like what hit Argentina where people once able to prosper were eating out of garbage cans. Unfortunately, and sadly, most Americans simply have little or no understanding of the subject matter, but to not understand what's happening will be deadly for millions. How will this affect the average American out there already dying under the weight of credit cards debt insufficient household income (despite two working people, sometimes with three paychecks) and taxes in all forms taking disposable income?


1. The middle class has been destroyed by unconstitutional trade agreements; our most productive and important job sectors decimated - agriculture, manufacturing, industrial. Wages have not kept up with the cost of goods and services; the illegals invasion sucking the lifeblood out of this country by stealing jobs (like meat packing at good wages) and sending BILLIONS "home." Pile on the continued sacking of the people's purse by thieves in one Congress after another and a five year undeclared war being funded through borrowing slapped on their backs, has left the American family broke. Seniors living on social security and investments will see those dwindle and will have to keep tapping whatever savings they might have accumulated over their lifetimes. One "rainy day" will drown them.


2. Growing numbers of Americans refuse to buy Made in Communist China; I am one who has been doing it since 1994 when NAFTA was unconstitutionally signed into law. I don't even own a toaster. I go without when I can't find what I need, but I can generally find what I want by taking the time; see Made in USA. If you can't find it there, do a www.scroogle.org
search and you will get results. This does not help our economy or retailers, but I'm sorry. I will not give my money to an enemy of my country just for "things." And, remember this: there's a good chance the fur in your sweater, parka and even doll clothes comes from dogs skinned alive in Communist China.


3. In the real world, parents across this country are scrambling to get their children new clothes, books and other trappings because summer break ends for most schools the end of this month. Cash strapped, they go for credit cards. Too many are already maxed out and as credit tightens by the banks, the situation becomes even more dire. Heap the bankruptcies on top of foreclosures (July 2007: Ariz. bankruptcies up 60%; credit-card debt, higher mortgage payments cited) and we're no longer talking chump change here, we're talking about a dreadful scenario for our nation.??


4. In a couple of months you will start to see hints of Thanksgiving and Christmas decorations begin to hit the big box stores. Retailers depend on the grotesque spending spree every December called Christ-mas for their big earnings boost. But what's going to happen this year? It's difficult to buy Christmas presents - especially all that 'bling' when your house is in foreclosure, you're one of two SUV payments behind and child care is running you $150 a week. Johnny needs braces, Sally wants ballet lessons, both kids want to go to Disneyland and you would just love a week in the French countryside. However, when the financial squeeze starts to keep you awake at night, the first thing to go is non-essential services like entertainment, eating out in restaurants 2-3 nights a week, vacations and those $75 seats at the Cowboys game. Savings in this country is almost extinct and for the poor, the only place they have to go is ever expanding food banks which are hurting in many major cities throughout the country. For part 2 click below.







2のパート1

Devvy

2007年8月13日

c 2007年? -? NewsWithViews.com

先週ははねているブロンコが株式市場に乗るのを見ました。

アメリカ人は次のヘッドラインを読みました:

連邦準備局は誓約し、そして、市場と連邦準備局の380億ドル援助で市場を静めるために、大規模な資金を汲み上げます。

次の金融の津波を警告している数百の者がしたように、私は多くのコラムを過去数年書きました。

あまりにも多くの人々はすべての警告をあざ笑い、大規模な借金を達成し続けて、彼らの金融のポートフォリオとクレジット履歴が単に、彼らが海洋の中に漕ぎ出して大きなボートを浮かべることができなかった時に彼ら自身の家を所有するアメリカン・ドリームを追い求めました。

ドミノの一番目は、この週の早い時期にぐらつきはじめました:

8月6日(Bloomberg)--「遅い支払いがよい信用情報によって持ち家所有者に広がったと合図に付け加えて、今年破産申請をするために、アメリカ住宅ローン投資社は2番目に最も大きな居住用の貸方になりました」。

エドウィン・ビエイラ博士は間違いなく中央銀行と私達の通貨制度の歴史に関してのこの国の一番の権威です。

この複雑な問題を理解し、それを私のような平均的なアメリカ人のために理解できさせることに、彼の記念碑の大冊、CrashMaker(フィクション)、およびペソ銀貨(非小説本)は精粋の教育ツールです。

週末に、私が長く電話でエドウィンと先週市場について話し合っていたので、私はこれを育てます。

私達は両方とも、時計が動いていて、すべての王馬とすべての王が、これを直すことはできないであろうから、フォークス(FOX)のニールCavutoのように金融のグルによって解き放たれたすべての大げさなガスがまさにそれであることに合意します。

長い間でなく。

政府の急落保護チーム(PPP)はこの過去1週でギャロップで走り、自身を救うために、ほとんど700億ドルの「ドル」を銀行制度に放り出しました。

何もないところからの作成「数十億」。

世界的な中央銀行は10億の3桁の曲により多くの無価値の紙をスクランブルしていて、出していました。

大きなネオン掲示板は、誰も望んでいなかったメッセージによって点火されています:

株式市場成長 すべての流動性のために年の終わりに締めクレジットについて自由により心配している 。

抵当急行のちょうど良い時。

何が、彼らの投資に起ころうとしているかを理解しようとして、詳細な知識または私達の通貨制度とFEDについての真の理解を持っていない投資者。

サブプライム抵当市場自由落下は何年もの間高まっていました。

これらは、理想的であるとは言えない信用を持っている人々に作られた貸付金です - すべてが、始まった住宅市場の間にされて、それは2年前slumpalmostです。

2007年8月9日に、私的に所有されている連邦準備銀行は「米国サブプライム貸付損失によって怒らせられた銀行からの現金への需要の増加の中央銀行制度への一時的な準備における240億ドル」を汲み上げました。

次の日、FEDは手術台における死にかけている患者に違う注射を注入しました:

380億ドル。

いくつかが、これが、大出血を止めるのに十分はないであろうと言います。

urbansurvival.comで終わっている賢明な人々はこの間の金曜日にそれを最もよく言いました:

「36時間で金融市場のに放り出されている3分の1までの兆ドルが潮をせき止めない時に、財政的に無知なものさえ、何かが変わったと感知することができます」。

それは4日ごとにカナダの年間GDPのすべてと等しいレートでお金を金融制度に注ぎ込んでいます。

そして、私達は何を得ましたか?

「とにかく31ポイントダウ損失!」

政府は、連邦住宅金融抵当公社とファニー・メイが、より以上の不動産抵当負債を取得することを許されないであろうということを2007年8月10日に発表しました。

銀行と貸出機関はあまりにも長い間不良貸付を作っていて、巨大な警告の合図にもかかわらず、貪欲さは年月を経てそれらをしのぎ通させたけれども、今、抵当流れ処分パッケージは国防総省よりむしろ紙を吐き出しています。

私にあなたに例を与えさせてください。

次に行ってください:

www.foreclosure.com
左側の上で、ただ、カリフォルニア(州)とロサンゼルス(郡)を選んでください。

まさに抵当流れ処分における家のこの1つのリストを見てください。

私がまさにロサンジェルスエリアだけの抵当流れ処分における何ページもの家の後のページによってブラウズした他のサイトがあります;

それらは250,000ドル-180万ドルから及んでいます。

抵当流れ処分は2007年6月までにすでにレコード番号を打っていました。

入手可能な住宅の在庫は、世界にアンクル・サムのIOUのように積み上がり続けます。

「支配的なメディア」は、シースルー衣類よりよくほとんどにおいて裸のマネキンを正装させなくあり続けます;

数は本当の話を話します。

低金利の活況を呈したi年の間に、アメリカ人は公平を彼らの家から取り去り、豊かな生活を楽しみました。

そして、彼らの家が、もう、彼らが彼らに対して支払ったものに値していなかった時に、彼らのエリアの在庫が売られることができない心配の不愉快な味と最終的な衝撃が来ました:

消費者がもうそれらの支払いをすることができなかった時に、突然地球をさるぐつわでふさぐのに十分な数におけるサブプライム貸付金は悪くなりました。

彼らが抵当流れ処分のため押し出される時に、これらの人々はどこに行きますか?

賃貸のアパート、ファミリー、またはそれらの車において。

彼らが持つかもしれないどのような可処分所得もただ生き残りの基本に行くので、彼らは何も経済に寄与していません。

エドウィンが私達の最近の会話において言ったように、システムは、かつて繁栄することができた人々が生ごみ入れから食べていたアルゼンチンに当たったもののようなhyperインフレをかわす試みにおいて自身を支え続ける必要があります。

あいにく、悲しげに、ほとんどのアメリカ人は単に主題についてのほとんどまたは全然理解を持っていないけれども、何が起こっているかを理解しないことは数百万のために必殺になるでしょう。

どのようにこれは、可処分所得を取っているすべてのフォームにおける不十分な世帯収入(時々3つの給料を持つ2人の勤労者にもかかわらず)と税金をクレジットカード借金の重量の下で打ち抜き加工して、すでに世の中で平均的なアメリカ人に影響するでしょうか?

1. 中流階級は憲法違反の貿易協約によって破滅させられています;

大量殺戮された私達の最も生産的で、重要な仕事部門 - 農業、製造、産業。

賃金は商品とサービスのコストに付いて行きませんでした;

仕事(よい賃金の同様な精肉業)を盗み、BILLIONS「ホーム」を送ることによって生命線をこの国から奪っている不法入国者侵略。

次から次の議会と彼らの背中をたたかれて借りることを通して出資されている5つの年の宣戦布告なしの戦争の泥棒による人々の財布の続いた袋詰めにおけるパイルはアメリカの家庭を一文無しであるままにしておきました。

社会保障と投資で食べて行くシニアはそれらが漸減するのを見るであろうし、彼らが彼らの生涯の上で蓄積したかもしれないどのような貯金でもたたき続ける必要があるでしょう。

1つの「雨の日」が彼らを溺れさせるでしょう。

2. アメリカ人の増加する数は、中共の製造品を買うことを断ります;

私は、NAFTAが法律化のために違憲的にサインされた1994年以来ずっとそれをしている人です。

私はトースターを所有してさえいません。

私は、いつ私が、私に必要なものを見つけることができないかをなしですますけれども、私は、一般に、時間をかけることによって、私が望んでいるものを見つけることができます;

米国での製造品を見てください。

あなたがそこでそれを見つけることができないならば、www.scroogle.org
検索をしてください。そうすれば、あなたは結果を得るでしょう。

これは私達の経済または小売店ではなくなっています。

私は私のお金をただ「物」のための私の国の敵に与えません。

そして、これを覚えていてください:

中共で生きたまま皮を剥がれた犬からあなたのセーター、パーカ、および人形衣服さえの中の毛皮が来る可能性があります。

3. 現実の世界の中で、夏休みがほとんどの学校のために今月末を終えるので、この国を横切る両親は、彼らの子供のために新しい衣服、本、および他の装飾を取ってこようと急いでいます。

ひもで縛られた現金、彼らはクレジットカードに行きます。

あまりにも多くは外ですでに最高にされていて、クレジットが銀行によって締まる時に、状況はよりいっそう緊急になります。

抵当流れ処分(2007年7月:60%上がるアリゾナ破産;クレジットカード借金、引用されたより高い抵当借り支払)上で破産を蓄積してください。そうすれば、私達はここでもうはした金を論じていなく、私達は私達の国家のために恐ろしいシナリオについて話しています。

4. 2、3ヶ月で、あなたは、感謝祭とクリスマスの装飾物のヒントが、大きなボックス店に当たりはじめるのを見始めるでしょう。

小売店は、毎年12月が彼らの大きな収益景気づけのためにクリスマスと呼んだグロテスクな支出ばか騒ぎに依存します。しかし、何が、今年起ころうとしていますか?

クリスマスプレゼントを買うことが難しい-特に、あなたの家が抵当流れ処分、あなたにある時のすべてのその'bling'が後ろに2回のSUV支払いのうちの1回であり、子供世話が貴社を1週あたり150ドル運営しています。ジョニーはブレースが必要で、サリーはバレエレッスンを望んでいて、両方の子供は、ディズニーランドに行きたいと思っていて、あなたはまさにフランス地方で1週間を愛するでしょう。

しかし、財政難が、夜あなたは眠れなくなり始める時に、行く最初の物は、レストラン夜2-3回、カウボーイゲームで1週間、休暇、およびそれらの75ドルの座席を食べ尽くして、エンターテインメントのような必須でないサービスです。

この国の貯金はほとんど消えていて、貧しいもののために、それらが、行く必要がある唯一の場所は、絶えず、国じゅうに多くの主要な都市で痛んでいる食糧銀行を拡張しています。

パート2のために、下でクリックしてください。


スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

kane552004

Author:kane552004
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR