FC2ブログ

税金は銀行のためにある。

Taxes and the New World Order

A free and vigilant people should never have tolerated this for a minute. The income tax is an inherently communistic tax, because one of the prerequisites of freedom is a sphere of privacy. And if you destroy the material foundations of that sphere of privacy, you have destroyed the possibility of freedom. - Alan Keyes

?


?There are two kinds of taxes: direct taxes and indirect taxes. Any other name applied to any tax still leaves the renamed tax as a direct tax or an indirect tax. Whether they bear the name vat tax, sales tax, poll tax, duty, impost, excise, capitation, flat, stamp, or whatever other name, they nevertheless all remain either a direct tax or an indirect tax.


The men who wrote the U.S. Constitution knew by experience and from their forefathers that whenever in history a nation had a central direct power of taxation or central cartel banking, that tyranny always followed. It might take half a century, but as power corrupts, absolute power corrupts absolutely.


"I believe that banking institutions are more dangerous to our liberties than standing armies."

- Thomas Jefferson.


The U.S. Constitution reflects our contempt of hierarchies and our certain knowledge that each and every hierarchy in all history inevitably became corrupt. The American genius was the systems of checks and balances and competition which keep institutions honest and incorruptible. These ideas and ideals created the greatest economic engine in history.


The two types of taxation were intended by our forefathers to serve exclusive and separate jurisdictions in absolute, with direct taxation local and close at hand leaving no possibility of federal tax tyranny. Direct taxation carries the power to destroy, so our forefathers insisted on direct taxation for local government. The feds are only permitted indirect taxation so that private property would not be at risk to a corruptible central body and would, thusly remain sacred.


There was and is a conspiracy.

As soon as direct federal tax was legislated with the 16th Amendment to the Constitution, hundreds of bureaus and agencies, federal departments, sprung up, all of which cost money. All these organs, duplicated the function of the state organs and their jurisdictions and, thus, are illegal or at least utterly contrary to the intentions of the founding fathers, and the massive costs of this idiocy are the cause of most of our miseries, debts and deficits.


A Central Bank


There were numerous attempts in the 1880's to create a central bank in America - most of these attempts point back to the Rothschilds. It is interesting that both the original American banking houses that represented Rothschild - August Belmont and the Erlangers - funded the North and the South respectively during America's Civil War. Abraham Lincoln saw the power play behind this masquerade as one bank was seemingly played against the other. The invisible hand underneath was never seen by the multitudes. Lincoln did see it, for he had resisted the pressure to create in America a central private bank that would print its money. He also spotted the "divide-and-conquer" movement where the North was pitted against the South with both sides financed by the same money elite.


Abraham Lincoln battled for the right of Congress and the Treasury to hold the awesome power of coining money. He knew that to surrender this power to private banks was ultimately to surrender the sovereignty of America. Adams and Jefferson had warned of this all along. Defying the hidden bankers, Lincoln issued the greenbacks. Interestingly, Lincoln was soon assassinated.


"The money power preys upon the nation in times of peace & conspires against it in times of war. It is more despotic than monarchy, more insolent than autocracy, more selfish than bureaucracy. It denounces, as public enemies, all who even question its methods or throw light upon its crimes. I have two great enemies, the Southern Army in front of me & the financial institutions at the rear, the latter is my greatest foe.

- President Abraham Lincoln


Forty years later John Pierpont Morgan created the Panic of 1907 and was amply rewarded. He gained numerous holdings, as well as his bid to be the Rothschild's number-one American agent. J.P. Morgan's real feat and service to Rothschild in the Panic of 1907 was that he created a mood in America to believe that a central bank would prevent such a panic from occurring again and thus became receptive to a central bank - to be known as the Federal Reserve Bank.


Morgan's own bank, The Morgan Guaranty Trust, was allowed to be among the inner circle of primary owners of the Federal Reserve. When the moment was right, Senator Aldrich - who later married into the Rockefeller family when his daughter Abbey married John D. Rockefeller, Jr. - was in place to push through the Federal Reserve Act.


With virtually all the banks on the brink of collapse, President Roosevelt succeeded in establishing the Federal Reserve Board as the authority in banking. Independent banks were not forced to join the Federal Reserve System. But those that did not found they could not transact business through any member bank. The central bank could inflate the currency; it could reallocate funds to distressed areas through loans; and it could create money out of thin air through the use of "fractional banking."


The central banking system now determines interest rates for virtually every bank in the country. A change in the reserve requirement or discount policy will affect the lives of every American, regardless of their economic status.


The Power of the Purse


The Federal Reserve Act has resulted in the creation of the most powerful monopoly that exists in the United States today. Not only is it powerful, but there is no greater nor more tyrannical combine (except possibly the IRS). They have powers that no other body in this country has in matters of bank trade within their jurisdiction. They have powers which are autocratic in themselves and in their exercise."


The actions of The Federal Reserve Board have proven to be the first cause in the death of our economy. Its existence is contrary to our constitution and the original intent of our founding fathers. The other cause is our central governments' theft of the right to direct taxation from our local governments, rights which were once protected by the original constitution.


The stop-&-go monetary policy created by these institutions makes business conditions unpredictable & thus inhibits investment & productivity. They have also been proven susceptible to political pressure for cheaper credit. When governments control a money supply, even indirectly, they have always throughout history abused that power. Inflationary creation of base money serves to enlarge the governments command over real resources in a way hidden from the people. The wealth-redistributive power of money injections makes it suitable for use as a vote-buying tool. It should be obvious: The monetary disorders of nations can only be caused by their existing monetary authorities, especially in the absence of any real competition, competition, which is the only force which keeps commercial action honest.


The assumption that government has an inherent role in money & banking, (apart from setting standards, as they do with inches and feet, ounces and pounds, minutes and hours) is as preposterous as believing they have a place competing with any private business. In history when banking was most stable it was closest to pure laissez-faire operation. Whenever a nation was growing well, was creative, inventive, & productive you will find a banking system very close to free-enterprise competitive banking. Having politicians & bureaucrats in charge of the money supply is like having Dracula in charge of a blood bank. The banking systems of the western world are the complete & only cause of recessions, inflations, 'stagflations' depressions, panics & runs.


Benjamin Franklin made a visit to England in 1763 and while there he was asked to explain the prosperity of the colonies while on the other hand, England was suffering a bust, he replied: "That is simple. It is only because in the colonies we issue our own money. It is called 'Colonial Scrip' and it is issued in the proper proportions to the demands of trade & industry.


It was not very long until this information was brought to the Rothschild's Bank, and they saw that here was a nation ready to be exploited; here was a nation setting up an example that they could issue their own money instead of the money coming through the banks.


The Rothschild's Bank caused a bill to be introduced in the English Parliament, which provided that no colony of England could issue its own money. "Thus, they had to use English money. The colonies were compelled to discard their money and mortgage themselves to the Rothschild's Bank of England to get money. Then, for the first time in the history of The United States, money began to be based on debt. Benjamin Franklin stated that in one year from that date the streets of the colonies were filled with the unemployed.


?

税金と新世界秩序

自由で用心深い民族は、しばらくこれを決して大目に見てはいけませんでした。自由の必要条件のうちの1つがプライバシーの範囲であるので、所得税は本質的に共産主義の税です。そして、あなたがプライバシーのその範囲の具体的な基盤を破壊するならば、あなたは自由の可能性を破壊しました。


- アラン・キーズ

2種類の税があります:直接税と間接税。まだどんな税にでも適用される他のどの名前も、直接税または間接税として名前を変えられた税を残します。彼らは名前バット税、売上税、人頭税、任務、関税、物品税、人数割り、フラット、切手またはどんな他の名前でもついているかどうかに関係なく、彼らはそれでもすべて直接税か間接税のままです。


米国の憲法を書いた男は、歴史の国には課税または中心的なカルテルバンキングの中心直接的な力があったときはいつでも、その専制政治が常にあとに続いたということを経験によって、そして、彼らの祖先から知っていました。半世紀かかるかもしれません、しかし、力が堕落して、絶対権力は絶対に堕落します。


「私は、銀行業務機関が常備軍より我々の自由に危険であると思っています。」 - トーマスジェファーソン。


米国の憲法は、階層の我々の軽蔑とすべての歴史のどの階層も必然的に不正になったという我々の確かな知識を反映します。アメリカの才能は、抑制と均衡のシステムと機関を正直で腐敗しなくしておく競争でした。これらの考えと理想は、歴史で最もすばらしい経済エンジンを作成しました。


アメリカ天才は、チェック・アンド・バランスのシステムと組織を正直で、清廉にしておく競争でした。

これらのアイデアと理想は歴史において最も大きな経済のエンジンを作成しました。

2タイプの課税は、連邦税専制政治の可能性を手近に全然残していないローカルで、近い所得課税によって絶対物の中で排他的で、別個の司法権を勤めることを私達の祖先によって意図していました。

所得課税は、破壊するパワーを運ぶので、私達の祖先は地方自治体のために所得課税を強く主張しました。

私有財産が堕落しやすい中心的なボディへの危険な状態になく、FBI捜査官は間接課税を許されるだけで、このように、神聖であり続けます。

共謀があります。

直接的な連邦税が憲法への16番目の改正によって法律で定められるとすぐに、数百の局とエージェンシー、連邦の部門は生じました(すべてがお金がかかりました)。

すべてのこれらの国の器官およびそれらの司法権の機能が複写されて、従って違法か、または最低の完全に 意図, 創始者 およびこの白痴の大規模なコストは、私達の苦難、借金、および赤字のほとんどの原因です。

中央銀行

アメリカに中央銀行を作成する1880年代のたくさんの試みがありました - これらの試みのほとんどはRothschildsを戻るように示します。

ロスチャイルド--8月のベルモントとErlangers--を表していた両方ともオリジナルのアメリカ金融会社がアメリカの内戦の間にそれぞれ北と南に出資したことは興味深い。

一方の銀行が一見したところ他に対して試合をされた時に、エイブラハム・リンカンはこの見せかけの後ろのパワー・プレイを見ました。

下の見えざる手は決して大衆によって見られませんでした。

彼が、そのお金をプリントするであろう中心的なプライベートバンクをアメリカで作成するためにプレッシャーに抵抗したので、リンカーンはそれを見ました。

北が同じお金のエリートによって資金提供された両側によって南と戦わされた所で、彼はまた、「分かれて、征服します」動きを見分けました。

議会と財務省の右が、お金を鋳造する物凄いパワーを保持するように、エイブラハム・リンカンは戦いました。

彼は、このパワーをプライベートバンクに引き渡すことが最終的に、アメリカの主権を引き渡すことであったと知っていました。

アダムズとジェファーソンはずっとこれを警告しました。

隠れた銀行家に反抗して、リンカーンはドル紙幣を出しました。

興味深いことに、リンカーンはすぐ暗殺されました。

「お金のパワーは平和の時に国家を苦しめています。そして、戦争の時にそれに共謀します」。

それは君主政治より専制的で、専制政治より横柄で、官僚制より利己的です。

それは、その方法に質問するか、その犯罪を明白化しさえするすべてを民衆の敵として弾劾します。

私は2つの大きな敵(私の後ろの金融機関と前の南軍隊)を持っていて、後者は私の最も偉大な敵です。

- エイブラハム・リンカン大統領

40年後、ジョン・ピアポント・モルガンは1907年のパニックを引き起こし、十分に報いられました。

彼は、ロスチャイルドのナンバーワンアメリカ人エージェントである彼の試みと同様にたくさんの所有財産を得ました。

1907年のパニックにおけるロスチャイルドへのJ・P・モーガンの大変な偉業とサービスは、彼が、中央銀行が、そのようなパニックが再び起こることを防止するであろうと信じるアメリカの気持ちを作成し、それから中央銀行を受け入れたことでした - 連邦準備銀行として知られるには。

モーガン自身の銀行、モーガン保証信頼は、連邦準備銀行の主要なオーナーの側近グループの間にあることを許されました。

瞬間が良かった時に、オールドリッチ--後で、彼の娘AbbeyがジョンD.ロックフェラーJr.と結婚した時に、ロックフェラー家に嫁ぎました--上院議員は連邦準備法を通して押しの適所にいました。

崩壊のふちの事実上すべての銀行とともに、ルーズベルト大統領は、権限としての連邦準備制度理事会をバンキングに落ち着かせることに成功しました。

独立な銀行は、連邦準備制度に参加することを強制されませんでした。

しかし、 設立しなかったそれら 彼らは どのような加盟銀行を通じてビジネスを行うことができませんでした。

中央銀行は通貨を膨張させることができました;

それは貸付金を通して悲しんだエリアに資金を再配分することができました;

そして、それは「部分準備銀行制度」の使用を通して何もないところからお金を作成することができました。

中心的な銀行制度は現在国の事実上すべての銀行のために利率を決定します。

支払準備率または割引政策の変更はそれらの経済状態を問わずすべてのアメリカ人のライフに影響するでしょう。

金の力

連邦準備法は、今日米国で存在している最も強力な独占の作成を結果として生じていました。

それは強力なだけでなく、より大きく、より専制君主的なコンバイン(ことによると、IRSを例外として省いてください)が全然ありません。

彼らは、この国のどの他のボディもそれらの司法権の中に銀行貿易について持っていない能力を持っています。

「彼らは、自身の中で、そしてそれらの運動において独裁的な能力を持っています」。

連邦準備制度理事会の行動は、私達の経済の死において第一原因であると判明しました。

その存在は私達の構成と私達の創始者のオリジナルの意思に反しています。

他の原因は、私達の地方自治体(一度オリジナルの構成によって守られた権利)からの所得課税の権利の私達の中央政府の窃盗です。

これらの組織によって作成された‘停止と行く’金融政策は景気を予測不可能にします。従って、投資と生産性を抑制します。

それらはまたより安いクレジットのために政治的圧力に影響され易いと証明されています。

政府が間接的にさえマネーサプライをコントロールする時に、彼らはいつも歴史を通してそのパワーを乱用しました。

ベース・マネーのインフレーション作成は、人々に隠された方法で本当の資源の上の政府コマンドを拡大することに役立ちます。

貨幣注入の富が再分配のパワーはそれを買収による票集めツールとして使うのに適するようにします。

それは明らかであるべきです:

国家の金融混乱は特にどのような本当の競争、競争の不在においてでもそれらの既存の通貨当局によって起こされることができます(それは、競売を正直にしておく唯一の力であるだけです)。

政府がお金&バンキングの中に固有の役割を持っているという仮定は、それらがどのような私的なビジネスとでも張り合っている場所を持っていると信じるのと同じくらい非常識です(それらがインチと足、オンス、および囲い込み、記録、および時間によってするように標準を設定することは別として)。

歴史において、バンキングがとても安定していた時に、それは純粋な自由放任主義の操作に最も近かった。

国家がよく成長していて、創造的で、独創的で生産的であった時はいつでも、あなたは銀行制度が自由企業競合バンキングに非常に近いとわかるでしょう。

マネーサプライを担当している政治家&官僚を持つことは、血液銀行を担当しているドラキュラを持つようなものです。

西の世界の銀行制度は景気後退、慢心、‘stagflations’不況、パニック&ランの完全な唯一の原因です。

ベンジャミンフランクリンは1763年にイギリスへの訪問をし、そこで、一方では、イギリスがバストを被っている間、彼が、植民地の繁栄を説明するように頼まれる間、彼は答えました:

「それは簡単です」。

それは、植民地で、私達が私達自身のお金を出すためだけです。

それは‘植民地受取証’と呼ばれて、それは貿易&産業の要求との適切な釣り合いにおいて出されます。

この情報がロスチャイルドの銀行にもたらされるまで、それはあまり長くなく、彼らは、ここに、利用される用意ができている国家があったとわかりました;

ここに、彼らが銀行を通って来るお金の代わりに彼ら自身のお金に出すことができた例を設定している国家がありました。

ロスチャイルドの銀行は法案に、イギリス議会に提出されさせました(それは、イギリスのどの植民地もそれ自身のお金を出すことができないと規定しました)。

「従って、彼らは、イギリスのお金を使う必要がありました」。

植民地は、それらのお金を処分し、お金を得るために自身をロスチャイルドのイングランド銀行に抵当に入れることを強制されました。

それから、初めて、米国の歴史において、お金は、借金に基づきはじめました。

ベンジャミンフランクリンは、その日付からの1年で、植民地の通りが失業者で満たされたことを述べました。



スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

kane552004

Author:kane552004
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR