FC2ブログ

米軍海兵隊のイラク人虐殺

Marines Ordered To Execute Civilians In Nazi-Like Slaughter

Latest evidence compounds catalogue of war crimes

??

Steve Watson

Infowars.net Editorial

Thursday, August 30, 2007








With evidence having emerged that marines were ordered by superiors to massacre women and children in Haditha in Iraq two years ago, combined with scores of other testimonies and reports of such barbaric demands being forced upon American troops daily, it is clear that organised execution and ritual slaughter is the set policy of the architects of aggression in the middle east.


A military court heard Thursday that a US Marine was ordered to execute a room full of Iraqi women and children during the massacre in Haditha which left 24 people dead.


Following a response to roadside bomb attack in November, 2005 Marines stormed houses in the village. At the first of the houses, Marine Lance Corporal, Humberto Mendoza, has given evidence that he was ordered to execute some of the occupants under the command of Sergeant Frank Wuterich. Mendoza stated he refused to do so, when confronted with a room full of women and children. Later he found the women and children dead. Mendoza had previously admitted shooting one male occupant of the house dead, under orders.


AFP reports:


At one house Wuterich gave an order to shoot on sight as Marines waited for a response after knocking on the door, said Mendoza.


"He said 'Just wait till they open the door, then shoot,'" Mendoza said.

Mendoza then said he shot and killed an adult male who appeared in a doorway.


During a subsequent search of the house, Mendoza said he received an order from another Marine, Lance Corporal Stephen Tatum, to shoot seven women and children he had found in a rear bedroom.


"When I opened the door there was just women and kids, two adults were lying down on the bed and there were three children on the bed ... two more were behind the bed," Mendoza said.

"I looked at them for a few seconds. Just enough to know they were not presenting a threat ... they looked scared. I told him there were women and kids inside there. He said 'Well, shoot them,'" Mendoza told prosecutor Lieutenant Colonel Sean Sullivan.


"And what did you say to him?" Sullivan asked.


"I said 'But they're just women and children.' He didn't say nothing."


Mendoza said he returned to a position at the front of the house and heard a door open behind him followed by a loud noise. Returning later that afternoon to conduct body retrieval, Mendoza said he found a room full of corpses.


ナチのような虐殺において一般人を処刑するよう命令される海兵隊員

戦争犯罪の最新の証拠合成物カタログ


Steve Watson

Infowars.net Editorial

Thursday, August 30, 2007


海兵隊員が上司によって2年前イラクでHadithaで女性と子供たちを大虐殺するよう命令されたとわかってきていた証拠で、多くの他の証言と毎日米軍に押しつけられているそのような野蛮な要求の報告と結合されて、組織された実行と儀式虐殺が中東の攻撃性の建設者のセットされた方針であることは、明らかです。


軍事裁判所は、木曜日に、米海兵隊が24人を死んでいるままにしたHadithaで大虐殺の間、イラクの女性と子供たちでいっぱいの部屋を実行するよう命令されると聞いていました。


2005年11月の沿道の爆弾攻撃への反応の後で、海兵隊員は村で家を襲撃しました。家で最初のもので、海兵隊の陸士長(ウンベルトメンドーサ)は、彼がフランクWuterich軍曹の指揮下に居住者の何人かを実行するよう命令されたという証拠を与えました。女性と子供たちでいっぱいの部屋に直面しているとき、メンドーサは彼がそうすることを拒否すると述べました。後で、彼は女性と子供たちが死んでいるとわかりました。メンドーサは、以前、命令を受けて、家の1人の男性の居住者を射殺することを認めました。


AFPは報告します:


海兵隊員がドアをノックした後に反応を待ったので、1つの家で、Wuterichは直ちに撃ちなさいという命令をしたと、メンドーサが言いました。


「彼は、『彼らがドアを開いて、そして撃つまで、ちょっと待ってください』と言いました」と、メンドーサが言いました。

メンドーサは、それから、彼が戸口に現れた成人の男性を撃って、殺すと言いました。


家の以降の検索の間、メンドーサは彼が彼が後部のベッドルームで見つけた7人の女性と子供たちを撃ちなさいというもう一人の海兵隊員(スティーブンテータム陸士長)からの命令を受けると言いました。


「私がドアを開いたとき、ちょうど女性と子供がいました、2人の大人はベッドに横になっていました、そして、3人の子供たちがベッドにいました...もう2は、ベッドの後にありました」と、メンドーサが言いました。

「私は、2、3秒の間彼らを見ました。ちょうど彼らが脅威を提示していなかったということを知っているのに十分な...彼らは、怖がるように見えました。私は、女性と子供がそこにいると彼に話しました。彼は言いました、『さて、彼らを撃ってください』」と、メンドーサがショーンサリヴァン検察官中佐に話しました。


「そして、あなたは彼に何を言いましたか?」、サリヴァンは尋ねました。


「私は、言いました、『しかし、彼らはちょうど女性と子供たちです。』、Heは何も言いました。」


メンドーサは彼が家の先頭に位置に戻ると言って、ドアが大きい雑音が続いて彼の後で開くのを聞きました。体検索を実行するためにその午後遅く帰って、メンドーサは彼が部屋が死体でいっぱいであるとわかると言いました。

In previous testimony it has also been suggested that the troops stopped random passing cars, ordered passengers out and lined them up and shot them one by one at near-point blank range with M16 machine guns.


Wuterich's defense is expected to argue that he followed established combat zone rules of engagement. Given that Haditha is not an isolated incident this seems an accurate description.


A 2006 article adapted from the book “Ten Excellent Reasons Not to Join the Military,” edited by Elizabeth Weill-Greenberg, documents many other testimonies of troops on the ground who have confirmed that they are routinely ordered to kill innocent civilians.


There is constant pressure to kill Iraqi civilians, 22-year-old GI Darrell Anderson said. “At traffic stops we kill innocent people all the time. If you are fired on from the street, you are supposed to fire on everybody that is there. If I am in a market, I shoot people who are buying groceries.”


War crimes in Iraq are not mere aberrations. They emanate from official policies regarding the aims and conduct of the occupation, the article concludes:

It is official policy, for example, to use cluster bombs in populated areas. Soldiers and Marines merely carry out the policy. It was official policy, under Operation Iron Hammer, to put barbed wire around villages, to bulldoze crops, to bomb homes, and to hold families in jail until they released insurgent information. It was official policy to level Fallujah, a city of 300,000 people, as an act of collective punishment.


The list goes on. It was official policy to torture detainees at Abu Ghraib, it was official policy to "kill all military age males" in Iraq, it is official policy to use radioactive Depleted Uranium weapons and deadly white phosphorus in civilian areas in Iraq. The wanton destruction from the air of cities, towns, and villages witnessed on the first night of the war and almost everyday since is official policy in Iraq.


When will the official policies be recognized for what they are, official war crimes?


The systematic killing of civilians in Iraq and throughout the middle east by aggressive forces under the control of the elite usurpers of our governments is clear. Our controlled media is also complicit in its ignorance, its pandering spin and the outright lies we continue to have to endure and break down with every passing day.

前の証言において、それは軍隊がランダムな通過する車を止めたことをも示唆されて、乗客にも出るように命じて、彼らも一列に並べて、M16機関銃で一つずつほとんどまともな範囲を狙って彼らも撃ちました。


Wuterichの守備側は、彼が確立した戦闘地域ROEsに続いたと主張することになっています。Hadithaが孤立した事件でないとすると、これは正確な説明のようです。


本「Notがそうする10 Excellent Reasons参加... Military」(エリザベスヴァイル-グリーンバーグによって編集される)を変更して作られる2006の記事は、彼らが通常罪のない一般人を殺すよう命令されることを確認した地面で、軍隊の多くの他の証言を文書化します。


定圧がイラクの一般人を殺すためにあると、22才のGIダレルアンダーソンが言いました。「通行車停留所で、我々は常に、罪のない人々を殺します。あなたが通りから発砲されるならば、あなたはそこにいる誰にでも発砲すると思われます。私が市場にいるならば、私は食料雑貨を買っている人々を撃ちます。」


イラクの戦争犯罪は、単なる異常でありません。彼らは仕事の狙いと行いに関して公式方針から発散すると、記事が結論します:

たとえば、棲息する地域でクラスター爆弾を使うことは、公式方針です。兵士と海兵隊員は、単に方針を実行するだけです。彼らが反政府情報を公表するまで、Ironハマー作戦の下で、村のまわりに有刺鉄線を置いて、爆弾家に、収穫をブルドーザーで動かして、刑務所で家族を持つことは公式方針でした。総体的な罰の行為としてFallujah(300,000人の都市)を平らにすることは、公式方針でした。


リストは続きます。アブGhraibで抑留者を拷問することは公式方針でした、イラクで「すべての徴兵適齢男性を殺す」ことは公式方針でした、イラクの一般人の地域で放射性Depleted Uranium武器と致命的な黄リンを使うことは公式方針です。最初の上で戦争とほとんど毎日の夜を目撃される都市、町と村の空気からの理不尽な破壊は、イラクの公式方針です。


いつ、公式方針は、彼らがそうであること(公式戦争犯罪)のために認められますか?


イラクで、そして、我々の政府のエリートの強奪者の管理下の積極的な軍隊による中東中で一般人を組織的に殺すことは、明白です。我々の制御されたメディアは、その無知のcomplicit、その迎合している回転と我々が耐えなければならなくて、日に日に壊さなければならなく続ける率直なうそでもあります。

Prominent critics and commentators have blasted the mainstream media for failing to portray the brutal reality of the systematic policy of slaughter.


Acclaimed director Brian De Palma, whose new film "Redacted" has stunned audiences with its graphic telling of the horrific true story of another Iraq war crime, has stated:


"In Vietnam, when we saw the images and the sorrow of the people we were traumatizing and killing, we saw the soldiers wounded and brought back in body bags. We see none of that in this war. It's all out there on the Internet, you can find it if you look for it, but it's not in the major media. The media is now really part of the corporate establishment."

De Palma has asserted that it is only the brutal reality seen in the pictures and videos that are routinely ignored by the establishment media that will incense the public enough to force the conflict to be stopped.


Paul Craig Roberts, former Secretary to the Treasury under Reagan, has also blasted the mainstream media in a powerful piece today stating:


"The US media focuses on whether Republican Senator Larry Craig is a homosexual or has offended gays by denying being one of them. The run-up for the public's attention is why a South Carolina beauty queen cannot answer a simple question about why her generation is unable to find the United States on a map."

Roberts describes Bush as "high on the list of mass murderers of all time". With conservatively over one million Iraqis having lost their lives in this war "The vast majority of "kills" by the US military in Iraq and Afghanistan are civilians, the war criminal is in the living room, and no official notice is taken of the fact" he writes.


He warns that the same will happen in Iran very soon if this administration and the power brokers behind it are not halted right away:


"Encouraged by the indifference of both the American media and Christian churches to the massive casualties inflicted on Iraqi civilians, the Bush administration will not be deterred by the prospect of its air attacks inflicting massive casualties on Iranian civilians. Last summer the Bush administration demonstrated to the entire world its total disdain for Muslim life when Bush supported Israel's month-long air attack on Lebanese civilian infrastructure and civilian residences. President Bush blocked the attempt by the rest of the world to halt the gratuitous murder of Lebanese civilians and infrastructure destruction. Clearly, turning the Muslim Middle East into a wasteland is the Bush policy. For Bush, civilian casualties are a non-issue. Hegemony uber alles."

Every instance described here provides evidence of direct violation of the Geneva Conventions, which state (Part IV, Article 48):combatants “shall at all times distinguish between the civilian population and combatants, between civilian objects and military objectives and, accordingly, shall direct their operations only against military objectives.”


The conventions were established in the aftermath of the Nazi's indiscriminate slaughter of millions of civilians throughout Europe. It is clear that our own modern day aggressors do not believe they are bound by the conventions, nor any international laws of war that have come before, and will do whatever it takes to ensure their empire building proceeds unimpeded.


Unless we address the reality of the war crimes we have seen unfold in the last 6 years alone, and continue in our attempts to do the job that the corporate media whores are paid not to, we betray our ethical and moral principles, we betray our countries, and we betray the freedom that has been protected for so long by those before us.

著名な批評家と解説者は、主流メディアを虐殺の組織的方針の残忍な現実を描写することができないことのことで非難しました。


「編集される」フィルムがそのグラフィックでびっくりする観衆にもう一つのイラク戦争犯罪のものすごい実話の新しいものを言わせておく称賛されたディレクターブライアンデパルマは、述べました:


「ヴェトナムでは、我々が我々が外傷を与えていて、殺していた人々のイメージと悲しみを見たとき、我々は兵士が傷ついて、遺体袋で戻されるのを見ました。我々は、この戦争でそれのどれも見ません。それはインターネット上に全く向こうにあります、あなたがそれを探すならば、あなたはそれを見つけることができます、しかし、それは主な媒体の中にありません。メディアは、本当に現在会社施設の一部です。」、デパルマはそれが対立に止められることを強いるのに十分な市民を激怒させる設立メディアで通常無視される絵とビデオの中でわかられる残忍な現実だけであると主張しました。


ポールクレイグロバーツ(レーガンの下の財務省の前秘書)今日強力な部分の主流メディアも吹き飛ばします述べます:


「米国メディアは、共和党のラリークレイグ上院議員が同性愛者であるか、彼らのうちの1人であることを否定することによってゲイを怒らせたかどうかに集中します。市民の注意のための助走は、サウスカロライナ美の女王が彼女の世代はアメリカ合衆国を地図で発見することができない理由についての単純な質問に答えることができない理由です。」、ロバーツはブッシュを「古今の多勢の殺人者のリストの中で重要である」と言います。保守的にこの戦争の彼らの命が「大多数のイラクの軍隊とアフガニスタンがそうである米国によって、「殺して」一般人、犯人がリビングルームである戦争と当局者でないのは事実にかかることを気がつく」ことを失っていた100万人以上のイラク人と、彼は書きます。


彼は、この管理とそれの後のパワーブローカーがすぐに停止しないならば、同じことが間もなくイランで起こると警告します:


「イラクの一般人に課される大きい犠牲者にアメリカのメディアとキリスト教教会の無関心に励まされて、ブッシュ政権は大きい犠牲者をイランの一般人に課しているその空爆の見込みによって阻止されません。昨年の夏、ブッシュがレバノンの一般人の基盤と一般人の住居でイスラエルの一ヵ月間の空爆を支持したとき、ブッシュ政権はイスラム生命に対するその完全な軽蔑を全世界に示しました。ブッシュ大統領は、レバノンの一般人と基盤破壊の必要のない殺人を停止させる残りの世界による試みを妨害しました。明らかに、イスラム中東を荒地に変えることは、ブッシュ方針です。ブッシュのために、民間人への被害はどうでもいい問題です。覇権uber alles。」、ここで記述されるEvery例は、述べる(パート4、第48条)ジュネーブ協定の直接の違反の証拠を提供します:戦闘員「民間集団と戦闘員の間でいつでも区別します、一般人の物と軍の目的の間で、そして、したがって?軍の目的だけに対する彼らの活動を向けます。」


慣例は、ヨーロッパ中で何百万もの一般人のナチの無差別の虐殺の余波で確立されました。我々自身の現代の日侵略者が彼らが慣例も起こった戦争の少しの国際法にも束縛されると思っていないことは、明らかです、そして、良くしてください、彼らの帝国建設を確実にするのにかかるものは何でも、妨げられずに進行します。


我々が我々が単独で最後の6年で展開するのを見た戦争犯罪の現実について述べない限り、そして、やっつける我々の試みにおいて続けてください?会社メディア売春婦が、支払われない、我々が我々の倫理で道徳的な主義を裏切る、我々が我々の国を裏切る、そして、我々が我々の前にそれらによって長い間保護されていた自由を裏切る。

スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

1 ■クリスマスマーケット

ビジネス 「同性愛」は の場所 リボンは取り外し可能です イスラエル国内で
プロフィール

kane552004

Author:kane552004
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR