FC2ブログ

鳥インフルエンザ

 太田龍の時事寸評 http://www.pavc.ne.jp/~ryu/cgi-bin/jiji.cgi




鳥インフルエンザの流行は、西洋欧米医学=欧米サタニスト権力による大量殺戮作戦、以外の何者でもないと(L・G・ホロビッツ博士) 。




更新 平成17年10月23日00時00分


平成十七年(二〇〇五年)十月二十二日(土)

(第一千四百七十回)


○L・G・ホロビッツ博士

 「鳥インフルエンザの流行は、政治的行動日程によって設定されたものである。


  The Avian Flu Fright is Politically Timed

  By Dr.Leonard Horowitz

  Octover 12,2005.


○これは、非常に重要な大論文である。


○L・ホロビッツ博士の三冊の大著については、筆者はこの七、八年来、何十回と

 なく、紹介して居るが、


○残念ながらこの古典的著作を、日本語で出版する力がない。


○この大論文(05.10.12)は、

 

 The Avian Flu Fright: Politically Timed for Global “Iatrogenocide”


 とする。


○L・ホロビッツ博士は、


○イアトロジェノサイド、と言う用語は、

 「イアトロジェノシス(医原病、つまり、医療行為によって作り出された病気)」と

 「ジェノサイド(経済的政治的又はイデオロギー的な大量殺戮、又は奴隷化)」と、

 この二つのことばの合成語であると。


○従って、「イアトロジェノサイド」とは、

 「医療行為、医学医療による大量殺戮、皆殺し」、と成るであろう。


○つまり、言わんとするところは、

 今、出現して居る鳥インフルエンザの流行は、世界的地球的な医療行為による

 大量殺戮=皆殺し大作戦を発動させるべく、たくみに設定された政治的日程に

 よるものである、と。


○ここでの要点は、

 西洋欧米=イルミナティサタニスト世界権力の本拠地の医薬業界が、全人類に

 対する人口削減のための大量殺戮戦争を、今、まさに、開始せんとして居る、

 と言うこと。


○つまり、サタニスト西洋では、

 イルミナティサタニスト世界権力の命令一下、医者、医師、医学界が白昼堂々

 大量殺人を計画し、実行する、そのような勢力である、と。


それが、「イアトロジェノサイド」と言う、L・ホロビッツ博士の命名する用語

 の意味である。


○要するに、西洋=サタニスト世界では 

 医師、医者、医学界が、正々堂々、公然たる合法的な、大量殺人者である、 

 と言うこと。


○これが、肝腎である。


○このことは、日本民族有志は、しっかりと認識しなければならない。


○更に医学のみでない。


○西洋=欧米では、すべての科学者が、


○破壊者であり、殺人者であり、人類=地球生命壊滅戦争の軍隊である。


○と言うこと。


○それは、西洋の科学が破壊の科学であることの、必然の結果である。


 (了)


●[注]参考文献


○坂元邁著「マイナスの科学」以下五点。










デーヴィッド・アイク(David Icke)の情報http://icke.seesaa.net/category/116888.html




鳥インフルエンザ


ブッシュは鳥インフルエンザのワクチンに焦点を合わせた。

たぶん、そうだろう。

アメリカの大統領ジョージ・ブッシュは製薬業者に鳥インフルエンザのワクチンの増産を求めた。流行の懸念が広まっているからだ。大統領は80カ国の製薬会社の代表者と会い、国連は、流行病に対して世界的な対策を取る事を目的に会合を開いた。先週、議会は抗インフルエンザ薬を購入するための予算を承認した。



元記事




アイク

アメリカ人を一顧だにしない人物がどうしてそんなに興味を示すのだろうか?

ブッシュ氏は最近、米国で流行地帯が出たら、軍隊が検疫を強化してはどうかと提案したばかりだ。

それでね




アイクはワクチンは人間の霊性を破壊するために投与されていると言っていますから、霊性を破壊するために鳥インフルエンザを口実にしようとしているのでしょうか?

もしくは、ブッシュは、今冬、鳥インフルエンザの大流行を確信しているのでしょうか?

どちらにしても怖いことです。



クロアチア、死んだ白鳥から鳥インフルエンザウイルス検出

 10月21日、クロアチア政府は、白鳥の死がいから鳥インフルエンザウイルスが検出されたと発表。写真は、ザグレブの湖の白鳥。2月撮影(2005年 ロイター/Nikola Solic)(ロイター)16時09分更新




鳥インフルエンザ 欧州に拡大、爆発的流行の恐れhttp://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20051022-00000027-san-int

 毒性が強い鳥インフルエンザウイルスH5N1型が世界的に流行する恐れが強まってきた。これまでアジアにとどまっていた鳥への感染地域が欧州へと拡大したためだ。大西洋の対岸にある米国では、ウイルスの流入を“水際”で阻止する態勢の検討に入っている。全世界的な対応の必要性が叫ばれる中で、アジア地域では、対策が後手に回っており、鳥から人への感染により今年初めて死者が出た。仮にウイルスが人から人に感染するという事態となれば、爆発的な流行も予測され、その影響は計り知れない。

 ≪米 “水際阻止”へ 旅客機運航停止 地域隔離も≫

 【ワシントン=気仙英郎】欧州にまで広がった鳥インフルエンザの流入を防ぐため、米政府は空港など“水際”での検疫強化とともに、鳥インフルエンザが発生した場合の旅客機の運航停止や米軍による流行地域の隔離などの具体的な事例を想定した対応の検討を始めた。また、感染拡大を最小限に抑える対策として、抗ウイルス剤「タミフル」の二千万人分の在庫確保を早急に目指す方針だ。

 米政府は今月中に鳥インフルエンザの国家対策プランのとりまとめを急いでいる。また、発生初期の封じこめ対策を重視し、二〇〇三年の新型肺炎(SARS)発生時に、中国が世界保健機関(WHO)への報告を怠り、感染を拡大させたことを教訓に、各国に対して鳥インフルエンザの流行の兆しがあった場合、WHOなどを通じて早期に情報を共有するよう要請している。

 また、スイス製薬大手ロシュの幹部と対策を協議したチャールズ・シューマー米上院議員は二十日、記者会見し、同社が特許を持つ「タミフル」の製造を、米バール・ファーマスーティカルズ、米マイラン・ラボラトリーズなど四社にライセンス提供することで合意したことを明らかにした。

 ≪仏伊 鳥肉消費落ち込む≫

 【ベルリン=黒沢潤】鳥インフルエンザの感染が広がり、欧州連合(EU)加盟国に衝撃が走っている。鶏肉などの消費が大幅に落ち込みを見せているほか、抗ウイルス剤「タミフル」の不足を懸念する声も出始めている。

 毒性の強いH5N1型ウイルスは十月以降、トルコやルーマニアなどのほか、ロシアのモスクワ南郊の鳥からも相次いで検出された。二十一日には、クロアチアの農業省スポークスマンが、同国東部の池で死んだ六羽の野生の白鳥からウイルスが検出されたと発表。英国の研究機関がH5N1型かどうか検査している。

 「パニック」「全土がヒステリーに包まれる」-。ブルガリアの日刊紙は、自国民が、今月中旬に隣国のトルコで感染が確認されて受けた衝撃をこんな大見出しで伝えた。

 EU各国は感染地域からの家禽の移動を禁止するなどしたものの、鳥インフルエンザは食品産業や農業に容赦なく影響を及ぼしている。

 鶏肉や七面鳥などの肉を年間百十万トン(約三十三億ユーロ)生産するイタリアでは、国内での消費量が約30%も低下した。

 フランスでは鶏肉の消費量が約20%落ち込み、ドビルパン首相が「私はチキンを食べた」と身をもって安全性を宣伝するなど、需要減少に歯止めをかけるのに躍起となっている。世界三大珍味の一つ、フォアグラ(ガチョウやカモの肝臓)の需要も低下し、輸出国のブルガリアやハンガリーの農家に打撃を与えている。

 ≪英国でも検出 南米から輸入オウムに≫

 【ロンドン=蔭山実】英政府は二十一日、南米スリナムから輸入されたオウム一羽から、鳥インフルエンザウイルスが検出された、と発表した。ウイルスはH5型で、毒性が高いH5N1型かどうかは不明。

 欧州連合(EU)は同日、「英国で見つかった鳥インフルエンザのオウムは隔離されており、英国が鳥インフルエンザの影響下にあるとはいえない」とするコメントをだした。

(産経新聞) - 10月22日15時5分更新

蛇足

医学的・・イアトロジェノサイドが実行されつつあるのだろうか?  風邪とか言って、ワクチンなんかに頼っているとエライことになる・・。製薬会社も医学界もコントロールされているのだから・。

スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

kane552004

Author:kane552004
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR