FC2ブログ

国民を欺むく私有中央銀行制度 その2

The artificial financial panics


Though currency had become more stable as a result of the National Banking Act of 1863, financial panics (orchestrated by the banking elite) and the resulting bank-runs continued to threaten the U.S. economy. Banking panics in 1893, and again in 1907 produced severe economic depressions in the United States. This gave impetus to a growing number of Americans calling for banking reforms.


Each time, legendary banking mogul J.P. Morgan intervened and not only provided the illusion of economic stability, but consolidated power for himself and the powerful banking interests, which paved the way for the establishment of a private central bank.


Knowing that the American public now looked to banking legislation to control fluctuation of economic resources, but was also distrustful of a banker-controlled society, the large banking interests were now poised to carry out one of the most audacious deceptions ever perpetuated against the American public - the so called Federal Reserve System.


人工の金融恐慌


通貨が1863年のナショナルバンキング法の結果としてより安定になったけれども、金融恐慌(銀行業務エリートによって組織化される)と結果として生じる銀行-走力は米国の経済を脅かし続けました。銀行業務は1893年にうろたえて、再び1907年にアメリカ合衆国で厳しい経済不況を引き起こしました。これは、銀行改革を要求しているますます多くのアメリカ人に、刺激を与えました。


各状況に、伝説的な銀行業務の大物J.P.。モーガンは介入して、経済の安定性の幻想を提供するだけでなくて、彼自身と強力な銀行業者のために力を強化しました。そして、それは私立の中央銀行の設立への道を開きました。


アメリカの市民がその時経済資源の変動をコントロールするための銀行業務法に目を向けたが、銀行家に制御された社会信用がなかったということを知って、大きな銀行業者は、その時、アメリカの市民に対してこれまでに恒久化される最も大胆な偽装のうちの1つを実行する準備ができていました - いわゆる連邦準備制度。




The decentralized central bank


In response to the panic of 1907, the Glass-Owen Act of 1908 was passed to provide for the issue of emergency currency during widespread financial crisis. The National Monetary Commission was also established under this act to develop a more durable solution to the nation's problematic financial and banking practices.


The commission, under the direction of Senator Nelson Aldrich proposed a banker-controlled plan. Progressives however, led by William Jennings Bryan, strongly opposed such a plan. They preferred a central bank under public (governmental), not private (banker) control. With the election of Democrat Woodrow Wilson in 1912, the plan was effectively stalled.


分散する中央銀行


1907年のパニックに対応して、1908年のグラス-オーエン条例は、広範囲の財政危機において非常通貨の問題に備えるために通過されました。 また、National Monetary委員会は、国の問題の多い財政的で銀行の習慣の、より長持ちする解決策を見いだすためにこの行為で設立されました。


コミッションであり、上院議員のネルソンの指示では、オルドリッチは銀行員によって制御されたプランを提案しました。 しかしながら、ウィリアム・ジョニングス・ブライアンによって誘導かれて、進歩的な人は強くそのようなプランに反対しました。 彼らは個人的な(銀行員)コントロールではなく、公衆(政府の)の下で中央銀行を欲しました。 1912年の民主党員ウッドロー・ウィルソンの選挙にて、事実上、プランは失速しました。




The birth of the federal reserve system


With the intention of developing a workable central banking solution, President Wilson turned to Chairman of the House Committee on Banking and Finance, Representative Carter Glass, and a former Washington and Lee University professor of Economics, H. Parker Willis. By December of 1912, they had presented Wilson with a draft proposal.


For a year this plan was debated, contested and modified. The outcome was touted as a classic example of compromise which established a decentralized central bank that balanced the competing interests of private banks and populist sentiment. The true effect was to place control of the U.S. economy squarely in the hands of the big-money private bankers who could now create endless amounts of monetary credits, backed by nothing, to be lent at will to the United States Government.


On Sunday, December 23, 1913, two days before Christmas, while most of Congress was on vacation, President Woodrow Wilson signed the Federal Reserve Act into law. Wilson would later express profound regret over his tragic decision, stating:


"I am a most unhappy man. I have unwittingly ruined my country. A great industrial nation is controlled by its system of credit. Our system of credit is concentrated. The growth of the nation, therefore, and all our activities are in the hands of a few men. We have come to be one of the worst ruled, one of the most completely controlled and dominated governments in the civilized world - no longer a government by free opinion, no longer a government by conviction and the vote of the majority, but a government by the opinion and duress of a small group of dominant men."


Less than one year later Congress declared the 16th Amendment as having been ratified, although it wasn't, creating the Internal Revenue Service which became the de-facto collection agency for the Federal Reserve System. Its only duty was to tax the income of citizens to make the interest payments for the U.S. Government loans that would soon follow.


By November 16, 1914 the Reserve Bank Organization Committee had selected twelve cities throughout the U.S. as sites for regional Reserve Banks, the existence of which served to conceal the fact that there was now a United States Central Bank
. The Federal Reserve System then began operations just as European hostilities erupted into World War I.


連邦準備制度の誕生


実行可能な主要な銀行業解決策を見いだすという意志で、ウィルソン大統領はEconomics(H.パーカー・ウィリス)のBanking、Finance、カーターグラス代表、元ワシントン、およびリー大学教授に下院Committee委員長に頼りました。 1912年12月までには、彼らは試案をウィルソンに与えました。


1年間、このプランは、討論されて、争われて、変更されました。 結果はプライベートバンクと人民党員感情の競合する利益のバランスをとった分散中央銀行を設立の妥協に関する典型例にほめ立てられました。 本当の効果は直角に米国経済のコントロールを今、合衆国政府に自由自在に与えるために無によって支持された無限の量の通貨のクレジットを作成することができるだろう大金を個人的な銀行員の手に置くことでした。


1913年12月23日日曜日に、休暇には議会の大部分がありましたが、2日間(クリスマス以前)、ウッドロー・ウィルソン大統領は法の連邦準備制度理事会条例に調印しました。 以下を述べて、ウィルソンは後で彼の悲惨な決定の上の深遠な後悔を言い表ました。


「私は最も不幸な男性です。 私は国を知らず知らず台無しにしました。 偉大な産業国はクレジットのシステムによって制御されます。 私たちのクレジットのシステムは集中しています。 国の成長、私たちの活動が数人の男性の手にあります。 私たちは、最も悪いものの1つに統治されました。完全に制御された大部分の1つということであることをもって、文明世界で政府を支配しました--もうもう善意の意見、信念による政府、および大部分の票による政府ではなく、優越な男性の小さいグループの意見と脅迫による政府である。」


1年未満より少し遅い議会で批准されたとして第16Amendmentを申告しました、それがそうではありませんでしたが、連邦準備制度にデファクト取立代理会社になった国税庁を創設して。 唯一の義務はすぐに続く米国政府ローンで利払いを作るために市民の収入に税をかけることでした。


1914年11月16日までには、準備銀行Organization Committeeは地方のReserve Banksのためのサイトとして米国中の12の都市を選定しました。その存在は合衆国中央銀行が今まであったという事実を隠すのに役立ちます。そして、ちょうどヨーロッパの戦争が第一次世界大戦に突然変わったように連邦準備制度は操業を開始しました。





The war-time FED policy


With the outbreak of war, "emergency currency", issued under the Aldrich-Vreeland Act of 1908 allowed the U.S. Federal Reserve Banks
to lend newly created money at will. Concurrently, the Reserve Bank's ability to discount bankers' acceptances allowed the United States (though officially neutral) to aid the flow of trade goods to the European war effort.


After three years of fighting, Germany had nearly destroyed England. The Federal Reserve
and the banks that privately owned it had lent billions to the English and would stand to lose all of it if she were crushed. The only solution appeared to be pulling the U.S. into the war
. The U.S. however, would not fight unless first attacked.


In 1915, J.P. Morgan and his banking associates established their plan to have the British liner, "Lusitania" with 128 American passengers onboard, laden with munitions, cruise right through the middle of the wartime shipping lanes in order to be sunk by a German submarine, thus bringing the U.S. directly into the conflagration.


It worked, and with the United States' official declaration of war on Germany in 1917, financing our own war efforts would produce astronomical profits for these private institutions. Thanks to the new income tax and IRS, taxpayer money would now flow like never before into the hands of private bankers as the government taxed the citizens and paid the interest on the finance of the war.



戦時連邦準備制度方針


戦争の勃発、米国連邦準備制度理事会銀行に許容された1908年のオルドリッチ-ブリーランド条例に基づき発行された「非常通貨」で、新たに貸すお金を自由自在に作成しました。 同時に、銀行員の承認を無視する準備銀行の能力で、合衆国(もっとも、公式に中立)はヨーロッパの戦争の加担する貿易品の流れを支援しました。

3年の戦いの後に、ドイツはもう少しでイギリスを破壊するところでした。 それを個人的に所有していた連邦準備制度理事会と銀行は、10億をイギリスに与えて、英国が鎮圧されるなら、それを皆、失うのを耐えるように。 唯一の解決策がしかしながら、米国を.戦争に引き入れしているように見えて、最初に攻撃されない場合、以外では戦わないでしょう。

1915年に、J.P.モルガンと彼の銀行業関連はイギリスのライナーを持つ彼らの計画を確立して、128人のアメリカ人の乗客がオンボードの軍需に苦しい"Lusitania"はちょうど戦時にドイツの潜水艦によって沈められるために標的になる中央を通って巡航します。その結果、直接米国を業火に運び込みます。

それはうまくいって、そして、私たち自身の戦争の準備を融資すると、合衆国の戦争の公式の宣言が1917年のドイツにある状態で、天文学の利益はこれらの民間の団体のために生産されるでしょう。 新しい所得税とIRSのおかげで、政府が戦争の財政のときに市民に税をかけて、利息を支払ったとき、納税者のお金は現在、今までなかったように個人的な銀行員の手に流れるでしょう。




The roaring 20's


The defeat of Woodrow Wilson by Warren Harding ushered in an unprecedented period of prosperity known as "the Roaring 20's. The primary engine for this economic expansion was the Federal Reserve's flooding of the economy with newly created, debt money
, borrowed by the government during WWI.


Subsequently, Fractional Reserve Banking
allowed the Fed to increase the money supply by more than 61% within three years. Money was plentiful, and a steady increase in bank loans, coupled with the worry-free attitude of the American public propelled a continued rise in the economy. Stock-market speculation was rampant and businesses expanded and became strung-out on easy credit.


Concurrently the Fed
, under the direction of Benjamin Strong, head of the New York Fed, shifted toward a monetary policy
of open market operations. Under the guise of stemming a potential recession in 1923, the Fed made a large purchase of government bonds.


This purchase strengthened the "public perception" that expanding credit and introducing more currency into the system would have a more stabilizing effect on the economy than would dependence on a gold standard. (In actuality, when the Fed buys government bonds from the public the economy will shrink by 10 to 33 times the purchased amount, depending upon what the fractional reserve rate currently is.)


At the same time, Strong further consolidated the power of the Fed by promoting a policy of relations with the Bank of England and other international central banks. The Fed and its conglomeration of huge, international member banks had now set the stage for the most massive rip-off of the nation's economy to date.


騒々しい20年代


ウォーレン・ハーディングによる「騒々しい20年代」として知られている期間の繁栄で案内されたウッドロー・ウィルソンの敗北。 この景気拡大のための第一のエンジンはWWIの間に政府によって借りられた新たに作成された負債のお金である連邦準備制度理事会の経済の氾濫でした。

次に、準備銀行は連邦政府に3年以内に通貨供給量を61%以上増加させました。 お金が豊富であって、銀行ローンの安定した増加であった。アメリカ人の無心配の態度に結びつけられた公衆は経済における継続的な上昇を推進しました。 株式市場の思惑が猛烈であり、ビジネスは広がって、金融緩和で一列に並べられるようになりました。

同時に、ベンジャミンストロングの指示に基づく連邦政府(ニューヨーク連邦政府の代表)は公開市場操作の財政政策に向かって移動しました。 1923年に潜在的不況を食い止める外観の下では、連邦政府は国債の大口の買い物をしました。

この購買は金本位への依存を強化してクレジットを広げて、システムにより多くの通貨を取り入れて、経済にさらに安定した影響を与える「公共の知覚」を強化しました。 (連邦政府が公衆から国債を買うとき、現実では、購入された量の10から33倍に従って、経済は縮まるでしょう、現在部分準備率がどのくらいであるかということによって。)

同時に、ストロングは、イギリスと他の国際的な中央銀行の銀行との関係の方針を促進することによって、連邦政府のパワーをさらに統合しました。 連邦政府とその巨大で、国際的な加盟銀行の凝集は今や、国民経済の最も大規模な盗みの必要な準備をしました。






The great depression


In August of 1929, the Fed began to tighten the money supply continually by buying more government bonds. At the same time, all the Wall-Street giants of the era, including John D. Rockefeller and J.P. Morgan divested from the stock-market and put all their assets into cash and gold.


Soon thereafter, on October 24, 1929, the large brokerages all simultaneously called-in their 24 hour "call-loans." Brokers and investors were now forced to sell their stocks at any price they could get to cover these loans. The resulting market crash on "Black-Thursday" was the beginning of the Great Depression.


The Chairman of the House Banking and Currency Committee, Representative Louis T. Mc Fadden, accused the Fed and international bankers of premeditating the crash. "It was not accidental," he declared, "it was a carefully contrived occurrence (created by international bankers) to bring about a condition of despair...so that they might emerge as rulers of us all."


He went on to accuse European "statesmen and financiers
" of creating the situation to facilitate the reacquisition of the massive amounts of gold which Europe had lost to the U.S. during WWI. In a 1999 interview, Nobel Prize winning economist and Stanford University Professor Milton Friedman stated: "The Federal Reserve definitely caused the Great Depression."





大恐慌


1929年8月に、連邦政府は、絶えず、より多くの国債を買うことによって、通貨供給量をきびしくし始めました。 同時に、時代のすべてのウォール街の巨人(ジョン・ダビッドソン・ロックフェラーとJ.P.モルガンを含む)は株式市場からはぎ取って、現金と金に彼らのすべての資産を入れ代えました。

その後すぐ、大きい仲買業は皆、同時に、1929年10月24日に、彼らの24時間「コールローン」を回収しました。 ブローカーと投資家は今や、彼らがこれらのローンをカバーさせることができたどんな価格でもやむを得ず在庫品を売りました。 「黒い木曜日」の結果として起こる相場の下落は大恐慌の始まりでした。

下院BankingとCurrency Committeeの委員長(ルイスT.Mc Fadden代表)は、クラッシュを事前に計画していたので、連邦政府と国際銀行家を起訴しました。 「それが偶然でなかった、絶望の状態を引き起こすのは、慎重に案出された発生(国際銀行家によって作成される)でした」と、彼は宣言しました…「私たちのすべての定規として現れることができるように。」

彼は、ヨーロッパが米国に負けていた大規模な量の金の「再-獲得」を容易にするために状況を作成するヨーロッパの「政治家と財政家」WWIを起訴し続けました。 ミルトン・フリードマンが述べた1999年のインタビュー、ノーベル賞勝利エコノミスト、およびスタンフォード大学教授で: 「連邦準備制度理事会は確実に大恐慌を引き起こしました。」






The bankruptcy of the u.s.


Because the government of the U.S. (a corporation) had paid its loans to the Fed with real money exchangeable for gold, it was now insolvent and could no longer retire its debt. It now had no choice but to file chapter 11. Under the Emergency Banking Act (March 9, 1933, 48 Stat.1, Public law 89-719) President Franklin Roosevelt effectively dissolved the United States Federal Government by declaring the entity bankrupt and insolvent.


June 5, 1933 Congress enacted HJR 192 which made all debts, public or private, no longer collectable in gold. Instead, all debts public or private were to be payable in un-backed Fed-created fiat currency. This new currency would now be legal tender in the U.S. for all debts public and private.


Henceforth, our United States Constitution
would be continuously eroded due to the fact that our nation is now owned "lock stock and barrel," by a private consortium of international bankers, contemptuous of any freedoms or sovereignties intended by our forefathers. This was all accomplished by design.


米国の破綻。


米国(会社)の政府が金に、交換可能な現金でローンを連邦政府に支払ったので、それは、今や、支払能力がなく、もう負債を引退させることができませんでした。 それは今や、第11章をファイルせざるを得ませんでした。 緊急銀行法(1933年3月9日、48Stat.1、Public法89-719)では、事実上、実体が破産していて支払能力がないと宣言することによって、フランクリン・ルーズベルト大統領は合衆国連邦政府を解散させました。

1933年6月5日に、議会は金ですべての公共の、または、個人的な負債をもう収集品にしたHJR192を制定しました。 代わりに、すべての公的及び個人の負債が不支持された連邦政府によって作成された不換紙幣で支払い満期であることになっていました。 現在、この新しい通貨はすべての公共の、個人的負債にとっての米国と個人の法定貨幣でしょう。

今後は、私たちの合衆国憲法は私たちの国が国際銀行家の私設の共同体でいずれも軽蔑的な現在所有されている「資本と樽に鍵をかける」自由か私たちの祖先によって意図された主権であるという事実がため絶え間なく浸食されるでしょう。 これは故意にすべて達成されました。






The confiscation AMERICA'S gold


Under orders of the creditor (the Federal Reserve System and its private owners) on April 5, 1933 President Franklin D. Roosevelt issued Presidential order 6102, which required all Americans to deliver all gold coins
, gold bullion, and gold certificates to their local Federal Reserve Bank on or before April 28, 1933.


Any violators would be fined up to $10,000, imprisoned up to ten years, or both for knowingly violating this order. This gold was then offered by the Fed owners to any foreign, non-U.S. citizen, at $35.00 per ounce. Over the entire previous 100 years, gold had remained at a stable value, increasing only from $18.93 per ounce to $20.69 per ounce.


Since then, every U.S. citizen (by virtue of their birth certificate) has become an asset of the government, pledged at a specific dollar amount to pay this debt through future taxation. Thus, every American citizen is in debt
from birth (via future taxation), and is, for all practical purposes, property of the creditors, the privately owned Federal Reserve System.


没収アメリカの金


1933年4月5日の債権者(連邦準備制度とその個人所有者)の命令の下で、フランクリンD・ルーズベルト大統領は大統領の命令6102を出しました。そして、それは1933年4月28日に、または、前にすべての金貨、金の地金と金証券を彼らの地元の連邦準備銀行に届けることをすべてのアメリカ人に要求しました。


どんな違反者でも最高10,000ドルの罰金を科されます。そして、この命令に故意に違反した者は最高10年または両者とも刑務所に入れられます。1オンスにつき35.00ドルで、この金は、それから連邦政府のオーナーによってどんな外国の、米国以外の市民にでも提供されました。全ての前の100年にわたって、金は安定した価値で残りました。そして、1オンスにつき18.93ドルだけから1オンスにつき20.69ドルだけまで増加しました。


それ以来、あらゆる米国民(彼らの出生証明書によって)は政府の遺産になりました。そして、将来の課税を通してこの負債を払うために特定のドル量で誓われました。このように、あらゆるアメリカの市民は出生(将来の課税を通して)から借金していて、実際上は、債権者(私有連邦準備制度)の財産です。





The self perpetuating cycle


Presently, the United States government (which again, is completely owned and controlled by the international bankers) continues to forfeit its sovereignty by entering into international monetary and trade agreements which abolish almost all forms of trade tariffs that previously protected not only the value of American commercial productivity and workforce labor, but which were also a substantial source of revenue for the government.


The loss of this revenue, as well as the expanding deficits created by recent massive reduction in taxation for large corporations and the very wealthiest citizens, insures continued borrowing by the government. This self-perpetuating cycle of borrowing is made possible only by the ability of the government to guarantee repayment (of only the interest, never the principal) through future taxation on the earnings of every American citizen.



自身を永続させるサイクル

現在、米国政府(どちらも、もう一度、国際的な銀行家によって完全に所有されて、支配されます)は、アメリカの商業的な生産性と労働の価値だけでなく以前に保護した取引関税のほとんどすべての形を廃止する、しかし、政府のための収益の相当なもとでもあった国際的な金融および取引協定を結ぶことによってその主権を失い続けます。


この収益(大きな会社とまさしくその最も裕福な市民のために課税の最近の大きい縮小によって生み出される拡大している赤字と同様に)の損失は、政府によって継続的な借入に保険をかけます。借りるこの無際限に継続できるサイクルは、あらゆるアメリカの市民の所得の上で将来の課税を通して返済(関心(決して主要でない)だけの)を保証する政府の能力だけによって可能にされます。





The modern day slavery


Due to our banking history of deception, fraud and counterfeiting, which only benefits the purported elite bankers and their underlings, the borrowed principal itself is being used to make the payments on our debt at interest, thus, it is mathematically impossible to pay off.


現代奴隷制度


私たちの詐欺、および偽物の銀行業歴史のため、借りられた国の主要な借金は私たちの負債で支払いをするのに使用されています、その結果、うまく行くことが数学的に不可能です。歴史はエリート銀行員と彼らの下役のためになるだけです。








スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

kane552004

Author:kane552004
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR