FC2ブログ

負債(借金)から逃れられないお金の制度・。

> この点が原点であることは理解できるのですが、私が理解で

きないのは

> 21世紀初頭、ロスチャイルド家が中央銀行の所有権を持って

いない国は、全世界でアフガニスタン、イラク、イラン、北朝

鮮、スーダン、キューバ、リビアの七ヵ国だけでした。その後

、アフガニスタンそしてイラクに対する米国の侵攻により、現

在では残り僅か五ヵ国のみになっています。

>

日本も財務省でなく独立行政法人 国立印刷局http://www.npb.go.jp/


> で通貨を印刷・発行しているようですが、日銀にて金利を決

めていますが

> 上記の記述どおりロス家だということなのでしょうか。他に

もベネズエラも気になる国です。

> 国際通貨基金(IMF)、国際復興開発銀行(IBRD)の支配下にあ

る国は、ロス家の支配下

> にあるということでしょうか。





所有権を持つとは株券を持つということです。

一般的に株券を5%保有すると大口株主として、その企業の経

営に大きな影響力を持つと言われています。

ロスチャイルドが持っている日銀の株は20%とも40%とも言わ

れていて定かではありませんが、いずれにしても大口株主です



ただ、私は株の保有量よりも、その運営方法をロスチャの銀行

家たちに教わってきたことの方が、日銀に影響を与えていると

思います。

いわゆる弟子と師匠の関係ですね。

日銀総裁は代々「忠誠心」によって選ばれ、門外不出の「虎の

巻」を託されてきました。

【参考】

『日銀はロスチャイルドがつくった』

http://d.hatena.ne.jp/rainbowring-abe/20070320


『福井総裁と日銀について』

http://d.hatena.ne.jp/rainbowring-abe/20060702


弟子は師匠に逆らえません。



それと、明治維新後も、大戦後も、日本は外資からの融資なく

して発展できませんでした。

「借りる者は貸す人の奴隷となる」(旧約聖書)

です。



さらに、大戦以降はGHQがスパイ網を日本中に配置して、日本

の支配者層のスキャンダルを握り、容易にコントロールできる

体制をつくりあげてきました。

政治家も官僚も銀行家も、高潔な人はほとんどいませんからね



言うことを聞かなければ、自分の立場(時には命)を失うこと

になりますから、そりゃ言うなりになります。(^^;

つまり、裏と表の両方からコントロールしてきたわけです。





あと、南米だけでなく途上国はほぼ全部IMFと世銀の管理下に

あると言ってよいでしょう。

IMFや世銀をつくったのは、いわゆるニューディーラーと呼ば

れるルーズベルトの側近たちですが、ニューディーラーはほと

んどイルミナティです。

【参考】

『操られたルーズベルト』

http://d.hatena.ne.jp/rainbowring-abe/20060724




つまり、やはりロス家の支配下にあると言ってもよいと思いま

す。



これは本当に重要な動画です。

是非ご覧になってください。

http://video.google.com/videoplay?docid=-446781510928242771&hl=en





スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

kane552004

Author:kane552004
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR