FC2ブログ

偽善者

Greenspan Working To Destroy US Economy

Puppets of the elite posing as saviors once again?

??







Steve Watson & Alex Jones

Infowars.net Editorial

Tuesday, Sept 18, 2007

??


?Over the past few days Alan Greenspan has appeared in every major financial publication to explain exactly what is going to happen to the economy and what the next steps should be, while also deriding the Neocon administration for the current downturn. For this he has been lauded as some form of economic savior, yet a cursory examination of the facts reveals that the economic decline has long been in the pipeline and Greenspan and his ilk operate under the influence of those who continue to engineer the slow meltdown.


Alan Greenspan and Paul Volker, both former Federal Reserve Chairmen, along with current chairman Edward Bernanke, the Treasury Secretary Henry Paulson and Alistair Darling, Exchequer of the Treasury in England have been out in unison since last Friday announcing over and over that the economy is going to implode, there is going to be serious inflation, housing is going to go down between ten and thirty percent, and the Dollar is going to be replaced with the Euro.


See:


Greenspan: Euro Gains As Reserve Choice


Alan Greenspan warns of UK house prices drop


Greenspan alert on US house prices


Greenspan predicts falling house prices, rising inflation



With the effects of the credit crunch hitting more and more lower level lenders, it is clear to see that the fallout is spreading and propagating a general decline. We are seeing the unfolding of an overall meltdown that represents a gutting of the United States by neo-mercantilist institutions bent on the formation of a new global monopoly.






アメリカ経済を破壊するために働いているグリーンスパン

もう一度救助者のふりをしているエリートの操り人形

スティーブ・ワトソン&アレックス ジョーンズ

Infowars.net 論説

2007年9月18日火曜日

過去の数日の間に、アラン・グリーンスパンは、すべての主要な金融の出版物の中で、何が、経済に起ころうとしているか、そして現在の下降局面のためにまた新保守主義者の管理をあざ笑う間に、次のステップが何であるべきであるかを正確に説明するようでした。

これのために、彼はある種の経済の救助者として賛美されているけれども事実は通りいっぺんの調査で、経済の衰退がずっとパイプラインとグリーンスパンの中にあり、遅い溶解をたくらみ続ける人々の影響の下で、彼の種類が動作すると明らかにします。

見てください:

グリーンスパン:ユーロは準備選択として増加します。

アラン・グリーンスパンはUK住宅価格落下を警告します。

米国住宅価格の上で用心深いグリーンスパン

グリーンスパンは下がる住宅価格、高まるインフレを予測します。

より多くのより低いレベルの貸方を打っている信用収縮の効果によって、放射性物質降下が一般的な低下を広めていて、伝達しているとわかることはクリアです。

私達は、新しいグローバルな独占の構成に熱心であったネオ重商主義者組織による米国のむさぼり食いを表している全体の溶解の広がりを見ます。


We are witnessing the unfolding of a crash exactly as predicted
by Former World Bank Vice President, Chief Economist and Nobel Prize winner Joseph Stiglitz this time last year.


Stiglitz agreed that the process of hijacking and looting key infrastructure on the part of the IMF and World Bank, as an offshoot of predatory globalization, has now moved from the third world to Europe, the United States and Canada.


Stiglitz warned that the signs were there with plummeting real estate prices in the U.S., stating that a global economic depression could only be avoided if a correction was made.


But no correction will be made because the World Bank/IMF/Globalist doctrine betrays a focused agenda to deliberately foment economic turmoil, riots, and then enforced bondage to eternal debt. We have witnessed this time and time again, their own documents
even confirm this as the chosen method of social control.


The shareholders of Federal Reserve, part of the same group of elite families that owns the bank of England, created the IMF and World bank to siphon government funds. Then they effectively steal the real assets of the third world countries that take their loans in some cases at 42% interest. These global loan sharks secure the water, power and roads which are then handed over to private, piratical, letter of mark companies.


The heads of such companies, together with the central banks come together within elite institutions such as the Bilderberg group to pull together their policies and discuss how to proceed.


Bilderberg have sworn to bring about what Jose Barroso, President of the European Commission and a Bilderberg member, refers to as the "post-industrial revolution,"
which in layman's terms translates as a global economic crash, another great depression and the total evisceration of the middle class. They are intent on achieving this by ensuring oil prices soar
via a combination of conflict in the middle east and encouraging fears over peak oil.


At the 2005 Bilderberg meeting
sources inside the group told reporters Daniel Estulin and Jim Tucker, who have built up a credible reputation for accurately forecasting future events based on leaks from Bilderberg conferences, that the elite wanted to consolidate by bringing down the standard of living in the US and Europe, fearing that the middle class is out of control and has been granted too much credit which must be offset by a phase of consolidation.


We now see figures like Alan Greenspan re-iterating the exact same mantra, that there has been too much "irrational exuberance".


Greenspan is now being lauded for doing the job of publicly destroying confidence in the dollar, publicly trying to destroy confidence in the banks, and publicly trying to destroy the economy, enabling a consolidation during a recession as set out exactly in globalist blueprints.





正確に、去年の今ごろ前の世界銀行副社長、主要なエコノミスト、およびノーベル賞受賞者ジョセフ・スティグリッツによって予測されるように、私達は衝突の広がりに立ち会っています。

ハイジャックのプロセスと略奪が略奪したグローバリゼーションの枝として国際通貨基金と世界銀行のほうでインフラストラクチャーをキー入力することに合意したスティグリッツは今や第三世界からヨーロッパ、米国、およびカナダに引っ越しました。

スティグリッツは、訂正がされた場合にだけ、グローバルな経済不況が避けられることができたことを述べて、合図が米国の急落不動産価格によってそこにあったことを警告しました。

しかし、世界銀行/国際通貨基金/グローバリストの主義が、意図的に経済混乱、暴動、それから永遠の借金への強制された奴隷身分を助長する焦点が合った課題を裏切るので、どの訂正もされないでしょう。

私達はしばしばこれに立ち会い、彼ら自身の文書は社会的規制の選ばれた方法としてこれを確認しさえします。

連邦準備銀行(エリートファミリーの、イギリスの銀行を持っているのと同じグループの一部)の株主は、財政資金を吸いあげるために国際通貨基金と世界銀行を作成しました。

そして、彼らは効果的に、42%の利率で場合によってはそれらの貸付金を取る第3世界の実物資産を盗みます。

これらのグローバルな高利貸は、標的会社の私的で、海賊の手紙と一緒にその時渡される、水、パワー、および道路を確保します。

中央銀行 それらの方針をまとめて、どのように取りかかるかを議論するために、Bilderbergグループなどのエリートの組織内で一緒に動くそのような会社の社長。

Bilderbergは、ホセBarroso(欧州委員会とBilderbergメンバーの社長)が何を、「ポスト産業の革命」(それは俗人の用語でグローバルな経済恐慌、別の大恐慌、および中流階級の全体の骨抜きとして翻訳します)と称するかについてもたらすことを誓いました。

彼らは、原油価格がピークオイルの上の中東と励みになる恐怖で衝突の組み合わせ経由で高騰すると保証することによってこれを達成することに集中しています。


私達は現在アラン・グリーンスパンのような数値が正確に同じマントラを再び繰返すのを見て、あまりにも多くの「理性のない横溢」がありました。

グリーンスパンは現在、ドルへの公然と破壊する信頼の仕事をし、公然と銀行に対する信頼を損ねようとし、公然とグローバリスト青写真の中で正確に発表されるように景気後退の間に合併を可能にして、経済を破壊しようとするために賛美されています。


500 billion globally has been pumped in not to save the markets, but to ensure a slow, gradual, non-panic inducing decline
.


It is disgusting to see the very people, the elite central bankers that the founding fathers of the U.S. fought against, the very veracious criminals that took over the economy and bankrupted the country, present themselves as salvation.


It was the banks that issued the credit, the banks that overprinted the money and the banks that sent credit cards to 17 year old high school graduates. When the elite start positioning themselves, blaming the fallout of their own actions on scapegoats and posing as our guardians, alarm bells should be ringing.


Two and a half years ago they tried to pop the real estate bubble, a year and a half ago they tried again, and this year they have succeeded. While allowing credit to continue, the central banks had the larger institutions stop buying paper securities, now that has caused a major restriction in the issuance of credit. They are not the saviors, they are the perpetrators.


The crisis is an engineered one on behalf of a global elite who have long pushed for increased regionalization, a single currency and a market they can monopolize more effectively.


Listen to Alex Jones' impassioned rant on this topic here
.





5000億はグローバルに、相場を省くのではなく遅く、ゆるやかで、突然でない引き起こす低下を保証するために送り込まれています。

まさしくその人々(戦われた米国(経済を引き継ぎ、国を倒産させた非常に誠実な犯罪者)の創始者が救済として自身に贈るエリート中央銀行総裁)に会うことにはうんざりしています。

それは、クレジットを出した銀行、お金を刷り重ねた銀行、およびクレジットカードを17歳の高校卒業生に送った銀行でした。

エリートが、スケープゴートに彼ら自身の行動の放射性物質降下の責任を負わせて、私達の保護者のふりをして、自身を置き始める時に、警報ベルは鳴っているべきです。

2.5年前、彼らは、不動産泡を破裂させようとし、1年半前、彼らは再びトライし、今年、彼らは成功しました。

クレジットが続くことを可能にする間に、中央銀行はより大きな組織に、紙証券を買うのをやめさせて、今や、それはクレジットの分配において主要な制限を起こしました。

彼らはその救助者ではなく、彼らはその犯人です。

危機は、ずっと、増大した地域化、彼らがより効果的に独占することができる単一通貨、および市場を要求しているグローバルなエリートのための設計された人です。

ここのこのトピックの上のアレックス ジョーンズの熱烈な怒号を聞いてください。

スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

kane552004

Author:kane552004
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR