FC2ブログ

ロンドンのマネークォーター

?henrymakow.com


The Imperialism of Jewish Capital

September 25, 2007


?(I will be posting new articles mid-week instead of Fridays.)


by Henry Makow Ph.D.








A book published in 1889 "The Red Dragon" by L.B. Woolfolk suggests to me that British (and American) imperialism originated in the need of? Jewish bankers and their Gentile confederates to translate money they could create out of nothing (thanks to their control of credit), into real wealth (i.e. world ownership.)


The book confirms my assertion that "the Jewish Conspiracy is British Imperialism." (May 2004)


When these bankers finagled a credit monopoly in England in 1694, they turned into a monster that now has highjacked humanity. The London-based banking cartel literally has gobbled up the planet, and will not be content until it owns everything, and enslaves mankind, mentally and spiritually, if not physically. This, in a nutshell, is the New World Order.


The last push came from a secret society? Cecil Rhodes started in 1891 to "absorb the wealth of the world" and "to take the government of the whole world."?


A recent UN study says 2% of the world's population own 50% of the wealth, while half own barely 1% of the wealth. Needless to say, the richest 2% are mainly the London-based bankers and people associated with them.


Today British, American and Zionist imperialism manifest the banker agenda for "world government" through the destruction of religion, nation, race and family. This imperialism does not express the interests or wishes of ordinary English, American or Jewish people who are being colonized themselves.


THE RED DRAGON


L.B. Woolfolk was an American Baptist preacher who traced the machinations of the banking cartel in the decades after the Civil War. He confirmed his assertions by contacts with members of this cartel during visits to London . He says "the Great Red Dragon" is the symbol of the "Jew London Money Power."


In his book, which is on line, he describes how this cartel bought up the US economy? through intermediaries, and controlled it? long before the passage of the Federal Reserve Act in 1913.


By 1864, almost 150 years ago, Woolfolk claims the wealth of the world already was concentrated in their hands.


"The Imperialism of Capital to which I allude is a knot of capitalists?Jews almost to a man?who make their headquarters in the Money Quarter of London, in Threadneedle street, Lombard, and other streets in that vicinity, where bankers have their habitat. These Jew capitalists have succeeded in centralizing in their own hands the industry and commerce of the earth. ?They own almost all the debts of the world, ?the debts of nations, states, counties, municipalities, corporations and individuals, ?amounting in the aggregate, it is estimated, to seventy-five billion dollars, on which they are annually receiving about four billion dollars of interest. ?They own the manufactories, the shipping, and the commerce of Great Britain, and most of the manufactures, shipping and commerce of the whole world. ?They have attained control of the industry and trade of the whole earth; and are rapidly centralizing all business in their own hands. They hold possession of all the great lines of trade and business of all kinds, and they regulate all prices by their own arbitrary methods. This Money Power of the Money Quarter of London is the only grand pre-eminent Imperialism existing on the earth."


Woolfolk traces the beginnings of this cartel to the British East India Company in the early part of the Eighteenth Century.


"In 1764, the British East India Company was the grandest and richest corporation in the world. It was the only corporation, which ruled a territorial empire. It was enriched by traffic, by the extension of its trade through the conquest of the trading stations of its Continental rivals and by the wholesale plunder of India....it came to pass that the greater part of the stock of the East India Company, and of the other companies afterwards organized out of the dividends of that great company, fell into the hands of the Jews. The Jews became the great Money Kings of the world.... History presents no career of conquest, in which fraud, deceit and rapine were so blended as in the conquest of India by the East India Company. It was the first example in the history of the world of a trading corporation becoming an imperial power; and its imperial rule was marked by the rapacity, chicane and fraud that characterize a great corporation in the soulless and conscienceless pursuit of gain."


With the invention of the steam engine in 1775, only the capitalists of the British East India Company had the means to profit from the industrial revolution. They set up hundreds of joint stock companies?manufacturing companies of all kinds, coal and iron mining, railways and ships, real estate-- which concealed their ownership.


"In commercial crises, often originated, and always manipulated by them, they managed systematically to break down rival companies, and buy them out, and to rob and plunder the minority stockholders; until, in the end, these organized capitalists got into their own hands and very cheap, all, or the greater part of the stock of the various companies, manufacturing, mercantile and shipping, that originated in steam manufactures. They thus reduced to a system and a science the art of crushing rival companies, and freezing out minority stockholders."


Woolfolk speculates that the Rothschilds did not act alone but represented a syndicate of Jewish bankers.


"The rise of the house of Rothschild is memorable as the first grand combination of the Jews in a syndicate, for the transaction of a vast business in which all their capital might be combined. The Rothschilds became the head of the Jew Money Kings, and have ever since been the head of the Jews, acting as a syndicate. That house is probably at the head of the Jew Money Power of the world. The wealth of the Money Power is simply beyond calculation. It cannot amount to less than $160,000,000,000. It is probably nearer two hundred billions.... The Money Power has so much money, now, that it can not find investment for it. In one more double it will about have all the property of the earth. In the beginning of its career, a double of its capital meant $100,000,000. Now a double of its capital means $400,000,000,000. And all the property of the world is less that $600,000,000,000."


According to Woolfolk, the Rockefellers and most great American industrialist-financiers were merely agents of the London Money Power. Standard Oil is a classic example of how it established a monopoly in every enterprize. Owning the railroads needed to transport oil, the Money Power put competitors out of business by undercutting their prices.


This cartel of cartels kept the business class in line by creating the spectre of Communism:


"It is their policy to keep up a hot agitation for Communism and Socialism in the great cities; so that the businessmen, in their antagonism to those ideas, will keep on the side of the Money Power. It is a significant fact that most of the agitators for Socialism are Jews, who are most probably the agents of the Money Power to keep up this agitation for their own purposes... It is a part of the consummate craft of these Money Kings."


CONCLUSION


"The Red Dragon" is an important reminder that even 150 years ago, wealth and power were concentrated in a relatively few hands. Modern history reflects the hidden machinations of this Money Power to advance their "world government." The whole whole is being colonized.


We see evidence today that one hand directs all the great multinationals. For example, they all sing from the same songbook of diversity and feminism.? All US Presidents are front men for this banking cartel. Their Cabinets are chosen from the ranks of the Rockefeller-controlled CFR. Presidents who defy the Money Power are eliminated. (i.e. most recently JFK and Nixon.) All the Presidential candidates support Israel which was created by the banking cartel to be? their world government capital.


I have always thought this cartel was mostly motivated by a desire to consolidate its power, but I now wonder if the Sabbatean Jewish heresy is a major factor in their design. Anyone who creates something out of nothing thinks he is God, and. as the Satan promised, these bankers have inherited the whole world!


This lethal problem arose because the nations of the world apparently relied on a network of Jewish bankers to create their money supply. No nation had the power or wit to break away from this worldwide imperialist system which is tightening its grip.


We must reject this juggernaut in all its manifestations.? Common sense eventually will prevail not because it is common sense, but because continuous violation of common sense produces collapse.





ユダヤ人首都の帝国主義

2007年9月25日

(私は金曜日の代わりに中間週を新しい記事に送っているでしょう。)

ヘンリーメイコウ博士によって

1889年の「赤いドラゴン」においてL.B.ウルフォークによって出版された本は、彼らが何もないところ(彼らの信用の統制のおかげで)から本当の富(すなわち世界所有権。)中に作成することができたお金を翻訳するユダヤ人の銀行家と彼らのジェンティーレ同盟者の必要から、英国(そしてアメリカ人)帝国主義が起こったことを私に示唆します。

その本は、「ユダヤ人の陰謀団は英国帝国主義です」という私の主張を確認します。

(2004年5月)

これらの銀行家が1694年にイギリスでクレジット独占をだまし取った時に、それらは、今や、人間性をハイジャックした怪物に変りました。

ロンドンを本拠とするバンキングカルテルは文字どおりに地球を食い尽くし、それがすべてを所有し、物理的にでないにしても精神的に人類を奴隷にするまで、満足しないでしょう。

これは、要するに、新世界秩序です。

「世界」と「全世界の政府の富を吸収する」ために、セシル・ローズが1891年に始めた秘密結社から、最後の押しは来ました。

最近のUN研究は、世界の人口の2%が富の50%を持っている一方、50%が富のせいぜい1%を所有すると伝えています。

言うまでもなく、最も豊かな2%は主な彼らと関連したロンドンが本拠地の銀行家と人々です。

今日、英国人、アメリカ人、およびシオニズム帝国主義は宗教、国家、民族、およびファミリーの破壊を通して「世界政府」ための銀行家の方針を明示します。

この帝国主義は、自身で植民地化されていて普通にイギリス、アメリカ人、またはユダヤ人の関心または希望を示しません。

赤いドラゴン

L.B. ウルフォークは、南北戦争の後の数十年でバンキングカルテルの陰謀を追跡したアメリカバプテスト伝道師でした。

彼はロンドンへの訪問の時このカルテルのメンバーとのコンタクトによる彼の主張を確認しました。

彼は、「大きな赤いドラゴン」が「ユダヤ人ロンドンお金パワー」のシンボルであると言います。

彼の本(それはラインの上にあります)中で、彼は、どのようにこのカルテルが仲介者を通してアメリカ経済を買い占めたか、そして1913年に連邦準備法の通路のずっと前でそれをコントロールしたかを記述します。

1864年に、ほぼ150年前、ウルフォークは、世界の富がすでにそれらの手で集中的であったと主張します。

「私がほのめかす資本の帝国主義は、私がほのめかす資本の帝国主義は資本家の結び目です。

ロンドンのマネークォーターのThreadneedle通り、ロンバードとその付近の他の通りで彼らの本部を作る資本家

のほとんどユダヤ人(そこで、銀行家は彼らの生息地を持っています)。

これらのユダヤ人資本家は、地球の産業と商業を彼ら自身の手に集中することに成功しました。

彼らは、世界、国家、州、郡、地方自治体、企業の借金のほとんどすべての借金を所有し、毎年それらが約40億ドルの利益を受け取り個人、総計は、750億ドルに見積もられています。

彼らは工場、英国と製品、全世界の出荷、および商業のほとんどの出荷、および商業を所有しています。

彼らは産業のコントロールと地球全体の貿易を達成しました;

そして、すべてのビジネスを彼ら自身の手に急速に集中しています。

彼らは貿易のすべての大きなラインとすべての種類のビジネスの所有物を持っていて、彼らは彼ら自身の任意の方法によってすべての価格を調節します。

「ロンドンのマネークォーターの、このお金パワーは地球の上に存在している唯一の雄大な優秀な帝国主義です」。

ウルフォークは18世紀の初期の時点でこのカルテルの最初を英国東インド会社に追跡します。

「1764年において、英国東インド会社は世界で最も雄大で、最も豊かな企業でした」。

それは唯一の企業でした(それは領土の帝国を支配しました)。

それはその大陸のライバルの取引ステーションの征服を通して交通によって、その貿易の拡張によって豊かにされて、インド....その卸売りの略奪によって、東インド会社の、そしてその大きな会社の配当からその後組織された他の会社の株の大半がユダヤ人の手の中に倒すパスになりました。

ユダヤ人は世界の偉大なお金王になりました…。

歴史は征服のキャリアを全然示しません(それにおいて、詐欺、偽り、および略奪はインドの征服においてと同じくらい東インド会社によって混合されました)。

帝国の能力になっている商事会社の世界の歴史においてそれは最初の例でした;

「そして、その帝国の規則は、利益の魂がなく、不誠実な追跡において大きな企業を特徴付けている強欲、シケイン、および詐欺によって特徴づけられていました」。

1775年の蒸気機関の発明によって、英国東インド会社の資本家だけが、産業革命から利益を得る方法を持っていました。

彼らはすべての種類、石炭と鉄の採掘、鉄道、および船、不動産の数百の株式会社、製造会社を設立しました--それらの所有権を隠しました。

「商業恐慌において、しばしば始められて、いつもそれらによって処理されて彼らは体系的に、どうにかして競争会社を分類し、それらを買収し、少数株主から強奪し、略奪します」

最後に、重商主義で、出荷して製造して、これらがすべての彼ら自身の手の中に入れられて、非常に安い資本家または様々な会社の株の大半を組織化するまで、それは蒸気製品から起こりました。

「従って、彼らは、競争会社を破砕し、少数株主を絞め殺すアートをシステムと科学に還元しました」。

ウルフォークは、Rothschildsが一人で作動しなかったことを思索するけれども、ユダヤ人の銀行家のシンジケートの代理人になりました。

「ロスチャイルド家の上昇は、すべての彼らの資本が結合されるかもしれない広大なビジネスのトランザクションのためにシンジケートの中でユダヤ人の最初の雄大な組み合わせとして印象的です」。

Rothschildsはユダヤ人お金王の頭になり、それ以来、シンジケートとして作動しているユダヤ人の頭です。

その家はたぶんユダヤ人お金世界の強国の頭にあります。

お金パワーの富は計算の域を単に超えています。

それは160,000,000,000ドル未満になることができません。

それはたぶん2000億近くにあります…。

お金パワーは現在とても多くのお金を持っているので、それはそれのために投資を見つけることができません。

あと1 2倍において、それはまわりで土のすべての特性を持つでしょう。

そのキャリアの最初に、その首都の2倍は100,000,000ドルを意味していました。

さて、その首都の2倍は400,000,000,000ドルを意味しています。

「そして、世界のすべてのプロパティはより少ないその600,000,000,000ドルです」。

ウルフォークによると、Rockefellersとほとんどの大アメリカ産業経営者財政家はロンドンお金パワーの単にエージェントでした。

スタンダードオイルは、どのようにそれがすべてのenterprizeにおいて独占を設立したかの典型例です。

オイルを輸送することが必要であった鉄道会社を所有して、彼らの価格より低く値を付けることによって、お金パワーは競争相手を廃業に追い込みました。

共産主義の幽霊を作成することによって、このカルテルはビジネスクラスに規則を守らせました:

「大都市で共産主義と社会主義のための熱い扇動を維持することはそれらの方針です;」

実業家が、それらのアイデアに対する彼らの敵意の中で、お金パワーの側でもつように。

社会主義のための宣伝員のほとんどが、とてもたぶん、彼ら自身の目的のためのこの扇動を維持するお金パワーのエージェントであるユダヤ人であることは重要な事実です…

「それはこれらのお金王の完全な技能の一部です」。

結論

「赤いドラゴン」は、150年前さえ、富と権力が比較的少数の手で集中的であったという重要な合図です。

近代史は、それらの「世界政府」を進めるこのお金パワーの隠れた陰謀を反映します。

全体は植民地化されています。

私達は、今日、その1つの手がすべての大きな多国籍企業を導くという証拠を見ます。

例えば、彼らすべては多様性とフェミニズムの同じ歌謡集から歌います。

すべての米国大統領はこのバンキングカルテルのための看板役です。

それらのキャビネットはロックフェラーにコントロールされたCFRのランクから選ばれます。

お金パワーに反抗する大統領は取り除かれます。

(すなわち最も最近JFKとニクソン。)

すべての大統領候補は、彼らの世界政府資本であるためにバンキングカルテルによって作成されたイスラエルをサポートします。

私は、いつも、このカルテルが、たいてい、そのパワーを統合したいという願望によって動機づけられたと思ったけれども、私は現在、Sabbateanユダヤ人異端がそれらのデザインの中で主要なファクターであるかどうかと思っています。

何もないところから何かを作成する誰でも、彼が神であると思い、サタンとして約束して、これらの銀行家は全世界を引き継ぎました!

世界の国家が見たところ、ユダヤ人の銀行家のネットワークが彼らのマネーサプライを作成することを信頼していたので、この致命的な問題は生じました。

どの国家も、そのグリップを締めているこの世界的な帝国主義的なシステムから離れるパワーまたは知力を持っていませんでした。

私達はすべてのその明示においてこの絶対力を拒絶しなければなりません。

それが常識であるのでではなく常識の継続的な違反が崩壊を引き起こすので、常識は結局普及するでしょう。

スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

kane552004

Author:kane552004
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR