FC2ブログ

Endgame:終盤、大詰め

Endgame: Elite's Blueprint For Global Enslavement Exposed

Why The Dreams Of The Rulers Are Humanity's Worst Nightmare

Paul Joseph Watson

Prison Planet

Thursday, October 25, 2007

????




The waiting is over, the anticipation can now finally be realized - Alex Jones' End Game is here and its arrival heralds a new salvo in the infowar, a fresh new insight into understanding what the long term plans of the elite really are and why the future destiny of humanity could be won or lost within our lifetimes.


Endgame is the culmination of years of research into the documented historical record of why the rulers of the world are maniacally obsessed with controlling, dominating and enslaving humanity, wielding ferocious power for power's sake, centralizing authority into a ruthless world government system, and ultimately enacting their "final solution" of global population reduction.


The movie lays the framework for how this tyranny will unfold by highlighting the message of the mysterious Georgia Guidestones, purportedly built by representatives of a secret society called the Rosicrucian Order, which call for a global religion, world courts, and for population levels to be maintained at around 500 million, over a 5.5 billion reduction from current levels. The stones infer that humans are a cancer upon the earth and should be culled in order to maintain balance with nature.


The new elite that seek to capitalize on this blueprint for global enslavement are merely the latest generation in a long line of tyrants and their empires that have sought world domination throughout human history. The fact that powerful people have always attempted to expand their authority and rule over others is a manifestly provable historical truth, but one that is often


終盤:世界的な奴隷状態のエリートの青写真は、統治者の夢が人類の最悪の悪夢である理由を露出させました。


ポール・ジョセフ・ワトソン。

刑務所惑星

2007年10月25日木曜日

待ちは終わっていて、期待は現在最終的に実現することができます - アレックス ジョーンズの終盤はここにあり、情報戦争(エリートの長期計画が本当に何であるか、そしてなぜ人間性の未来の運命が私達の生涯の中で勝ち取られるか、失われることができたかを理解することへの新鮮な新しい洞察)において、その到着は新しい一斉射撃を伝達します。

大詰めは、なぜ世界のルーラーが、パワーのためにどう猛なパワーを行使し、無情な世界統治制度の中に権力を中央に集めて、グローバルな人口縮小のそれらの「最終的な解決」を最終的に制定して、人間性をコントロールし、支配し、奴隷にすることに熱狂的に取りつかれているかの文書化された歴史的な記録についての何年もの研究の絶頂です。

どのように、この専制政治が、約5億人の時に現在のレベルからの55億人の縮小の上に維持されるようにグローバルな宗派、世界法廷、および人口のための呼び出しが水平に調節する神秘的なジョージアGuidestones〈うわさによればばら十字会員命令と呼ばれる秘密結社の担当者により築かれた〉のメッセージを強調して展開するかので、映画は枠組を置きます。

石は、人が地球の上の癌であり、自然によってバランスを維持するために選ばれるべきであると推定します。

暴君と人の歴史を通して世界征服を捜した彼らの帝国の長いラインの中で、グローバルな奴隷化のためにこの青写真を利用することに努める新しいエリートは単に最新の世代です。

強力な人々が、いつも彼らの権限を拡張し、他を統治することを試みたという事実は、明白に立証可能な歴史の真理であるがしばしばであるものです。


Endgame explores how elite banking families like the Rothschilds were able to stay one step ahead of world events and shape the future by financing both sides in wars and use their advance knowledge to seize control of economies and governments and lay the foundations for the architecture of world government.


The documentary then explains how the two camps of world government were formed - Fabian socialism in Britain and fascism in Italy and Germany, and how General Smedley Butler discovered a plan on behalf of the fascists to take over America in a violent coup de 'tat.


?


The birth of the United Nations and the secretive Bilderberg Group segway into a tour de force feature about how the Bilderberg Group have been forced to relinquish their much cherished anonymity thanks to the efforts of the alternative media and veteran journalists like Jim Tucker and Daniel Estulin, who are interviewed at length about Bilderberg's agenda, during Alex Jones' confrontation of Bilderberg at the 2006 meeting in Ottawa Canada.


The fascinating veil of secrecy that Bilderberg still tries to impose over their gatherings despite the increased media attention is documented as Tucker and Estulin explain how moles within Bilderberg always leak their participant list and agenda because they are furious about the level of illegal scheming clearly taking place along with the Bilderberger's rude disdain for everyday people who are not members of the elite.


Estulin explains that the Bilderberg Group control the world by means of a process called systemic methodology, where they carve up the globe into numerous different pieces and then place their designated frontmen in charge of the major institutions that govern each part of the world.


?


By this method, Bilderberg were able to merge the nations of Europe into the EU under the guise of trade deals, and the same process is now unfolding with Canada, the U.S. and Mexico being conglomerated to form the North American Union - but not without committed resistance on behalf of the American people.


That resistance is being countered by the beefing of a brutal police state nationwide and the increasing use of U.S. troops in domestic law enforcement. Endgame exposes how the elite are trying to overcome opposition to their agenda by instituting the framework of martial law with executive orders that are designed to combat "domestic insurrection," as President George Bush officially announces a fiat dictatorship.


---------------------------------------------------------------------------------------------------------------

END GAME: Blueprint For Global Enslavement - Available first to prison planet.tv members - Just 1 day to go! Click here
to subscribe.

---------------------------------------------------------------------------------------------------------------


Endgame documents how tyranny is the norm and why governments are the biggest killers and always have been throughout the ages - from Hitler, to Stalin, to Mao, through to genocide in Uganda, Cambodia, Guatemala, Rwanda and Turkey, and how Communist China, with its crushing of dissent, intolerance of religion, and horrific organ harvesting of political prisoners, remains the model for the global tyranny that the elite plan to entrench.


?


The scientific rationale for tyranny gives the elite an excuse for treating their fellow man like lab rats and this mindset gave rise to the emergence of eugenics in the 19th century. Endgame catalogues how the Malthusian drive to eliminate the poor developed into social Darwinism which then transgressed into the fields of racial hygiene programs and genetic screening as American citizens were forcibly sterilized by the state throughout the 19th century.


Endgame charts how the Rockefeller family exported eugenics to Germany by bankrolling the Kaiser Wilhelm Institute which later would form a central pillar in the Third Reich's ideology of the Nazi super race. After the fall of the Nazis, top eugenicists were protected by the allies as the victorious parties fought over who would enjoy their "expertise" in the post-war world.


The comments of elitists alive today who openly advocate "culling" the human population by means of mass genocide, plagues and viruses are then considered alongside Aldous Huxley's warning that ruling oligarchies would use advanced techniques of medicine and pharmacology to ensure the human population "enjoy their servitude".


Endgame documents the innumerable examples where governments have tested deadly pathogens, viruses, radiological and biological weapons on human populations without their knowledge in order to advance the progress of eugenics, including the infamous Ringworm Children, who were used as guinea pigs and subjected to lethal doses of radiation by Israeli health officials, killing 6,000 and leaving the rest with lifelong debilitating illnesses.


The hollow words of Bertrand Russell, who advocated the use of vaccines to induce partial chemical lobotomies and create a servile zombie population, are then considered alongside the soaring rates of autism in the U.S. and the increasing amount of vaccines being mandated for babies and young children.


?


Endgame highlights National Security Study Memorandum 200, a geopolitical strategy document prepared by Henry Kissinger, which targeted thirteen countries for massive population reduction by means of creating food scarcity, sterilization and war. George H.W. Bush's role in advising China on its one-child policy and the forcible sterilization of native American women is also presented as evidence of the elite's ruthless pursuit of eugenics.


Endgame rips wide open how the myth of man-made global warming is being hyped by the establishment in order to create new feudalist control methods and convince people that their every action should be regulated by the state in the interests of supposedly saving the planet, while the real environmental crises go ignored.


Endgame concludes by looking to the future and analyzing the field of transhumanism, founded by eugenicists as another trojan horse on which to piggy-back global population reduction by formulating a technologically bio-enhanced master race, leaving the rest of humanity in the dust and subject to elimination.


Finally, we return to the Georgia Guidestones and the elite's sacred mission, to thin the population leaving only an enslaved underclass who are forced to live on the poverty line in control grid cities while the overlords enjoy the bountiful paradise of the earth and evolve into super-beings with the aid of advanced life-extension technologies.


Endgame rips the lid off the elite's long term dream and explains why it will be a nightmare for the rest of humanity unless we rise up now and fight back against the systems of control that are being locked down to transform the earth into a prison planet.





終盤は、Rothschildsのようなエリートバンキング家族が世界イベントに先んじるままでいて、戦争で金融両側によって将来を形づくって、経済と政府の影響力をつかむために彼らの事前の知識を使って、世界政府の構造の基盤を置くことができた方法を調査します。


ドキュメンタリーは、それから、世界政府の2つのキャンプがどのように作られたかについて説明します - イタリアとドイツの英国とファシズムのファビアン社会主義とスメドレーバトラー将軍が狂暴なクーデターデ『安物でアメリカを支配するファシストに代わっての計画に気がついた方法。


国連の出生と離れわざへの秘密主義のBilderbergグループsegwayはBilderbergグループがどのように代わりのメディアの努力のおかげの彼らの非常に大事にしてきた匿名を放棄することを強制されたかについて大きな位置を占めます、そして、ベテランのジャーナリストはオタワカナダで2006年の会議でBilderbergのアレックスジョーンズの対立の間、ジムタッカーとダニエルEstulin(その人は詳細にBilderbergの課題について取材されます)が好きです。


彼らがエリートのメンバーでない日常的な人々に対するBilderbergerの粗野な軽蔑とともに明らかに起こっている違法な陰謀のレベルに激怒しているのでタッカーとEstulinがBilderbergの中のほくろが常にどのように彼らの参加者リストと課題を漏らすかについて説明するように、Bilderbergがまださらなるメディアの注目にもかかわらず彼らの集会について強要しようとする秘密の魅力的なベールは文書化されます。


EstulinはBilderbergグループが全体的な方法論と呼ばれているプロセスによって世界をコントロールすると説明します、そこで、彼らは多数の異なる部分に地球を分割して、それから、世界の各パートを支配する主要な機関を担当して彼らの指定の代表者を置きます。



この方法によって、Bilderbergは取引協定の装いの下でヨーロッパの国をEUに合併することができました、そして、同じプロセスは現在、ノースアメリカン連盟をつくるためにconglomeratedされているカナダ、アメリカとメキシコで展開しています - しかし、米国民に代わっての献身的な抵抗なしででなく。


その抵抗は、国内の法の執行において全国的残忍な警察国家と米軍の増加している使用の文句をいうことによって対処されています。ジョージブッシュ大統領が公式に認可独裁を発表して、終盤はエリートが「国内の反乱」と戦うようになっている行政命令で戒厳令のフレームワークを設けることによって彼らの課題への反対を克服しようとしている方法を公開します。


専制政治が基準である、そして、政府が最大の殺人者で、常に年齢を通してあった終盤文書 - ヒトラーから、スターリンにとって、マオにとって、終わりまでウガンダ、カンボジア、グアテマラ、ルワンダとトルコでの大量虐殺にとって、そして、方法共産中国は、異議のその鎮圧、宗教の狭量と政治犯のものすごい器官収穫で、選り抜きのものは確立する予定である世界的な専制政治のモデルのままです。



専制政治のための科学的な正当性はエリートに研究室ネズミのような彼らの同胞を扱うことの言い訳をします、そして、この思考法は19世紀に優生学の出現を引き起こしました。終盤は、アメリカの市民が19世紀を通して国によって強制的に不妊手術を受けたので、貧しい者を排除するマルサス学派のドライブがそれから人種的な衛生プログラムと遺伝学的スクリーニングのフィールドに法律を犯した社会ダーウィン主義に発達した方法のカタログを作ります。


終盤は、ロックフェラー家がナチ素晴らしいレースの第三帝国のイデオロギーで後で中心柱を形成するカイゼルウィルヘルム研究所に資金を出すことによって優生学をドイツに輸出した方法の図を作成します。ナチスの堕落の後、勝利を得た党が誰が戦後の世界で彼らの「専門知識」を楽しむかについて戦ったので、最高の優生学者は同盟国によって保護されていました。


今日生きているエリート主義者のコメント、大規模な大量虐殺によって人間の人口を「選別している」主唱者、流行とウイルスは、寡頭政治が医療と薬理学の上級テクニックを人間の人口を確実にするのに用いられるという判決が「彼らの奴隷状態を楽しむ」というAldousハクスリーの警告と一緒に考慮されて、それから公然と誰です。


終盤は政府が致命的な病原体をテストした数えきれない例を文書化します。そして、ウイルス(彼らの知識が優生学の進歩を促進しなさいという命令にない人間の人口の放射線学で生物学的武器)が悪名高いRingworm Childrenを含みます。そして、その人がモルモットとして使われて、イスラエルの防疫官によって放射線の致死量に服従しました。そして、6,000を殺して、生涯の衰弱性疾患で残りを残します。


バートランドラッセル(その人は部分的な化学ロボトミーを誘導して、卑屈なゾンビ人口をつくるためにワクチンの使用を主唱しました)の白々しいことばは、それから、アメリカと赤ちゃんと幼児のために命令されているワクチンの増加している量で自閉症の急上昇している率と一緒に考慮されます。



終盤は国立Security Study Memorandum 200をハイライトします。そして、地政学的な戦略文書がヘンリーキッシンジャーによって準備されます。そして、それは食物不足、殺菌と戦争を引き起こすことによって大きい人口縮小のために13カ国を目標としました。ジョージH.W。中国にその一人っ子政策と現地のアメリカの女性の強制的な殺菌について勧めることでのブッシュの役割は、優生学のエリートの冷酷な探求の証拠としても提示されます。


本当の環境危機が無視されて行く間、終盤裂け目は広く、人工地球温暖化の神話が新しい封建主義者支配方法を作成して、彼らのあらゆる行動がおそらく惑星を保存することのために国によって管理されなければならないと人々に信じさせるために設立によって売り込まれている方法を開けます。


終盤は将来に目を向けて、transhumanismのフィールドを分析して結びます。そして、技術的にバイオの強化されたマスターを明確に述べることによるピギーバック方式世界的な人口縮小へのどちらが競争するかというもう一つのtrojanの馬として優生学者によって創立されます。そして、除去にちりと主語で残りの人類のもとを去ります。


最後に、我々はジョージアGuidestonesとエリートの神聖な任務に戻ります。そして、大君が地球の豊富なパラダイスを楽しんで、先進の人生の延長技術を用いて、super-beingsに進化する間、制御格子都市の困窮線に住んでいることを強いられる隷属する最下層階級だけを残している人口を薄くします。


終盤はふたをエリートの長期夢から切りとって、我々が現在立ち上がって、地球を刑務所惑星に変えるために下ってロックされている支配のシステムに反撃しない限り、それがなぜ人類の残りの間の悪夢であるかについて説明します。


スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

kane552004

Author:kane552004
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR