FC2ブログ

宇宙のなりたがり達人の仮面をはぐこと

Unmasking the wannabe masters of the universe

Bev Conover









Online Journal


The True Story of the Bilderberg Group

By Daniel Estulin

TrineDay

340 pages


"In 1984, the most powerful men in the world met for the first time under the auspices of the Dutch royal crown and the Rockefeller family at the luxurious Hotel Bilderberg in the small Dutch town of Oosterbeck. For an entire weekend, the debated the future of the world. When it was over, they decided to meet once every year to exchange ideas and analyze international affairs. They named themselves the Bilderberg Group. Since then, they have gathered yearly in a luxurious hotel somewhere in the world to try to decide the future of humanity. Among the select members of this club are Bill Clinton, Paul Wolfowitz, Henry Kissinger, David Rockefeller, Zbigniew Brzezinski, Tony Blair and many other heads of government, businessmen, politicians, bankers and journalists from all over the world," writes journalist Daniel Estulin in the opening paragraph of the introduction to his must-read book, The True Story of the Bilderberg Group.


"Nevertheless, in the more than fifty years of their meetings, the press has never been allowed to attend, no statements have ever been released on the attendees' conclusions, nor has any agenda for a Bilderberg meeting been made public," Estulin notes.


For some 15 years, Estulin has been a thorn in the sides of the Bilderbergers, relentlessly hunting down their secret meeting places, gaining inside sources who divulge what goes on behind closed doors, even photographing attendees and publicly disclosing it all. Now he has put it all in a book that every person who values freedom and democracy should read.


The Bilderbergers are so secretive that they even try to hide, until the last minute, the location of their gathering places. Attendance is by invitation only and if an invitee's name is publicly disclosed beforehand, he or she is disinvited.


Perhaps these three quotes will explain what the secrecy is all about. The Times of London in 1977 called the Bilderbergers "a clique of the richest, economically and politically most powerful and influential men in the Western world, who meet secretly to plan events that later appear just to happen."


Said Bilderberg Group founder Prince Bernhard of The Netherlands, "It is difficult to re-educate people who have been brought up on nationalism to the idea of relinquishing part of their sovereignty to a supranational body." (The late prince has been replaced by his daughter, Queen Beatrix, who regularly attends the Bilderberg meetings.)


Former British Defense Minister Denis Healey, put it this way, "World events do not occur by accident. They are made to happen, whether it is to do with national issues or commerce; and most of them are staged and managed by those who hold the purse strings."


Every US president since Eisenhower has either belonged to the Bilderberg Group or its older parallel group, the Council on Foreign Relations (CFR), or been approved by them. As Estulin wrote, the race is no contest when you own both horses. That is why no matter which political party is in power nothing really changes other than the packaging. The puppets who drink at the champagne fountains of the powerful do the bidding of their masters. The people are superfluous to the process.


And it's not just in the US. The Bilderberg Group and its parallel groups, among which are the CFR, the Trilateral Commission (founded by David Rockefeller and Brzezinski), the Royal Institute of International Affairs (RIIA) based at Chatham House in London, and their interlocking memberships are at work throughout the Western world and are endeavoring to get their hooks into the rest. The European Union is their baby.


When Bilderberger Margaret Thatcher, the high priestess of privatization, balked on adopting the euro as the UK's currency, the Bilderbergers had her dumped as prime minister and replaced by John Major.


Like the CFR, which in the course of its history has embraced and financed the Bolsheviks, Communists, Socialists, Nazis and fascists, the Bilderbergers also play all sides. Thus, in 1980, the Bilderbergers decided François Mitterand was to be resurrected and restored to power as France's next president. After attending the 1999 Bilderberg meeting, Romano Prodi was sworn in as president of Europe in the fall of that year; when his termed ended in 2005, he was elected prime minister of Italy.


Estulin makes it clear that these people will use any means -- legal or illegal -- in pursuit of their goal of total subjugation to their New World Order or One World Company, as they prefer to call it: wars, coups, assassinations; control of banking, finance, business, the media, education (dumbing down all but an elite needed to run things) and even religion to keep people in check.


He notes that David Rockefeller said in his Memoirs, "Some even believe we are a part of a secret cabal working against the best interests of the United States, characterizing my family and me as 'internationalists' and of conspiring with others around the world to build a more integrated global political and economic structure -- one world, if you will. If that's the charge, I stand guilty and I am proud of it."


Incorporated in this group are the neoconservatives -- "those who have determined that Israel's security should come at the expense of the safety to the United States and be central to all US foreign policy decisions." Richard Perle is a regular attendee at Bilderberg meetings. Michael Ledeen attended the 2005 meeting.


Media moguls such as Rupert Murdock, the now disgraced Conrad Black, Viacom (parent company of CBS) CEO Sumner Redstone, the Washington Post's Katherine Graham (now deceased), Washington Post columnists Jim Hoagland and Charles Krauthammer, New York Times Editor Arthur Sulzberger and columnist Thomas L. Friedman, William F. Buckley, Jr., and Bill Moyers have all been Bilderberg meeting invitees.


"The ideas and policies that come out of the Bilderberg annual meetings are used to generate the news in the leading periodicals and news groups of the world. The point is to make the prevalent opinions of the Bilderbergers so appealing that they become public policy and to pressure world leaders unto submitting to the 'needs of the Masters of the Universe.' The 'free world press' is completely at the mercy of the Bilderbergers disseminating the agreed upon propaganda," Estulin points out.


This is just a smattering of the information Estulin has managed to pack into his well-written 340-page book, complete with photographs, documents and an index.


If all this seems far-fetched, look around. America has been stripped of its industrial base. The good jobs have been or are being offshored, while Americans are working harder and longer at service sector jobs for less pay and fewer to no benefits. Americans have been dumbed down in public and private schools, universities and colleges. Their only worth now is as consumers of mainly foreign made goods. They are kept in check by religion, sports, idiotic "reality" TV, video games and anything else that turns off thinking.


Democracy, freedom and national sovereignty are anathema to the wannabe masters of the universe. But the Bilderbergers and their parallel groups and allied think tanks have been working to do away with all three. Elections have been rigged. The US, Canada and Great Britain are on the verge of becoming police states


by using the bogus "war on terror" to pump up. All that remains in their grand plan is to replace the last vestiges of sovereign nations with a series of regional unions that they will control via the United Nations, outlawing all nationalism.


But they may have overplayed their hand, as the grand scheme is fraying around the edges. Not all Europeans are ready to surrender their countries' sovereignty to the EU. Canadians who know more about the plan for a North American Union than Americans are diametrically opposed to it. A revitalized Russia, which has a historical wariness of outsiders, has its own ideas. And despite all the Western investment in China, Beijing is proving to be a problem in its refusal to float the yuan to bail out the financial mess the greedy Bilderberger bankers and financiers have made, which may explain the Carlyle Group's sale of 9.9. percent of itself to the Chinese as a hoped for hook to bring China to their table.


As the old adage says, knowledge is power, and Daniel Estulin is providing every reader of The True Story of the Bilderberg Group with the knowledge they need to aid in destroying the Bilderbergers' grand plan by bringing it to the attention of family, friends and colleagues. It is up to us to get this book into as many hands as possible, because Estulin will get no help promoting it from the corporate media.

Collectively, the people the people hold the power save themselves and that frightens the Bilderbergers and their cohorts the most. But that power is useless if the people refuse to exercise it or surrender it to those who would enslave us.





宇宙のなりたがり達人の仮面をはぐこと


Bilderbergグループの実話

ダニエルEstulinによって





「1984年に、世界で最も強力な男は、Oosterbeckの小さなオランダの町の豪華なBilderbergホテルで、オランダの国王の冠とロックフェラー家後援で初めて会いました。週末の間、討議するものは世界の将来です。それが終わっていたとき、彼らは考えを交換して、国際事情を分析するために毎年会うことに決めました。彼らは、彼ら自身をBilderbergグループと呼びました。それ以来、彼らは人類の将来を決定しようとするために、世界で毎年どこかの豪華なホテルに集まりました。このクラブの選ばれたメンバーの間で、ビルクリントン、ポールウォルフォウィッツ、ヘンリーキッシンジャー、デービッドロックフェラー、ズビグネフブレジンスキー、トニーブレアと世界中からの政府、ビジネスマン、政治家、銀行家とジャーナリストの多くの他の上部はいます」と、彼の必読の本(Bilderbergグループのトゥルーストーリー)への導入の始めのパラグラフのジャーナリストダニエルEstulinが書きます。




「それでも、彼らの会議の50年以上で、プレスはこれまで出席することは許されませんでした、声明は出席者の結論に関してこれまでにリリースされませんでした、そして、Bilderberg会議のどんな議事日程でも公表されませんでした」と、Estulinが注意します。


約15年の間、EstulinはBilderbergersの悩みの種でした。そして、厳しく彼らの秘密の会場を追い詰めました。そして、何が密室で続くかについて明かす源を増しました。そして、出席者の写真を撮りさえして、公的にそれのすべてさえ明らかにしました。今は、彼はそれのすべてを自由と民主主義を評価するあらゆる人が読まなければならない本に入れました。


Bilderbergersは、彼らが、最後の瞬間まで、彼らのたまり場の位置を隠そうとさえするように隠したがります。出席は招待だけのそばにあります、そして、招待された人の名前が前もって公的に明らかにされるならば、彼または彼女は招待することを取り消されます。




おそらく、これらの3つの引用は、秘密がすべてであるものを説明します。1977年のロンドンのタイムズは、Bilderbergersを「後でちょうど起こるように見えるイベントを計画するためにひそかに会う西洋の世界で最も金持ちで、経済的に、そして、政治的に最も強力で、有力な男の排他的集団」と呼びました。




オランダ(「超国家的な体に彼らの主権の一部を放棄するというアイデアに国家主義に関して育てられた人々を再教育することは、難しいです。」)の言われたBilderbergグループ創設者ベルンハルト皇太子(故王子は彼の娘(ベアトリクス女王)によって代理を務められました。そして、その人は定期的にBilderberg会議に出席します。)


前英国のデニスヒーリー国防相は、このようにそれ(「世界イベントは、偶然に起こりません。)を置きましたそれが国家問題または商業ですることであるかどうかに関係なく、それらは起こらせられます;そして、彼らのほとんどは、財布のひもを持つ人々によって行われて、管理されます。」




アイゼンハワー以来あらゆる米国の大統領は、Bilderbergグループまたはその以前の平行したグループ(Foreign Relations(CFR)上の会議)に属しもしたか、彼らにも承認されました。Estulinが書いたので、あなたが両方の馬を所有するとき、レースはコンテストでありません。そういうわけで、たとえどの政党が政権を握っていても、何も包装以外の本当に変わりません。強力なもののシャンパン泉で飲む傀儡は、彼らの主人の命令をします。人々は、プロセスまで余分です。




そして、それはちょうど米国にありません。Bilderbergグループとその平行したグループ、どちらがCFRであるか、三極委員会(デービッドロックフェラーとブレジンスキーによって創立される)、王立ロンドンでチャサム下院で基礎を形成されるインターナショナルAffairs(RIIA)協会と彼らの連動しているメンバーシップは、西洋の世界中至る所で作業中で、彼らのフックを残りに入れようと努力しています。欧州連合は、彼らの赤ちゃんです。




Bilderbergerマーガレットサッチャー(民営化の第一人者)が英国の通貨としてユーロものを採用することにしりごみしたとき、Bilderbergersは彼女を首相として遺棄して、ジョンメージャーと取り替えさせました。




CFR(その歴史の間のそれはボルシェビキ、共産党、社会党、ナチスとファシストを抱きしめて、融資しました)のようで、Bilderbergersもすべての側をします。このように、1980年に、Bilderbergersはフランoisミッテランが復活することになっていて、フランスの次期大統領として力に戻されることになっていると決めました。1999年のBilderberg会議に出席した後に、ロマーノプローディはその年の秋に、ヨーロッパ長として宣誓しました;彼呼びます2005年に終わります、彼はイタリアの首相に選ばれました。




Estulinはこれらの人々がどんな手段でも使用することを明らかにします-合法的であるか、違法です ― 彼らがそれを呼ぶのを好んで彼らのNew World OrderまたはOne World社への完全な支配の彼らのゴールの追求において:戦争、クーデター、暗殺;人々を抑制しておく銀行業務、金融、ビジネス、メディア、教育(ものを走らせるために必要なエリートを易しくする)と宗教のさえ制御。




彼は、デービッドロックフェラーが彼のMemoirs(「何人かは我々がアメリカ合衆国で最高の利益に悪く作用している秘密の秘密グループの部分であると思ってさえいます。そして、『国際主義者』として、そして、より統合化世界的な政治的および経済的な構造 ― 一つの世界あなたがそうするならば ― を構築するために世界中の他と共謀することで私の家族と私を特徴づけます。)で言った点に注意しますそれが料金であるならば、私は有罪のままでいます、そして、私はそれを誇りに思います。」




新保守主義者は、このグループに取り入れられます-「そのイスラエルの保安を決定した人々は、アメリカ合衆国に安全の代価で来なければならなくて、すべての米国の外国の政策決定にとって主要でなければなりません。」、リチャードパールはBilderberg会議の普通の出席者です。マイケルレディーンは、2005年の会議に出席しました。


ルパートマードックのようなメディアモーグル、今のものはコンラッドブラック、Viacom(CBSの親会社)CEOサムナーレッドストーン、ワシントンポストのキャサリングレアム(現在死去した)、ワシントンポーストコラムニストジムホーグランドとチャールズクラウトハマー、ニューヨークタイムズEditorアーサーサルズバーガーとコラムニストトーマスL・フリードマンをはずかしめました、ウィリアムF・バックリー, Jr.、そして、ビルモイヤーズはすべて招待された人に会っているBilderbergでした。




「Bilderberg年次総会から出てくる考えと方針は、主要な定期刊行物と世界のニュースグループでニュースを生み出すのに用いられます。点はBilderbergersの一般的な意見を彼らが公共政策になるように魅力があるようにすることになっていて、『ユニヴァースのマスターズの必要を受け入れることに、世界的リーダーに圧力をかけることになっています。』『無料の国際報道機関』が、完全に宣伝に同意するものを広めているBilderbergersの意のままです」と、Estulinが指摘します。




これはちょうどEstulinがなんとか彼のよく書面にした340ページの本にぎっしり入り込むことができたという少しの情報です。そして、写真、文書とインデックスを完備しています。




こういうことが不自然なようであるならば、あたりを見まわしてください。アメリカは、その産業主成分を取り除かれて空になりました。アメリカ人がより一生懸命に、そして、より長くより少ない賃金のためのサービス部門仕事に取り組んで利益により少しでない間、良い仕事はoffshoredされたか、offshoredされています。アメリカ人は、市民と私立学校、大学と大学で易しくされました。彼らの唯一の価値は、現在主に外国の作られた商品の消費者としてあります。彼らは、宗教、スポーツ、ばかげた「現実」テレビ、テレビゲームと考えをオフにする他に何かによって抑制しておかれます。




民主主義、自由と国家主権は、宇宙のなりたがり達人にとっての憎悪の対象です。しかし、Bilderbergersと彼らの平行したグループと連合シンクタンクは、全3を処理することに取り組んでいました。選挙は不正を行われました。米国、カナダとグレートブリテンは、警察国家になる寸前です。




空気を入れる偽の「恐怖との戦い」を用いて。彼らの壮大な計画のままであるすべては主権国家の最後の痕跡を彼らが国連を通して監督する一連の地域の組合と入れ替えることになっています。そして、すべての国家主義を非合法化します。




しかし、壮大な計画が端のまわりですり減っていて、彼らは彼らの強さを過信したかもしれません。すべてのヨーロッパ人が、EUに対する彼らの国の主権を放棄する準備ができているというわけではありません。ノースアメリカン連盟の計画についてアメリカ人より多くのものを知っているカナダ人は、それと正反対です。復興するロシア(それは部外者の歴史の慎重さを持ちます)には、それ自身の考えがあります。そして、中国へのすべての西洋の投資にもかかわらず、北京は浮くことに対するその拒絶の問題であることがわかっています元貪欲なBilderberger銀行家と融資者が作って財政的な混乱を救済するために、9.9のカーライルグループの売上高を説明するかもしれません。中国人へのそれ自体のパーセントフックが彼らのテーブルに中国を持ってくるために望みます。




古い格言が言うように、知識は力です、そして、ダニエルEstulinはBilderbergグループのトゥルーストーリーのあらゆる読者に彼らがそれを家族、友人と同僚の注意を引くように示すことによってBilderbergersの壮大な計画を破壊するのを助ける必要がある知識を提供しています。Estulinが会社メディアからそれを進めている援助を得ないので、それはこの本をできるだけ多くの手に入れるために我々次第です。

集団で、人々が力をする人々は骨惜しみします、そして、それは最もBilderbergersと彼らの仲間を怖がらせます。しかし、人々がそれを行使するか、それを我々を奴隷にする人々に引き渡すことを拒否するならば、その力は役に立たないです。

スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

kane552004

Author:kane552004
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR