FC2ブログ

どうだろうか?

Fulford's Ninjas: Don't Hold Your Breath

November 10, 2007


?





By Henry Makow Ph.D.


"Oh my Gawd!" I exclaimed when? Benjamin Fulford sent me his picture with David Rockefeller. "He actually met the Grand Panjandrum of the New World Order!"


When we last tuned in, Benjamin Fulford had issued an ultimatum to the Illuminati on behalf of an ancient Chinese Secret society, consisting of six million members, including thousands of assassins, gangsters and ninjas: "Desist with your plans for world depopulation or? else you and your families will be assassinated."


"We will pluck out? the eye at the top of the Illuminati pyramid," Fulford told us. "We have trained ninjas close to them all. They will be wiped out in a matter of hours."


Fulford offered to meet David Rockefeller at the estate of his great grandfather, tycoon G.T. Fulford in Brockville Ont. He waited but there was no response.


Silence. The whole (conspiracy) world held its breath. In August, Fulford reported that the Illuminati had promised to play nice: George Bush would not finish out his term. He also reported that the Japanese were going to cast off the Rockefeller yoke, and would make continued financing of the US debt conditional on reform.


Now this!


One problem. Something was wrong with this picture: specifically the expression on the intrepid Fulford's face. He looks like a kid who just met Santa Claus, not the arch-enemy of mankind. Rockefeller's family financed Auschwitz and Mengele's experiments on live inmates. They and their Satanic henchmen are dragging humanity into an abyss.


"Oh my God, is that DR?" I asked the Tokyo-based journalist. "Have you gone over to the dark side? Wipe that silly grin off your face!"


It turns out the meeting was not in response to the ultimatum after all:


"There is much I cannot say but I guarantee you I would rather burn in hell than go over to the dark side. Hell, though is just total and permanent oblivion. I told him I thought of him as? the Wizard of Oz and said, "Mr. Rockefeller, we all want to go back to Kansas." He was with two handlers and most of the conversation was on camera; that meant there was no chance of getting him to admit to any secret plans. I also gave him a private letter from G.T. Fulford. At G.T.'s insistence the contents cannot be made public now for reasons of global security. I talked with him before he went to meet the Emperor. Big changes are coming. The world is going to get much, much better, that much I promise."


Makow: "I take it then that you did not meet DR in your capacity as rep of the Red and Green [secret society], and that DR did not know of your previous "invitation."...Frankly I see this conspiracy as so pervasive that it is not likely to change course. But I want to be wrong, naturally."


Fulford: "The meeting was in two capacities. One was within the matrix to get his public face and official views on the record. The other was personal in order to verify that the Fulford and the Rockefeller families have been intertwined for over a century by the ghost of G.T. Fulford. The secret society's messages can be read in the newspapers every day."


"The Asian countries are dumping their dollars. The Japanese have pulled out of the Afghan coalition. Asian nations are calling for world peace. Japan's government has approved 911 documentaries on prime time TV. The emperor summoned David Rockefeller. This but a sampling of the evidence that the secret society has begun its move.Their aim is to end 300 years of illuminati world rule. They will succeed. The evidence is in the newspapers. Just watch the dollar and the pound (the ultimate sources of illuminati power) plummet. Japan is paying for oil in yen, many countries are refusing to use dollars. If people do not accept dollars, the U.S. cannot afford to maintain its military machine."


G.T. Fulford was a patent medicine tycoon like J.D. Rockefeller. Apparently he was the largest shareholder in General Electric and was about to buy General Motors when he met an untimely death in 1905 when a trolley rammed into his chauffeured limo. Apparently he was planning to finance Tesla.


Anyway, the picture has changed from the one Fulford gave me back in June. Then, he was about to declare war on the Illuminati, but would give them one last chance. Now he is delivering letters written by the ghost of his dead great grandfather, and talking about how the two families are intertwined.


For some reason Fulford chose me to introduce his story. I was willing to give him the benefit of the doubt. I want to keep believing in Benjamin and his Ninjas, but I'm not going to hold my breath.


?


フルフォードの忍者:期待しないでください。





ヘンリーメイコウ博士




「ああ、私の神様!」と、ベンジャミンフルフォードがデービッドロックフェラーと私に彼の写真を送ったとき、私が叫びました。「彼は、実はNew World Orderの雄大なお偉方に会いました!」




我々が最後に受信したとき、ベンジャミンフルフォードは古代の中国の秘密結社社会(何千もの暗殺者、ギャングとニンジャを含む600万人のメンバーからなる)に代わってIlluminatiに対する最後通告を出しました:「世界人口減少のあなたの計画でやめてください、でなければ、あなたとあなたの家族は暗殺されます。」




「我々は、Illuminatiピラミッドの最上位で目を外へ引き抜きます」と、フルフォードが我々に話しました。「我々は、彼ら全員の近くにニンジャを訓練しました。彼らは、ほんの数時間で絶滅します。」




フルフォードは、デービッドロックフェラーを彼の偉大な祖父(大物G.T)の地所で出迎えると申し出ました。ブロックビル・オンタリオでフルフォード彼は待ちました、しかし、反応がありませんでした。




沈黙。全体(陰謀)界は、息を殺しました。8月に、フルフォードはIlluminatiが素晴らしいふりをすると約束したと報告しました:ジョージブッシュは、彼の任期を外へ終えません。彼も、日本人がロックフェラーヨークを投げ棄てそうで、米国負債の継続的な資金調達を改革の次第にすると報告しました。




現在これ!




1つの問題。何かが、この写真はよくありませんでした:特に勇敢なフルフォードの顔の表情。彼は、ちょうどサンタクロース(人類の宿敵でない)に会った子供のように見えます。ロックフェラーの家族は、アウシュヴィッツと生きている収容者のMengeleの実験に融資しました。彼らと彼らの悪魔の手先は、人類を深い穴に引きずり込んでいます。


「ああなんてことだ、それはDRですか?」、私は東京に基盤のジャーナリストに尋ねました。「あなたは、暗い側へ行きましたか?その愚かな笑顔をあなたの顔からぬぐい去ってください!」




会議が結局最後通告に応じてなかったことがわかります:


「私が言うことができない多くがあります、しかし、私はあなたに私が暗い側へ行くよりむしろ地獄で火傷すると保証します。ちょうど完全で永久の忘却であるけれども、無茶をしてください。私は私がオズの魔法使いとして彼のことを考えると彼に話して、言いました ― 「ロックフェラー氏、みんなはカンザスに戻りたいです。」、彼は2人のハンドラーがありました。そして、大部分の会話は撮影中でした;それは、彼に少しの秘密の計画も認めさせる可能性がないことを意味しました。私も、G.Tから彼に私信を与えました。フルフォード。G.T.の主張で、内容は世界的な保安上の理由で現在公表されることができません。彼が天皇に会いに行く前に、私は彼と口をききました。大きい変化は来ています。世界は、非常によりよく、非常に、私が約束するそんなに多くを得そうです。」




Makow:「私は、それから、あなたが赤と緑[秘密結社]のレパートリーとしてあなたの能力でDRに会わなかった。そして、DRがあなたの前の「招待を知っていなかったと思います。」...率直に言って、それがコースを変えそうでないように、全面的であるように、私はこの陰謀がわかります。しかし、私は、当然、間違っていたいです。」


フルフォード:「会議は、2つの能力でした。人は、彼の一般の顔と記録に関する公式見解を得るために、マトリックスの範囲内にいました。他は、フルフォードとロックフェラー家がG.Tの幻影によって1世紀以上の間絡み合っていたことを確かめるために個人的なことでした。秘密結社のメッセージは、毎日、新聞で読まれることができます。」


「アジア諸国は、彼らのドルをダンピングしています。日本人は、アフガニスタン連立から手を引きました。アジア諸国は、世界平和を要求しています。日本の政府は、ゴールデンタイムのテレビの911のドキュメンタリーを承認しました。天皇は、デービッドロックフェラーを呼び出しました。




秘密結社がその動き.彼らの目的を開始したという証拠のサンプリングは、300年の啓蒙主義者世界支配を終えることになっています。彼らは成功するでしょう。証拠は新聞に出ます。

ドルとポンド(イルミナティ・パワーの究極のソース)が落ちるのを見てください。

日本は円におけるオイルの代金を払っていて、多くの国は、ドルを使うことを断っています。

「人々がドルを受け入れないならば、米国は、その軍事機構を維持する余裕がありません」。

G.T. フルフォードはJ.D.ロックフェラーのような特許医薬品大物でした。

見たところ、彼はゼネラル・エレクトリックで最も大きな株主であり、トロリーが彼のお抱え運転手付きのリムジンに突っ込んだ1905年に、彼が急死を迎えた時に、まさにゼネラルモーターズを買おうとしていました。

見たところ、彼は、テスラに資金提供することを計画していました。

とにかく、写真は、フルフォードが6月に私に返したものから変わりました。

そして、彼は、まさに啓蒙主義者に宣戦布告しようとしていたけれども、それらにもう一度最後のチャンスを与えるでしょう。

さて、彼は、彼の死んだ偉大な祖父の亡霊によって書かれた手紙を配達していて、どう2つのファミリーがからみ合わせられるかについて話しています。

何らかの理由で、彼の話を導入するために、フルフォードは私を選びました。

私は、彼に対して疑点を善意にとることを快くしました。

私は、ベンジャミンと彼の忍者を信じ続けたいけれども、私は、私の息を殺そうとしていません。







スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

1 ■無題

123便乗客もよろしくお願いします。
http://www.asyura2.com/07/lunchbreak9/msg/355.html

具体的にどのように残念かと申しますと、撮影のため例の県境の「現地」に近いところへ足を運ぶのですが、見てください。放射線やけどで一面、足の皮がむけてしまうんですよ。
http://www.asyura2.com/bigdata/up1/source/5605.jpg
http://www.asyura2.com/bigdata/up1/source/5606.jpg
相当、体にダメージなことはわかっているんです。それでも123便犠牲者の方は、かわいそうなので体を張って線量超過に気をつけながら撮影にいっているわけです。
http://red-orange.sakura.ne.jp/p7/newpage7.html
http://red-orange.sakura.ne.jp/p6/newpage6.html

http://sk.fox.ac/jal123/photo.htm
のような「ひでぶ」の状態で飛行中に亡くなられた方は520(521)人中、328人程度と推定されています。
どうか彼ら彼女らの無念を省みていただきたいと思います。
http://gray.ap.teacup.com/123ja8119/
プロフィール

kane552004

Author:kane552004
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR