FC2ブログ

中国利権


中国利権の知られざる事実
http://www.1st-online-shop.com/4796643117.html


最近、中国へのODAがやっと見直され始めた。これも本書を中心とする著者の執筆活動の成果だと感じるほど、本書は中国利権をよく分析している。本書にはとても印象的な写真が掲載されている(37ページ)。一見の価値あり。それは鄧小平が田中角栄の自宅を訪れた際に、並んで乾杯している時のもので、その背後には若き日の橋本龍太郎の姿も見る事ができる。そして51ページにある写真の、橋本の目つきも印象的だ。鄧はこの時、経済支援を田中に要求し、彼らによる国家の私物化が始まった時の決定的な写真だ。鄧小平には5人の子供がいて、配偶者を合わせた10人のうち4人がODAの窓口に関与している。しかし中国はさらにしたたかだった。中国の女工作員と関係した橋本の醜聞は中国側のリークだった。当時、アメリカからの圧力もあり、橋本は日本周辺有事に台湾を含めると政策を修正し始めていたからだ。重慶でのサッカー反日騒動も記憶に新しいが、それを「人民日報」と同じレベルで「日本人の方がこの事件から教訓とする事は多い」と報じる「朝日新聞」などの日中「利権」サークルの面々。朱鎔基前首相をTBSに招いた「News 23」で朱鎔基が日本は謝罪をしたことがないと嘘を言った時点で、それを正そうとせず、逆に「それに合わせて準備していました」とばかりに、日本が悪いという論調を展開した筑紫哲也には悪意さえ感じる。本書はそういう面々を、実名を上げながら弾劾している。中国利権に関して、隠された事実が満載の貴重な集大成だと思う。「中国ODA6兆円の闇―誰のための、何のための「援助」なのか」と共に、お勧めの1冊。

知らなかった

中国へのODA利権については、あまり良く知らなかったただ、なんとなくおかしいとは感じていたしかし、本書を読んで、ODAとそれを取り囲む政治家の利権の汚さを強く感じた中国ODAに関しては、Q&A方式で詳しく説明がなされており分かりやすいまた、中国という国家はかなり腐敗しているのだなとも感じたそして、中国に進出していく企業・商社は、なんでもありなんだなと思った現在、中国へのODA廃止が議論されている。この本を読めばなぜ、中国にODAの必要性が良くわかると思う

某国なら発禁焚書もの。

…ヤバいんじゃないのこの本。いや本当に。内容読んでかなり引いた。ちょっと内容ヤバ過ぎでしょ。全部実名の全部実話だし。今「だからこそ」出せた本だと思うのね。つまりいつかきっと国家や世論の大きな転換期が来る。できるなら普通に買って普通に読める今のうちに。星五つ。

国益を忘れた外交への怒り

購入後、興奮しつつ1日で読み終えた。ODA利権に群がり私腹を肥やしている政治家。中国に媚びへつらうだけのチャイナスクール官僚。反日教育の推進に気づきながら、中国の機嫌を損ねないために国内に報道しない大手マスコミ。このような状況ではODAを一端白紙に戻し、国益にかなうかどうか再吟味すべきだ。また、反日教育を止めなければ、ODAを供与しないというように、交渉の手段として有効利用すべきだろう。そもそも、本書に登場する国益ではなく私情でしか外交を行えない政治家には、有権者として退場してもらうしかない。

別宝Real 062「北朝鮮利権の真相2 日朝交渉「敗因」の研究」

中国ODA6兆円の闇―誰のための、何のための「援助」なのか!?

北朝鮮利権の真相

社民党”崩壊記念”社会党に騙された!―”平和””人権”を貪った面々の裏面史

外交崩壊



中国ODA6兆円の闇―誰のための、何のための「援助」なのか!?青木 直人 http://www.1st-online-shop.com/4396313306.html


祥伝社

中国ODA6兆円の闇―誰のための、何のための「援助」なのか!?


対中国ODAの実態とその意味を問う

かつては意義のあった日本の対中国ODAも、現在ではそれを行う理由が不透明になり、外交カードにもなっていない。本書で紹介されている事例を読むと、中国へのODAは即刻やめるしかないと思えてくる。また、ODAと言うものを通して中国の本質が見えてくるが、それを踏まえない日本の対中国政策も情けない限りである。ようやく最近、世論の盛り上がりで対中国ODAの見直しが言われるようになったが、もっと早くに気づいていれば、中国の反日教育も行われなかったのではと思えてくる。

腐敗政治家を見極める目

ODAは本来、手つかずだった中国の石油を獲得するための資源戦略だった。そしてその戦略を手がけた田中角栄をルーツに持つ「橋本派」は中国との関係を深めていった。小泉政権がODAの見直しを進める際の抵抗派閥は「橋本派」である。当時は外交戦略上の意味を持っていたが、監視能力が弱まるとともに癒着と腐敗のにおいを漂わせる事になった。そして、鄧小平には5人の子供がいて、配偶者を合わせた10人のうち4人がODAの窓口に関与している。20001年、李登輝元台湾総統が病気の治療を理由に来日するのを河野元外相や「橋本派」は反対した。結局来日は実現したが、1991年、李登輝台湾総統の来日が計画されたのを当時の竹下総理は阻止している。著者はこれらの事実を明らかにしながら、日本を「どれほど非難しても、事実無根のことをあげつらっても、政府首脳はひたすら謝罪を繰り返し、それでいながら、毎年膨大なODAを定期預金のように入金してくれる。ここまで危機の少ない、扱いやすい標的はない」と批判する。本書は、これまで封印されていた実態を緻密な現地取材により明らかにした貴重な本である。ODAは当然私たちの税金から拠出されている。知らないでは済まされない事実を、私たちは知っておく必要がある。日本国民は必ず読むべき書である。そして腐敗した日本の政治家を見極める目を養うべきである。

中国ODA問題の良書

~小泉総理になってから 聖域なき構造改革が言われて久しい。しかし 著者が書いているように~~ ODAとりわけ中国に対しての 国民に対する説明はできているのでしょうか。6兆円もの税金が つぎ込まれていることを日本国民に 説明せず またお金を出したら それっきりという態度で資金の追跡調査も 行われていない現実。我々 日本人の気前の良さ。中国は 戦後補償を求めなかった代わりに ODAが 自国の経済発展にどれだけ役立っているか わざと国民に~~知らせていない。日本のODAの うまみを生かしての ここ10年の高度経済成長が 中国を支えていることに 日本人も知らない。あまりにも 情けない話に 唖然とすると同時に 新聞 テレビが全く伝えていないことに 怒りを覚えました。単行本の内容より 大幅に訂正加筆されているので 中国ODA問題を知るのに 良い入門書と言えるでしょう。~

怒りを超えてもはやお笑い!日本の中国援助ODA―誰も知らない血税3兆円の行方

中国利権の真相―“赤い貴族”に群がった日本の政・官・財・メディア

たかられる大国・日本―中国とアメリカ、その驚くべき“寄生”の手口

別宝Real 062「北朝鮮利権の真相2 日朝交渉「敗因」の研究」

日中再考



蛇足


橋本派から小沢までの旧経世会の対中の政策はここへ来て破綻しそうな状況である。中国利権サークルの朝日及び朝日OB・TBSの合作も潰されそうな状況である・。>田中角栄をルーツに持つ「橋本派」は中国との関係を深めていった。小泉政権がODAの見直しを進める際の抵抗派閥は「橋本派」である。当時は外交戦略上の意味を持っていたが、監視能力が弱まるとともに癒着と腐敗のにおいを漂わせる事になった。そして、鄧小平には5人の子供がいて、配偶者を合わせた10人のうち4人がODAの窓口に関与している。小泉政権になって橋本派利権が崩れ、今また、民主党小沢派も痛撃な仕打ちが国民から食らわせられた・。中国利権サークルはチャイナスクールの官僚やマスコミ(毎日・TBS、朝日など)、元朝日のジャーナリストから自称経済評論家や学者、コンサルタント、宗教関係など、利権サークルでぬくぬくとつるんで来た。しかし、ここへ来て崩壊の憂き目にあうだろう・。

スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

kane552004

Author:kane552004
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR