FC2ブログ

中流階級没落は世界的策略か?

02/08/08


The Demise of the American Middle Class


Richard Backus


02/08/08、アメリカの中流階級の終焉です

リチャードバッカス



American as well as all western white and blue collar workers will soon realize that they will either have to decrease their wage demands to conform with "global standards" or chose jobs in the service sector. These global standard wages are now being set by worker in India and China, where average hourly wages are about 65 cents and one dollar respectively. The high paying jobs created in Mexico under NAFTA, the whopping $3.50 per hour ones, are moving to China because even this princely wage level is much too generous according to U.S. businessmen.
So currently unemployed workers and anyone laid off in the future better get their applications into McD and Wal-Mart in a hurry because these will be the premier jobs of the future. But, if American workers are willing to accept these "global standard wages" (adjusted for product transportation costs), no more than $3.00 per hour, perhaps they can get work here in the U.S., but only if their employers believe these wages will be maintained in the future. Unfortunately no one an live on $3.00 per hour in the U.S. unless he doesn't mind living on a subsistence level, without car or medical coverage(even if minimum wage laws were waived to allow them to do so).


全ての西側国々だけでなくアメリカの白と青い襟労働者は、彼らが「国際標準」に合致するために彼らの賃上げ要求も減少させなければならないか、サービス部門での仕事も選んだとすぐに理解します。これらの国際標準賃金は現在労働者によってインドと中国でセットされています、そこで、平均時給はそれぞれおよそ65セントと1ドルです。このかなりの賃金水準さえ米国のビジネスマンによると非常にあまりに気前がよいので、NAFTA(途方もない毎時3.50ドルのもの)の下でメキシコで創出される高い支払っている仕事は中国へ移っています。これらが将来の第一の仕事であるので、現在失業中の労働者とよりよく将来解雇される誰でも急いで彼らのアプリケーションをMcDとウォルマートに入れます。しかし、アメリカの労働者がこれらの「国際標準賃金」(製品輸送経費のために調節される)を受け入れる気があるならば、ほんの1時間につき3.00ドルしかでなく、おそらく、彼らはここアメリカで仕事を得ることができます、しかし、彼らの雇い主が信じる場合だけ、これらの賃金は将来維持されます。車または医学報道(たとえ最低賃金法が彼らがそうするのを許すために撤回されたとしても)なしで、残念なことに、1ライブにつき1、彼が最低生活水準にたよって暮らすのを気にする限り、アメリカの毎時3.00ドルの上で反対。


So the middle class worker unwilling or unable to accept this wage level has been disappearing into the limbo of the "having chosen leisure over work" class. The (establishment) economists have so labeled those 35 percent of the labor force(about 70 million people) who are of working age but not working. Forty(40) million of these 70 million "loafers" are between age 50 and 62(surprise!), still too young to be receiving social security.


それで、この賃金水準を受け入れる気がないかできない中流の労働者は、「仕事より余暇を選んでいた」クラスの不確定状態に姿を消していました。(設立)経済学者は、働かないこと以外の生産年齢である労働力(およそ7000万人)のそれらの35パーセントにとてもラベルをつけました。「ローファー」が、まだ社会保障を受けているにはあまりに若くて、年齢50と62(驚き!)の間であるこれらの7000万の4000万。


So what are these "leisure choosers" doing? Some have legitimately retired, being beneficiaries of retirement plans(civil servant ones being the most generous.) But the great bulk of them are simply limping along on their accumulated savings, or, if they are not so well off, have applied and been accepted as "disabled' under SSI or SSD programs. The children of all these American workers ( those displaced by foreign workers) will not see a dime of whatever savings they had made prior to this time.


Who can we thank for this disaster? The pols have paid their (personal) economists to say that it is the wage earner's own preference for leisure. Other current myths, created in the same way and by the same people, claim that American workers are uneducated or too lazy to retrain themselves, or simply too lazy. In other words, the workers have only themselves to blame.


それで、これらの「暇な選択者」は、何をしていますか?何人かは、合法的に引退しました、引退の受益者であることは、計画を立てます(最も気前がよい公務員もの。)しかし、彼らの大きな大きさは、単に彼らの蓄えられた貯金の上にのろのろ進んでいたか、彼らがそれほど裕福でないならば、あてはまって、「SSIまたはSSDプログラムの下の障害者』と認められました。すべてのこれらのアメリカの労働者(外国人労働者によって位置がずれるそれら)の子供たちが、彼らがこの時の前に作ったどんな貯金のダイムでも見るというわけではありません。


我々は、誰にこの災害に対して感謝することができますか?政治家は、それが余暇に対する賃金労働者の自身の好みであると言うために、彼らの(個人的な)経済学者に支払いました。他の現在の神話(同様に、そして、同じ人々によってつくられる)はアメリカの労働者が無教育であるか彼ら自身を再訓練するにはあまりに怠惰であると主張します、あるいは、単にあまりに怠惰です。言い換えると、労働者には非難に彼ら自身だけがいます。


The truth is that establishment politicians have engineered this demise of the middle class via globalization, NAFTA, CAFTA, and legal immigration laws befitting their clients, big business and the rich. All of these programs have proven to be against the interests of the American working classes but none have been revoked or revised. NAFTA alone is currently costing the U.S. treasury $40 billion dollars yearly but the pols still insist on CAFTA. The immigration laws affecting high-tech jobs have not only ruined the prospects for many American hi-tech workers, but have precipitated the loss of an entire industry. And the pols continue doing absolutely nothing, even after recognizing daily the adverse consequences of their policies.


事実は、設立政治家が彼らのクライアント、ビッグビジネスと金持ちに適している国際化、NAFTA、CAFTAと法律出入国管理法によって中流階級のこの終焉を設計したということです。これらのプログラムの全てはアメリカの労働者階級の利益に対してあることがわかりました、しかし、何も取り消されなかったか、修正されませんでした。NAFTAだけは毎年米財務省に400億ドルのドルを現在要しています、しかし、政治家はまだCAFTAを主張します。ハイテク仕事に影響を及ぼしている出入国管理法は、多くのアメリカのハイテク労働者の前途を滅ぼすだけでなく、全産業の損失も引き起こしました。そして、毎日彼らの方針の悪い結果を認めた後にさえ、政治家は全然何もしなく続けます。


スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

kane552004

Author:kane552004
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR