FC2ブログ

警察国家への道:最終章

The Police State Road Map





Chapter 14

POPULATION CONTROL

Gradually, by selective breeding, the congenital differences

between rulers and ruled will increase until they become almost different

species. A revolt of the plebs would become as unthinkable as an

organized insurrection of sheep against the practice of eating mutton.


- Bertrand Russell, The Impact of Science on Society


第14章人口抑制

徐々に、品種改良され、彼らがほとんど異なる種になるまで、統治者と支配された意志の先天的な違いは増加します。庶民の反乱は、羊肉を食べる習慣に対する羊の組織化された反乱と同じくらい考えられなくなります。


・・・バートランドラッセル、科学の社会への影響


With the restraints of moral conventions and democracy dispensed with, the

new utopia offers the holy grail of all dictators: Control over life itself. Yet some

of that control has existed for decades in spite of our notionally free and

democratic societies. Science offers the great advantage that very few people

can understand it. Whoever pays for its conduct and its presentation in the

popular media can dictate the consensus on any given issue, simply by asserting

that his committee of experts are the most distinguished. The less well funded

and represented dissenters are labeled the dangerous 'quacks' and 'junk

scientists'.

And this is how the petrochemical-pharmaceutical cartel has killed, injured,

and sterilized millions of people over the last hundred years. The same forces

that supported Hitler have continued to operate covertly ever since.

Population control is multi-faceted. It includes: Reducing the number of

people; eugenics; reducing intelligence levels; mind control; increasing poverty;

and creating financial dependence on the pharmaceutical industry. Various facets

of the population control agenda can be served simultaneously by the same

device.

Facing up to this 21st century holocaust merely requires an acknowledgement

of the moral position of its elevated sponsors. Some might be unashamedly evil

but most are Malthusians who believe that the there is no sanctity in human life.

To 'save the planet' we must kill off most of the people, so said Jacques

Cousteau in the UNESCO Courier of November 1991:    


道徳的な慣例の制限と不要とされる民主主義で、新しいユートピアは、すべての独裁者の神聖なやすりを提供します:生命自体の制御。それでも、その支配のいくらかが、我々の抽象的に空いていて民主主義の社会にもかかわらず、何十年も存在しました。科学は、極めて少ない人々がそれを理解することができる大きな利点を提供します。単に専門家の彼の委員会が最も優秀であると主張することによって、人気のメディアでその振る舞いとそのプレゼンテーションの料金を払う人は誰でも、どんな所定の問題についてのコンセンサスでも口述することができます。よりよく資金を助成されなくて見受けられる反対派は、危険な『偽医者』と『ジャンク科学者』とラベルがついています。

そして、これは石油化学製品、製薬カルテルが最後の百年にわたって何百万人も殺して、負傷させて、断種した方法です。ヒトラーを支えた同じ軍隊は、それ以来ずっとひそかに軍事行動をし続けました。

人口抑制は多面的です。それは以下を含みます:人々の数を減らすこと;優生学;知性を減らすことは水平になります;支配に注意してください;貧困を増やすこと;

そして、製薬産業に対する財政的な依存を確立すること。人口抑制課題のいろいろな側面は、同じ装置で同時に間に合われることができます。

この21世紀の大虐殺を直視することは、単にその高いスポンサーの道徳的なポストの承認を必要とするだけです。いくつかはあからさまに凶悪かもしれないが、最も、それを信じているマルサス主義者です人の生命の清浄です。

『地球を保存する』ために、我々は大部分の人々をつぶさなければならなくて、それで、1991年11月のユネスコCourierで、ジャッククストーは言いました:


The damage people cause to the planet is a function of demographics - it is equal

to the degree of development. One American burdens the earth much more than

twenty Bangladeshes ... This is a terrible thing to say. In order to stabilize world

population, we must eliminate 350,000 people per day. It is a horrible thing to say,

but it's just as bad not to say it. (1)


地球上で損害を受ける人々の原因は、実態的人口統計学の機能です。 - それは、発展の程度と等しいです。アメリカの1つは、20のバングラディシュより非常に、地球に負担をかけます...これは、ものすごい言い分です。世界人口を安定させるために、我々は1日350,000人を排除しなければなりません。それは恐ろしい言い分です、しかし、それを言わないために悪いように、それは当然です。(1)


Bertrand Russell, one of the twentieth century's most eminent philosophers,

said the same in his book, The Impact of Science on Society:


バートランドラッセル、第20の世紀の最も著名な哲学者のうちの1人、


彼の本で(科学の社会への影響)同じことを言いました。


At present the population of the world is increasing ... War so far has had no great

effect on this increase ... I do not pretend that birth control is the only way in which

population can be kept from increasing. There are others ... If a Black Death could be

spread throughout the world once in every generation, survivors could procreate freely without making the world too full...(2)


現在、世界の人口は、増加しています...

戦争は、ここまでこの増加に大きな影響を及ぼしませんでした...

私は、産児制限が人口が増加して慎まれることができる唯一の方法であると偽りません。

彼らはそこにいました...

黒死病かつて、世界中至る所に広げられても、人類の生存者は、世界をあまりにいっぱいにすることなく、自由に生むことができました...。


Russell also supported the idea of engineering human beings to meet social

requirements:


ラッセルも、社会的な要求を満たすために、エンジニアリング人間に関する意見を支持しました:


Scientific societies are as yet in their infancy. . . . It is to be expected that

advances in physiology and psychology will give governments much more control over

individual mentality than they now have even in totalitarian countries. Fitche laid it

down that education should aim at destroying free will, so that, after pupils have left

school, they shall be incapable, throughout the rest of their lives, of thinking or acting

otherwise than as their schoolmasters would have wished. . . . Diet, injections, and

injunctions will combine, from a very early age, to produce the sort of character and

the sort of beliefs that the authorities consider desirable, and any serious criticism of

the powers that be will become psychologically impossible.

The Nazis were more scientific than the present rulers of Russia. . . . If they had

survived, they would probably have soon taken to scientific breeding. Any nation

which adopts this practice will, within a generation, secure great military advantages.

The system, one may surmise, will be something like this: except possibly in the

governing aristocracy, all but 5 per cent of males and 30 per cent of females will be

sterilized. The 30 per cent of females will be expected to spend the years from

eighteen to forty in reproduction, in order to secure adequate cannon fodder. As a

rule, artificial insemination will be preferred to the natural method. . . .

Gradually, by selective breeding, the congenital differences between rulers and

ruled will increase until they become almost different species. A revolt of the plebs

would become as unthinkable as an organized insurrection of sheep against the

practice of eating mutton.


学会は、まだ彼らの幼少...です。生理学と心理学の進歩が政府に彼らが現在全体主義国にさえ持つより非常に多くの個々の心理の制御を与えると予想されます。Fitcheは教育が自由意志を破壊することに向けなければならないそれを置きました、そのため、生徒が学校を出たあと、彼らは無能です、ずっと、残りの彼らの命は彼らの教師としてより考えるか、さもなければ行うことで望みました...。権威者が望ましいと思う種類の性格と種類の信条を生じるために、非常に初期の年齢から、ダイエット、注射と禁止命令は組み合わさります、そして、権力者のどんな重大な批判でも心理的に不可能になります。

ナチスは、ロシアの現在の統治者...より科学的でした。彼らが生き残ったならば、彼らはおそらく科学的な育ちがすぐに好きになったでしょう。この実行を採用するどんな国でも、生成の範囲内で、大きな軍の利点を確保します。

システムは、このような何かであると、人が推測するかもしれません:支配している上流階級でおそらく除外してください、男性と30パーセントの女性の5パーセント以外はは不妊手術を受けます。女性の30パーセントは、十分な砲弾の餌食を確保するために、再生において18から40まで年を過ごすことになっています。概して、人工授精は自然の方法...より好まれます。

徐々に、品種改良によって、彼らがほとんど異なる種になるまで、統治者と支配された意志の先天的な違いは増加します。庶民の反乱は、羊肉を食べる習慣に対する羊の組織化された反乱と同じくらい考えられなくなります。


The progressively dumbed down society described in Brave New World is

desirable to those in the ruling class who believe in 'command and control'.

However, with the internet serving as a counter-weight to official disinformation,

we can now afford ourselves some protection against a health catastrophe we

might otherwise endure at their hands.


素晴らしい新世界で記述される次第に沈黙する下の社会は、『命令と支配』を信じる支配階級で、それらに望ましいです。

しかし、公式偽情報との釣合いとして用いられているインターネットで、我々は現在我々自身に我々がさもなければ彼らの手で耐えるかもしれない健康大災害からのいくらかの保護を与えることができます。


14.1 FUNDING POPULATION CONTROL


14.1人口抑制への資金提供

Displayed on Rockefeller University's website homepage on 3 December

2003, was a picture of a crowded city market with the following caption beneath:


ロックフェラーに表示されて、2003年12月3日の大学のウェブサイトホームページは、以下のキャプションによる混雑した都市市場の絵でした:


It took from the beginning of time until 1950 to put the first 2.5 billion people

on the planet. Yet in the next half-century, an increase that exceeds the total

population of the world in 1950 will occur, So writes Joel E. Cohen, Ph.D.,

Dr.P.H., professor and head of the Laboratory of Populations at The Rockefeller

University and Columbia University, in a Viewpoint article in the November 14

issue of the journal Science.(4)


最初の25億人の人々を惑星に住ますことは、1950年はじめでした。

それでも、次の半世紀には ― 1950年に世界の全人口を上回る増加が、思いつく ― 科学ジャーナルの11月14日の問題のViewpoint冠詞で、そのようにロックフェラー大学とコロンビア大学でジョエルE・コーエン、博士、Dr.P.H.、教授とPopulationsのLaboratoryの上部を書きます。(4)


Limiting population growth has been a preoccupation of the European and American elite throughout the twentieth century. The Population Council was established in 1952 by John D. Rockefeller III. The multi-billion dollar World

Wildlife Fund is sponsored by British and Dutch Royalty and the elite environmental think-tank, The Club of Rome, counts several world leaders amongst its members. The U.N.'s population control activities receive funding from all the major charitable foundations, especially the Ford Foundation and Rockefeller Foundation. Ted Turner's $1 billion United Nations Foundation and the

$24 billion Bill and Melinda Gates Foundation are entirely devoted to population

control activities although they are disguised as public health campaigns.

The United Nations Population Fund (UNFPA) is the single largest international

source of overt funding for population and reproductive health programmes.

Since it began operations in 1969, the Fund has provided nearly $6 billion in 'assistance' to developing countries.(5)The UNFPA only manages one quarter of the world's population control budget for developing countries, which is in excess

of $1 billion per year.(6) The Netherlands, Britain, and Japan were by far the biggest funders of UNFPA in 2001, providing almost 50% of the total $396million.(7) Meanwhile the U.S. Agency for International Development (USAID) gives substantially more money to population control programmes than to

healthcare and food assistance.(8)


制限する人口増加は、20世紀を通した欧米のエリートの没頭でした。Population会議は、ジョンD・ロックフェラーIIIによって1952年に確立されました。数十億ドル世界野生生物基金は英国でオランダのRoyaltyが後援します、そして、選り抜きの環境シンクタンク(ローマクラブ)はそのメンバーの間に数人の世界的リーダーを数えます。国連の人口抑制活動は、すべての大きな慈善の基礎、特にフォード財団とロックフェラー財団から資金提供を受け取ります。公衆衛生が運動して彼らが偽られるが、テッドターナーの10億ドルの国連財団と240億ドルのビルとメリンダゲイツ財団は人口抑制活動にまったく専念しています。

国連人口基金(UNFPA)は、人口と生殖の健康プログラムのための明白な資金提供の一つの最大の国際的なもとです。

それから、1969年の活動は始まったと、FundはUNFPAが国を開発して世界の人口抑制予算の4分の1を管理するだけであるcountries.(5)を開発することに『援助』においてほぼ60億ドル、定めました、そしてそれは、year.(6)につき10億ドル以上、オランダ(英国)です、そして、日本は断然2001年のUNFPAで最も大きいfundersでした。そして、アメリカ国際開発庁(USAID)がヘルスケアと食料援助により人口抑制プログラムへのかなりより多くのお金に与える総$396million.(7) Meanwhileのほぼ50%を提供します。(8)


14.2 AIMS AND METHODS - THE ART OF KILLING QUIETLY

The population control agenda is presented to the public as a universal

concern for planetary resources and environmental pollution, and to a lesser

degree, socio-economic deprivation, women's rights, and reproductive health.

Whatever the truth of these arguments, the point is that population 'control' is

coercive. The policy papers on population control contain objectives that are so

extreme that coercion would certainly be needed to meet them. The 1972

benchmark environmentalist publication, The Limits To Growth, predicted

planetary meltdown by 2050 unless radical limits to population growth were

imposed. In 1974, this was translated into hard U.S. national security policy by

National Security Advisor, Henry Kissinger. His lengthy National Security Study

Memorandum 200 laid out the aims, timescale, and methods of U.S. foreign

policy for limiting the population growth of 'lesser developed countries'.(9)

Measures were to be taken to keep the world's population growing beyond 8

billion, meaning 500 million fewer people by year 2000 and 3 billion fewer by

2050. However, many suspect that this is nowhere near the real target of the

elite and their Malthusian collaborators, which is to cut the world's current

population in half. The American population control think tank, Negative

Population Growth Inc., recommended in 1992 that the population of the U.S.

should be 125-150 million, requiring a 50% cut from its current level.(10) In 1995,

the same think-tank published a study recommending an 80% reduction in global

population. (11)

In NSSM 200, Henry Kissinger stated that no single approach would 'solve'

the population problem. Multiple and seemingly unconnected approaches are also

less likely to attract attention. Here follows a short-list of these approaches
.


14.2狙いと方法 - 静かに殺す技法

人口抑制課題は、地球資源と環境汚染に対する一般的な懸念として、そして、より小さい程度、社会経済剥奪、女性の権利と生殖健康に市民に提示されます。

これらの議論の真実がどうであれ、点は人口『支配』が強制的であるということです。人口抑制に関する方針レポートは、強制が確かに彼らに会うために必要であるように極端である目的を含みます。人口増加に対する根本的な制限が押しつけられなかった限り、1972年のベンチマーク環境保護主義者出版(Limits To Growth)は2050年までに地球メルトダウンを予測しました。1974年に、これは国家安全保障担当補佐官(ヘンリーキッシンジャー)によって、難しい米国の国家の安全方針に変換されました。彼の長い国立Security Study Memorandum 200は、『より小さい先進諸国』の人口増加を制限するために、狙い、timescaleと米国の外交政策の方法を配置しました。(9) 処置は世界の人口を80億を越えて増大させ続けるためにとられることになっていました。そして、年2000と30億5億人のより少しの人々を意味することが2050年までにより少しでした。しかし、多くの人々はこれがまったくエリートと彼らのマルサス学派の協力者の本当の標的でないと思います。そして、それは半分に世界の現在の人口を減らすことになっています。アメリカの人口抑制シンクタンク(Negative Population Growth社)はアメリカの人口が、1995年にその現在のlevel.(10)から50%のカットを必要として、1億2500万~1億5000万でなければならない1992年に勧めました、同じシンクタンクは世界的な人口の80%の縮小は魅力的になっている調査を公表しました。(11) NSSM 200に、ヘンリーキッシンジャーは一つのアプローチも人口問題を『解決しない』と述べました。複数で一見接続していないアプローチは、注意をひきそうになくもあります。ここ続きます最終選抜候補者名簿に載せますこれらのアプローチの。

スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

1 ■助かった。。

先っちょのドリル具合がいいって言われたw
イイ仕事になりそうだし、手術はしばらくヤメとくよヽ(´ー`)ノ
http://8e8ae.net/chinpre/2fJObvzs
プロフィール

kane552004

Author:kane552004
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR