FC2ブログ

山本尚利氏コラムより

ベンチャー革命2008年3月16日


                           山本尚利


タイトル:円高、イラン戦争と関係する?日銀総裁人事の行方



1.日銀総裁人事の混迷


2008年3月19日に任期切れとなる福井俊彦日本銀行総裁の後継人事を巡って、与野党がもめています。自公与党福田政権は武藤敏郎、現日銀副総裁を推薦しましたが、民主党優勢の参議院で不同意決議が通り、日銀総裁人事は暗礁に乗り上げた格好になっています。


もうひとつの民主党の選択は、副総裁候補、伊藤隆敏(東大教授)に不同意、白川方明(京大教授、日銀出身)は同意というものでした。この選択には意味があります。米国留学組の伊藤氏は米国ジャパンハンドラーにとってコントロラブルであり、国内派、武藤氏(旧大蔵官僚の代表)と米国ジャパンハンドラーの間を取り持つメッセンジャーと位置づけられます。この事実から、小沢民主党党首は、武藤案を持ち出した福田政権の黒幕にノーを突きつけたことは明らかです。


 民主党の反対理由(オモテ向き)は、武藤氏が財務省事務次官の出身で、財政と金融の分離という行政原則に反するというもの。しかし、この程度の理由では、国民に対する説得力はゼロです。そのため、民主党は参院多数党という立場を利用して日銀総裁人事を政局にしていると批判されています。さて日銀総裁人事に衆参の同意が求められるのはなぜか、それは日銀総裁が、総理大臣に次いで国家運営に重要なポストだからです。戦後、日銀総裁ポストは、大蔵省出身者と日銀生え抜き(プロパー)が交互に座るポストでした。今回の武藤氏は財務省が全省をあげて推薦する人物のようです。



2.米国覇権主義者に闇支配される日銀総裁人事


 日銀総裁で思い出されるのはかの「前川レポート」です。1985年、中曽根政権時代、日銀総裁、前川春雄氏による「前川レポート」が出され、自民党与党はその内需拡大政策を金科玉条にして、地方自治体を土建工事中毒に陥れて今日に至っています。前川レポートは日本の自爆(オウンゴール)を演出する悪夢のシナリオだったのです。前川レポートは、今日、米国政府により毎年だされる年次対日規制改革要望書のルーツと筆者はみています。すなわち、前川レポートは元々、米国覇権主義者の中のジャパンハンドラーの誘導によって提案されたものと思われます。


 この時以来、日銀総裁人事に対する米国覇権主義者の院政的影響は強まったとみなせます。そして、日本国民資産の利権(レント)を巡って、米国覇権主義者と大蔵官僚の綱引きが行われてきたということです。1998年、大蔵省・日銀はノーパンしゃぶしゃぶ事件を仕掛けられ、上記、福井氏と武藤氏はいったん更迭された過去(前科)があります。ここがミソです。


 98年、大蔵・日銀のスキャンダル混乱に乗じて、同年、大蔵省から金融機関の監督権力が分離され、別個、金融庁が生まれました。そして2001年、郵政民営化実現のために生まれた小泉政権誕生の直前、大蔵省は財務省に名称変更を余儀なくされました。これは米国ジャパンハンドラーが、日本攻略の難攻不落の砦であった大蔵省の分割・弱体化に成功した歴史的瞬間でした。


米国覇権主義者の常套手段は、攻略ターゲット・サイドの目ぼしい人材の懐柔とエージェント化です。たとえばA級戦犯免除と引き換えにエージェント化された岸信介元首相(安倍首相の祖父)(注1)や、島圭次NHK会長の懐刀として対米ロビー活動を担い、ミイラ取りがミイラになった日高義樹氏(注2)がそれに該当するでしょう。ジャパンハンドラーに弱みを握られた福井氏(本性は対米面従腹背人物か)(注3)も武藤氏も筋金入りのエージェントとまでいかないまでも、国民資産利権(レント)の争奪戦を巡って、米国覇権主義者と日本の金融官僚集団の微妙な権力バランス(悪対悪の駆け引き)を保つための妥協の産物でしょう。その結果、ジャパンハンドラーは財務省の要望を一定程度、受け入れて、武藤氏の日銀総裁就任を黙認することで密談が成立していたと思われます。だから、福田政権はそのお墨付きをもらって強気になり、武藤案(財務省の意向)を強引に発表したのでしょう。



3.円高、イラン戦争とリンクする(?)日銀総裁人事


ブッシュ政権の好戦派チェイニー副大統領は、2008年3月11日、イラン攻撃反対の急先鋒、ウィリアム・ファロン国防総省総司令官を辞任に追い込むことに成功し、いよいよイラン攻撃タイミングを虎視眈々と狙っています。それと呼応して、イスラエル対レバノン・ヒズボラの緊張(中東戦争のトリガー)は極度に高まっているようです。しかしながら、チェイニーにとってイラン攻撃計画実行のネック、それは戦争資金調達です。米国連邦政府の財政は危機ですから、自腹の戦争資金は底を突いています。そこで、当てにされている財源はまたも、われわれ日本国民の預貯金しかありません(注4)。これなら米民主党も反対できませんから。そこで今、彼らは全力を挙げてドル安・円高環境を演出し、3月14日、1ドル99円台を記録しました。チェイニーの腹は、新日銀総裁の下、間髪を入れず、日銀に大量の円売りドル買いオペを実行してもらい、一刻も早く米国債と交換にドルキャッシュを還流してほしいわけです。少なくとも小泉政権の提供したイラク戦争資金30~40兆円規模で。ところがどっこい、それを邪魔するセクターが登場しました。それが小沢民主党です。小沢民主党はなぜ、福田政権の武藤人事を拒否できるのか。普段なら、小沢党首は福田政権の黒幕に楯突けば、田中首相、竹下首相、小渕首相、橋本首相など旧田中派政治家あるいは松岡農林大臣と同様、不審な死を迎える危険がありますが、彼はなぜ、強気なのでしょうか。単に小沢党首は能天気なのでしょうか。とんでもありません。すべて計算しつくされています。彼の後ろ盾、それは米民主党上院議員ジェイ・ロックフェラー(自民党の黒幕、デビッド・ロックフェラー(ジェイのおじ)の宿敵で国際金融資本の支援する銀行屋系寡頭勢力の代表)が控えているからでしょう。ちなみに、ブッシュ政権の現財務長官ヘンリー・ポールソンは、ブッシュ政権を牛耳る戦争屋系寡頭勢力のライバル、銀行屋系寡頭勢力の配下です。ジェイにとって敵の陣地の一角はすでに乗っ取っているのです。



4.竹中日銀総裁シナリオの行方


さて小沢党首の後ろ盾の眼が光っている限り、チェイニーの黒幕(戦争屋系寡頭勢力)は簡単に、小沢党首を無力化(暗殺するか失脚させる)できないということです。


 小沢党首に待ったをかけられた福田政権は、武藤案を引っ込め、次は竹中平蔵案を持ち出すかもしれません。このとき、小沢党首がどのような反応を示すかです。小沢党首は当然、その竹中総裁シナリオを読んだ上で、武藤案の参院の不同意決議を決行したはずです。


 小沢党首の寄らば大樹の後ろ盾が竹中氏をどのように位置づけるかによって、竹中日銀総裁誕生シナリオ実現の有無が決まります。小泉政権時代、竹中経済財政担当大臣のハンドラー(指南役)であったロバート・ゼーリック元国務副長官(現在、ブッシュ政権のネオコンであったポール・ウォルフォヴィッツの後釜の世界銀行総裁)は、上記ポールセンの出身母体、ゴールドマンサックス(ブッシュ政権への最大献金企業)出身です。上記、小沢党首と親しいジェイ・ロックフェラー民主党上院議員はゴールドマンサックスと関係が深いといわれています。


 以上の背景から、もしジェイが竹中氏を容認すれば、福田政権が武藤案の代替案として竹中案を小沢党首にぶっつけ、小沢党首が同意する可能性もゼロではありません。それこそが小沢党首の裏ミッションにつながりますから(注5)。


 もし、紆余曲折を経て竹中日銀総裁シナリオが実現すれば、旧大蔵省系金融官僚集団は完全なる敗北でしょう。このシナリオ展開は、小渕首相から、森首相を経て、小泉首相を実現させたシナリオ展開(実は自民党内の旧田中派一掃作戦)と酷似します。



注1:ベンチャー革命No.247『読売グループはなぜ、9.11事件のタブーに挑戦したか』2007年10月21日


http://www.geocities.co.jp/SiliconValley-Oakland/1386/mvr247.htm


注2:ベンチャー革命No.145『MOT論の視点からみたNHK会長辞任劇』2005年1月31日


http://www.geocities.co.jp/SiliconValley-Oakland/1386/mvr145.htm


注3:ベンチャー革命No.145『福井日銀総裁バッシングとポスト小泉シナリオ』2006年6月21日


http://www.geocities.co.jp/SiliconValley-Oakland/1386/mvr199.htm


注4:ベンチャー革命No.222『チェイニー対久間の掛け合い漫才』2007年2月24日


http://www.geocities.co.jp/SiliconValley-Oakland/1386/mvr222.htm


注5:ベンチャー革命No.190『小沢民主党新代表のミッションとは』2006年4月11日


http://www.geocities.co.jp/SiliconValley-Oakland/1386/mvr190.htm



山本尚利(ヤマモトヒサトシ)


hisa_yamamoto@mug.biglobe.ne.jp


http://www.geocities.co.jp/SiliconValley-Oakland/1386/melma.htm


http://www.geocities.co.jp/SiliconValley-Oakland/1386/magazine-menus.htm


スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

1 ■無題

福田首相も頭が痛い問題ばかり抱え、民主党から協力得られずかなりお疲れモードのご様子。
政局が少しも動きませんね。

2 ■無題

のびた首相はドラえもんがいないとダメですね・。
プロフィール

kane552004

Author:kane552004
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR