FC2ブログ

FRB(主要各国中央銀行カルテル)の終わりのはじまり






A Vicious Circle ending in a Systemic Financial Meltdown

Roubini's Nightmare Scenario


by Mike Whitney


体系的金融危機に引き込まれてる悪循環。

Roubiniのゾッとするような筋書き

マイク・ホイットニーによって

It's another round of the credit crisis. Some markets are getting worse than January this time. There is fear that something dramatic will happen and that fear is feeding itself," Jesper Fischer-Nielsen, interest rate strategist at Danske Bank, Copenhagen, Reuters) Yesterday's action by the Federal Reserve proves that the banking system is insolvent. It also shows that the Fed is willing to intervene directly in the stock market if it keeps equities propped up. This is clearly a violation of its mandate and runs contrary to the basic tenets of a free market. Investors who shorted the market yesterday, got clobbered by the not so invisible hand of the Fed chief.In his prepared statement, Bernanke announced that the Fed would add $200 billion to the financial system to shore up banks that have been battered by mortgage-related losses. The news was greeted with jubilation on Wall Street where traders sent stocks skyrocketing by 416 points, their biggest one-day gain in five years.“It's like they're putting jumper cables onto a battery to kick-start the credit market,'' said Nick Raich, a manager at National City Private Client Group in Cleveland. ``They're doing their best to try to restore confidence.' To understand the real meaning behind the Fed's action; it's worth considering some of the stories which popped up in the business news just days earlier. For example, last Friday, the International Herald Tribune reported:“Tight money markets, tumbling stocks and the dollar are expected to heighten worries for investors this week as pressure mounts on central banks facing what looks like the “third wave” of a global credit crisis....Money markets tightened to levels not seen since December, when year-end funding problems pushed lending costs higher across the board.”


The Herald Tribune said that troubles in the credit markets had pushed the stock market down more than 3 percent in a week and that the same conditions which preceded the last two crises (in August and December) were back stronger than ever. In other words, liquidity was vanishing from the system and the market was headed for a crash.A report in Reuters reiterated the same ominous prediction of a “third wave” saying:“The two-year U.S. Treasury yields hit a 4-year low below 1.5 percent as investors flocked to safe-haven government bonds....The cost of corporate bond insurance hit record highs on Friday and parts of the debt market which had previously escaped the turmoil are also getting hit.”


Risk premiums were soaring and investors were fleeing stocks and bonds for the safety of government Treasuries; another sure sign that liquidity was disappearing."The level of financial stress is ... likely to continue to fuel speculation of more immediate central bank action either in the form of increased liquidity injections or an early rate cut," Goldman Sachs said in a note to clients.”Indeed. When there's a funding-freeze by lenders, investors hit the exits as fast as their feet will carry them. That's why the lights started blinking red at the Federal Reserve and Bernanke concocted a plan to add $200 billion to the listing banking system. New York Times columnist Paul Krugman also referred to a “third wave” in his article “The Face-Slap Theory”. According to Krugman, “The Fed has been cutting the interest rate it controls - the so-called Fed funds rate ? (but) the rates that matter most directly to the economy, including rates on mortgages and corporate bonds, have been rising. And that's sure to worsen the economic downturn.”...(Now) “the banks and other market players who took on too much risk are all trying to get out of unsafe investments at the same time, causing significant collateral damage to market functioning.” What the Times' columnist is describing is a run on the financial system and the onset of “a full-fledged financial panic.”


The point is, Bernanke's latest scheme is not a remedy for the trillion dollar unwinding of bad bets. It is merely a quick-fix to avoid a bloody stock market crash brought on by prevailing conditions in the credit markets.Bernanke coordinated the action with the other members of the global banking cartel---The Bank of Canada, the Bank of England, the European Central Bank, the Federal Reserve, and the Swiss National Bank---and cobbled together the new Term Securities Lending Facility (TSLF), which “will lend up to $200 billion of Treasury securities to primary dealers secured for a term of 28 days (rather than overnight, as in the existing program) by a pledge of other securities, including federal agency debt, federal agency residential-mortgage-backed securities (MBS), and non-agency AAA/Aaa-rated private-label residential MBS. The TSLF is intended to promote liquidity in the financing markets for Treasury and other collateral and thus to foster the functioning of financial markets more generally.” (Fed statement)


The plan, of course, is wildly inflationary and will put additional downward pressure on the anemic dollar. No matter. All of the Fed's tools are implicitly inflationary anyway, but they'll all be put to use before the current crisis is over.The Fed's statement continues: “The Federal Open Market Committee has authorized increases in its existing temporary reciprocal currency arrangements (swap lines) with the European Central Bank (ECB) and the Swiss National Bank (SNB). These arrangements will now provide dollars in amounts of up to $30 billion and $6 billion to the ECB and the SNB, respectively, representing increases of $10 billion and $2 billion. The FOMC extended the term of these swap lines through September 30, 2008.”


So, why is the Fed issuing loans to foreign banks? Isn't that a tacit admission of its guilt in the trillion dollar subprime swindle? Or is it simply a way of warding off litigation from angry foreign investors who know they were cheated with worthless toxic bonds? In any event, the Fed's largess proves that the G-10 operates as de facto cartel determining monetary policy for much of the world. (The G-10 represents roughly 85% of global GDP) As for Bernanke's Term Securities Lending Facility (TSLF) it is intentionally designed to circumvent the Fed's mandate to only take top-grade collateral in exchange for loans. No one believes that these triple A mortgage-backed securities are worth more than $.70 on the dollar. In fact, according to a report in Bloomberg News yesterday: “AAA debt fell as low as 61 cents on the dollar after record home foreclosures and a decline to AA may push the value of the debt to 26 cents, according to Credit Suisse Group.`The fact that they've kept those ratings where they are is laughable,'' said Kyle Bass, chief executive officer of Hayman Capital Partners, a Dallas-based hedge fund that made $500 million last year betting lower-rated subprime-mortgage bonds would decline in value. ``Downgrades of AAA and AA bonds are imminent, and they're going to be significant.'' Bass estimates most of AAA subprime bonds in the ABX indexes will be cut by an average of six or seven levels within six weeks.” (Bloomberg News) The Fed is accepting these garbage bonds at nearly full-value. Another gift from Santa Bernanke.


Additionally, the Fed is offering 28 day repos which -- if this auction works like the Fed's other facility, the TAF -- the loans can be rolled over free of charge for another 28 days. Yippee. The Fed found a way to recapitalize the banks with permanent rotating loans and the public is none the wiser. The capital-starved banksters at Citi and Merrill must feel like they just won the lottery. Unfortunately, Bernanke's move effectively nationalizes the banks and makes them entirely dependent on the Fed's fickle generosity.


The New York Times Floyd Norris sums up Bernanke's efforts like this:“The Fed’s moves today and last Friday are a direct effort to counter a loss of liquidity in mortgage-backed securities, including those backed by Fannie Mae and Freddie Mac. Given the implied government guarantee of Freddie and Fannie, rising yields in their paper served as a warning sign that the crunch was worsening and investor confidence was waning. On Oct. 30, the day before the Fed cut the Fed funds rate from 4.75 per cent to 4.5 per cent, the yield on Fannie Mae securities was 5.75 percent. Today the Fed Funds rate is 3 per cent, and the Fannie Mae rate is 5.71 per cent, virtually the same as in October.....A sign of the Fed’s success, or lack of same, will be visible in that rate. It needs to come down sharply, in line with Treasury bond rates. Today, the rate was up for most of the day, but it did fall back at the end of the day. Watch that rate for the rest of the week to see indications of whether the Fed’s move is really working to restore confidence.”


Norris is right; it all depends on whether rates go down and whether that will rev-up the moribund housing market again. Of course, that is predicated on the false assumption that consumers are too stupid to know that housing is in its biggest decline since the Great Depression. Housing will not be resuscitated anytime in the near future, no matter what the conditions; and you can bet on that. The last time Bernanke cut interest rates by 75 basis points mortgage rates on the 30-year fixed actually went up a full percentage point. This had a negative affect on refinancing as well as new home purchases. The cuts were a total bust in terms of home sales.Still, equities traders love Bernanke's antics and, for the next 24 hours or so, he'll be praised for acting decisively. But as more people reflect on this latest maneuver, they'll see it for what it really is; a sign of panic. Even more worrisome is the fact that Bernanke is quickly using every arrow in his quiver. Despite the mistaken belief that the Fed can print money whenever it chooses; there are balance sheets constraints; the Fed's largess is finite. According to MarketWatch:"Counting the currency swaps with the foreign central banks, the Fed has now committed more than half of its combined securities and loan portfolio of $832 billion, Lou Crandall, chief economist for Wrightson ICAP noted. 'The Fed won't have run completely out of ammunition after these operations, but it is reaching deeper into its balance sheet than before."Steve Waldman at interfluidity draws the same conclusion in his latest post:


“After the FAF expansion, repo program, and TSLF, the Fed will have between $300B and $400B in remaining sterilization capacity, unless it issues bonds directly.” (Calculated Risk)


So, Bernanke is running short of ammo and the housing bust has just begun. That's bad.


But that's only half the story. Bernanke and Co. are already working on a new list of hyper-inflationary remedies once the credit troubles pop up again. According to the Wall Street Journal, the Fed has other economy-busting scams up its sleeve:“With worsening strains in credit market threatening to deepen and prolong an incipient recession, analysts are speculating that the Federal Reserve may be forced to consider more innovative responses -? perhaps buying mortgage-backed securities directly.“As credit stresses intensify, the possibility of unconventional policy options by the Fed has gained considerable interest, said Michael Feroli of J.P. Morgan Chase. He said two options are garnering particular attention on Wall Street: Direct Fed lending to financial institutions other than banks and direct Fed purchases of debt of Fannie Mae and Freddie Mac or mortgage-backed securities guaranteed by the two shareholder-owned, government-sponsored mortgage companies. ( “Rate Cuts may not be Enough”, David Wessel, Wall Street Journal) Wonderful. So now the Fed is planning to expand its mandate and bail out investment banks, hedge funds, brokerage houses and probably every other brandy-swilling Harvard grad who got caught-short in the subprime mousetrap. Ain't the “free market” great?In fact, Bernanke is destroying the currency by trying to reflate the equity bubble. And how much damage is he inflicting on the dollar? According to Bloomberg, “the risk of losses on US Treasury notes exceeded German bunds for the first time ever amid investor concern the subprime mortgage crisis is sapping government reserves....Support for troubled financial institutions in the U.S. will be perceived as a weakening of U.S. sovereign credit.''


America is going broke and the rest of the world knows it. Timothy Geithner, President of the New York Fed put it like this:“The self-reinforcing dynamic within financial markets has intensified the downside risks to growth for an economy that is already confronting a very substantial adjustment in housing and the possibility of a significant rise in household savings. The intensity of the crisis is in part a function of the size of the preceding financial boom, but also of the speed of the deterioration in confidence about the prospects for growth and in some of the basic features of our financial markets. The damage to confidence?confidence in ratings, in valuation tools, in the capacity of investors to evaluate risk?will prolong the process of adjustment in markets. This process carries with it risks to the broader economy.”


Without a hint of irony, Geithner talks about the importance of building confidence on a day when the Fed has deliberately distorted the market by injecting $200 billion in the banking system and sending the flagging stock market into a steroid-induced rapture. Astonishing.The stock market was headed for a crash this week, but Bernanke managed to swerve off the road and avoid a head-on collision. But nothing has changed. Foreclosures are still soaring, the credit markets are still frozen, and capital is being destroyed at a faster pace than any time in history. The economic situation continues to deteriorate and even unrelated parts of the markets have now been infected with subprime contagion. The massive deleveraging of the banks and hedge funds is beginning to intensify and will continue to accelerate until a bottom is found. That's a long way off and the road ahead is full of potholes."In the United States, a new tipping point will translate into a collapse of the real economy, final socio-economic stage of the serial bursting of the housing and financial bubbles and of the pursuance of the US dollar fall. The collapse of US real economy means the virtual freeze of the American economic machinery: private and public bankruptcies in large numbers, companies and public services closing down massively.” (Statement from The Global Europe Anticipation Bulletin (GEAB) Is that too gloomy? Then take a look at these eye-popping charts which show the extent of the Fed's lending operations via the Temporary Auction Facility. The loans have helped to make the insolvent banks look healthy, but at great cost to the country's economic welfare. http://benbittrolff.blogspot.com/2008/03/really-scary-fed-charts-march.html


The Fed established the TAF in the first place; to put a floor under mortgage-backed securities and other subprime junk so the banks wouldn't have to try to sell them into an illiquid market at fire-sale prices. But the plan has backfired and now the Fed feels compelled to contribute $200 billion to a losing cause. It's a waste of time. UBS puts the banks’ total losses from the subprime fiasco at $600 billion. If that's true, (and we expect it is) then the Fed is out of luck because, at some point, Bernanke will have to throw in the towel and let some of the bigger banks fail. And when that happens, the stock market will start lurching downward in 400 and 500 point increments. But what else can be done? Solvency can only be feigned for so long. Eventually, losses have to be accounted for and businesses have to fail. It's that simple.


So far, the Fed's actions have had only a marginal affect. The system is grinding to a standstill. The country's two largest GSEs, Fannie Mae and Freddie Mac, which are presently carrying $4.5 trillion of loans on their books, are teetering towards bankruptcy. Both are gravely under-capitalized and (as a recent article in Barron's shows) Fannies equity is mostly smoke and mirrors. No wonder investors are shunning their bonds. Additionally, the cost of corporate bond insurance is now higher than anytime in history, which makes funding for business expansion or new projects nearly impossible. The wheels have come of the cart. The debt markets are upside-down, consumer confidence is drooping and, as the Financial Times states, “A palpable sense of crisis pervades global trading floors.” It's all pretty grim.


省略


それは金融恐慌の別のラウンドです。

いくつかの市場は今回1月より悪くなっています。

(Danske銀行、コペンハーゲン、ロイターで、「何かドラマチックなことが起こるであろうという心配があり、その恐怖は自分で食べています」、Jesperフィッシャー・ニールセン、利率戦略担当者)

連邦準備銀行による昨日の行動は、銀行制度が破産していることを証明します。

それはまた、それが普通株を支えられるようにしておくならば、連邦準備局が、株式市場に快く直接介入することを示します。これははっきりと自由市場の基本的な主義に反してその命令と行動の違反です。

昨日市場を短絡させた投資者は連邦準備局チーフのそう見えなくない手によってなぐり倒されました。

彼の準備されたステートメントの中で、バーナンキは、連邦準備局が、抵当関連の損失によって乱打されている銀行を支えるために2000億ドルを金融制度に追加するであろうということを発表しました。

ニュースは、トレーダーが416ポイント(5年の彼らの最も大きな1日の利益)急騰している株を送ったウォール街の上の歓喜によって迎えられました。「それは、彼らが、クレジット市場を始動させるためにバッテリーの上に導線を置いているのに似ています」とニックRaich(クリーブランドのナショナルシティー個人的なクライアントグループのマネジャー)は言いました。「それらは、自信を復元しようとしてベストをつくしています」。連邦準備局の行動の後ろの本当の意味を理解するには;それは、ほんの数日早くビジネスニュースにおいて飛び出た話のいくつかを考慮する価値があります。例えば、この間の金曜日に、インターナショナル・ヘラルド・トリビューンは報告しました:「今週、金融市場、転落株、およびドルがきついように見えるものに直面している中央銀行のプレッシャーマウントとして投資者のための心配事を高めることは期待されています」 グローバルな金融恐慌....Money marketsの3番目の波"が、年末の出資問題が取締役会を横切って貸与コストをより高く押した時の12月以来見られなかったレベルに締まっていました。」ヘラルド・トリビューンは、クレジット市場でのトラブルが1週間で3パーセントよりもっと株式市場を押し下げて、最後の2つの危機(8月と12月の)に先行したのと同じ条件がこれまでより強く引き返していたと言いました。すなわち、流動性はシステムから消滅していて、市場は衝突に向かっていました。

ロイターのリポートは言っている「3番目の波」の同じ不吉な予言を繰り返しました:「社債保険の避難所government bonds....コストに綿状に固まった投資者が金曜日に最高記録を打ち、以前に騒動を免れた公債市場の一部がまた当たる時に、米財務省が産出する2年は低い4年を下の1.5パーセント打ちました」。

リスクプレミアムは高騰していて、投資者は政府宝庫の安全のために株と債券から逃げていました;

流動性が消えていたという別の確実な合図。「金融のストレスのレベルは、増大した流動性注射という形のより多くの迅速な中央銀行行動または早いレートカットの憶測に燃料を供給し続けそうです」とゴールドマン・サックスはクライアントに注の中で言いました。本当に。貸方による出資凍結がある時に、彼らの足が彼らを運ぶであろうのと同じくらい速く、投資者は出口を打ちました。それは、ライトが連邦準備銀行で赤を点滅させ始めて、バーナンキが、2000億ドルをリスト銀行制度に追加する計画を作りあげたことです。ニューヨーク・タイムズ・コラムニスト ポール・クルーグマンはまた彼の記事「面平手打ち理論」中の「3番目の波」を参照しました。

クルーグマン(「連邦準備局は、それがコントロールする利率を切り下げていました - いわゆる連邦準備局資金レート?」)によると しかし、最も直接抵当と社債の上のレートを含む経済に重要なレートは上がっていました。

そして、それは、景気の下降.「…(現在)」を悪化させるために、銀行とあまりにも多くの危険をまとった他の市場プレーヤーがすべて、同時に危険な投資を出ようとしていて、重要な二次被害に、「タイムスのコラムニストが説明している」機能「なにか」をマーケティングさせることが「金融制度の上の行動と」本格的な金融恐慌インチ「の開始である」と確信しています。ポイントは、バーナンキの最新の計画が悪い賭けの1兆ドルの巻き戻しのための救済策ではないことです。クレジット市場の優勢な条件によって引き起こされた血まみれの株式市場の暴落を避けることは単に一時しのぎです。バーナンキはグローバルなバンキングカルテル---カナダ中央銀行、イングランド銀行、欧州中央銀行、連邦準備銀行、およびスイス国立銀行---の他のメンバーとの行動を調整し、連邦機関借金、連邦を含む他の証券の誓約によって既存のプログラムにおいてそうであるように、28日の期間のために確保されたプライマリ・ディーラーへの国庫証券の2000億ドルに貸すであろう機能(TSLF)を貸している一緒の新しい期間証券を修繕しました。エージェンシーの住宅の抵当で支えられた証券(MBS)と非エージェンシーのAAA/Aaaで評価されたプライベートブランドの居住用のMBS。「TSLFは、財産と他の担保のための資金調達市場で流動性を促進し、それからより一般に金融市場の機能を養育することを意図しています」.(供給されたステートメント)設計図はもちろん激しいインフレーションを誘発し、追加の下降圧力を貧血のドルに置くでしょう。

問題がありません。連邦準備局のツールのすべてはとにかく暗黙にインフレーションを誘発するけれども、現在の危機が終わる前に、それらはすべて使われるでしょう。連邦準備局のステートメントは続いています:

「連邦公開市場委員会は欧州中央銀行(ECB)とスイス国立銀行(SNB)とのその既存の一時的なスワップ協定(スワップライン)の増加を認可しました」。これらの手配は現在100億ドルと20億ドルの増加をそれぞれ表しているECBとSNBに最高300億ドルと60億ドルまでの量におけるドルを提供するでしょう。「9月30日までこれらのスワップラインの用語を示したFOMC、2008」。従って、なぜ連邦準備局は貸付金を外国銀行に配付していますか?

それは1兆ドルのサブプライム詐欺においてその有罪の暗黙の自認ではありませんか?

または、それは、彼らが無価値の有毒な束縛によって騙されたと知っている怒った外国人投資家から訴訟を防ぐ単に方法ですか?とにかく、連邦準備局の気前のいい心付けは、世界の多くのために金融政策を決定している事実上のカルテルとしてG-10が動作することを証明します。(G-10はグローバルなGDPの約85%に相当しています)施設(TSLF)を貸しているバーナンキの用語証券について、それは、貸付金と交換に最高級の傍系親族をつかまえるだけのために連邦準備局の命令を出し抜くように意図的にデザインされます。誰も、これらの三重のA不動産担保証券がドルの上の$.70より多くに値していると信じません。実のところ昨日Bloombergニュースにおけるリポートによると:“AAA借金はレコードの家庭の抵当流れ処分の後でドルの上の61セントと同じくらい低く落ちて、クレディ・スイス・グループによるとAAへの低下は26セントまで借金の値をプッシュするかもしれません。

「彼らがいる所で、彼らがそれらの格付けを保持したという事実はおかしい」と、カイル・バス・ヘイマン首都パートナー(より低く評価されたサブプライム抵当債券が価値の中で下落するであろうということを賭けて、昨年5億ドルを得たダラスを本拠とするヘッジファンド)の最高経営責任者は言いました。「AAAとAA束縛の下り坂は差し迫っていて、それらは、重要であろうとしています」。「バスは、ABXインデックスの中のAAAサブプライム接着剤のほとんどが6週間以内に平均6つまたは7つのレベルによって切られるであろうということを概算します」.(Bloombergニュース)連邦準備局はほとんど全額でこれらのごみ束縛を受け入れています。サンタ バーナンキからの別の贈り物。さらに、連邦準備局は、--このオークションが連邦準備局の他の施設、TAFのように働くならば--、貸付金が後28日の間無料で転がされることができる28日の買い戻し不動産を提供しています。連邦準備局は、永久的な回転貸付金によって銀行を再び大文字で書く方法を見つけて、一般大衆は少しも賢明でありません。

Citiとメリルの首都に飢えているbankstersは、彼らがただ宝くじに当たったように感じるにちがいありません。

あいにく、バーナンキの動きは効果的に銀行を国営化し、彼らを連邦準備局の移り気な寛大な心に完全に依存させます。ニューヨーク・タイムズ・フロイト ノリスはこのようなバーナンキの努力を合計します:

「連邦準備局の動きは今日とこの間の金曜日に、ファニー・メイと連邦住宅金融抵当公社によって支えられたそれらを含めて、不動産担保証券の中で流動性の損失を打ち返す直接的な努力です」。フレディとファニーの暗示されている政府保証を与えられて、バリバリいう音が悪化していて、投資者の信頼が衰えていたという警告の合図として、彼らの論文の中の上がる生産高は役立ちました。10月30日に、連邦準備局が4.75パーセントから4.5パーセントまで連邦準備局資金レートを切り下げる前の日に、ファニー・メイ証券の上の生産高は5.75パーセントでした。今日、連邦準備局資金レートは3パーセントであり、10月に、連邦準備局の成功または同じの不足の..A合図がそのレートにおいて見えるであろう時に、ファニー・メイ・レートは5.71パーセント、事実上同じです。

それは、長期債券レートに沿って急激に降りて来る必要があります。今日、レートは一日のほとんどの間上がっていたけれども、それは結局のところ後退しました。「連邦準備局の動きが、自信を復元するために本当に働いているかどうかのしるしを見るために、週の残りの間そのレートを見てください」。ノリスは正しい;

それはすべて、レートが下がるかどうか、そしてそれが、瀕死の住宅が再びマーケティングする回転速度を上げを望んでいるかどうかに依存します。もちろん、それは、消費者が、住宅が大恐慌以来その最も大きな低下でであると知るために愚かすぎるという間違いの仮定に基づいています。住宅は条件がどうであろうと近い将来いつでも生き返らないでしょう;そして、あなたはそれに賭けることができます。

実際固定された30年の75のベーシス・ポイント・モーゲージ金利によってバーナンキが利率を切り下げた最後は完全なパーセンテージポイントの上に過ぎました。これは新しい家庭の購入品と同様に再資金調達においてネガティブな感情を持っていました。カットは家庭の販売で全体のバストでした。それでも、普通株トレーダーはバーナンキの道化役者を愛していて、次の24時間かそこらの間、彼は決定的に演技について賞賛されるでしょう。

しかし、より多くの人々がこの最新の工作を考察する時に、彼らは、それが本当にあるもののためにそれを見るでしょう;パニックの合図。バーナンキが彼の振動においてすべての矢を迅速に使っているという事実はよりいっそうやっかいです。それが選ぶ時はいつでも、連邦準備局がお金をプリントすることができるという誤った確信にもかかわらず;バランスシート制約があります;連邦準備局の気前のいい心付けは有限です。

MarketWatchによると:「外国の中央銀行によって通貨スワップをカウントして、連邦準備局は今やその結合された証券の半分と8320億ドルのローンポートフォリオより多くを委任した、ルー・クランドールとライトソンICAPのための主要なエコノミストは注意しました」。「‘連邦準備局はこれらの操作の後に完全に弾薬を使い果たさなくているであろうけれども、それは前よりそのバランスシートの中に深く達しています’」。

相互流動性のスティーブ・ウォルドマンは彼の最新のポストにおいて同じ結論を引き出します:

「FAF拡張、買い戻し不動産プログラム、およびTSLFの後に、連邦準備局は、300ドルBとそれが直接債券を出さない限り殺菌能力であり続けることにおける400ドルBの間に持つでしょう」.(計算済みのリスク)

従って、バーナンキは弾薬が不足していて、住宅バストは始まったばかりでした。それは悪い。

しかし、それは半分の話だけです。クレジットトラブルが再び飛び出たら、バーナンキ・アンド・カンパニーはすでに超インフレーション救済策の新しいリストに取り組んでいます。ウォールストリート・ジャーナルによると、連邦準備局はその袖の上に他の経済破裂詐欺を持っています:「初期の景気後退を深くし、長引かせる恐れがあるクレジット市場で緊張を悪化させることによって、アナリストは、連邦準備銀行が、たぶん直接抵当で支えて証券を買っているより革新的な反応する-?を考慮することを強制されるかもしれないことを思索しています」。

「クレジット圧力が強くなる時に、連邦準備局による慣例に従わない政策オプションの可能性はかなりの興味を得たとJ・P・モーガン追跡のマイケルFeroliは言いました」。彼は、2つのオプションがウォール街の上の特別な注意を手に入れていると言いました:銀行以外の金融機関に貸していて、直接的な直接的な連邦準備局はファニー・メイと連邦住宅金融抵当公社の借金の購入品または2つの株主が所有し、政府で後援された抵当金融会社によって保証されている不動産担保証券に供給しました。(「レートカットは十分ではないかもしれません」、デイビッド・ウェッセル、ウォールストリート・ジャーナル)

すばらしい。従って、現在、連邦準備局は、その命令を拡張し、投資銀行、ヘッジファンド、証券会社、およびサブプライムネズミ取りの中でつかまれる要点を得たたぶんすべての他のブランデーがぶ飲みハーバードの卒業生を保釈することを計画しています。「自由な市場」はすばらしくありませんか?

実のところ、バーナンキは、公平泡を膨張させようとすることによって通貨を破壊しています。

そして、彼はどれくらい損害をドルに与えていますか?Bloombergによると、「米国の問題の多い金融機関が米国君主クレジットの弱まりと見なされるであろうので、サブプライム抵当危機が政府reserves....Supportを掘り進んでいる投資者懸念の最中に、アメリカ財務省中期債券の上の損失のリスクはこれまでで初めてドイツ堤防を越えていました」。アメリカは破産していて、世界の残りはそれを知っています。

ティモシーGeithner、ニューヨーク連邦準備局の代表はこのようにそれを置きました:

「金融市場の中のセルフ補強原動力は、住宅と家族の貯金における重要な上昇の可能性においてすでに非常にかなりの調整に立ち向かっている経済のために成長に値下がりリスクを強めました」。

危機の強度はいくぶん先行している金融のブームのであるが成長のための見込みについての自信における、そして私達の金融市場の基本的な機能のいくつかにおける悪化のスピードもサイズの機能です。

リスク?を評価する投資者としての評価ツールへの格付けへの自信。自信への損害は市場で調整のプロセスを延長するでしょう。「このプロセスはそれによってより広い経済にリスクを伴います」。

皮肉のヒントなしで、連邦準備局が、銀行制度の中で2000億ドルを注入し、たれ下がる株式市場をステロイドによって引き起こされた有頂天の中に送ることによって意図的に市場をゆがめた日に自信を築く重要性について、Geithnerは話します。驚異的です。株式市場は今週衝突に向かっていたけれどもバーナンキが、どうにかして道路からはずれて、正面衝突を避けます。しかし、何も変わりませんでした。

抵当流れ処分はまだ高騰していて、クレジット市場はまだ凍結されて、資本は歴史におけるどのような時間よりも速いペースで破壊されています。経済状態は、悪化し続けて、市場の無関係な部分さえ今サブプライム感染に感染しています。銀行とヘッジファンドの大規模なdeleveragingは、強くなりはじめていて、底が見つかるまで、早まり続けるでしょう。それはまだずっと先で、ここから先の道は穴だらけです。

「米国で、新しい転覆ポイントは実体経済、住宅の連続した破裂の最終的な社会経済学のステージ、および金融のバブルの、そして米ドルの落下の追求の崩壊に変わるでしょう」。アメリカ実体経済の崩壊はアメリカ経済の機械のバーチャルな凍結を意味しています:「非常に閉まっている多数、会社、および公務における私的なおよび公的な破産」(グローバルであるヨーロッパ期待公報(GEAB)からの(ステートメント)それは陰鬱すぎますか?

そして、一時的なオークション施設経由で連邦準備局の融資活動の範囲を示すこれらの目をむくほどのチャートをちらりと見てください。貸付金は、破産した銀行を健全であるように見せることに役立っていたけれども、国の経済的福祉.http://benbittrolff.blogspot.com/2008/03/really-scary-fed-charts-march.htmlへの莫大なコストでです。連邦準備局はまず第一にTAFを設立しました;銀行が、特価で現金化しにくい相場の中にそれらを売ろうとする必要がないであろうようにフロアを不動産担保証券と他のサブプライムがらくたの下に置くには。

しかし、計画は逆効果となり、今、連邦準備局は、2000億ドルを負け原因に寄付することを強制されたと感じています。それは時間の無駄です。

UBSは6000億ドルでサブプライム大失敗から銀行の全損を置きます。

それが真実ならば、その時、私達は、それがそうであるのを予想しています。いくらかのポイントで、バーナンキが、あきらめて、より大きな銀行のいくつかを倒産させる必要があるであろうので、連邦準備局はついていない。

そして、それが起こる時に、株式市場は400と500ポイントのインクリメントの中で下に傾斜し始めるでしょう。

しかし、他に何がされることができますか?支払い能力はそんなに長い間装われることができるだけです。

結局、損失は、説明される必要があり、ビジネスは、失敗する必要があります。それはそんなに簡単です。

これまで、連邦準備局の行動は境目の感情だけを持っていました。システムは停止に砕いています。

現在貸付金の4兆5000億ドルをそれらの本の上に運んでいる国の2つの最も大きなGSE、ファニー・メイ、および連邦住宅金融抵当公社は破産にぐらついています。両方は厳粛に十分に大文字で書かれていなく、バロンのショーにおける最近の記事としての公平はたいてい煙と鏡です。投資者が彼らの束縛を避けているのも不思議ではない。さらに、社債保険のコストは現在歴史においていつでもより高い(それはほとんど不可能な事業拡張または新しいプロジェクトのために出資を作ります)。ホイールはカートの来ました。

公債市場はさかさまで、消費マインドはうなだれていて、フィナンシャル・タイムズが「明白な危機感はグローバル・トレーディング・フロアに行きわたります」と論述する時に、それはすべてかなり厳しい。銀行は、それらを、資本で枯渇し、貸ししぶったままにしておく「体系的追証請求」に直面しています。従って、クレジット市場は閉鎖されていて、大きなプレーヤーによる出口に殺到があります。バーナンキの傾向を逆転するチャンスはゼロです。

金に困っている銀行はヘッジファンドから貸付金を回収しています(それが大規模なdeleveragingを起こしています)。数兆ドルのクレジットデフォルトスワップおよび他のてこ入れされた賭けの無秩序な巻き戻しを次々引き起こしています。それは災害 。「クレジット市場が焼き付き、偉大な巻き戻しが始まる6ヶ月前に、Nouriel Roubiniエコノミストはイベントの連続全体を予測しました」。議会の前にここに彼の最近の証言のサンプリングがあります:

議会の前のRoubiniの証拠:「現在、「壊滅的な」金融と経済の結果の上がる見込みがあります」;深刻な景気後退が財務上の損失をより厳しくし、次に、大きく、成長する財務上の損失と金融危機が景気後退をよりいっそう厳しくする悪循環。連邦準備局は、根本的な価格の下で、損失とさらなる信用収縮の滝のように落下し、登る集成をもたらすことが続いて起こるであろうということについてこの悪循環について、そして財産の体系の金融のmeltdown....Capital縮小、信用収縮、強制清算、およびファイア・セールのリスクについてひどく心配します。

現金化しにくい相場において、実際の市場価格は現在、それらが今や経済においてクレジット問題に与えた下の根本的な価値よりいっそう低い。悲しんだ金融資産を支えている原資産のクレジットと根本的な問題のため、市場価格はディスカウントの上に大きな非流動性ディスカウントを含みます。資本損失は、現在、それらのポジションをマーケティングするためにマークすることを強制されるさまざまな金融機関によって追証請求と危険負担のさらなる縮小を引き起こすでしょう。現金化しにくい相場における財産のそのような強制されたファイア・セールは、さらにクレジットを短縮し、さらに追証請求とクレジットの直接投資を引き起こすであろうさらなる損失を引き起こすでしょう。金融制度が今日直面しているリスクを理解するために、私は、世界中の連邦準備局と金融の役員が現在心配する「悪夢」または「壊滅的な」シナリオを見せます。たとえ起こる上がり、重要な見込みのどのように極端なそのようなシナリオ?。「従って、それは、あまり低い確率事象ではなくむしろ、まったく可能な結果を説明します」。Roubiniはまさしくその最初から正しく、彼は今再び正しい。バーナンキは水際で自身を置き、反抗して彼の手を上げることができるけれども、潮はさしてきて、とにかく海に彼を洗い落とすでしょう。市場は訂正していて、何も、それを止めようとしていません。




マイク・ホイットニーはグローバルな研究への頻繁な貢献者です。

マイク・ホイットニーによるグローバルな研究記事

スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

kane552004

Author:kane552004
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR