FC2ブログ

ヘンリーメイコウ博士より

Be Afraid: The New World Order's Fascist Pedigree

April 3, 2008








(POSTED APRIL 13, 2002; UPDATED APRIL 3 2008)


This 57-cent stamp shows an eagle, which according to Al Martin is an exact copy of the symbol of the Nazi Waffin-SS. The USPS introduced it in February 2001 as the innocuous sounding "art deco" eagle but in light of Sept. 11, its symbolism is ominous.




Similarly, John Ashcroft christened another homeland security force the "Freedom Corps", evoking the "Freicorps," the German army's "irregulars" that cleared the way for Hitler.


These allusions are sinister because the Third Reich was an early attempt at a "New World Order," and the Anglo American business elite was involved up to its ears. Are these fascist allusions coincidental? Or, is the business elite coming out of the closet?


Economist Robert Brady defined the Nazi state as "a dictatorship of monopoly capitalism. Its 'fascism' is that of business enterprise organized on a monopoly basis, and in full command of all the military, police, legal and propaganda power of the state." (Richard Sasuly, "I.G. Farben," 1947, p. 128)


[Communist Russia was also a dictatorship of monopoly capital i.e. disguised as public ownership. Nazi Germany and Communist Russia were created by monopoly capital working through secret societies. A Nazi general visiting Russia in the 1930's remarked that Communism was a "mirror-image" of Nazism. They were both socialist. The only difference was that one peddled race while the other peddled class. Indeed both were created by the central banking cartel.]




Nazi Germany was a capitalist paradise. There was a 60-hour workweek, low wages and no unions. Nazi expansionism represented the global ambitions of German cartels that started preparing for war long before they financed Hitler. As countries fell under the Nazi jackboot, they absorbed former competitors at fire sale prices. "For German big business, World War II was a chance to plunder on a scale without precedent in history," writes Sasuly (p.114).


The key to understanding the elite, and the direction of world events, is to understand the psychology of the cartel. Cartels by definition are a conspiracy. Their purpose is to defraud the public by keeping prices high. They do this by controlling competition, markets, raw materials and new technology. They are by definition meglo maniacal, anti-national, and anti social.


One of the earliest cartels was J. D. Rockefeller's Standard Oil, which eliminated the competition by secretly fixing transportation costs. While pretending to profess Christianity, Rockefeller is famous for saying the only sin is competition.


The largest German cartel was the chemical, film and pharmaceutical giant I.G. Farben. Farben produced 85% of Germany's explosives in World War Two. In 1926, Farben and Standard Oil entered into a cartel agreement in which Farben stayed out of synthetic oil in return for Standard representing Farben in the US. The upshot of this agreement was that Standard Oil supplied the Nazis with petroleum in spite of shortages in the US. It supplied a rare lead additive without which the Luftwaffe could not fly. It suppressed the production of synthetic rubber in the US, which almost cost the Allies the war.


In turn, Rockefeller got a cut of Farben's other business, which included the many factories that employed slave labor from concentration camps like Auschwitz. (Farben- Rockefeller paid the SS for this labor at bargain rates.) Profits also derived from the poison gas that killed the laborers after their usefulness was expended. This is the real reason the rail lines to Auschwitz were not bombed. Allied bombers hit within 5 miles of Auschwitz but the factories and death camp were off limits. In fact, German industry moved there for this reason. After the war, the CIA established its German headquarters in the undamaged Farben skyscraper in Frankfurt.


The holocaust was very good business. Throughout the 1930's Wall Street investment banks participated in "aryanization" which meant getting Jewish owned breweries, banks, factories, department stores etc. for 30% of their true value. The gold from the teeth of holocaust victims ended up in their vaults. It is not an exaggeration to say that the Nazi war effort was financed by the Bank of England (which, for example, transferred the Czech gold reserves to the Nazis), Wall Street (Prescott Bush, W's grandfather was one of the leading Nazi financiers) and Jewish plunder. It was finessed by lawyer John Foster Dulles, a member of the Council on Foreign Relations, who later became US Secretary of State.


After the war, Dillon Read banker General William Draper was put in charge of dismantling German industry and distributing it among the allies. Needless to say, this did not happen. His Wall Street cohorts owned too much of it. Nazis businessmen remained in positions of power. War criminals were transported to South America or went to work for the CIA.


The list of US corporations that had the equivalent of $8 billion invested in Nazi Germany include Standard Oil, General Motors, IBM, Ford, the Chase and National City Banks, ITT and many others. As a result, the men of "The Greatest Generation" didn't know that ITT built the airplanes that dropped bombs on them. They didn't know that Ford and General Motors built the Nazi's trucks and tanks. They didn't know that ball bearings crucial to the Nazi war effort were manufactured in Philadelphia, yet were in short supply in the USA. This was all done with the knowledge and permission of the US government. For details, I recommend Charles Higham's "Trading with the Enemy"(1983). Christopher Simpson's "The Splendid Blond Beast"(1993) and "Blowback" (1988) are also useful.

This information is shocking if we assume that cartels owe an allegiance to their native country. This is not so. They live in a financial virtual reality, a spiritual limbo divorced from common sympathy with their fellow man. Their native countries are important only insofar as they provide deluded patriots to die for their financial interests.


If the elite backed the Nazis, why didn't the Nazis win? As my readers know, I believe the German people were 'set up' to lose and be destroyed, and finally become the eunuchs they are today The Nazi Party was a stalking horse designed to seduce and betray the German people. (Of course most Nazis were dupes.) All the while, the international business elite made money while the war degraded and demoralized humanity so it will accept banker world government.


In conclusion, the New World Order, and indeed modern history, is the product of the desire of the Illuminati central banking cartel to translate its monopoly over credit into a monopoly over all wealth, politics and culture. The ultimate goal is to wrest humanity from God's purpose, and deliver the hostage to Lucifer as a sacrifice to Evil.





恐れていなさい:新世界秩序の極右の系図


2008年4月3日

(2002年4月13日を送られる;2008年4月3日をアップデートした)

この57セントの切手はワシを示す(それはアル・マーティンによるとナチスWaffin-SSのシンボルの正確なコピーである)。

USPSは無害な囀る「アールデコ」ワシとして2001年2月にそれを導入したけれども、9月11日を考慮して、その象徴化は不吉である。

同様に、ヒトラーのために道をあけた「Freicorps」、ドイツ軍の「きず物」を呼び起して、ジョン・アシュクロフトは別の母国保安軍を「自由隊」と命名した。

第三帝国が「新世界秩序」の早い試みであり、排他的な英アメリカ人ビジネスがその耳まで関係していたので、これらのほのめかしは不吉である。

これらの極右のほのめかしは同時に発生しているのか?

または、ビジネスエリートはクローゼットから出ているのか?

エコノミスト ロバート・ブレイディはナチス状態を「独占資本の独裁権」と定義した。

「その‘ファシズム’は独占ベースで、そしてすべての軍隊、警察、国家の法定投資、および宣伝パワーの完全なコマンドの中で編成された企業のそれである」。

(リチャードSasuly、「I.G. Farben」、1947年、ページ)

(128)

共産主義者ロシアはまたすなわち国有に変装した独占資本の独裁権であった。

ナチスドイツと共産主義ロシアは秘密結社を通して働いている独占資本によって作成された。

1930年代にロシアを訪問するナチス将軍は、共産主義がナチズムの「鏡像」であったと述べた。

それらは両方とも社会主義であった。

他がクラスを行商する間、唯一の違いはその一方の行商されたレースであった。

実に、両方は中心的であるバンキングカルテルによって作成された。

ナチスドイツは資本家天国であった。

60時間の1週労働時間数、低賃金があり、どの組合、1週労働時間数もなかった。

ナチス拡張論は、それらがヒトラーに資金提供するずっと前に戦争の準備をし始めたドイツのカルテルの世界的な野望を表していた。

国がナチス長靴に入った時に、それらはファイア・セール価格で前の競争相手を取り込んだ。

「ドイツの大企業にとって、第二次世界大戦は、歴史における先例なしでスケールの上で略奪するチャンスであった」とSasuly(ページ114)は書く。

エリートと世界の出来事の方向を理解することへのキーは、カルテルの心理学を理解することである。

定義によるカルテルは共謀である。

それらの目的は、価格を高くしておくことによって一般大衆から詐取することである。

競争、市場、原料、および新しいテクノロジーをコントロールすることによって、彼らはこれをコントロールする。

それらは熱狂的で、反全国的で、反社会的な定義megloによってにある。

最も早いカルテルの1つはJ. D.ロックフェラーのスタンダードオイルであった(輸送費をひそかに固定することによって、それは競争を取り除いた)。

キリスト教を公言するふりをし、ロックフェラーは、唯一の罪が競争であると言うために有名である。

最も大きなドイツのカルテルは化学薬品、フィルム、および調剤の巨大なI.G. Farbenであった。

Farbenは第2次世界大戦においてドイツの爆発物の85%を生産した。

1926年に、Farbenとスタンダードオイルは、米国でFarbenを表している標準の見返りとしてFarbenが合成油で通常油外にいたがカルテル協定を結んだ。

この協定の結末は、スタンダードオイルが米国の不足にもかかわらず石油をナチに供給したことであった。

それは、ドイツ空軍が飛ぶことができなかった付加的なまれなリードを供給した。

それは米国で合成ゴムの生産を抑制した(それはほとんど同盟国にその戦争を必要とした)。

次々、ロックフェラーはFarbenの他のビジネスのカットを得た(それは、アウシュビッツのような強制収容所から奴隷労働を使用した多くの工場を含んだ)。

(Farbenロックフェラーは低金利でこの労働に対してSSに支払った。)

利益はまた、彼らの有用性が費やされた後に、労働者を殺した毒ガスから派生していた。

これは、アウシュビッツへの鉄道路線が爆撃されなかった本当の理由である。

同盟した爆撃機はアウシュビッツから5マイル以内に当たったけれども、工場と死の収容所は立ち入り禁止であった。

実のところ、ドイツの産業はこの理由によりそこに動いた。

戦争の後に、CIAは、そのドイツの本部員をフランクフルトの損傷がないFarben摩天楼に落ち着かせた。

ホロコーストは非常によいビジネスであった。

1930のウォール街にわたって、投資銀行は、ユダヤ人の所有されている醸造所、銀行、工場、デパートなどをそれらの真の価値の30%で手に入れるのを意味していた「aryanization」に参加した。

ホロコースト犠牲者の歯からの金は彼らの地下室に収まった。

ナチスの戦争の準備が、イングランド銀行(例えば、チェコの金準備をナチに譲渡した)、ウォール街(プレスコット・ブッシュの祖父は主要なナチス財政家の1人であった)、およびユダヤ人の略奪によって資金提供されたと言うことは誇張ではない。

それは、後で、米国国務長官になったジョン・フォスター・ダレス弁護士(外交問題評議会のメンバー)によって術策で乗り切られた。

戦争の後で、銀行家将軍ウィリアム・ドレーパーを読んで聞かせられたディロンは、ドイツの産業を解体し、それを同盟国に分配することを担当させられた。

言うまでもなく、これは起こらなかった。

彼のウォール街軍隊はそのあまりにも多くを所有していた。

ナチ実業家は力のあるポジションにとどまっていた。

戦犯は南アメリカに輸送されたか、CIAのために出勤した。

ナチスドイツに投資された80億ドルに相当する金額にスタンダードオイル、ゼネラルモーターズ、IBM、フォード、チェース、およびナショナルシティー銀行、ITTと多くの他を含ませた米国企業のリスト。

結果として、「最も大きな世代」の人は、ITTが、爆弾を彼らに落とした飛行機を築いたと知らなかった。

彼らは、フォードとゼネラルモーターズがナチのトラックと戦車を築いたと知らなかった。

彼らは、ナチスの戦争の準備に決定的なボールベアリングがフィラデルフィアで製造されて、まだ、米国で不足していたと知らなかった。

これは米国政府に関する知識と許可によってすべてされた。

詳細のために、私は、チャールズ・ハイアムの、「敵と取引する」(1983年)を推奨する。

クリストファー・シンプソンの「素晴らしいブロンドの獣」(1993年)と「ガス漏れ」(1988年)はまた有益である。

私達が、カルテルが忠誠をそれらの本国に借りていると仮定するならば、この情報は衝撃的である。

これはそうでない。

金融のバーチャルリアリティー(それらの仲間の男性との共通の同情から分離したスピリチュアルな不確実な状態)中に彼らは住んでいる。

彼らの金銭的利益のために死ぬように、それらが惑わされた愛国者を提供する限りだけ、それらの本国は重要である。

エリートがナチを支えたならば、なぜナチは勝たなかったか?

私のリーダが知っていて、私が、ドイツの人々が、失い、破壊されるよう’設定される’であったと信じて、最終的に、彼らが今日あるeunuchsになるので、ナチスパーティーは、ドイツの人々を魅惑し、裏切るようにデザインされた口実であった。

(もちろん、ほとんどのナチはお人よしであった。)

その間、戦争が、人類を低下させて、それの士気をくじいたのでそれが銀行家世界政府を受け入れるであろう期間、国際的なビジネスエリートは金儲けした。

終わりに、新世界秩序と実に近代史は、すべての富、政治、および文化の上でクレジット上のその独占を翻訳したいという啓蒙主義者中心的なバンキングカルテルの願望の製品である。

最終目的は、人間性を神の目的から奪い、悪への犠牲として物質を明けの明星に配達することである。

スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

kane552004

Author:kane552004
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR