FC2ブログ

英国は寡頭勢力の本丸





UK is the worst surveillance society in the EU

And one of the worst in the world for spying on its citizens


UK citizens are the most monitored in the whole of Europe, according to a new report by Privacy International.


In its 2007 International Privacy Ranking, the civil liberties group looked at how 47 countries carried out surveillance activities on citizens and described the UK as having an “endemic surveillance” society; beaten only beaten by China, Russia and Malaysia.


Britain’s “huge” CCTV network, the proposed national identity card scheme, and a lack of Government accountability were cited as reasons for the country’s poor privacy performance.


The study also raised concerns that UK “councils continue to spread surveillance policies, including RFID, CCTV, ID and data sharing, and road user tracking”, and criticised the lack of power given to the Information Commissioner's Office (ICO) to protect people.


A representative for the ICO welcomed the report and told Computeractive: “The Information Commissioner has previously warned that the UK is at risk of becoming a surveillance society.”


“It is essential that all organisations which process personal information take data protection seriously in order to effectively protect individuals’ privacy."


Privacy International assessed each of the countries in the study on a range of factors, including the data protection offered to people, how data is stored and how much eavesdropping takes place. The civil liberties group said its findings show how governments are increasingly archiving data on the geographic, communications and financial records of all their citizens.


In May last year the ICO warned the UK was “in danger of sleepwalking into a surveillance society".


Andrea-Marie Vassou, Computeract!ve









英国は、EUで最も悪い監視社会であることです。

そしてその市民を探り出すための世界の最悪事態の1つ

プライバシーインターナショナルによる新しいリポートによると、英国市民はヨーロッパの全体において最も監視されています。

その2007年の国際プライバシーランキングの中で、市民的自由グループは、どのように47か国の市民への監視活動を実行したか、そして英国を、「特有の監視」社会を持つと評したかを見ました;

中国、ロシア、およびマレーシアにように指摘されている。

英国の「巨大な」CCTVネットワーク、政府責任の提案された全国的な身分証明書計画、および国の貧しいプライバシー性能不足の理由として挙げられました。

また引き起こされた研究は、英国「協議会は、RFID、CCTV、ID、およびデータ共有を含む監視方針と道路使用者追跡を広め続けます」に関係し、人々を保護するために情報委員のオフィス(ICO)に与えられたパワーの不足を批判しました。

ICOの担当者はリポートを歓迎し、Computeractiveを話しました:

「情報委員は、以前に、英国が、監視社会になる危険な状態にあることを警告しました」。

「個人情報を処理するすべての組織が、効果的に個人のプライバシーを保護するためにデータ保護をまじめに取ることは必須です」。

プライバシーインターナショナルは研究における国のそれぞれを、人々に提供されたデータ保護、どうデータが格納されるか、そしてどのくらい盗み聞きすることが起こるかを含むファクターの範囲に課しました。

市民的自由グループは、その発見が、どう政府が地理上のデータ、彼らの市民全員の通信、および財務記録をますますアーカイブしているかを示すと伝えていました。

5月に、昨年、ICOは、英国が、「監視社会の中に夢中歩行する危険において」であったのを警告しました。

アンドレア・マリー

スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

1 ■どけかのブログで読んだのですが

東京などで駐車違反取締りを民間業者に委託しましたが、これはイギリスの真似らしいです。イギリスでは交通取締りの民間業者に秘密裏に監視員としての権限を与えつつあり、暴動などを人為的に発生させた時に、これら民間業者が武装警官に変貌する予定とか。
プロフィール

kane552004

Author:kane552004
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR