FC2ブログ

ワクチンは毒物の混入経路か?

ゲイヤー博士:チメロサール


Hot Interview!




Millions of American children have been brain damaged by a mercury preservative added to vaccines. With the backing of several U.S. Congressmen, Dr. Mark Geier is the only independent scientist to have gotten access to the CDC Vaccine Safety Datalink, a database of adverse reactions to vaccines. He found a very strong association between the dosage of mercury and the incidence of neuro-development disorders, speech difficulties, ADD, and autism in children. The increase in the number of infant vaccines in 1991 trippled the exposure of infants to the mercury preservative. Thimerosal is 50% ethyl mercury by weight.




In February, 2005 the Institute of Medicine admonished the CDC for covering up the scandal. The next day the head of the CDC, Julie Gerberding, removed responsibility for vaccine safety from the National Immunization Program and placed it directly under her office. This move was unprecedented in the history of U.S. public health, since the NIP had been responsible for vaccine safety for over thirty years. The New York Times reported this as an administrative move, with no reference to the reason.




The CDC is blocking further attempts by the Geiers to study the data set from year 2000. The CDC paid $180 million to a private company to hold the post-2000 data. The company will not allow the Geiers access, making excuses that it will violate patient confidentiality. The CDC in turn says there's nothing it can do because it is no longer responsible for the data.




A Merck & Co. memo from 1991, revealed that following the decision of Scandanavian countries to discontinue use of thimerosal, Merck appointed Dr. Maurice Hilleman to calculate the extent to which the new CDC vaccination schedule would exceed the recommended limits for mercury exposure. He concluded that with the addition of HiB and hepatitis B vaccines to DTP, the new vaccine schedule would expose infants to 87 times the recommended daily amount of mercury set in Sweden.




Although manufacturers started to remove thimerosal from many vaccines in 1999, the influenza vaccine manufactured by AventisPasteur still contains 50mcg of thimerosal (25mcg of mercury) and has been added to the vaccine schedule for children. It is also being recommended for elderly and sick people.




Mercury is a known carcinogen, so the long term effects of thimerosal on cancer rates are yet to be determined.







ほっとインタビュー

数百万人のアメリカの子供はワクチンに追加された水銀防腐剤によって脳に損傷がありました。

何人かの米国の下院議員のバックによって、マークゲイヤー博士は、CDCワクチン安全性Datalink(ワクチンに対する反対反応のデータベース)へのアクセスを取ってきた唯一の独立な科学者です。

彼は水銀の1回投薬量と子供の中の神経開発阻害、言語障害、ADD、および自閉症の発生の間の非常に強い結びつきを見つけました。

1991年の幼児のワクチンの数の増加は水銀防腐剤に幼児の露出をさらしました。

チメロサールは重量による50%のエチル水銀です。

2005年2月に、スキャンダルをすっぽり覆うことについて、医学研究所はCDCを諭しました。

次の日、CDC、ジュリーガーバーディング代表はワクチン安全性についての責任を全国的な予防接種計画から取り除き、彼女のオフィスのすぐ下にそれを隠しました。

NIPが30年以上ワクチン安全性に責任があって以来、この動きは米国公衆衛生の歴史において前例がなかった。

ニューヨーク・タイムズは理由への参照なしで管理の動きとしてこれを報告しました。

CDCは、2000年からデータセットを研究するゲイヤー博士による試みをさらに妨げています。

post-2000データを保持するために、CDCは民間会社に1億8000万ドルを支払いました。

会社は、それが患者機密に違反するであろうという弁解をして、ゲイヤー博士にアクセスを許さないでしょう。

CDCは、それがもうデータに責任がないので、それにできることが何もないと次々言います。

チメロサール(新しいCDC予防接種スケジュールが水銀暴露のために推奨された限界を越えるであろう範囲を計算するためにモーリス・ハイルマン博士に任命したメルク社)の使用をやめるスカンジナビア国の決定に続いて、1991年からのメルク&Co.のメモをそれは明らかにしました。

彼は、DTPへのHiBとB型肝炎のワクチンの付加によって、新しいワクチンスケジュールが幼児をスウェーデンに設定された推奨された毎日の量の水銀の87倍にさらすであろうと断定しました。

メーカーは1999年に多くのワクチンから、チメロサールを取り除き始めたけれども、AventisPasteurによって製造されたインフルエンザワクチンはまだチメロサール(水銀の25mcg)の50mcgを含んでいて、子供のためにワクチンスケジュールに追加されています。

それはまた年配の、そして病気の人々に推薦されています。

マーキュリーは既知の発がん物質であるので、癌レートへのチメロサールの長期効果はこれから、決定されることです。




EXODUS - Bob Marley


スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

1 ■水銀…CDC…

movement of Jah people ♪
プロフィール

kane552004

Author:kane552004
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR